誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

6角星人がキーボードを叩くと、再び2本のサボテン電マが宙に浮く。「ふふふ。エリナ。何でも言うことを聞くと言ったね?」「はい、言いました」「では聞いてもらうよ。誇り高き正義のヒロインには酷な仕打ちだ、ハハハ」エ ... » more

悔しい。負けまいと歯を食いしばるエリナだが、どうにもならない。「あああああ・・・」このままではイカされてしまう。すると、6角星人はエリナの顔に自分の顔を近づける。唇と唇が触れそうな至近距離まで顔面を近づけて、言葉責めで追い込 ... » more

エリナが目を覚ました時は、全裸のまま磔にされていた。目の前には憎き6角星人。X字型に両手両足を手枷足枷でガッチリと拘束され、肘や膝も縛られて、完全に無抵抗の状態だ。無数のモンスターに犯され、酷い目に遭ったが、彼女は口を真一文 ... » more

エリナの股をツンツン突いて刺激する。怖過ぎる。「待ってください、ちょっとやめて!」大小の触手がエリナの美しい裸体を味わうように、両耳、左右の胸、おなか、股、両腕両脚と、全身を愛撫しまくる。「あああああ!あああああん! ... » more

「やめろ!」「ん?」6角星人は驚いて後ろを振り向く。何とそこには、エリナの姿が。「おっとびっくり」「その子を放しなさい!」6角星人は、エリナの格好を見て笑った。豹柄のビキニではないか。「セクス ... » more

豹柄ビキニのエリナは、裸足で6角星人のアジトに入る。番人などはいないようだ。勇気を振り絞って廊下を歩き、6角星人とリオを探した。一方リオは、意地悪な寸止め地獄で頭の中は真っ白になり、完全に理性は飛び、腰をくねらせながら哀願し ... » more

オクトパエスは凄い勢いで水中を移動する。エリナは信頼して任せた。「着いたぞ」エリナを陸に上げると、オクトパエスは建物を指し示した。「あれが6角星人のアジトだ」「あれが。リオはあの中に?」「グッドラック ... » more

エリナは凄い力で水中に引きずり込まれた「んんんんん!」オクトパエスはエリナを縛ったまま水中深く潜った。「んんん、んんん」水中では勝ち目がない。息ができない。エリナは慌てふためいた。「んんん、んんん」 ... » more

全裸で無抵抗の状態では、もろに技を受けることになる。それは悔しい。ボケナス大統領の触手が、エリナの両耳、左右の乳首、股とお尻にピタッと張り付く。「やめなさいよ、卑怯よ」「卑怯だよ。今頃気づいたの?」淫らに笑う ... » more

「あああああん!あああああん!やめて、そこは許して!お願い、おかしくなっちゃう!」「だーめ」ドエス魔人はお尻の秘境を責め続けながら、もう一本の細い触手がエリナの膣内に侵入。「ぐふふのふ。膣内の秘境も責めてあげるん」 ... » more

「コチョコチョコチョコチョ真骨頂!コチョコチョコチョコチョ真骨頂!」「きゃはははは、やめて・・・ください・・・」「コチョコチョコチョコチョ真骨頂!コチョコチョコチョコチョ真骨頂!」「あははは、やめて・・・死んじゃう・ ... » more

最初から、助ける気はないのだろうか。色魔界のモンスターに、善良な者がいるわけがないか。「ドエス魔人さん」「何かな?」「もしもあたしが勝ったら、絶対にあたしの仲間を助けてくれますか?」「ぐひひのひ。僕に勝てる気 ... » more

「上玉じゃねえか」「え?」後ろから声がしたのでエリナは急いで振り向く。「顔もかわいい」何と、姿は狼だが二足歩行のモンスターが5匹もいる。「へへへ、おまえの名前は何てんだ?」息が乱れる。さっきは ... » more

エリナと完練英雄は、歩きながら話した。「完練さん、どうすればいいんですか?」男もののシャツだから、エリナの太ももまで隠し、嫌でも彼女の美脚が強調される。しかも裸足だ。(見事だ)「完練さん」「あ、君のそ ... » more

「君ねえ」完練が責める。「スキーに連れて行くのとは意味が違うんだよ」「わかってます。覚悟はできています。でも、リオを見殺しにはできません」西尾はエリナの目を見て言った。「君の覚悟はわかった。しかし、丸腰で色魔界に行っ ... » more

らーめん屋を出た完練とエリナ。エリナは、真剣な顔で言った。「完練さん」「違う。私の名前はスタンザラリアートハンセンだ。ウィー!」と左手でつくったロングホーンを突き上げる。「完練さん。時間がないんです。あたしの ... » more

「君の選択肢は3つだ。1つ」6角星人は、いちいち指を立てて言う。「私の奴隷になる。2つ、私の花嫁になる。3つ、憎き敵の花嫁にされるくらいなら、死を選ぶ。さあ、どれか1つ選びな」「待ってください」「答えは1番? ... » more

(カンレンヒデオ・・・それが本名?)完勝、練習、英雄。完練英雄。珍しい名前だ。性格はもっと珍しそうだが。エリナはじっと、完練英雄と強盗を見ていた。「幸い僕は人がいい」完練は余裕の笑顔だ。「今すぐナイフを捨てるなら痛い ... » more

エリナは、その謎の私立探偵がよく行くというらーめん屋の前で待った。ガードレールに腰をかけ、店に入る男性を見る。180センチの太った男。パーマに帽子に丸いサングラス。特徴があるので見ればわかる気がした。今のところ、そう ... » more

「・・・・・・はっ!」エリナはベッドから跳ね起きた。自分の体を見ると、水着を脱がされて全裸だ。「あっ」周りには今岸を始め秘密警察の男性陣。エリナは慌てて毛布で胸を隠し、赤面した。「気づいたか?」今岸が真剣な顔 ... » more

大小の触手がエリナの両手両足をぐるぐる巻きにして空中に上げる。「やめろ!放せ!」「ぐふふふ。エリナ。女の子が水着姿で無抵抗なのに、そんな生意気な態度を取っても大丈夫なのかな?」「うるさい黙れ。今すぐほどけば命までは取 ... » more

「何の罪もない女の子に酷いことをしたらかわいそうだが、君は今私を外見で判断し、コバカにした。そんな性格の悪い女の子は、何をされても文句は言えない。全て自業自得という大義名分が完了」「何言ってんの。もしかしてあなた、バカ?」6 ... » more

亜紀は6角星人の人格を疑った。イッたら肉体が破裂するというのに、容赦なく弱点を責めまくる。酷過ぎる。「やめて!お願いだからやめて!何でも言うこと聞きますからあ!ああああああああああん!」泣きながら絶叫する亜紀。次の瞬間、透明 ... » more

秘密警察SHの今岸隊長は、スーパーヒロイン10名を集めた。「実は、色魔界の6角星人から、警告Vが届いた」「しきまかい?」「ろっかくせいじん?」エリナとリオが聞く。今岸は険しい表情で言った。「この警告V ... » more

秘密警察SH(スーパーヒロイン)のエリナは、きょうも道場で実戦特訓をしていた。何しろSHは、エスパーなど通常の警察官では手に負えない敵が出没した場合に出動する特殊チームだ。柔道着姿もよく似合うエリナ、24歳。やや染め ... » more

千香も起き上がる。彼女は怖い顔で町北啓介を睨んだ。「町北」「え?」「おまえを逮捕したら、女性警察官が一人犠牲になるんだな?」「待て、あれは冗談だ」左手で腹を押さえ、右手を出す町北に、千香が迫る。 ... » more

「くううううう・・・」歯を食いしばる千香に、女コングは笑顔で聞く。「降参?」「誰が・・・」「参った?」「黙れ」「そういう生意気なこと言うと本気で反るよん」女コングがさらに仰け反る。 ... » more

今までは一方的な勝利だった。女刑事や万引きGメンなど、何人ともバトルしたが、ほとんどワンサイドゲームだ。女コングは、自分と実力伯仲しているかもしれない女と向かい合い、燃えていた。「後悔させてあげるよん」女コングが突進。千香が ... » more

瑠璃子は、コンビニ店から借りたジャージ上下を、クリーニング店に出していた。店から洗濯されたジャージを受け取ると、すぐにコンビニ店へ行った。「店長はいますか?」「あ、あの時の」「はい」「店長」優しい店長 ... » more

『爆弾処理班を呼んだことがわかったら、悶絶マシーンを作動させます。警察がここへ到着するまで、千香刑事は持たないでしょう』「待て、わかった、爆弾処理班は呼ばない。爆弾に詳しくなくても外せる爆弾なんだな?」『話のわかる刑事さんは ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 00:08

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る