誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    18きっぷ

18きっぷ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「18きっぷ」のブログを一覧表示!「18きっぷ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「18きっぷ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「18きっぷ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

列車という名の人生・その5 月曜の早朝6時。チェックアウトの手続きに入る。ウィークデーなので、朝早い人なら既に行動を開始していてもおかしくないような時間帯だけれど、ゴールデンサウナの中はひっそり閑としている。たぶん、この店が最も流行るのは金曜の夜なのではないか。そんな ... » more

列車という名の人生・その4 善通寺を後にし、次いで琴平に向かった。四国のこの辺りで行く先に困った時にしばしばあてにしてきたこんぴらさんのおひざ元だが、今回はそのこんぴら詣ではしない。ただ、JRの琴平駅で下車して琴電琴平駅に行くだけだと芸がないので、金毘羅参道の石段が始 ... » more

列車という名の人生・その3 弥山登山は思いのほか順調に片付いた。今日はこの後香川県まで移動し、四国で唯一全くの未踏状態となっている香川の駅集めにいそしむつもりでいるのだが、この時間帯に宮島を後にできると後の展開がずいぶん楽である。もとの予定だと、今日もまた結構遅くまで ... » more
テーマ 18きっぷ

列車という名の人生・その2 15:15、列車は江津駅を出発した。過酷な旅は、ここから始まる。三江線には起点と終点を含めて35の駅がある。丸ごと廃線になるので、盲腸線に毛の生えた程度の短い路線を想像していたのだが、その延長は100qを超える。名古屋起点の東海道本線で考え ... » more

列車という名の人生・その1 中国山地の奥地に、木次線という鉄道路線が存在している。宍道湖あたりから広島県の三次市に向かうような形で中国山地を南北に突っ切る感じの路線である。どういう事情だったかは詳しく覚えてないが、たぶん島根から広島に移動する必要に迫られたのだとは思う ... » more
テーマ お城 18きっぷ

その1のダイヤで稚内→枕崎その3で書いた肥薩おれんじ鉄道経由の場合でも、1日目・2日目が若干楽になる程度で3日目以降はほぼ同じになります。ここではワープ(回数は2〜3つ)を使った場合です。ただ、若干邪道に思うかもしれませんが・・・ ... » more
テーマ 18きっぷ JR

2018年3月17日ダイヤ改正後の18きっぷでの日本縦断ダイヤ南から北行です。参考程度にご覧ください。1日目枕崎06:07→鹿児島中央08:51鹿児島中央09:00→隼人09:43隼人10:35→吉松11:43吉 ... » more
テーマ 18きっぷ JR

その1・その2のダイヤで一部ワープありで枕崎に向かう場合です。前回までJRのみの条件を入れて行程つくっていますが、予定より(遅延等で)進まなかった場合、ダイヤ的には4日目に新山口まで着ければ枕崎に付けます。(ただし5日目に遅延がない ... » more
テーマ 18きっぷ JR

2018年3月17日ダイヤ改正後の18きっぷでの日本縦断ダイヤ北から南行で、オプション券なしで津軽海峡をフェリーで渡る場合です1日目稚内05:20→名寄08:47名寄10:07→旭川11:35旭川13:47→滝川14 ... » more
テーマ 18きっぷ JR

2018年3月17日ダイヤ改正後の18きっぷでの日本縦断ダイヤ北から南行です。参考程度にご覧ください。1日目稚内05:20→名寄08:47名寄10:07→旭川11:35旭川13:47→滝川14:38滝川14:45 ... » more
テーマ 18きっぷ JR

詳細は後日書きますが、2018年春のダイヤ改正後18きっぷでの日本縦断の旅はかなり厳しいものになりそうです。1日目稚内→森2日目森→鼠ヶ関3日目鼠ヶ関→名古屋〜大垣の間4日目名古屋〜大垣→熊本〜八代5日目熊本〜八代→ ... » more
テーマ 18きっぷ JR

半島の旅(後編) 最終日の行動について、多くを決めてはいなかったけれど、中央線で名古屋まで帰ろうと言う腹だけは決めていた。本線格でも特にメジャーな路線だと思われる中央線でありながら、実はゲームデータ上では全通していない。昨年夏の18きっぷ旅で、小淵沢駅まで進 ... » more

半島の旅(中編) 二日目の行程は、原点回帰の城旅要素が色濃い。内房線と外房線を乗り継ぎつつ、館山城と大多喜城を落としていく。館山城についてはそこまで強い関心を示していたわけではないのだけれど、房総半島の先端近いこの場所に次やってくるのはいつになるのか分かった ... » more
テーマ お城 18きっぷ

半島の旅(前編) 房総半島は、18きっぷ旅未踏の地である。大体、半島という土地は袋小路になっている場合が多いので、鉄道旅の場合に動線は同じようなコースを言って帰るだけ、面白味に欠けることになりそうだ。それでなくても、関東各地の中では東北に行った帰りとか、甲信 ... » more
テーマ 18きっぷ

鉄道とは乗ることと見つけたり・その4 過去に積み重ねてきた九州旅行の一つの総決算ともいえる今回の旅も、今日が最終日である。もちろん、九州を後にして名古屋に帰るまでが旅なので、今日取れる行動というのはそんなに選択肢がない。予定では、JRで佐世保まで行った後、松浦鉄道で佐世保から伊 ... » more

鉄道とは乗ることと見つけたり・その3 未明の枕崎市。すでに触れた通り、枕崎駅はどん詰まりの駅である。あくまで鉄道の旅にこだわるなら、ここからは、少なくとも鹿児島中央駅まで取って返す以外の選択肢は存在しない。一方、昨日の旅程では、鹿児島本線を伊集院駅まで進み、その後鹿児島中央駅ま ... » more

鉄道とは乗ることと見つけたり・その2 暗くなってからやってきて、暗いうちに出発するのが冬の18きっぷ旅の習いである。一大観光地として知られる別府ではあるけれど、やっぱり夜の明ける前から南に向かって動き出す。特に西日本は夜明けが遅いので、この時期は7時近くならないと周囲も白んで来 ... » more

鉄道とは乗ることと見つけたり・その1 私の旅は、すでに四十七都道府県に足跡を記す段階を終え、すべての都道府県に宿泊することを目的とする段階に差し掛かっている。前にも少し触れた気がするが、そんなときに面白くないのが例のゲームである。ゲーム中の言葉で言えば天下統一は終わっているのに ... » more
テーマ 18きっぷ

鉄の暴風雨・その5 最終日は、この足掛け4日に渡る旅の中でも最も過酷な一日となる。6時に松江を出て19時半に名古屋に着くまで、ほぼずっと列車を乗り継ぐことに明け暮れる。もっとも、さすがにそれだけだと苦行的に過ぎるため、唯一の立ち寄り地として、長らく鳥取界隈の宿 ... » more

鉄の暴風雨・その4 電車はほぼ定刻どおり今治駅に到着した。しかし、しまなみライナーへの乗り継ぎ時間がまた短い。バスからバスに乗り継ぐのと違って一応必要十分の時間はあるはずなのだが、小走りにバス乗り場へ移動した。ここで福山行きのチケットを買い、待つこと少しでくだ ... » more

鉄の暴風雨・その3 昨夜走ってきた予土線は、ひたすら真っ暗闇が続くような、空恐ろしげな道のりだった。沿線にはほとんど人の営みがないのではないかと、そんな錯覚に陥りそうである。それは大げさであるにしても、とにかく電灯や街明かりなどは乏しく、車外の様子がまったく分 ... » more

鉄の暴風雨・その2 1時間ほど付近を観光した後、バスに乗って再び西へ。奈半利駅から土佐くろしお鉄道に乗車した。ローカル線であるにもかかわらず、意外と高架線である。やなせたかし氏デザインのキャラクターを掲げた駅を次々通過し、なんだか謝られているような気になってく ... » more

鉄の暴風雨・その1 まがい物だとまでは言わないが、四国八十八箇所霊場の真似事として、知多四国を歩いている。別に信仰心があるわけでもないけれど、東海自然歩道に始まって、長距離を歩いてみようという発想からはじめたものだ。ハイキングと平地歩行は当然まったくの別ものな ... » more
テーマ 18きっぷ

鉄の悪魔(後編) 翌朝。サウナ神トントゥに見送られて出発。JR線に乗り放題の切符は持っていたが、あえて阪急線に乗り込み、京都は河原町駅を目差す。一度は完結させたはずの京都イベントに追加ミッションが発生し、追加の二駅である小野駅・国際会館駅でそのミッションを開 ... » more

鉄の悪魔(中編) 何時間か前に歩いた道を、今度は逆に駅方向へ向かって進む。明け方の地方都市。幹線道路とは言え道を行く車の数はそんなに多くなく、光源の少なさもあって陰鬱な気配が背後から忍び寄ってくるような気さえする。そんな道を歩くこと30分、ちょうど金沢駅につ ... » more

鉄の悪魔(前編) 生来の旅好きだった私は、そのための手段として、春・夏・冬と三季の青春18きっぷに加え、秋は鉄道の日記念きっぷ(現在は発展的解消により秋の乗り放題パスに変更)を活用して旅を続けてきた。しかしこれは、あくまで手段としての利用にとどまっていた。つ ... » more
テーマ 18きっぷ

闇の旅人(後編) M県S市入りするまで知らなかったのだが、現在当地ではジョジョ展が開催されているらしく、最寄り駅となるのが私の利用した勾当台公園駅らしかった。ちょっとこれを見ていくことも考えた。たぶん、名古屋はもちろん他の都市で開催されるものではないような気 ... » more

闇の旅人(中編) 二日目の行動をどのようなものにするかは、いろいろ悩ましいところがあった。気持ちの上では秋田を目指したかったのだけれど、移動距離がべらぼうには長くないわりに時間的制約が大きく、後々の旅程に与える影響が大きい。ならば宮城県や福岡県に行くことも考 ... » more

闇の旅人(前編) いつの頃からか、私の晩夏はどまつりの喧騒を避ける旅とともに暮れていくようになっていた。どちらかというと夏の初めに大仕掛けの旅行をもってきて、夏の終わりは気楽な一泊二日旅となることも多かったのだけれど、今年の夏は序盤に山へ注力したため、8月の ... » more
テーマ お城 18きっぷ

ネタバレ注意 5回分ひと綴りつづりの青春18きっぷをいかにして使うかは結構悩ましい部分でもある。たぶん、一番バランスがいいのは2回・3回に分けて宿泊旅行に出かけるパターンなのだが、ワンシーズンに2回しか遠出できないのが寂しく思えて、最近は2・2・1に分割 ... » more
テーマ 18きっぷ

 

最終更新日: 2018/03/25 20:50

「18きっぷ」のブログ関連商品

» 「18きっぷ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る