誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ロシア文学

ロシア文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ロシア文学」のブログを一覧表示!「ロシア文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ロシア文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ロシア文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ジッド・ツルゲーネフ・ニーチェ・三島再読―文学・哲学・社会学は営業力につながるか害になるか【中】 [第229回]会社と営業の話(57)‐2(四)ツルゲーネフ『はつ恋』『父と子』昔、1974年だったと思うが、梶原一騎という怖そうなおっさんが「原作」の『愛と誠』という漫画があった。その登場人物に、新宿の花園高校という不良高校で、唯一 ... » more

平成に漂う(平成23年、年頭にて) あけましておめでとうございます。どうか皆様に、本年も良い読書がありますように。『眠れ』ヴィクトル・ペレーヴィン三浦清美=訳群像社『宇宙飛行士オモン・ラー』を読んだ後、この作家の処女短編集を読んでみたいという気持ちが高まった。 ... » more

アルツイバーシェフ著(昇隆一訳)『サーニン』再読 2010年12月3日熱烈な愛読書青娥書房(1975年発行)のこの本を始めて読んだのは、北海道苫小牧市に住んでいた頃である。それから30年の月日が過ぎ去った。5年ほどして再度東京に出てきたとき、クルマのトランクに入れて持参 ... » more
テーマ 彼は超人か? ロシア文学 哲学小説  コメント(1)

山羊座の一番目 『宇宙飛行士オモン・ラー』ヴィクトル・ペレーヴィン尾山慎二=訳群像社「概念が人を喰う」もちろん、作者があのアメリカ映画を観たかどうかはわからない。だが、この話はあの映画とほぼ同一のメンタリティで書かれていることは間違いない。 ... » more

1970年にノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツィン。処女作『イワン・デニーソヴィチの一日』は、生きるエネルギーに満ちた作品です。この作品が出版されるや世界的なベストセラーになったというのは当然の成り行きでしょう。強制収容所、国家反逆罪、 ... » more
テーマ ロシア文学

数多くの優れた作家を輩出したロシア文学。日本で最も人気があるのはドストエフスキーではないでしょうか。しばしば『カラマーゾフの兄弟』が書評などで取り上げられていますね。サマセット・モームの『世界の十大小説』に選出されていますし、日本では村上春 ... » more
テーマ ロシア文学

ロシア文学は若いうちに制覇しておきましょう(^^ゞ ほとんどの方は本日から連休明けでご出勤のことと思いますが、私の3連休は、世間とは一日ずれて日曜日から本日火曜日までなんですよね。なので最終日の今日、図書館(いつものところではなく、分室)へ行って、最近とんとご無沙汰し ... » more

僕が読んで最初に感動した作品です。20年前でしょうか。旧ソ連の片田舎にジェイシェンという青年が、学校を作りにやってきます。理想と情熱に溢れた彼の訴えを、頑迷な親たちは理解しません。しかし、子供たちは、次第にジェイシェンの学校へ通 ... » more
テーマ 教育 ロシア文学 アイトマートフ

光文社古典新訳文庫から刊行中であった『アンナ・カレーニナ』が待望の完結です。アンナ・カレーニナ(1)楽天ブックス 光文社古典新訳文庫 著者:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ/望月哲男出版社:光文社サイズ:文庫ページ 楽天市場 by ... » more
テーマ 光文社古典新訳文庫 トルストイ ロシア文学

光文社古典新訳文庫という読書家にとっては最高の企画、しかし、考えようによってはなんとも挑戦的な、といいますか、向こう見ずなシリーズがスタートして早2年、意外にも(失礼)売れ行きは言いようです。その中でも最大のヒット作は社会現象といっ ... » more

エヴゲーニー・オネーギンの序章に、度肝を抜かれた。どう抜かれたかというと、ドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟の序章を彷彿させる出出しだからだ。いや、その著者は、ドストエフスキーの地下室の手記の主人公ではないかと思わせるような、自負の固まり ... » more

作者ロープシン(本名ボリス・サヴィンコフ)自身もまた帝政時代から革命後のロシアにおいてテロ活動を行った人物のようだが、現実の過酷な政治の世界に身を置いていた作家の小説にしては、どこまでもロマンチックで、薄明のモスクワやペテルスブルグに身を潜 ... » more

江守徹が声色を変えて登場人物全員を演じている、朗読というよりも、独芝居のような2枚組CDを聴きながら、『罪と罰』とは何て優れた推理小説だろうと改めて驚きもし感心もした。面白い小説というものはたいてい推理小説的要素があるものだが、朗読されてい ... » more
テーマ ロシア文学 推理とサスペンス 朗読  トラックバック(4)

詩集 彼岸花ロシア文学と日本文学
国民性の違いでしょうか、ロシア小説を読んでいると、台詞の饒舌さ、人物描写の細かさに違和感を覚え、閉口する時があります。理想主義的かつ現実主義的な二面性は、ドストエフスキーやバフチンを生み、マルクスの思想を受け入れたことによく表れているような ... » more
テーマ ロシア文学

 

最終更新日: 2016/11/14 23:44

「ロシア文学」のブログ関連商品

» 「ロシア文学」のブログレビュー をもっと探す

「ロシア文学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る