誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    百人一首

百人一首

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「百人一首」のブログを一覧表示!「百人一首」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「百人一首」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「百人一首」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

[承前]紫式部(むらさきしきぶ)めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に雲がくれにし 夜半の月かな 和泉式部に続いて紫さんだが、親戚とかそういうわけではない。名声は『源氏物語』をものした紫さんに軍配はあがりそ ... » more

[承前]和泉式部(いずみしきぶ)あらざらむ この世のほかの 思ひ出に今ひとたびの 逢ふこともがなここにきて、ようやく和泉式部の登場である。生没年不詳なので、この一首を作ったのが何歳だったかはわからない。大雑把 ... » more

[承前]大納言公任(だいなごんきんとう)滝の音は 絶えて久しく なりぬれど名こそ流れて なほ聞こえけれこれ……知ってますよね、有名ですよね!で、自然の滝が枯れたのだと思っていたら、大覚寺で造園された中に ... » more

[承前]儀同三司母(ぎどうさんしのはは)忘れじの 行く末までは かたければ今日を限りの 命ともがな「忘れないとと言われても、そんな先のことはわかりませんわよ」と通ってきた新婚の夫に言う新妻ってどんな人なのでし ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間はいかに久しき ものとかは知る女性から“待ち人来たらず”で一人寝が長いの何のっていう、恨めしさ満点の一首が出てまいりました。 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)明けぬれば 暮るるものとは 知りながらなほうらめしき 朝ぼらけかな地球の上に朝が来る〜その裏側は夜だろう〜♪……と歌ったのは川田晴久という、物心つい ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)かくとだに えやはいぶきの さしも草さしも知らじな 燃ゆる思ひを“ねえ、私のことどれくらい好き?”という質問に真正面から答えられる男子がどれくらいいるのだろう… ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]藤原義孝(ふじわらのよしたか)君がため 惜しからざりし 命さへ長くもがなと 思ひけるかなやれやれ。やっと半分までたどり着いたよ。正直なところ持て余していて、毎回何を書いてまとめあげようか……悩みに悩ん ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え昼は消えつつ 物をこそ思へまたもや悶々な御人の恋歌でござる。昨日観た歌舞伎座の納涼歌舞伎第一部は『おちくぼ物語』で幕を開け ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]源重之(みなもとのしげゆき)風をいたみ 岩うつ波の おのれのみくだけて物を 思ふころかなまた恋歌かと思いながら調べてみたら、大雑把に43首あると知った。うーん……どうやら、恋の歌だと知らずに読んでいた ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]恵慶法師(えぎょうほうし)八重葎 しげれる宿の さびしきに人こそ見えね 秋は来にけり下七七「人こそ見えね秋は来にけり」ばかりが頭の中に入っていて、だから上五七五を覚えていなかったという体たらくである。 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]曾禰好忠(そねのよしただ)由良のとを 渡る舟人 かぢを絶えゆくへも知らぬ 恋の道かな またも、いにしへびとの恋の悩みのようであります。恋歌のほとんどは“うまくいってラブラブじゃん!”みたいなものは、あ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]謙徳公(けんとくこう)あはれとも いふべき人は 思ほえで身のいたづらに なりぬべきかなずいぶんとヘタれた歌だなあとは、注釈を読んでの感想である。大意は“誰にもかわいそうにと言われないまま死んでしま ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに人をも身をも 恨みざらましこれもまた“恋歌”である。万葉集の時は“相聞”という分類だったのが、古今集以降は恋歌という括りになった ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)逢ひ見ての のちの心に くらぶれば昔は物を 思はざりけりこの歌を目にした時、何の考えもなしに“昔は思慮が浅かったなあ”と老人が述懐しているのかの思ったのだった。 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]清原元輔(きよはらのもとすけ)契りきな かたみに袖を しぼりつつ末の松山 波越さじとはこれはどうも“熱々”にして“ラブラブ!”な恋の歌のようである。ごちそうさまと片づけておしまいにしたいところだ。と思 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]壬生忠見(みぶのただみ)恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり人知れずこそ 思ひそめしか恋すてふは“恋すちょう”と読む。蝶々がてふてふだということから判読できるわけだが、こちらのほうは“恋してるんだって ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]平兼盛(たいらのかねもり)しのぶれど 色に出でにけり わが恋は物や思ふと 人の問ふまで上の五七五はよく覚えているが、下の七七は何だったっけなあというはなはだ頼りない記憶の一首である。にしても兼 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]参議等(さんぎひとし)浅茅生の 小野の篠原 しのぶれどあまりてなどか 人の恋しき帰ってきて一週間、さて再開……詠み人も歌も全然わからないんですけれど。千年前の人間も、今の人間も“忍ぶ恋”とやら ... » more
テーマ 短歌 百人一首

逢いたさに嘘をついたらほんとうにあなたの前で風をひいてゆく雪舟えま「トリビュート×百人一首」の中に出てくる一首です。この本は、小倉百人一首を元歌にして現代の歌人が自分なりの歌を作るということをしています。この歌を見て ... » more
テーマ 百人一首

[承前]右近(うこん)忘らるる 身をば思はず 誓ひてし人の命の 惜しくもあるかなこの歌も詠んだ作者も知らない。右近というから男性かと思っていたら女性だったりして、そういえば平安時代には女性の名前は“誰某の ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]文屋朝康(ふんやのあさやす)白露に 風の吹きしく 秋の野はつらぬきとめぬ 玉ぞ散りける大学生だった4年間の夏休みは、尾瀬の山小屋でアルバイト三昧なのだった。毎年50日から60日というもの、朝早くから小 ... » more

[承前]清原深養父(きよはらのふかやぶ)夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを雲のいづこに 月宿るらむ清原深養父という人が清少納言の曽祖父だということを、ここにくるまで知らないままだった。百人一首考をやってよかっ ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]紀貫之(きのつらゆき)人はいさ 心も知らず ふるさとは花ぞ昔の 香ににほひける高校に入って古文を習い始めた時、一番最初に覚える名前の一人が、紀貫之だったと記憶している。その他には在原業平だったり清少納 ... » more

[承前]藤原興風(ふじわらのおきかぜ)誰をかも 知る人にせむ 高砂の松も昔の 友ならなくにこの一首も知らない。おまけに作者である藤原興風という名前も知らない……というところで、歌について考えてみる。自 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]紀友則(きのとものり)ひさかたの 光のどけき 春の日に静心なく 花の散るらむ百人一首の中でも好きな歌10首の中にランクインされるのは間違いのないところだ。「ひさかたの」という第一句が伸びやかな ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]春道列樹(はるみちのつらき)山川に 風のかけたる しがらみは流れもあへぬ 紅葉なりけりしがらみは“柵”の字を当ててしがらみと読ませている。一般的には川の中に何本かの杭を立ててそれに木の枝や竹を絡ませて ... » more

[承前]坂上是則(さかのうえのこれのり)朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに吉野の里に 降れる白雪壬生忠岑くんに続いて、坂上くんも朝帰りの歌ですかというのが考え過ぎというのは、そうだと思うけれど……誰が好き好んで ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]壬生忠岑(みぶのただみね)有明の つれなく見えし 別れよりあかつきばかり 憂きものはなし百人一首の中では好きな歌の一つである。この歌も言葉のリズムがいいように感じるのだ。上の句最初“あ”と下の ... » more
テーマ 短歌 百人一首

[承前]凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)心あてに 折らばや折らむ 初霜の置きまどはせる 白菊の花きれいな歌だなあと素直に思う。白菊の上に初霜が降りて見分けがつかなくなってしまったよ……という、他愛のない一首 ... » more
テーマ 短歌 百人一首

 

最終更新日: 2016/11/14 22:08

「百人一首」のブログ関連商品

» 「百人一首」のブログレビュー をもっと探す

「百人一首」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る