誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

続 宿直<擽られた性感帯 ]> その夜、亮は、高槻老人と、夢のような夜を過ごした。そして、亮は、健やかな朝を迎えた。・・・・・≪・・・お兄ちゃん!・・・眼が覚めたか?・・・≫・・・・・その声に、亮は、驚いたように、横を向いた。亮にとって、老人の存在 ... » more
テーマ 宿直 官能小説 小説  コメント(3)

個人的に千香のことを気に入っている倉岡課長は、千香を食事に誘おうと、何度も電話をしているのだが、連絡が取れない。「避けられたかな」いや、避けるも何も、電源が入っていないというのはおかしい。まさか何か事件に巻き込まれたのか。倉 ... » more

額に汗が滲む。瑠璃子は蓋を取った。人がいたが女コングではない。若い女性が全裸で手足を縛られ、猿轡を咬まされている。「んんん!」「あああ、一旦出て、女性が裸でいます」瑠璃子は両手で押すように警官に言った。「あたしがいいって言う ... » more

一方、瑠璃子は、女コングに言葉で脅されることはあっても、暴力はふるわれなかった。「もしもし」女コングが電話を取る。「そう、準備完了。わかった。じゃあ、私もそろそろドロンパするね」ドロンパとはどういう意味か。逃げるのか。瑠璃子 ... » more

ゴンゴンゴンゴンゴンと激しく腰を突き動かす。千香は泣き顔でもがいた。「あ、あ、あ、あ、あ・・・やめて、やめて」「やめないよ。やめるわけないじゃん」波岡の興奮も最高潮だ。惚れた女を犯している。心身ともにギンギンにエキサ ... » more

早速警察との交渉の準備にかかろうとする町北に、波岡が怪しい笑顔で言った。「待て町北。一発でいい。一発でいいから、千香チャンとやりたい」千香は緊張の面持ちで身じろぎした。全裸で手足を拘束されて無抵抗なのだ。襲われたら防ぎようが ... » more

町北は、小型爆弾ではなく、悶絶マシーンをゆっくり外す。再び千香の股が露わになる。「千香、いいもん見せてあげる」町北啓介が登場してから、三人の影が霞む。千香はそんなことを感じていた。明るい波岡はそれなりに目立っているが。 ... » more

町北啓介は、慣れた手つきで小型爆弾を千香の股に装着した。「ちょっと待ちなさいよ、外しなさい。自分がしていることわかってるの」息遣いが荒い千香に、町北は言った。「千香。これは時限爆弾だ。5分後に爆発するようにセットした ... » more

波岡は、千香の体を触りたくて仕方がない。気を失っている千香を抱き上げた。「愛しの千香チャンをお姫様抱っこ。ラッキー」首も腕も脚もだらんと下げている全裸美女。たまらなくセクシーだ。波岡は今すぐにでも犯したい衝動にかられた。 ... » more

目が覚めると、今度は鉄棒に拘束されていた。両手はバンザイの格好で、鉄棒を利用して両手首を拘束されている。両脚も肩幅よりも広げた感じで、キッチリと拘束されていた。千香はムッとした顔で暴れた。「いい加減にしなさいよ、こんなことして何にな ... » more

「へへへ」三崎朝夫はバトンを千香のおなかに当てる。「泣け」ブルブルブル!「あああああ!」おなかはきつい。千香は怒鳴った。「いい加減にしなさいよ!それ以上ふざけた真似したら許さないよ」「うるさいよ」 ... » more

「んんん・・・」千香は目を覚ました。「え、あっ!」服を全部脱がされ、素っ裸にされている。両手はバンザイの形で手枷でガッチリ拘束され、両脚もこれ以上開けないほどの大股開きにされ、足枷でキッチリ両足首を拘束されている。大の字にさ ... » more

千香は、連絡が取れない瑠璃子が心配になり、彼女の部屋へ行くことにした。マンションの駐車場に車を止めて、エレベーターに向かう。「ん?」背の高い長髪の男がゆっくり近づいて来た。副大臣の息子と一緒にいた村田宅だ。「お久しぶ ... » more

瑠璃子は真面目に二人枚のパスタをつくってテーブルに運んだ。何を企んでいるかわからない女だ。そもそも瑠璃子は眠り薬など持ち歩いていない。それに、ヘタなことをするのは命取りになる。「わあ、美味しそう」女コングは喜ぶと、聞いた。「で、どっ ... » more

アパートは2DKだ。二階建ての一階。瑠璃子は、プールからの道を頭に入れた。刑事に部屋を教えるというのは、もしかして犯罪に関してはド素人なのかと、瑠璃子は思った。部屋に入ると、女コングは満面笑顔で言った。「さあ、服を脱いで。水 ... » more

瑠璃子は面倒くさそうな顔をすると、女コングの顎に右フックを狙うが、素早くよけた女コングが瑠璃子にボディーブロー!「あう!」強烈だ。瑠璃子はたまらず両手でおなかを押さえ、顔をしかめた。女コングはやる気満々の笑顔で襲いかかる。 ... » more

塩刈千香の相棒、三上瑠璃子は、温水プールで仕事をしていた。最近、痴漢や女子更衣室の盗撮騒ぎがあり、パトロールを頼まれていた。瑠璃子は客を装い、水着姿でパトロール。室内プールで泳いだり、たまに女子更衣室を覗いたりしていた。彼女は水泳が ... » more

刑事課の倉岡課長が、デスクでゆっくりコーヒーを飲んでいるところへ、怒りの目をした千香が入ってきた。「課長!」「え?」「何であの三人が釈放なんですか?」「あの三人って誰だっけ?」とわざとらしくデスクの上の書類を ... » more

仕事を終え、マンションに帰宅する塩刈千香。桜が散り、緑鮮やかな季節がやって来る。初夏は過ごしやすい時期だが、この国が庶民にとって過ごしやすいかどうかは微妙だ。治安は決して良くない。日本の安全神話はとっくの昔に崩壊している。千香は服を ... » more

山間<峠>に棲む鬼 U 老先生は、山道を登り、一軒の家の前に立った。・・・・・<<<・・・此処か?・・・結構、大きい家だな?・・・>>>・・・・・老先生は、門扉を開けると、玄関を潜った。・・・・・【・・・村井の爺さん!・・・居るか?・・・】 ... » more
テーマ 官能小説 山間<峠>に棲む鬼 小説  コメント(2)

美海と修は、裸のままベッドに寝ていた。修の腕枕。夢の中の出来事が現実になっている。「裁判になったら、いろいろ厄介なことがあるかもしれないが、君のことはオレが絶対に守るから」「嬉しい」美海は頭を修の肩に寄せた。美海は安 ... » more

修はやや怒った顔で美海のパジャマを脱がそうとする。「えええ?」まず下をあっさり脱がされてしまった。相手が修では抵抗しない。美海の美脚が修の目に止まる。「修さん・・・」修はベッドに上がり、美海の上に乗るように彼 ... » more

精野修は、出張で常連客の女性の家に行ってマッサージをしていた。マッサージ中はもちろん携帯電話には出られない。マンションに帰り、怪しいメモとDVDを見て驚いた。彼は早速DVDを見た。「・・・・・・」美海が水着姿で大の字 ... » more

美海はシャワーを浴び、バスタオルを巻いただけの格好で、リビングへ連れて行かれる。彼女は出されたビールを飲みながら星北と会話する。変な態度を取るのは危険なので、笑顔で話した。寝る時も全裸だ。キングサイズのベッドに二人で並んで寝る。嫌だ ... » more

ゴンゴンゴンゴンと激しく腰を突き動かす。敏感になっているところへ、奥まで突かれて、美海はもうわけがわからなくなってしまった。「あああ!やめて・・・あん、あん、あん、あん、あん!」口を大きく開け、泣き顔で歓喜の声を上げてしまう ... » more

星北はハッとして時計を見た。愛撫に夢中になって時間制限の勝負だということを忘れていた。「まだ10分しかたっておらん。あと20分も耐えるのは無理やろ」「別に」顔を紅潮させている美海に、星北は言葉でも翻弄する。「 ... » more

星北は美海のおなかに手を置くと、言った。「美海。一発だけやらせてくれ」「ヤです。それだけは許してください、一生のお願いです」「エエやろ、一回くらい」「許してください」無理やり犯そうと思えば犯せるのに、 ... » more

「聞こえんかったか。それとも彼氏に自分の乱れた姿を見られたい願望でもあんのか」「違います」美海は顔を曇らせると、ベッドに上がり、うつ伏せになった。この体勢は怖い。胸のドキドキが激しくなる。「美海。何でも言うこと聞く言 ... » more

美海は星北繁の部屋に上がった。スニーカーを脱ぐと彼女は裸足だった。ジーパンにポロシャツ。星北はチラチラと美海を見る。半袖から出る細いキレイな腕を見るだけで興奮を誘うから、「イイ女」は困ってしまう。案内された部屋は寝室だった。キングサ ... » more

山間<峠>に棲む鬼 T   ある山奥に、一人の老人が棲んでいた。老人は、月に一度、山を下りた。老人が向かう先は、山間にある、小さな診療所だった。・・・・・【・・・はい!・・・次の人!・・・入って?・・・】・・・・・老先生の、響きの良い声に、一人 ... » more
テーマ 峠に棲む鬼 官能小説 小説  コメント(5)

 

最終更新日: 2016/11/15 00:08

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る