誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

翌日、美海は、気が進まなかったが、出勤していた。辞めることも考えていた。あんな鬼畜な編集長のもとで働けるわけがない。しかし、レイプを許してもらったのも事実なので、あまり変な態度は取れない。全裸で無抵抗だったのだ。容赦なく突っ込まれて ... » more

すれ違いに桐吹健仁が部屋に入ってくる。素っ裸で大の字拘束のままにされているので、落ち着かない。美海は身じろぎしながら言った。「ほどいてください」健仁はじっと美海の美しい裸体を見た。客にたっぷりかわいがられてしまった後の状態が ... » more

顔を紅潮させて身じろぎする美海がそそる。星北は容赦しない。電マのスイッチを押すと、美海の胸に当てる。「あああああ!」そこから電マが下がっていく。おなかに凄い振動を感じる。美海は焦った。とんでもないハイパワーだ。ステージで使用 ... » more

禁じられた遊び U 幼きして、性に目覚めた幼い少年は、今、性の対象を、爺に、置いていた。そして、幼い少年は、今、爺の、股座の盛り上がりを、目の当たりにして、これまで、経験した事の無い、胸の高鳴りを、覚えていたのだった。それは、好奇心と、恐怖心が、入 ... » more
テーマ 禁じられた遊び 官能小説 小説  コメント(3)

星北は容赦しない。美海の唇を奪う。「んんん」美海は口を固く閉ざし、首を左右に振って嫌がる。星北はしつこい。両手で彼女の顔を押さえると、強引にキスの嵐だ。「んんん、んんん」舌の侵入をとことん拒む美海に、星北は今 ... » more

軽く食事を済ませると、真っ赤なビキニに着替えさせられた。コスチュームは客のリクエストらしい。セクシーな水着姿を見て、桐吹健仁は興奮した。「おまえ本当にイイ女だな」全然嬉しくない。「さあ、ベッドに寝な」薄暗いS ... » more

美海は、酷いことをすると思ったが、変な態度を取ったら、もっと酷い目に遭わされてしまう危険性がある。ここはしおらしくしているしかなかった。「美海ちゃん」由紀恵が氷の微笑で迫る。「そろそろ、ここに巨根をぶち込まれたくなったでしょう?」と ... » more

美海は、Sというものを理解していなかった。普通に考えて、女性が大勢が見ている前で全裸にされたら、人生が終わるほどの衝撃だ。それは同じ女ならわかるはずだ。しかし、普通の真面目な女の子が赤っ恥を晒す姿は、Sにはたまらない。ましてや自分よ ... » more

「んんん・・・」美海は目を覚ました。「え?」彼女は自分の姿を見て仰天した。服を脱がされて下着姿にされている。「きゃあああ!」しかも十字型に磔にされているのだ。用心棒の巨漢はいないが、健仁と由紀恵が笑み ... » more

「何であたしが?」バン!「きゃあああ!」「おまえ、そんなに真っ裸にされたいか?」「待ってください」美海はたまらず両目を真っ赤に腫らす。「許して・・・」「泣いたってダメだよ」(嘘、どうしよう?) ... » more

北の大地 12 大地と、水瀬老人は、あくる日、様々な所に足を運び、夕刻、ホテルに戻った。・・・・・【・・・大地君!・・・札幌も、広いね?・・・今日は、よく、歩いたから、お腹が空いただろう?・・・】・・・・・(・・・はい!・・・少し?・・・) ... » more

ピンポン。美海は、健仁がいる事務所のチャイムを鳴らす。健仁が驚いた顔でドアを開けた。「え、忘れ物?」「はい、忘れ物です」挑戦的な目で部屋に上がる美海に、健仁が戸惑った。「忘れ物は、なんでしょう?」「あ ... » more

手足をほどかれるまでは逆らわないほうがいい。無抵抗の状態では、何をされてもなすがままだ。「美海さん」「はい」「服を着たままでも、手足を拘束されるってドキドキもんでしょう?」「はい」「これが全裸で、しか ... » more

二人は、エレベーターで505号室へ。美海は、エレベーターの中で明るく会話した。「健仁さんは、まだお若いですよね?」「30歳だけど」「背高いですね」美海は健仁の頭のあたりに手をかざした。「181センチあるけど、 ... » more

「で、奥さんは夜の営みのたびに、溜息を吐く思いです。これではストレス溜まりますよ。本来セックスというのは、ものすごく気持ちいいものです。女性は男性の10倍の快感を得られるわけですから」「10倍ですか?」「そうなんですよ。いつ ... » more

美海は、渋々取材に出かけた。性感マッサージの店はマンションの中にあった。単身で風俗店に乗り込むのは、24歳の若い女性としては緊張する。もちろん風俗店に行った経験はないし、どうしても暴力団絡みの良くないイメージがある。一応これから行く ... » more

修は膣内マッサージをしながらGスポットを探り当て、禁断のGスポットを責めて美海を窮地に追い込む。「ちょっと、あ、何これ、あああああん!」真っ赤な顔をして悶える美海。性的に感じてきてしまったのは、誰が見てもわかる。腰を浮かし、 ... » more

おへその周辺を入念に両手でマッサージする。これは気持ちいい。たまらない。美海は両腕を枕もとに上げて、わざと無防備な体勢をつくる。好きな人なら安心して身を任せられる。(もう、好きにして)修は、下腹部と内腿を同時にマッサ ... » more

マッサージ店に到着。深呼吸して店内へ。カウンターにいる女性が、爽やかに歓迎してくれる。「いらっしゃいませ」「あの・・・」「初めてですか?」「はい」美海は照れた顔で言った。「実は、精野修さんに言われてきょう来た ... » more

美海はそわそわしていた。仕事が手につかない。定時の18時まであと30分。美海が何度も時計を見るのを、編集長の星北繁は見逃さなかった。いや、見逃さなかったというより、ずっと美海のことを見ているから、気づいてしまうのだ。「美海」 ... » more

美海は、入浴中。夏でもシャワーだけなのは良くないと医師がテレビで言っていたような気がする。体を温めるのは健康にとって大事なことらしい。「ふう」ゆっくりと湯船につかる。リラックスする時間も心に良いのかもしれない。ピンポ ... » more

美海は、大胆にもタンクトップとショートパンツのまま、玉子焼きを持って外に出る。何しろノーブラノーパンだ。裸足にサンダルだから、嫌でも美脚が強調される。彼女は緊張の面持ちで606号室のドアの前に立ち、深呼吸。かわいい入れ物に自慢の玉子 ... » more

美海はマンションで一人暮らし。10階建ての大きなマンションの607号室に住んでいる。彼女は部屋に入ると、服を脱ぎ捨て、下着姿になった。「ゴリラとなんか飲みに行ったって面白くないし、セクハラされるのがオチよ」下着も取り、全裸に ... » more

ここは月刊『ヒロピン』編集部。もうすぐ初夏。気温も暑くなれば、自然に女性が薄着になり、街全体が開放感に包まれる。売り上げ増のチャンスでもある。月刊『ヒロピン』は、明朗会計で安心安全な風俗店を紹介する雑誌だ。ライトSMプレイができるな ... » more

香織「では、昨日の続きです」コング「皆さんは『刑事ペルソナ』というマンガをご存知かな?」火剣「結構知らない人間は多い」コング「いかんね。マニアの間では殿堂入りのひとコマだぞ」激村「どんなマニアだ?」コ ... » more

コング「あけおめことよろ!」香織「待ってくださいコングさん。あたしが司会なんですから。ちゃんと順番にパネラーをご紹介したいと思います」火剣「その前に俺様が司会を紹介してやる。屈しない婦警・瀧矢香織だ」香織「今は婦警と ... » more

恵美もジプシーに激しく突かれ、意識が遠のく。下半身が熱い。恵美は必死に哀願した。「待って、中はやめて、中は許して」「ナマで中出しのガチレイプに決まってんだろ」「やめて!」やめない。ジプシーは一気にフィニッシュ ... » more

樹里は胸のドキドキが止まらない。手足を大の字に拘束され、完全に無抵抗。樹里も全裸でベーカーも全裸。この状況はあまりにも危険過ぎる。突っ込まれてしまったら防ぎほうがない。「へへへ、思いきり犯してあげるからな」「やめて、やめて」 ... » more

樹里はトイレに行き、シャワーを浴び、バスローブを着て食事をすることもできた。このあとも拷問が続くと思うと、本当に心が折れそうだった。樹里を挟むようにして、銀黒剛と竹森善人が談笑している。樹里は笑っていない。剛と善人はワインを飲んでい ... » more

全身が敏感になっている。樹里は心底参っていた。すぐに三度目が来る。悔しいけど気持ちいい。手足を拘束されて無抵抗ではどうすることもできない。「やめてやめてやめて・・・あああああん!あああああん!ああああああああああん!」樹里は ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 00:08

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る