誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

両手首を拘束されてしまい、不安な顔色で身じろぎする全裸美女。絵になる。しかも正真正銘の女刑事だ。「ほどきなさいよ、わかってるの、これは逮捕監禁という重罪よ。でも今すぐほどいたら、執行猶予もあるわよ」「バカ、お ... » more

浴衣の乱れを直した彼女は、走って知里の後ろへ行く。「行きなさい」「ありがとうございます」彼女は泣き顔でお礼を言うと、走って逃げた。知里は厳しい表情で不良二人に歩み寄る。「何、レイプしようとしてたの?」 ... » more

覆面男たちが去ってから、すぐに店の駐車場にタクシーが止まった。車からは4人が下りてきた。待ち合わせをして一緒にタクシーに乗ってきたようだ。「あああ・・・どうしよう・・・」さやかは必死に手足をほどこうともがいた ... » more

「どれ、動くか?」皆でストッパーを外し、ベッドを押したり引いたりする。動いた。「よーし、じゃあやっぱりこのまま駐車場に行こう」さやかは蒼白になった。「待ってください、それはしないという約束でしたよね?」 ... » more

「何がわかったんだ?」ピエロが迫る。「駐車場だけは許してください、言う通りにしますから」「よーし、じゃあ大の字拘束だ!」さやかは抵抗しなかった。全裸のまま駐車場のフェンスに両手首を拘束されて置き去りにされたら、人生終 ... » more

さやかは、助けてくれた厨房の男子従業員4人に、満面笑顔で言った。「助けてくれたお礼に、明日、焼肉をご馳走します」「そんな」そんなお礼はいらないと思ったが、魅力的な店長と焼肉に行けるというのは嬉しい。断ったらも ... » more

さやかは厳しい声を出す。「忘れ物は、あったの?」しかし朋晃は、さやかのほうを見る。「ちょっと、見ないでよ、裸なのよあたし」「だから、何でスッポンポンなの?」とベッドに歩み寄る。(ヤダ、怖い)さ ... » more

県警と性犯罪撲滅室は、必死に捜査をしていたが、テレビや新聞で報道されていないだけに、一般人にはこの事件は知られていなかった。ステーキハウスの店長をしている霜川さやかも、この事件は全く知らなかった。彼女は32歳独身。チェーン店 ... » more

タイガーは満足のいくまで愛しのあさひを愛撫すると、ピエロに合図。「よーし、運べ!」「ん?」全裸のあさひを、マントヒヒが肩に担ぎ、事務所を出る。「んんん、んんん、んんん!」素っ裸にされただけでも精神的シ ... » more

あさひは、イライラした様子で言った。「まず、親しさの度合いって凄く大事だと思うんですよ。高三さんとあたしって、同じ職場ってだけで、事務とドライバーで部署も違うし、急に映画に誘うって絶対変ですよ」「どうせ俺は変態だよ」 ... » more

県警の捜査本部も真剣に捜査していたが、なかなか犯人の目星がつかない。性犯罪撲滅室も、二人目の犠牲者を出してしまい、激しい憤りを感じていた。「何て酷いことをするの」いつも明るい知里も、さすがに表情が暗い。小松が言った。 ... » more

朝。ラジオ体操と朝礼をするフロアに、麻由子は来ていた。ラジオ体操が始まる時間まで30分もあるから、まだ誰もいない。ここに正社員とパートとアルバイト、全部あわせて約50人の従業員が集まるのだが、責任感の強い麻由子はきょうの作業 ... » more

性犯罪撲滅室では、皆真剣な表情で捜査会議だ。海雪を襲った犯人と同一犯かどうかは今のところわからないが、犯行手口に似ているところがある。若い女性を全裸でベッドに大の字拘束。電マで責めて辱める。最後はほどかないで ... » more

靴音と共に男性社員の喋り声が聞こえる。(嘘、ヤダ、絶対ヤダから助けて!)ゆり菜は両目から涙を流し、激しく暴れた。フレッシュマンたちはやる気満々の爽やかな顔で、きょうも自発能動の清掃から仕事を始める・・・と思ったが。 ... » more

ゴリラが来て、ゆり菜を見つめる。夢にまで見たゆり菜の裸。妄想の中では何度彼女を全裸にし、犯したか数えきれない。しかし今、目の前には、一糸まとわぬ姿のゆり菜がいて、これは現実で、しかも大の字に拘束されているのだ。 ... » more

星ゆり菜は、21歳の若さで、家具店のベッド売り場の責任者を任されていた。抜群の接客と、機転の速さ。優秀と認められた彼女は、会社から重んじられる存在だ。そしてルックスも文句なしなので、社内でも凄くモテた。身長165セン ... » more

性犯罪撲滅室のメンバーが到着した。「みゆき!」先頭切って部屋に突入したのは男二人。赤井康之と三上翔悟だ。「やあああ!」素っ裸で大の字拘束だけでも死ぬほど恥ずかしいのに、電マで責められて股をびしょびしょにされて ... » more

火藤哲也は、手指で海雪の胸やおなかや股を触りまくり、全身に舌を這わす。無防備だからされるがままだ。「んんん」ひと通り海雪の美しい体を味わうと、今度は電マを持ってきた。「やめて」焦った顔で身じろぎする海 ... » more

「んんん・・・」海雪は、ゆっくり目を覚ました。「あ、しまった!」キングサイズのベッドに真っ裸で大の字に拘束されている。(あたしとしたことが!)激しくもがく全裸の海雪を、男は淫らな笑顔で見下ろす。「お目覚めかな ... » more

警察署に設置された「性犯罪撲滅室」に所属する女性警察官・千原海雪(ちはら・みゆき)は、友人と居酒屋で飲んでいた。いつでもスタンバイOKの海雪は、スーツ姿で、一人だけウーロン茶を飲んでいたが、女性だけの飲み会なので、明るく笑顔で談笑し ... » more

年配者だと思って甘く見たか、不用意な右ストレート。小松は弘の腕を取り、豪快に一本背負い!「があああああ!」こういう場合、100キロの体重が大きなダメージの原因になる。弘は起き上がれない。「公務執行妨害の現行犯で逮捕す ... » more

思いを遂げた二人は満足の笑み。このまま代わる代わる回そうかとも思ったが、弘が言った。「俺いいこと考えた」「何だ?」「究極の羞恥プレイだ」「どんなだ?」悪党の清彦が興味津々の笑顔で聞く。「渋谷ハチ公前で ... » more

老人の島 18 義じいさんは、明け方、眼を覚ますと、トイレに向かった。その時、隣の部屋で、眼にしたのは、清則じいさんと、東山老人の姿だった。しかし、何を気にすることなく、トイレから戻ると、再び、寝転んだ。そして、陽が昇ると同時に、再び、布団から ... » more
テーマ 官能小説 小説 老人の島  コメント(4)

弘は、清彦とは違う思いがあった。不運にも素っ裸にひん剥かれ、両手両足を拘束されて完全に無抵抗にされてしまっている目の前の娘は、正真正銘の女性警察官なのだ。取調室での屈辱が蘇る。海雪にはもちろん罪はないし、基本いい刑事 ... » more

清彦は、改めて海雪の裸を見る。豊かな胸にキレイな美乳。セクシーな美ボディ。見事な美脚。たまらない。「海雪、これはレイプか?」とナイフをちらつかせる。「んんん」首を左右に振る海雪に良心がくすぐられる。「 ... » more

海雪の死にそうな顔に満足の笑みを浮かべた弘は、一旦腹パンチ連打をやめた。「げぼ・・・あああ・・・はあ、はあ、はあ・・・」「大丈夫か?」清彦がおなかをさすってあげる。「はあ、はあ、はあ・・・」両目から涙を流して ... » more

海雪はゆっくり目を覚ました。「んんん・・・え、あああああ!」自分の置かれている状況を知り、彼女は愕然とした。暗い部屋の中で、キングサイズのベッドに寝かされているが、素っ裸だ。全く容赦ない。両手両足は大の字に拘 ... » more

アパートの2階。赤井康之と三上翔悟は、ドアをノックした。「はい」「森口清彦さんですね」「どちら?」「警察の者ですけど、ちょっといいですか」「・・・お待ちください」しかし、1分たっても出て来ない ... » more

病院のベッドで寝ている海雪の手を、知里がしっかりと握っている。「辛かったね」知里も全裸晒し刑を経験していることを、海雪は思い出した。知里は大衆の面前ではないが、マッサージ師らに全部見られてしまった。それに噂では、郵便 ... » more

電マは無情にも、海雪の敏感な箇所を責め続ける。海雪が腰をガクガクさせながら激しく昇天してしまったところを、多くの男たちが興味津々に見ていた。全裸を晒すだけでも精神が崩壊するほどのショックなのに、電マで責められて、イッちゃうと ... » more

 

最終更新日: 2017/10/08 16:10

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る