誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    百人一首

百人一首

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「百人一首」のブログを一覧表示!「百人一首」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「百人一首」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「百人一首」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

[承前]元良親王(もとよししんのう)わびぬれば 今はた同じ 難波なるみをつくしても 逢はむとぞ思ふこの歌のおかげで“澪標(みおつくし)”というものの存在を知った。そして“澪標”と“身を尽くし”という掛詞である ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]伊勢(いせ)難波潟 みじかき芦の ふしの間も逢はでこの世を 過ぐしてよとやこの歌は下の句「逢はでこの世を過ぐしてよとや」というリズム感が子供心にも印象的なのだった。とりわけ“過ぐしてよとや”の部分を ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)住の江の 岸による波 よるさへや夢の通ひ路 人めよくらむさてさて、とうとうやってきましたよ……どうにも、記憶ファイルに収録されていない一首が。この歌をも ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川からくれなゐに 水くくるとはやってきました「ちはやぶる」……いや、お気に入りの一首であるとかでなく、落語『千早振る』の元ネタにな ... » more

[承前]中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)たち別れ いなばの山の 峰に生ふるまつとし聞かば 今帰り来む在原行平は業平の兄である。このあたりから、そろそろ記憶にない歌が増えてきて、どんどん怪しくなってくる頃合い ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]光孝天皇(こうこうてんのう)君がため 春の野に出でて 若菜つむわが衣手に 雪は降りつつまだまだ記憶に残っている歌が出てきて、少しばかり安心している。この歌を初めて読んだ時、情景がすぐに浮かんだのは、十 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

雅話§百人一首考[14]〜みちのくの〜 [承前]河原左大臣(かわらのさだいじん)陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに乱れそめにし われならなくにネジバナがもじずりのことだと知ったのは、尾瀬の山小屋でアルバイトを始めた最初の年のことである。な ... » more

[承前]陽成院(ようぜいいん)筑波嶺の 峰より落つる 男女川恋ぞつもりて 淵となりぬる万葉集で恋の歌は“相聞”という分類をされていたが、古今和歌集以降の勅撰和歌集では“恋歌”と、そっけないというか直截的になっ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]僧正遍昭(そうじょうへんじょう)天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよをとめの姿 しばしとどめむ何とも爽やかな風を感じさせる一首ではないか……五月晴れの青空に雲が数片、その中空に行き場を失った天女がふんわりと ... » more

[承前]参議篁(さんぎたかむら)わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと人には告げよ 海人の釣舟なんとも豪快な一首であると長いこと思っていたのだが、参議篁と呼ばれている小野篁(おののたかむら)は、遣唐使で渡航に失 ... » more

[承前]蝉丸(せみまる)これやこの 行くも帰るも 別れては知るも知らぬも 逢坂の関蝉丸が作ったこの歌も、百人一首に接した最初期に覚えたものだったと思う。理由は実に簡単で、小学校高学年の人間にしてみれば、歌に ... » more

手づくり豆本文字の大きな百人一首
文字の大きな百人一首 百人一首の新バージョンです。豆本だけを扱っているのに、なぜか文字が小さくて読みにくい、というご意見が少なくありません。普通の文字サイズにしますと、豆本の域から脱してしまうのではないかという懸念があり、ご要望にお応えしておりませんでし ... » more

脳トレ百人一首(96番〜100番) 完 脳トレ百人一首をはじめたのは、1月の半ば過ぎだった(http://bakke.at.webry.info/201501/article_15.html)100番までたどり着いて思うこと・・最初の方の御歌、特に2番の持統天皇の「春過ぎて夏 ... » more

脳トレ百人一種(91番〜95番) 脳トレ百人一首、あまり長引かせずに、2月中に終わらせようかと、ピッチをあげたので今日は、ついに95番・・あと一回を残すのみとなった。外では、春の嵐が吹き荒れいる。どうか、あちこちに災害を残さずに立ち去ってくれますように・・{%表情お願い ... » more

脳トレ百人一首(86番〜90番) ピッチを上げて 脳トレ百人一首もピッチをあげて・・今日は90番まで来た。87番「村雨の露もまだ干ぬまきの葉に霧たちのぼる秋の夕ぐれ」は、一枚札・・これで、一枚札の「むすめふさほせ」はおしまい。並べてみると87185722708177ということになるかな ... » more

[承前]小野小町(おののこまち)花の色は うつりにけりな いたづらにわが身世にふる ながめせしまに気まぐれに百人一首のエントリーを始めているうちに一か月が経とうとしている。今の目論見としては、週2回のペースで ... » more
テーマ 短歌 百人一首

脳トレ百人一首(81番〜85番) ピッチを上げて! 脳トレ百人一首も、ようやく終盤に差し掛かって、今日は、85番まで進んだ。しかし、私のお脳の働きの方は、日に日に衰えてていくような気がするけれど、でも、こんなことでもしなければ、もっと、ぐんぐん低下していたかも知れない・・と思うことにした。 ... » more

脳トレ 百人一首 (76番〜80番)  ちょっとピッチを上げて この数日、季節が一ヶ月先に行っている感じの日が続いている。昨年12月に、一ヶ月早く冬が来たことのへ反動なのか・・。脳トレ百人一首も、のろのろしているうちに3月になってしまいそう・・3月になるのは、いいとして、終わらないうちに、自分があちらに ... » more

[承前]喜撰法師(きせんほうし)わが庵は 都のたつみ しかぞすむ世をうぢ山と 人はいふなり喜撰法師は六歌仙の一人であるのだが。古今和歌集の選者である紀貫之は、序文としてしたためた“假名序”の中で喜撰法師につい ... » more

脳トレ百人一首(71〜75) うか、はげ 子どもの頃には、言葉の面白さで覚える・・私だけかもしれないが・・74番の「憂かりける人をはつせの山おろしはげしかれとは祈らぬものを」の覚え方を「うか」「はげ」といって覚えたことを思い出す・・しかし、反射神経の鈍い私は、すばやく取れたかと ... » more

ジアス演出部ちはやふる
ちはやふる ちはやふる/末次由紀2008〜竜王図書館で借りる。竜王図書館で様々なマンガを借りた。研究のために買わなくてはならないマンガはもちろん買うのだがそれ以外のものは借りることが多い。主に金銭的な理由。竜王図書館は、 ... » more

脳トレ百人一首(66番〜70番) 今日のドジ話 脳トレ百人一首も70番まできたのだが、脳トレの効果は、一向に表れず・・それどころか、ドジな行為は、ますますエスカレートするばかり・・ドジな行為を挙げれば、きりが無いが、今日のドジ話は、昨日書いた手紙を出しに行こうとした時のこと。何気なしに、 ... » more

雅話§百人一首考[7]〜あまのはら〜 [承前]安倍仲麿(あべのなかまろ)天の原 ふりさけ見れば 春日なる三笠の山に 出でし月かも高校2年の時に修学旅行があった。目的地は奈良と京都だったが、新幹線で京都に着き、まずはバスで奈良へ向かった。午後に着い ... » more

脳トレ百人一首(61番〜65番) 二度も地震 朝、8過ぎ、地震・・細かくカタカタとしばらく戸棚を揺らしたかと思うと、ガタガタと大揺れが長く続いて、とても気持ちが悪かった。今日は、怪我の様子を診てもらう日だったので、地震が収まってすぐに、病院へ行った。病院は、何時もは、大混雑で座る場所も ... » more

[承前]中納言家持(ちゅうなごんやかもち)かささぎの 渡せる橋に おく霜の白きをみれば 夜ぞふけにける百人一首第六首である。五首までは問題なく諳んじていた。それが、何とも不思議なことに、この歌がすっ飛ばされて ... » more

脳トレ百人一首(56番〜60) 和泉式部、小式部内侍 今日の脳トレ百人一首は、56番から60番まで・・ここは、華やかに女性の札ばかり・・。56番の和泉式部の歌には、ちょっとした思い出がある。高校のとき、書道で、万葉仮名を書くという時間があって、自分の好きな歌を選んで、先生に手本を書いて ... » more

ジアス演出部百人一首大会
百人一首大会 上野原高校では放課後、第36回「百人一首大会」が開催された。36年もやっているのか、すごいものだ。1年次生から、自由登校になっている3年次生まで個人戦、団体戦が行われる。今日は3回戦まで。明日準決勝と決勝が行われる。 ... » more

脳トレ百人一首(51番〜55番) 今日の 白菜の花 今朝は白菜の花が、2輪になっていた。これから増えていくのが、ちょっと楽しみ・・。今日の脳トレ百人一首は、55番まで・・。百人一首は「あ」ではじまる札が一番多い・・子どもの頃、とても苦手な札だった。51 ... » more

[承前]猿丸大夫(さるまるのたいふ)奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の声きく時ぞ 秋は悲しき百人一首も第五首となった。このあたりまでは順調に諳んじているのだが、物覚えが少しずつ切れ切れになっていき始めるあたりであ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]山部赤人(やまべのあかひと)田子の浦に うち出でてみれば 白妙の富士の高嶺に 雪は降りつつ万葉集に所収されていた時は以下のような歌だったのだが、百人一首掲載にあたり選者である藤原定家によって改作されて ... » more

 

最終更新日: 2017/03/18 15:57

「百人一首」のブログ関連商品

» 「百人一首」のブログレビュー をもっと探す

「百人一首」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る