誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    官能小説

官能小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「官能小説」のブログを一覧表示!「官能小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「官能小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「官能小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

養子三代 X 自分は、電車の中で佇む、一人の老人を見た。自分は、眼を疑った。・・・・・三国老人だ!・・・・・・・・如何して、同じ車両に?・・・乗る時は、見えなかったのに?・・・自分は、如何して良いか分からなかった。同時に、 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説  コメント(2)

娯楽室で、対峙する石田老人と、武藤老人。それは、年老いた老人とはいえ、男気を全面に押し出した二人だった。そして、石田老人は、武藤老人を、無視するようにして、娯楽室を後にすると、部屋に戻った。・・・・・【・・・吉井はん!・・・ ... » more
テーマ 官能小説 湯治場 小説  コメント(4)

山間<峠>に棲む鬼 V 老人は、村井老人の家に戻ると、中に入った。70過ぎの老人だが、顔色も良く、見かけは、年より若く見えた。・・・・・<・・・佐藤の爺さん!・・・ご苦労だったな?・・・それで、上手く行ったか?・・・>・・・・・村井老人は、いつ ... » more
テーマ 官能小説 山間<峠>に棲む鬼 小説  コメント(3)

湯治場 23章 松下老人は、南口老人が去った後、浴槽に身を沈め、一人、妄想に耽った。・・・・・<<<・・・今夜の自分は、何だったんだ?・・・>>>・・・・・しかし、現実を否定する事はできなかった。そして、部屋に戻った。しかし、横には ... » more
テーマ 官能小説 湯治場 小説  コメント(2)

養子三代 V 自分は、その日、東老人の遊びに、幻惑した。祖父との遊戯もそうだったが、ラブホテルと言う雰囲気が、自分を、又、違う世界に、陥れていた。唇も奪われ、尺八もされたが、初めての時と違い、力強さを感じた。これが、若い子を殺める術なのかと思 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説  コメント(2)

老人の島 19 島の住人達は、今日も、平穏な日を送っていた。・・・・・(・・・隈さん!・・・今日も、平穏な一日だな?・・・)・・・・・≪・・・それが、一番じゃないか。・・・だが、義さんには、物足りないんじゃないか?・・・≫・・・・・ ... » more
テーマ 官能小説 小説 老人の島  コメント(4)

養子三代 U 過去を振り返る堅治の脳裏に、今、呑み会での事が、頭を過った。・・・・・今思えば、あれが、全てだった。あの時の自分は、その場の雰囲気と、老人達の空気に、呑まれていた。無論、酒に呑まれた自分も居た。・・・・・【・・・堅治 ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説

養子三代 T 宮内堅治。26歳。・・・宮内家に来て、はや、三年が、過ぎようとしていた。堅治は、あの日の出来事。・・・そして、自分の人生を、振り返っていた。あれは、一年前だった。・・・・・<・・・お前から、誘うなんて、珍しいな?・・・> ... » more
テーマ 官能小説 養子三代 小説  コメント(2)

幼き日の過ち <夜這い> 14 隆一は、部屋を後にすると、静けさ漂う、廊下を歩きだした。その時、前方に、隆一を待つようにして、一人の老人が、椅子に、腰を降ろしていた。・・・・・(・・・叔父さん!・・・如何したの?・・・)・・・・・≪・・・何だ!・・・隆 ... » more
テーマ 幼き日の過ち<夜這い> 官能小説 小説  コメント(2)

華麗なる老人Z 沢田老人と、近衛老人は、ゲストルームで、気を揉み乍ら、二人を待った。・・・・・《・・・沢田さん!・・・あの二人は、大丈夫でしょうか?・・・やけに、遅いですな?・・・》・・・・・【・・・ハハハ!・・・近衛さんも、心配性ですな? ... » more
テーマ 華麗なる老人 官能小説 小説  コメント(2)

続 宿直 <擽られた性感帯 Y> 亮は、走った。長い、新幹線のホームを走った。そして、近づく老人の姿を見て、立ち止まった。・・・・・<<<・・・違う?・・・阿部のおじいちゃんじゃない?・・・>>>・・・・・亮は、肩を落としながら、再び、長いホームを見渡し ... » more
テーマ 宿直 官能小説 小説  コメント(4)

翔悟が怒る。「刑事だって人間だぞ。いくら何でもあれは酷過ぎるんじゃないのか」「最初は強気に出てたのに、全裸にされて吊るされて、クックック、電流バトンで拷問プレイしたら、たちまち泣き顔でやめてやめて・・・があああ!」翔悟が横か ... » more

「あとさあ、デパートとかで売り場に置いてあるベッド見るとさあ、あのベッドに女の子を全裸にして手足縛ったらどうかなって妄想をよくしてた。男ならしたことあるでしょ?」と、火藤は3人を順番に指差す。「あるかそんなこと!」翔悟が答える。 ... » more

病室で寝ている知里の手を握り、海雪は報告した。「悪党12人、全員逮捕したわ」「そう」知里は、今回ばかりは相当ショックだったらしく、声に力がない。「大丈夫?」「ダメ」「そんなこと言わないでよ」海 ... » more

「何すんだテメー!」3対4で乱闘になった。さやかは見守るしかない。4人の男たちが自分を助けてくれる保証はないが、朋晃たちよりは可能性がある。しかし、火藤は強かった。顔面にニーパット!パンチ、キックの雨霰、あっ ... » more

「襲えええ!」「きゃあああああ!」枕を取られ、3人がかりで全裸のさやかをベッドに押し倒す。「やめて、やめて、大きい声出しますよ」「悲鳴あげたら腹パンチだぞ、いいのか?」とおなかに拳を押し当てる。「わか ... » more

海雪を入れると、知里が6人目の犠牲者ということになる。小松雷明、赤井康之、三上翔悟は大激怒したが、冷静沈着になろうと努めた。ある時、一般市民から言われたことがある。警察は警察官が被害者だと全軍上げて本気で捜査するが、 ... » more

(ダメだ、耐えられない、無理・・・)愛液が溢れる。股をびしょびしょにされてしまった。知里は観念した。「あああああん!あああああん!ああああああああああん!」堕ちた。「イッたか?」「やめて」「か ... » more

「さて、そろそろ殺すか」全裸で無抵抗の状態で「殺す」と言われたら、平常心ではいられない。火藤がポケットからバトンを出す。ほかの4人もバトンを出した。「何よそれ?」「痛い目に遭わないとわからないお嬢ちゃんには、 ... » more

両手首を拘束されてしまい、不安な顔色で身じろぎする全裸美女。絵になる。しかも正真正銘の女刑事だ。「ほどきなさいよ、わかってるの、これは逮捕監禁という重罪よ。でも今すぐほどいたら、執行猶予もあるわよ」「バカ、お ... » more

浴衣の乱れを直した彼女は、走って知里の後ろへ行く。「行きなさい」「ありがとうございます」彼女は泣き顔でお礼を言うと、走って逃げた。知里は厳しい表情で不良二人に歩み寄る。「何、レイプしようとしてたの?」 ... » more

覆面男たちが去ってから、すぐに店の駐車場にタクシーが止まった。車からは4人が下りてきた。待ち合わせをして一緒にタクシーに乗ってきたようだ。「あああ・・・どうしよう・・・」さやかは必死に手足をほどこうともがいた ... » more

「どれ、動くか?」皆でストッパーを外し、ベッドを押したり引いたりする。動いた。「よーし、じゃあやっぱりこのまま駐車場に行こう」さやかは蒼白になった。「待ってください、それはしないという約束でしたよね?」 ... » more

「何がわかったんだ?」ピエロが迫る。「駐車場だけは許してください、言う通りにしますから」「よーし、じゃあ大の字拘束だ!」さやかは抵抗しなかった。全裸のまま駐車場のフェンスに両手首を拘束されて置き去りにされたら、人生終 ... » more

さやかは、助けてくれた厨房の男子従業員4人に、満面笑顔で言った。「助けてくれたお礼に、明日、焼肉をご馳走します」「そんな」そんなお礼はいらないと思ったが、魅力的な店長と焼肉に行けるというのは嬉しい。断ったらも ... » more

さやかは厳しい声を出す。「忘れ物は、あったの?」しかし朋晃は、さやかのほうを見る。「ちょっと、見ないでよ、裸なのよあたし」「だから、何でスッポンポンなの?」とベッドに歩み寄る。(ヤダ、怖い)さ ... » more

県警と性犯罪撲滅室は、必死に捜査をしていたが、テレビや新聞で報道されていないだけに、一般人にはこの事件は知られていなかった。ステーキハウスの店長をしている霜川さやかも、この事件は全く知らなかった。彼女は32歳独身。チェーン店 ... » more

タイガーは満足のいくまで愛しのあさひを愛撫すると、ピエロに合図。「よーし、運べ!」「ん?」全裸のあさひを、マントヒヒが肩に担ぎ、事務所を出る。「んんん、んんん、んんん!」素っ裸にされただけでも精神的シ ... » more

あさひは、イライラした様子で言った。「まず、親しさの度合いって凄く大事だと思うんですよ。高三さんとあたしって、同じ職場ってだけで、事務とドライバーで部署も違うし、急に映画に誘うって絶対変ですよ」「どうせ俺は変態だよ」 ... » more

県警の捜査本部も真剣に捜査していたが、なかなか犯人の目星がつかない。性犯罪撲滅室も、二人目の犠牲者を出してしまい、激しい憤りを感じていた。「何て酷いことをするの」いつも明るい知里も、さすがに表情が暗い。小松が言った。 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/26 18:35

「官能小説」のブログ関連商品

» 「官能小説」のブログレビュー をもっと探す

「官能小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る