誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    誉田哲也

誉田哲也

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「誉田哲也」のブログを一覧表示!「誉田哲也」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「誉田哲也」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「誉田哲也」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「痛み」(誉田哲也他)を読んで 「痛み」(誉田哲也他)を読んで(アマゾンより転記)『見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ』―目と手と舌を奪われたデザイナー。裁判員制度と厳罰化。社会情勢が生み出した“狡猾な犯罪”の正体とは?『シザーズ』―刑事と通訳捜査 ... » more
テーマ 貫井徳郎 福田和代 誉田哲也

「あなたの本」(誉田哲也著)を読んで今回読んだ本は誉田氏には珍しいノンジャンルの短編集。あなたの本/誉田哲也【RCP1209mara】¥1,470楽天<内容>(アマゾンより転記)憧れの都会で流され ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 あなたの本

雨、降って 夜、涼しくて 秋、間近 月光誉田哲也(徳間書店)刑事ものばかりが続いたので、ちょっと違うものを…って言っても、やっぱりグロい話なんですけどねー続けざまに読んでるから、ちょっと感覚マヒして来たのかな怖いしグロ ... » more
テーマ 犯罪 誉田哲也

暑い暑い 寝ているだけで 熱中症? 感染遊戯誉田哲也(光文社)クーラーの効いてる部屋で、パンイチだというのに、どうしてこんなに身体が熱いのでしょう…が暑くて辛いって思ったの、今年が初めてだよ{%汗web ... » more

ドルチェ(誉田哲也著)を読んでまず、ドルチェとは?ウィキペディアによると、ドルチェ(dolce)は、イタリア語で甘い、甘美な、優しい、柔らかいの意味である。また英語の「スイーツ」や日本語「甘味」と同様に甘いもの全般、デザート ... » more

そりゃないぜ いくらなんでも 理不尽だ(>_<) あなたの本誉田哲也(中央公論新社)あつい…暑いです(T△T)いつもは入ってくるはずの南風が、うんともすんとも吹いてこない…エアコンつけようか迷ってしまいました。こりゃ人死ぬよ…今日は確かにやばかったよ ... » more

夏休み 初日ずっこけ 寒い朝 こんばんは今日から夏休みのがきんちょ…お子様が多いようですが、なんだこの寒さ(笑)4月下旬から5月中旬の気温ですってよ(>_<)夏だからこれでもかっつーくらい ... » more

急に寒い 今日は雨中 二度外へ ヒトリシズカ誉田哲也(双葉社)そして、私の頭の中に流れるのは、中森明菜の二人静…って安易過ぎてハイハイーですねしかも古すぎやーΣ(ノД<)怖いです、この本。最初は点で散らばる不可解な謎{%!?web ... » more
テーマ DHC 誉田哲也

「感染遊戯」(誉田哲也著)を読み終えて現在、テレビで放映中の「ストロベリーナイト」の姫川主任を主人公とした「姫川シリーズ」の外伝的作品。4つの話からなっており、すべて姫川シリーズに出てきた登場人物を描いたスピンオフ3篇と、何 ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 感染遊戯

『ストロベリーナイト』 / 誉田哲也 グロイ表現がきつかった。吐き気をもよおすほどの強烈な描写!ここまで強烈なのは、「沼田まほかる」さんの作品を読んで以来です。でも、ストーリーや主人公の姫川玲子ほか、クセのあるサブキャラの刑事たちはGOODです。 ... » more

連続ドラマ『ストロベリーナイト』が始まったこともあり、久しぶりに姫川玲子シリーズを読んでみたくなりました。インビジブルレイン光文社 誉田 哲也 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベー ... » more

ストロベリーナイト (誉田哲也) 満足度5★★★★★光文社文庫初出版2006年読んだ回数1回★ 光文社文庫−裏表紙の紹介文溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の死体が発見された!警視庁捜査一課の警部 ... » more
テーマ 姫川玲子シリーズ 読書 誉田哲也  コメント(4)

ひさびさのUPになります。誉田哲也『ストロベリーナイト』こいつは一気に読めました。オーソドックな刑事モノは久々に読む。これはしかし事件はオーソドックではない!姫川という女刑事が主人公で ... » more

「歌舞伎町セブン」(誉田哲也著)を読み終えて 「歌舞伎町セブン」(誉田哲也著)を読み終えて「ジウ」に登場していた東警部が久しぶりに登場するこの小説。主役は東警部かと思いきや、彼はバイプレーヤーに過ぎなかったが、ある種の雰囲気をかもし出していた。<内容>(アマゾン ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 歌舞伎町セブン

「インビジブルレイン」(誉田哲也著)を読み終えて 「インビジブルレイン」(誉田哲也著)を読み終えて今作で姫川シリーズ第4弾となるが、今回はヤクザ社会を浮き彫りにしていて、ヤクザに恋をしてしまう姫川がいて、今までの作品とは一線を画しているように思われる。<内容>(アマゾンより ... » more
テーマ インビジブルレイン 読書 誉田哲也  トラックバック(1)

「シンメトリー」(誉田哲也著)を読んで 「シンメトリー」(誉田哲也著)を読んで今回読んだ「シンメトリー」は、姫川シリーズの第3弾で、初の短編集となっている。表題の「シンメトリー」とは通常は「左右対称」という意味だが、本誌での「シンメトリー」とは?<内容>( ... » more
テーマ シンメトリー 読書 誉田哲也

剛の香織と柔の早苗、2人の剣の物語も遂にクライマックス!激突する2人、舞台はインターハイ!この対戦が2人の武士道が集約されたものであるのは間違いないですが、そこだけにスポットが当てられているわけではなく、タイトルの通り、 ... » more
テーマ 誉田哲也

妖の華 (誉田哲也) 満足度3★★★文春文庫初出版2003年読んだ回数1回★ 文春文庫−裏表紙の紹介文ヒモのヨシキは、ヤクザの恋人に手を出して半殺しにあうところを、妖艶な女性に助けられる。同じころ、池袋 ... » more
テーマ その他(誉田哲也) 読書 誉田哲也

このシリーズは、誉田哲也さんの他の作品と比べると、相当雰囲気ちがいますよね〜。ホラーサスペンス系から入った私にはかなり新鮮です。さて、本書では、高校2年に進級した二人の成長を描きます。福岡・福岡南の早苗と、神 ... » more

剛の磯山香織と、柔の甲本早苗。異なる剣の持ち主が好敵手として向き合う青春剣道ストーリーです。中3の9月、市民大会。全国中学生大会準優勝の香織は強さを見せ付ける。四回戦でまみえたのは、奇妙な対戦相手・甲本早苗。 ... » more

「ソウルケイジ」(誉田哲也著)を読み終えて 「ソウルケイジ」(誉田哲也著)を読み終えて「ストロベリーナイト」に続く姫川玲子シリーズ第2弾。というか、井岡シリーズ第3弾というべきか?<内容>(アマゾンより転記)多摩川土手に乗り捨てられたワンボックス・カーから ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 ソウルケイジ

誉田哲也の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 著作リスト 誉田哲也

「妖(あやかし)の華」(誉田哲也著)を読み終えて 「妖(あやかし)の華」(誉田哲也著)を読み終えて<あらすじ>ヒモのヨシキは、ヤクザの恋人に手を出して半殺しにあうところを、妖艶な女性に助られる。同じころ、池袋では獣牙の跡が残る、完全に失血した惨殺体が発見された。その手口は、3年 ... » more
テーマ 妖の華 読書 誉田哲也

春を嫌いになった理由 [誉田哲也] 春を嫌いになった理由誉田哲也テレビ局の予算の関係で、霊媒師の通訳を務めることになったフリーターの女主人公。来日早々に死体を発見する霊媒師の実力を目の当たりにするが、過去のトラウマによって霊能力自体に否定的な態度をとり続け ... » more

「世界でいちばん長い写真」(誉田哲也)を読み終えて<あらすじ>(アマゾンより転記)親友の洋輔が転校してしまい、宏伸は元気がない。クラスでも冴えないし、クラブ活動の写真部でも、部長の三好にきつくあたられる。そんなある日 ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 世界でいちばん長い写真

「武士道シックスティーン」(誉田哲也)を読み終えて 「武士道シックスティーン」(誉田哲也)を読み終えて<あらすじ>(アマゾンより転記)武蔵を心の師とする剣道エリートの香織は、中学最後の大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを片時も忘れられな ... » more
テーマ 武士道シックスティーン 読書 誉田哲也

ホラー作品って、苦手なんですが、なんとなく久しぶりに誉田作品が読みたくなって、手が伸びました。春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)光文社 誉田 哲也 ユーザレビュー:つなげるのが遅すぎ ...さすがのエンターテイ . ... » more
テーマ 読書 誉田哲也

「主よ、永遠の休息を」(誉田哲也)を読み終えて 「主よ、永遠の休息を」(誉田哲也)を読み終えて<あらすじ>(紀伊国屋書店BookWebより転記)通信社の東京支社社会部に勤務、池袋警察署の記者クラブに詰める鶴田吉郎。コンビニ強盗現場に居合わせて犯人逮捕をスクープし、 ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 主よ、永遠の休息を

Tudo Bem ?『月光』(誉田哲也)
大阪へ出張する機会に帰りの新幹線でちょうど読めました.この月光は,ベートーベンの月光でした,鬼束ちひろの月光ではなかったです.お姉さんが不審な事故死になった美人姉妹の妹が,その真実を探求するために,お姉さんと同じ高校,同じ部活という ... » more

「武士道エイティーン」_武士道の邂逅 「武士道エイティーン」読了。神奈川と福岡に離ればなれになったライバル、磯山香織と甲本(西荻)早苗は、「セブンティーン」にて武士道とはなにかを知ることとなる。それは奇しくも、ある宿命めいた人と人のつながりがもたらしたものだった。 ... » more
テーマ 読書 誉田哲也 タイトル「は」行  コメント(2) トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/11/14 22:05

「誉田哲也」のブログ関連商品

» 「誉田哲也」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る