誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

性犯罪撲滅室のメンバーが到着した。「みゆき!」先頭切って部屋に突入したのは男二人。赤井康之と三上翔悟だ。「やあああ!」素っ裸で大の字拘束だけでも死ぬほど恥ずかしいのに、電マで責められて股をびしょびしょにされて ... » more

火藤哲也は、手指で海雪の胸やおなかや股を触りまくり、全身に舌を這わす。無防備だからされるがままだ。「んんん」ひと通り海雪の美しい体を味わうと、今度は電マを持ってきた。「やめて」焦った顔で身じろぎする海 ... » more

「んんん・・・」海雪は、ゆっくり目を覚ました。「あ、しまった!」キングサイズのベッドに真っ裸で大の字に拘束されている。(あたしとしたことが!)激しくもがく全裸の海雪を、男は淫らな笑顔で見下ろす。「お目覚めかな ... » more

警察署に設置された「性犯罪撲滅室」に所属する女性警察官・千原海雪(ちはら・みゆき)は、友人と居酒屋で飲んでいた。いつでもスタンバイOKの海雪は、スーツ姿で、一人だけウーロン茶を飲んでいたが、女性だけの飲み会なので、明るく笑顔で談笑し ... » more

年配者だと思って甘く見たか、不用意な右ストレート。小松は弘の腕を取り、豪快に一本背負い!「があああああ!」こういう場合、100キロの体重が大きなダメージの原因になる。弘は起き上がれない。「公務執行妨害の現行犯で逮捕す ... » more

思いを遂げた二人は満足の笑み。このまま代わる代わる回そうかとも思ったが、弘が言った。「俺いいこと考えた」「何だ?」「究極の羞恥プレイだ」「どんなだ?」悪党の清彦が興味津々の笑顔で聞く。「渋谷ハチ公前で ... » more

老人の島 18 義じいさんは、明け方、眼を覚ますと、トイレに向かった。その時、隣の部屋で、眼にしたのは、清則じいさんと、東山老人の姿だった。しかし、何を気にすることなく、トイレから戻ると、再び、寝転んだ。そして、陽が昇ると同時に、再び、布団から ... » more
テーマ 官能小説 小説 老人の島  コメント(4)

弘は、清彦とは違う思いがあった。不運にも素っ裸にひん剥かれ、両手両足を拘束されて完全に無抵抗にされてしまっている目の前の娘は、正真正銘の女性警察官なのだ。取調室での屈辱が蘇る。海雪にはもちろん罪はないし、基本いい刑事 ... » more

清彦は、改めて海雪の裸を見る。豊かな胸にキレイな美乳。セクシーな美ボディ。見事な美脚。たまらない。「海雪、これはレイプか?」とナイフをちらつかせる。「んんん」首を左右に振る海雪に良心がくすぐられる。「 ... » more

海雪の死にそうな顔に満足の笑みを浮かべた弘は、一旦腹パンチ連打をやめた。「げぼ・・・あああ・・・はあ、はあ、はあ・・・」「大丈夫か?」清彦がおなかをさすってあげる。「はあ、はあ、はあ・・・」両目から涙を流して ... » more

海雪はゆっくり目を覚ました。「んんん・・・え、あああああ!」自分の置かれている状況を知り、彼女は愕然とした。暗い部屋の中で、キングサイズのベッドに寝かされているが、素っ裸だ。全く容赦ない。両手両足は大の字に拘 ... » more

アパートの2階。赤井康之と三上翔悟は、ドアをノックした。「はい」「森口清彦さんですね」「どちら?」「警察の者ですけど、ちょっといいですか」「・・・お待ちください」しかし、1分たっても出て来ない ... » more

病院のベッドで寝ている海雪の手を、知里がしっかりと握っている。「辛かったね」知里も全裸晒し刑を経験していることを、海雪は思い出した。知里は大衆の面前ではないが、マッサージ師らに全部見られてしまった。それに噂では、郵便 ... » more

電マは無情にも、海雪の敏感な箇所を責め続ける。海雪が腰をガクガクさせながら激しく昇天してしまったところを、多くの男たちが興味津々に見ていた。全裸を晒すだけでも精神が崩壊するほどのショックなのに、電マで責められて、イッちゃうと ... » more

昇天寸前の敏感な肉体は、あと少しの刺激にも耐えられそうもなかった。特に股をサボテン電マで責められてしまったら、確実にイッしまいそうなので、海雪は神妙にしていた。生意気な態度なんか取ったら、出鼻をくじくまで意地悪されるに決まっ ... » more

「ほどいてほしい?」弘が聞く。「ええ」「わかったほどいてあげる」とブラジャーの紐をほどく。「あああ、やめなさい、こらあ・・・あああああ!」まさか。ブラジャーを取られてしまった。海雪は気が動転した。胸を思いきり ... » more

海雪と清彦は、海の家でビールを飲みながら談笑した。「海雪、マッサージ好きか?」「マッサージ?」「俺が金払うからさあ。実は友だちがマッサージやってるんだよ」「ふーん」海雪は考えた。犯行方法はゴムボートだ ... » more

一方、赤井と海雪は。海雪に声をかけてくる男。間違いない。森口清彦だ。赤井も海雪もすぐに気づいた。「君一人?」「一人だったら?」生意気な顔を向ける海雪。「あんまりかわいいんでさあ、思わず声かけたんだよ。君に断ら ... » more

後頭部を庇う両手を見ていた女コングは、知里のその両腕をつかみ、自分の膝あたりで固定し、大きな両手で知里の口を塞ぐ。「んんんんん!」そのまま後ろに反る!「んんん、んんん!」必殺技キャメルクラッチが完璧に決まって ... » more

「事情はわからないけど、暴力を見過ごすわけにはいかないわ。警察と救急車を呼ぶから」「呼ばねえよ」知里は翔悟に近づいたが遮られた。「どきなさい。救急車呼ぶから。殺人犯になりたいの」「どうする、こいつもボコボコに ... » more

知里は、わざと人通りの少ない場所へゆっくりと移動する。砂浜に木。ハワイを思わせる景色に、知里は笑みを浮かべた。仕事でなければ、あの木陰で寝転がりたい。その木の近くにTシャツに短パン姿の若い女がゾロゾロ歩いていく。髪型 ... » more

赤井康之、三上翔悟、岸本知里、千原海雪の4人は、海に到着。遊びに来たわけではない。早速海の家で着替えて集合した。男はTシャツに短パンにビーチサンダルという格好だが、役目はボディーガードだから、警察手帳と手錠を持っている。 ... » more

性犯罪撲滅室。仕事が来たので、皆デスクに着席してミーティングだ。スーツ姿の千原海雪が、真顔で報告する。「海で、強姦未遂事件が起きてしまいました」「未遂?」赤井康之が聞く。「はい。不幸中の幸いで、未遂に ... » more

暴力の恐怖に震える梓だが、清彦は笑顔だ。とりあえず殴られる心配はなさそうな感じだ。「おまえみたいなかわいい女の子が全裸だとよう、みんな喜ぶけどな。俺みてえな男が全裸だとたちまち変態扱いだ。世の中不公平だぜ、ガッハッハッハ!」 ... » more

完全に主導権を握った清彦は、無理難題を言う。「脚を広げて伸ばしな」水着を海に投げ捨てられたら終わりなので、梓は言う通りにした。まだ両手は頭の後ろなので、股も胸も丸見えで、悔しいし恥ずかしいし気を失いそうだ。「んんん・ ... » more

「年は30歳。身長は178センチ、体重は」「そういうことじゃなくて」「つまりNOか?」と清彦は怖い笑顔で迫る。「NOなんて言ってません」「ふられたくないな。俺のタイプだ。どんぴしゃのドストライクだ」「 ... » more

帰ってしまったかと思って諦めかけた時、海の家で、一人でジュースを飲んでいる梓を発見。森口は燃えた。「天は我を見捨てていなかった」彼は思い直した。「悪いことをしようとしているのだから、天ではなく悪魔に見守られて ... » more

夏の海は危険がいっぱいだ。純粋に出会いを求めてのナンパはいいが、始めからレイプが目的でナンパする悪質なハイエナや狼もいるから、女性は気をつけなければいけない。川倉梓、19歳。女子大生だ。大学の友人、梨夏、絵美架と三人 ... » more

知里は無事救出され、犯人も全員逮捕という連絡を受け、千原海雪は安堵した。彼女は一人、性犯罪撲滅室に残り、小松に言われた通り、パソコンを見ながら知里の居場所を小松たちに伝えていた。少し話を聞いたが、知里は全裸にされて手足を拘束 ... » more

バカと言われたことで罪悪感が薄らいだ三人は、ドライヤーの先端を知里の股に当てる。「あああやめて、違うの待って・・・あああああ!ダメ・・・アチチチチチチチ、アチッチチチチチチ!」泣きながら首を左右に振って「やめて」の意思表示。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/15 00:08

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る