誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

「上玉じゃねえか」「え?」後ろから声がしたのでエリナは急いで振り向く。「顔もかわいい」何と、姿は狼だが二足歩行のモンスターが5匹もいる。「へへへ、おまえの名前は何てんだ?」息が乱れる。さっきは ... » more

エリナと完練英雄は、歩きながら話した。「完練さん、どうすればいいんですか?」男もののシャツだから、エリナの太ももまで隠し、嫌でも彼女の美脚が強調される。しかも裸足だ。(見事だ)「完練さん」「あ、君のそ ... » more

「君ねえ」完練が責める。「スキーに連れて行くのとは意味が違うんだよ」「わかってます。覚悟はできています。でも、リオを見殺しにはできません」西尾はエリナの目を見て言った。「君の覚悟はわかった。しかし、丸腰で色魔界に行っ ... » more

らーめん屋を出た完練とエリナ。エリナは、真剣な顔で言った。「完練さん」「違う。私の名前はスタンザラリアートハンセンだ。ウィー!」と左手でつくったロングホーンを突き上げる。「完練さん。時間がないんです。あたしの ... » more

「君の選択肢は3つだ。1つ」6角星人は、いちいち指を立てて言う。「私の奴隷になる。2つ、私の花嫁になる。3つ、憎き敵の花嫁にされるくらいなら、死を選ぶ。さあ、どれか1つ選びな」「待ってください」「答えは1番? ... » more

(カンレンヒデオ・・・それが本名?)完勝、練習、英雄。完練英雄。珍しい名前だ。性格はもっと珍しそうだが。エリナはじっと、完練英雄と強盗を見ていた。「幸い僕は人がいい」完練は余裕の笑顔だ。「今すぐナイフを捨てるなら痛い ... » more

エリナは、その謎の私立探偵がよく行くというらーめん屋の前で待った。ガードレールに腰をかけ、店に入る男性を見る。180センチの太った男。パーマに帽子に丸いサングラス。特徴があるので見ればわかる気がした。今のところ、そう ... » more

「・・・・・・はっ!」エリナはベッドから跳ね起きた。自分の体を見ると、水着を脱がされて全裸だ。「あっ」周りには今岸を始め秘密警察の男性陣。エリナは慌てて毛布で胸を隠し、赤面した。「気づいたか?」今岸が真剣な顔 ... » more

大小の触手がエリナの両手両足をぐるぐる巻きにして空中に上げる。「やめろ!放せ!」「ぐふふふ。エリナ。女の子が水着姿で無抵抗なのに、そんな生意気な態度を取っても大丈夫なのかな?」「うるさい黙れ。今すぐほどけば命までは取 ... » more

「何の罪もない女の子に酷いことをしたらかわいそうだが、君は今私を外見で判断し、コバカにした。そんな性格の悪い女の子は、何をされても文句は言えない。全て自業自得という大義名分が完了」「何言ってんの。もしかしてあなた、バカ?」6 ... » more

亜紀は6角星人の人格を疑った。イッたら肉体が破裂するというのに、容赦なく弱点を責めまくる。酷過ぎる。「やめて!お願いだからやめて!何でも言うこと聞きますからあ!ああああああああああん!」泣きながら絶叫する亜紀。次の瞬間、透明 ... » more

秘密警察SHの今岸隊長は、スーパーヒロイン10名を集めた。「実は、色魔界の6角星人から、警告Vが届いた」「しきまかい?」「ろっかくせいじん?」エリナとリオが聞く。今岸は険しい表情で言った。「この警告V ... » more

秘密警察SH(スーパーヒロイン)のエリナは、きょうも道場で実戦特訓をしていた。何しろSHは、エスパーなど通常の警察官では手に負えない敵が出没した場合に出動する特殊チームだ。柔道着姿もよく似合うエリナ、24歳。やや染め ... » more

千香も起き上がる。彼女は怖い顔で町北啓介を睨んだ。「町北」「え?」「おまえを逮捕したら、女性警察官が一人犠牲になるんだな?」「待て、あれは冗談だ」左手で腹を押さえ、右手を出す町北に、千香が迫る。 ... » more

「くううううう・・・」歯を食いしばる千香に、女コングは笑顔で聞く。「降参?」「誰が・・・」「参った?」「黙れ」「そういう生意気なこと言うと本気で反るよん」女コングがさらに仰け反る。 ... » more

今までは一方的な勝利だった。女刑事や万引きGメンなど、何人ともバトルしたが、ほとんどワンサイドゲームだ。女コングは、自分と実力伯仲しているかもしれない女と向かい合い、燃えていた。「後悔させてあげるよん」女コングが突進。千香が ... » more

瑠璃子は、コンビニ店から借りたジャージ上下を、クリーニング店に出していた。店から洗濯されたジャージを受け取ると、すぐにコンビニ店へ行った。「店長はいますか?」「あ、あの時の」「はい」「店長」優しい店長 ... » more

『爆弾処理班を呼んだことがわかったら、悶絶マシーンを作動させます。警察がここへ到着するまで、千香刑事は持たないでしょう』「待て、わかった、爆弾処理班は呼ばない。爆弾に詳しくなくても外せる爆弾なんだな?」『話のわかる刑事さんは ... » more

続 宿直<擽られた性感帯 ]> その夜、亮は、高槻老人と、夢のような夜を過ごした。そして、亮は、健やかな朝を迎えた。・・・・・≪・・・お兄ちゃん!・・・眼が覚めたか?・・・≫・・・・・その声に、亮は、驚いたように、横を向いた。亮にとって、老人の存在 ... » more
テーマ 宿直 官能小説 小説  コメント(3)

個人的に千香のことを気に入っている倉岡課長は、千香を食事に誘おうと、何度も電話をしているのだが、連絡が取れない。「避けられたかな」いや、避けるも何も、電源が入っていないというのはおかしい。まさか何か事件に巻き込まれたのか。倉 ... » more

額に汗が滲む。瑠璃子は蓋を取った。人がいたが女コングではない。若い女性が全裸で手足を縛られ、猿轡を咬まされている。「んんん!」「あああ、一旦出て、女性が裸でいます」瑠璃子は両手で押すように警官に言った。「あたしがいいって言う ... » more

一方、瑠璃子は、女コングに言葉で脅されることはあっても、暴力はふるわれなかった。「もしもし」女コングが電話を取る。「そう、準備完了。わかった。じゃあ、私もそろそろドロンパするね」ドロンパとはどういう意味か。逃げるのか。瑠璃子 ... » more

ゴンゴンゴンゴンゴンと激しく腰を突き動かす。千香は泣き顔でもがいた。「あ、あ、あ、あ、あ・・・やめて、やめて」「やめないよ。やめるわけないじゃん」波岡の興奮も最高潮だ。惚れた女を犯している。心身ともにギンギンにエキサ ... » more

早速警察との交渉の準備にかかろうとする町北に、波岡が怪しい笑顔で言った。「待て町北。一発でいい。一発でいいから、千香チャンとやりたい」千香は緊張の面持ちで身じろぎした。全裸で手足を拘束されて無抵抗なのだ。襲われたら防ぎようが ... » more

町北は、小型爆弾ではなく、悶絶マシーンをゆっくり外す。再び千香の股が露わになる。「千香、いいもん見せてあげる」町北啓介が登場してから、三人の影が霞む。千香はそんなことを感じていた。明るい波岡はそれなりに目立っているが。 ... » more

町北啓介は、慣れた手つきで小型爆弾を千香の股に装着した。「ちょっと待ちなさいよ、外しなさい。自分がしていることわかってるの」息遣いが荒い千香に、町北は言った。「千香。これは時限爆弾だ。5分後に爆発するようにセットした ... » more

波岡は、千香の体を触りたくて仕方がない。気を失っている千香を抱き上げた。「愛しの千香チャンをお姫様抱っこ。ラッキー」首も腕も脚もだらんと下げている全裸美女。たまらなくセクシーだ。波岡は今すぐにでも犯したい衝動にかられた。 ... » more

目が覚めると、今度は鉄棒に拘束されていた。両手はバンザイの格好で、鉄棒を利用して両手首を拘束されている。両脚も肩幅よりも広げた感じで、キッチリと拘束されていた。千香はムッとした顔で暴れた。「いい加減にしなさいよ、こんなことして何にな ... » more

「へへへ」三崎朝夫はバトンを千香のおなかに当てる。「泣け」ブルブルブル!「あああああ!」おなかはきつい。千香は怒鳴った。「いい加減にしなさいよ!それ以上ふざけた真似したら許さないよ」「うるさいよ」 ... » more

「んんん・・・」千香は目を覚ました。「え、あっ!」服を全部脱がされ、素っ裸にされている。両手はバンザイの形で手枷でガッチリ拘束され、両脚もこれ以上開けないほどの大股開きにされ、足枷でキッチリ両足首を拘束されている。大の字にさ ... » more

 

最終更新日: 2017/11/04 10:35

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る