誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「龍」のブログを一覧表示!「龍」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「龍」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「龍」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

妙心寺 みょうしんじ 〜 明智風呂 ・ 雲龍図 狩野探幽 妙心寺、法堂のの雲龍図は約350年前に狩野探幽によって描かれたもの。相国寺の400年前のものと50年ほどしか違わないのにかなり新しい感じがします。今年の夏のJR東海のポスターでおなじみです。こちらは描き上げてから吊りあげたので吊天井とも呼ば ... » more

建仁寺 けんにんじ 〜 双龍図 小泉淳作 龍の天井図は色々ありますが、私の好きなものの一つがこの建仁寺の「双龍図」。薄暗い法堂の中に入り、天井を見上げるとしばし時間の経つのを忘れて見入ってしまいます。建仁寺は京都最古の禅寺。入ってすぐのところにあの俵屋宗達の真作とされる「風神雷神図 ... » more

時空を超えて夢の中の龍
夢の中の龍 横尾忠則画家。1936年兵庫県生。夢の中にはいろいろな動物がでてきます。犬、ねこ、馬、蝶々、虫、それに蛇など。時には、何の動物がわからない大変奇妙な生き物が出てくることもありますね。夢ってほんとうに不思議です。画家、横尾忠則 ... » more

神話にみるドラゴンクエストと竜退治 石見神楽のヤマタノオロチ記紀のハイライトの一つ、スサノオによる、オロチ退治に登場する八つの頭と尾のある竜蛇って、どういう存在なんだろう、と考えていました。まさか、あれが実在したとは、いくらなんでも考えられません。スサノオとヤマタ ... » more

スサノオの竜退治 草薙剣ミステリー 竜の剣 1 スサノオ「ドラゴンクエスト」の日本における元祖といえば、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の弟、須佐之男命(スサノオノミコト)でしょう。ドラゴンクエスト(DragonQuest)とは、「竜の探求」、あるいは「竜を探す冒険」を意味します。 ... » more

時空を超えて古代中国の竜使い A
古代中国の竜使い A 龍あらわる中華怪有編西村康彦著前に、古代中国の伝説の王朝、「夏』の時代にいた龍使い一族「拳竜氏(かんりゅうし)」についてお話したと思います。最近西村康夫氏の『龍あらわる』を読んだのですが、とにかくこの本、オモシロイ!(中国の歴史が好 ... » more

台北、故宮博物院で龍に出会う  台北国立故宮博物院 八月末、時間がとれたため、二泊三日で台北に行きました。ホテルに荷物を置くと、まず直行したのが、世界四大博物館の一つに数えられている国立故宮博物院。 五千年以上にわたる中国のお宝が展示されています。 ... » more

絵のブログ258 dragon
258 dragon ... » more
テーマ 守護神

あなたは龍を見たことがありますか? 「龍を見た」と、主張する人たちがいます。私の周りにも二人います。一人は、年配の企業経営者の方で、琵琶湖のほとりを行く電車の車窓から、琵琶湖上空を悠然と飛行する金龍を見たそうです。「絶対雲なんかじゃないんです」と強調されていました。← ... » more

リーダーの易経 −時の変化の道理を学ぶ− リーダーの易経―時の変化の道理を学ぶ 竹村 亞希子 著 先日、龍の成長過程を人間の成長になぞらえたリーダー論を読みました。とてもわかりやすく、興味深い本です。 本書の中で ... » more

箱根宮ノ下 富士屋ホテルで龍に出会う 6月29日に妹と箱根に一泊しました。沿線にアジサイが美しく咲き乱れる箱根登山鉄道に乗りました。アジサイは満開!宿はずっと泊まりたかった、宮ノ下の富士屋ホテル。あのクラッシックホテルです。なんと1878年(明治11年)の創業な ... » more
テーマ 文化

水を司る龍はレインメイカー   春のシンボル−青龍− ←空を駆ける龍のごとき雲。湧き上がる雲。流れ行く雲。やがて雲は城のように高くそびえ、空を一面覆い、雨を呼ぶ。先史時代より存在した中国の龍は、やがて気象と深い関係性をもつようになったようです。中国で龍は、紀元前2000年〜10 ... » more
テーマ 風水 歴史

孔雀ノウタ龍宮
夢の中でなんですけど、龍神達が集う宴で、音楽を演奏したことがあります。なぜかカリンバを使って奏でました。龍神達は楽しそうに踊っていました。そんな夢の記憶をたよりに作曲しました。ブッダが入滅された後弟子のアーナンダ ... » more

豚龍、猪龍の謎 −紅山文化ー     謎の猪龍遼寧省で出土 それはずっと昔のこと、私がまだ花の学生をやっていた頃、古代史のクラスで、中国の北東部遺跡から発掘された「豚龍」とか「猪龍」とか呼ばれる、翡翠で作られた不思議な遺物が見つかった話を先生から聞ききました。当 ... » more
テーマ 歴史 中国

竜使いが古代中国に実在した?! 竜使い@   ←巨大な空飛ぶ爬虫類、翼竜(プテロザウルス)は世界各地に生息していたが、龍・ドラゴンの原型ではないだろうか?皆さんは「竜使い」って言葉と聞いたことがありますか?「竜使い」とは言葉どおり「竜を使う者」。 ... » more
テーマ 歴史 中国

時空を超えてシュレック    Shrek
シュレック     Shrek  SHREK THE THIRD TM & © 2007 DREAMWORKS ANIMATION LLC.<ドラゴンの名前>ドラゴン(dragon)と呼ばれている。特に名前はない。♀人里離 ... » more
テーマ DVD 映画

エラゴン Eragon  竜の出てくる戦記 ( 1) Eragon (C)2007 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reservedドラゴン・ライダー!あ ... » more

鞍馬寺 貴船 M君籠目紋と六芒星
籠目紋と六芒星 籠目紋の画像昔から、籠の中に六芒星と同じ図形があった。籠目紋と六芒星は、関係があるのか、ないのか。あるとすれば、どちらが古いのか。籠の中には龍がいる。六芒星Star of DavidThis photo is t ... » more
テーマ 六芒星 画像

熊本県菊池市にある神龍八大王神社!八大龍王&愛染明王 八大龍王をまたまた、ネットで検索していたら、熊本県菊池市の龍門ダム近くに神社があることをしりました。早速、出かけて見ることにしました。その日は朝から空を見上げると、真っ青な空に1本の長い白い雲が見えました。(龍っぽい)きっと、歓迎し ... » more

去年のことです。テレビ局はどこか忘れましたがオカルト番組で龍(英語でドラゴンだ)の映像が流されていました。雲の上を飛んでいる飛行機から撮影された映像でなんと!雲の中から龍が一瞬出てくるというものです。 ... » more
テーマ 映像 オカルト

ひとり飯大気は満ちた 変化の季節
土用と言うのが、夏のうなぎを食べる日の土用だけでなく年に4回もあることを数年前に知った。その土用に先週から突入している。土用というのは、季節の変化する時期として四季の境目にあるらしい。変化は良いことでもあり、ただし、 ... » more
テーマ 日記 雑記

誇大タイトルのお詫び・・・ゆうべのぶん 昨日のタイトルはおおげさでした・・・内容が薄くて、びっくりでした・・・イメージしたままのすべてがタイトルそのものであったことは確かですが・・・アクセス数がいつもより多く、お詫びのしだいです。★☆何しろ眠く・・・ ... » more
テーマ 日記 雑記

ひとり飯龍と星 天と地の嵐
昨日の夜、仕事帰りの路地で空を見上げた。三つの星が大きな間隔を空けて一直線に並んでいた。☆☆☆今日、1日中大きな龍が空中を暴れ飛び、大気をかき乱していた。地球が出来上がる頃もこんな風だったのだろうと想像する。 ... » more
テーマ 日記 雑記

ひさびさの 大好きな龍 MURAKAMI ・ 気楽な社交場の落とし穴 ・ 最後の答え さっきまで見ていた。TV。村上龍の姿を久しぶりに見た。やっぱり大好きだ。理由なんかいらない。隣にいる女をきれいに見せる男だと、今日気が付いた。ビジュアル面での引き立て役という意味では全くない。そういういい男という意味だ。 ... » more
テーマ 日記 雑記

数日ブログお休み。ノートパソコンが無いから。私は大きな時の流れの中にいた。龍の背に乗ってじっとしていたり、手探りで光の在り処を探していた。捨てるべきもの見定めて見つめるべきものを見極めて前進していけるように ... » more
テーマ 日記 心の波動

「神仙・太極庭苑」の作庭構想 2006年4月吉日「神仙・太極庭苑」の作庭構想特定非営利活動法人日本ガルテン協会会長原田栄進王仁博士の功績に対して、感謝を込めて「神仙・太極庭苑」を捧げる。この「神仙・太極庭苑」は、両国の善隣交流を前提とした ... » more
テーマ 韓国

 

最終更新日: 2016/11/14 23:43

「龍」のブログ関連商品

» 「龍」のブログレビュー をもっと探す

「龍」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る