誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ビジネス書

ビジネス書

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ビジネス書」のブログを一覧表示!「ビジネス書」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ビジネス書」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ビジネス書」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

BONOの本棚シンプルプレゼン
シンプルプレゼン これまでのガー・レイノルズのプレゼンテーションzenを1つのDVDに”シンプルに”まとめたもの.このDVDが大変役に立ちました.彼の実際のプレゼンテーションを見てみることで,これまで説明されていたことがどういうことだったのか, ... » more

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性/荻上 チキ おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆「中心を作らず、すべてをつなぐ」がモットーのウェブという怪物愛聴しているポッドキャスト「ニュース探求ラジオDig」の水曜コメンテーターの荻上チキさんの書籍です。私と同 ... » more

読書の小記録鈍感力/渡辺 淳一
鈍感力/渡辺 淳一 おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆ 鈍感、それはまさしく本来の才能を大きく育み、大きく花咲かせる、最大の力です。鈍感力が強かったら、どんな素晴らしい人生が待っているかは良く理解できるのですが、どうやったら ... » more

「残業ゼロ」の仕事力 /吉越 浩一郎 おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆「仕事が終わった時が終わりの時間」という意識では、いつまでたっても残業を減らすことはできません「残業しないと何となく居心地が悪い」そんな空気は打破しよう!人間が集 ... » more

人生がときめく片づけの魔法2/近藤麻理恵 おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆人との関係はモノとの関係に表れるし、逆に、モノとの関係も人との関係に表れるのです『私の本を読んだ事がない方は、「人生がときめく片づけの魔法」から、必ず先にお読みください』 ... » more

日本人だけが間違える英語/大井 正之 おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆He is something of a carpenter.→彼は少し大工の心得がある。英語の勉強を真剣にはじめて、既に5年以上が経過しているような気がします。 ... » more
テーマ 読書 ビジネス書 本-英語-

サービスできないドイツ人、主張できない日本人/川口マーン恵美 おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆(ドイツの教育では)勉強の目的は、知識の量を増やすことではなく、後々まで使える底力のような能力を培うことに重点が置かれているこの本を読んで国境を越えた時の教育の違いに驚か ... » more

人を助けるすんごい仕組み/西條 剛央 おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆未曾有の事態には未曾有の自分になるしかない東日本大震災直後、1人の男性の被災地への訪問が、日本最大級のボランティア組織に成長する。しかも、信じられないスピードで。その ... » more

お気楽OLが地方ホテル大繁盛させるまでの書が面白いとの評…「巡るサービス」近藤寛和著  お気楽OLが地方ホテル大繁盛させるまでの書が面白いとの評NEWSポストセブン2012.11.17 16:00【書評】『巡るサービス──なぜ地方の小さなビジネスホテルが高稼働繁盛ホテルになったのか』(近藤寛和/オータパブリケイショ ... » more

貯まる生活―見えない未来にそなえる家計マネジメント術/林 總 おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆生涯収支の全体像を描く一人の家計に苦しむ主婦が、新幹線で偶然出会った男性から幕の内弁当とワイン4本で「貯まる生活」で釣り上げるという物語。家計マネジメント術をドラッカ ... » more

最後の授業/ランディ パウシュ おススメ度:★★★★★No.1◆ピックアップ◆経験とは、求めていたものを手に入れられなかったときに、手に入るものだこれから先もずっとつづくと思っていたその人生に「終わりの時」があると知ったとき、あなたは何を考えるでし ... » more

BONOの本棚プロの資料作成力
この本でいうところの資料とは、パワーポイントファイルのことである。プレゼンとしてのパワーポイントを、完全にドキュメンテーションとして作りましょうと説いています。正直私の主義とは正反対。だから、残念ながら、後半の内容は全く私に ... » more

わたしが芸術について語るなら/千住博 おススメ度:★★★★★No.1◆ピックアップ◆わたしはひとりではない、と芸術は教えてくれているのです人に「共感」を与えられる仕事が素晴らしいと、感じるようになったのはいつからでしょうか・・・?自分が幼き頃は「芸術 ... » more

おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆挫折とは、自分の能力以上のことに挑戦した(≒成長しようとした)証拠である本書の挫折力とは、挫折と向き合う力、すなわち打たれ強さの事です。決して、挫折する力ではない、の ... » more

読書の小記録困ってるひと/大野 更紗
困ってるひと/大野 更紗 おススメ度:★★★★★No.1◆ピックアップ◆「絶望は、しない」と決めたわたしがいる話は、一人の女性が筋膜炎脂肪織炎症候群と皮膚筋炎を突然発症したところから始まります。一人の女が、現実と向き合う覚悟を決め、不安と ... » more

ラクして受かる勉強法/鈴木秀明 おススメ度:★★☆☆☆No.1◆ピックアップ◆「自分ならこういう問題を出すな」というのを出題者になりきって考えてみるラクして受かった資格に何の意味がある!資格試験にラクして受かってしまったら、受かった時の感動は半 ... » more

人生と仕事について知っておいてほしいこと/松下 幸之助 おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆大志を抱かずとも、一日一日を積み重ねて大きな成功を得る人もいる松下幸之助は、愛すべき日本のお父さんというイメージ。松下幸之助の言葉が詰った本の中には必ず響く言葉がある ... » more

アップルのデザイン ジョブズは“究極”をどう生み出したのか おススメ度:★★★★☆No.1◆ピックアップ◆iPhoneも「情報機器を作ったら、携帯電話にたまたま似ていた」という話ジョブズがデザインしたのは、新しい未来だったのですね。妥協を許さない製品への情熱が伝わる一冊。 ... » more

「公開処刑人 森のくまさん」堀内公太郎著 (宝島社 680円) 「公開処刑人森のくまさん」堀内公太郎著 (宝島社680円) . 【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年10月2日 掲載 <「森のくまさん」が殺人の犯行声明> 援助交際を繰り返していたサラリーマンが惨殺体で見 ... » more
テーマ ビジネス書 書籍・書評 小説

「タフガイの仕事術」フェルナンド・モンテロほか著、宮崎真紀訳 (阪急コミュニケーションズ) 「タフガイの仕事術」フェルナンド・モンテロほか著、宮崎真紀訳 (阪急コミュニケーションズ1680円) 【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年10月3日 掲載 <ヒーローに学ぶ職場でのサバイバル術> 映画やド ... » more
テーマ ビジネス書 書籍・書評 日刊ゲンダイ

【ビジネス書】人生のプロジェクト (著)山崎拓巳 人生を前向きに生きるためのコツを、プロジェクトを立てるプロセスに見立てた本。ポジティブになれるような効果を狙った写真の配置も良い。読んでいてやる気にさせてくれる。何よりかっこいい。仕事に忙殺されている時、仕事で失敗した時など ... » more
テーマ ビジネス書

「銀行が超!衰退産業になったワケ」永野良佑著(扶桑社 840円) 「銀行が超!衰退産業になったワケ」永野良佑著(扶桑社840円)【書籍・書評】日刊ゲンダイ2012年9月11日 掲載 <企業の将来性を分析するノウハウなし>「銀行が超!衰退産業になったワケ」 永野良佑著(扶桑社840円 ... » more

【ビジネス書】困った人の説得術 (著)出口知史 会社にいる困った人の傾向と対策を体系的にまとめた一冊。確かにこういう人はいるなぁと、感心しながら読んだ。著者の人間観察力の素晴らしさに舌を巻く。会社でチームの雰囲気を良くしたい、チームをまとめたい、コミュニケーションを円滑に ... » more
テーマ ビジネス書

「ほぼ日」の本(『智慧の実を食べよう 学問は驚きだ』)でお名前はだいぶ前から知っていた。読もう読もうと思っていてついつい後回しに。高校生向けのこのシリーズならおバカな私でもついていけるだろうとようやく読んでみた。社会に出るのが怖い学生さんを ... » more

アミ3度めの約束―愛はすべてをこえて/エンリケ バリオス おススメ度:★★★☆☆No.1◆ピックアップ◆自分達の知識と才能を人類の幸せにつながることや、意識の進歩を助けるような事に使えば、それとひきかえに素晴らしいものがうけとれるんだよ「アミ小さな宇宙人」 「もどってきたア ... » more

『Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学』(ケン・シーガル) そこそこ評判になった本だが、シンプルさがテーマな割には文章は水増しが多く無駄話が多い気がした。特に最初の部分は(終始?)シンプルについての考察というよりもシャイアットなる広告代理店でアップルやデルコンピューターと仕事をしていた著者のスティー ... » more

BONOの本棚「有名人になる」ということ
面白いコンセプトの本ですね。多くの人が憧れる「有名人になる」ということ。それを実行した勝間氏が感じ、体験したことを、振り返りながら綴っています。とくに一章に書いている内容は、「有名人」ということがどういうことなのか、私たちが考えても ... » more

BONOの本棚脳と心の整理術
どんな知識を持っていても、それがその人の行動を賢いものにしない限り、意味はない。脳という記憶の部屋を整理整頓して、不必要なものは捨てることは正しいこと。記憶や学習に関する本ではなく、忘れることの大切さ、どうすれば過去の縛りから解 ... » more

なにごとにもストーリー,コンセプトが大切だと最近よく思うので手に取りました.コンセプト=「新しい概念に創り変える」こととはどういうことかを前半,1章2章で説明しています.3章以降は,実際にどうコンセプトをつくっていくのかを事 ... » more

タイトル通りグラフ作りのキモがよくまとめられていてとても勉強になりました.それぞれのグラフの特徴,またエクセルを使ったときの見せ方のコツ,図解的にグラフの作り方など「ステップアップ」と項目分けされているところは,かゆいところに手 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/05 13:18

「ビジネス書」のブログ関連商品

» 「ビジネス書」のブログレビュー をもっと探す

「ビジネス書」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る