誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    百人一首

百人一首

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「百人一首」のブログを一覧表示!「百人一首」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「百人一首」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「百人一首」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

[承前]源重之(みなもとのしげゆき)風をいたみ 岩うつ波の おのれのみくだけて物を 思ふころかなまた恋歌かと思いながら調べてみたら、大雑把に43首あると知った。うーん……どうやら、恋の歌だと知らずに読んでいた ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]恵慶法師(えぎょうほうし)八重葎 しげれる宿の さびしきに人こそ見えね 秋は来にけり下七七「人こそ見えね秋は来にけり」ばかりが頭の中に入っていて、だから上五七五を覚えていなかったという体たらくである。 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]曾禰好忠(そねのよしただ)由良のとを 渡る舟人 かぢを絶えゆくへも知らぬ 恋の道かな またも、いにしへびとの恋の悩みのようであります。恋歌のほとんどは“うまくいってラブラブじゃん!”みたいなものは、あ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]謙徳公(けんとくこう)あはれとも いふべき人は 思ほえで身のいたづらに なりぬべきかなずいぶんとヘタれた歌だなあとは、注釈を読んでの感想である。大意は“誰にもかわいそうにと言われないまま死んでしま ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに人をも身をも 恨みざらましこれもまた“恋歌”である。万葉集の時は“相聞”という分類だったのが、古今集以降は恋歌という括りになった ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)逢ひ見ての のちの心に くらぶれば昔は物を 思はざりけりこの歌を目にした時、何の考えもなしに“昔は思慮が浅かったなあ”と老人が述懐しているのかの思ったのだった。 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]清原元輔(きよはらのもとすけ)契りきな かたみに袖を しぼりつつ末の松山 波越さじとはこれはどうも“熱々”にして“ラブラブ!”な恋の歌のようである。ごちそうさまと片づけておしまいにしたいところだ。と思 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]壬生忠見(みぶのただみ)恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり人知れずこそ 思ひそめしか恋すてふは“恋すちょう”と読む。蝶々がてふてふだということから判読できるわけだが、こちらのほうは“恋してるんだって ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]平兼盛(たいらのかねもり)しのぶれど 色に出でにけり わが恋は物や思ふと 人の問ふまで上の五七五はよく覚えているが、下の七七は何だったっけなあというはなはだ頼りない記憶の一首である。にしても兼 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]参議等(さんぎひとし)浅茅生の 小野の篠原 しのぶれどあまりてなどか 人の恋しき帰ってきて一週間、さて再開……詠み人も歌も全然わからないんですけれど。千年前の人間も、今の人間も“忍ぶ恋”とやら ... » more
テーマ 短歌 百人一首

逢いたさに嘘をついたらほんとうにあなたの前で風をひいてゆく雪舟えま「トリビュート×百人一首」の中に出てくる一首です。この本は、小倉百人一首を元歌にして現代の歌人が自分なりの歌を作るということをしています。この歌を見て ... » more
テーマ 百人一首

[承前]右近(うこん)忘らるる 身をば思はず 誓ひてし人の命の 惜しくもあるかなこの歌も詠んだ作者も知らない。右近というから男性かと思っていたら女性だったりして、そういえば平安時代には女性の名前は“誰某の ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]文屋朝康(ふんやのあさやす)白露に 風の吹きしく 秋の野はつらぬきとめぬ 玉ぞ散りける大学生だった4年間の夏休みは、尾瀬の山小屋でアルバイト三昧なのだった。毎年50日から60日というもの、朝早くから小 ... » more

[承前]清原深養父(きよはらのふかやぶ)夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを雲のいづこに 月宿るらむ清原深養父という人が清少納言の曽祖父だということを、ここにくるまで知らないままだった。百人一首考をやってよかっ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]紀貫之(きのつらゆき)人はいさ 心も知らず ふるさとは花ぞ昔の 香ににほひける高校に入って古文を習い始めた時、一番最初に覚える名前の一人が、紀貫之だったと記憶している。その他には在原業平だったり清少納 ... » more

[承前]藤原興風(ふじわらのおきかぜ)誰をかも 知る人にせむ 高砂の松も昔の 友ならなくにこの一首も知らない。おまけに作者である藤原興風という名前も知らない……というところで、歌について考えてみる。自 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]紀友則(きのとものり)ひさかたの 光のどけき 春の日に静心なく 花の散るらむ百人一首の中でも好きな歌10首の中にランクインされるのは間違いのないところだ。「ひさかたの」という第一句が伸びやかな ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]春道列樹(はるみちのつらき)山川に 風のかけたる しがらみは流れもあへぬ 紅葉なりけりしがらみは“柵”の字を当ててしがらみと読ませている。一般的には川の中に何本かの杭を立ててそれに木の枝や竹を絡ませて ... » more

[承前]坂上是則(さかのうえのこれのり)朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに吉野の里に 降れる白雪壬生忠岑くんに続いて、坂上くんも朝帰りの歌ですかというのが考え過ぎというのは、そうだと思うけれど……誰が好き好んで ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]壬生忠岑(みぶのただみね)有明の つれなく見えし 別れよりあかつきばかり 憂きものはなし百人一首の中では好きな歌の一つである。この歌も言葉のリズムがいいように感じるのだ。上の句最初“あ”と下の ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)心あてに 折らばや折らむ 初霜の置きまどはせる 白菊の花きれいな歌だなあと素直に思う。白菊の上に初霜が降りて見分けがつかなくなってしまったよ……という、他愛のない一首 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)山里は 冬ぞさびしさ まさりける人目も草も かれぬと思へば古へと思いを馳せる時に決まって思うことだけれど、さぞ平安時代の家屋敷の冬は寒かっただろうなということであ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

雅話§百人一首考[27]〜みかのはら〜 [承前]中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)みかの原 わきて流るる 泉川いつ見きとてか 恋しかるらむあ……この歌は全然知らないぞ。本当に知らない。26番まで、何かしら読んだ記憶が引っかかっていると辛うじてあった ... » more
テーマ 短歌 百人一首

ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは在原業平朝臣<からくれなゐ>のもとの意味は、韓(カラ)から来たくれない。当時の日本の染料では出せないような鮮やかな真紅を形容する言葉だった。韓から来たものは当時とくに尊重され ... » more
テーマ 百人一首 古代朝鮮 新羅

[承前]貞信公(ていしんこう)小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば今ひとたびの みゆき待たなむ貞信公が、菅原道真を太宰府へと失脚させた、藤原時平の弟であると初めて知った……平安貴族が“雅”であるなどとは毛頭思わない ... » more

[承前]三条右大臣(さんじょうのうだいじん)名にしおはば 逢坂山の さねかづら人にしられで くるよしもがないよいよ怪しくなってきた百人一首考である。ここまで、歌人の名前は知っていても歌は知らないとか、あるいは ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]菅家(かんけ)このたびは ぬさもとりあへず 手向山紅葉の錦 神のまにまに菅家とは菅原道真公のことである。何やら縁遠い人だと思っていたら歌舞伎『菅原伝授手習鑑』のおかげで、少しばかり身近な存在となっ ... » more

[承前]大江千里(おおえのちさと)月見れば ちぢにものこそ 悲しけれわが身一つの 秋にはあらねど大江千里が詠んだこの歌の最終節にある字余りについて考えてみた。……あくまでも、私見に基づく単なるこじつけというか ... » more

[承前]文屋康秀(ふんやのやすひで)吹くからに 秋の草木の しをるればむべ山風を 嵐といふらむずっと“ぶんや”と読んでいたが、実は“ふんや”なのであるぞよ。[15]を過ぎたあたりから、どんどん怪しくなって ... » more

[承前]素性法師(そせいほうし)今来むと 言ひしばかりに 長月の有明の月を 待ち出でつるかなうーむ、これもしみじみ読んだ記憶はないなあ。相手の女性が「すぐ行くわ!」と言ったのに、なかなか来ないで……と ... » more
テーマ 短歌 百人一首

 

最終更新日: 2017/03/18 15:57

「百人一首」のブログ関連商品

» 「百人一首」のブログレビュー をもっと探す

「百人一首」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る