誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    渡辺淳一

渡辺淳一

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「渡辺淳一」のブログを一覧表示!「渡辺淳一」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「渡辺淳一」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「渡辺淳一」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

さみしがりやのひとりごと阿寒に果つ
阿寒に果つ 渡辺淳一これは久しぶりに読みましたが、難しいです。長編だしね。一人の少女の自殺。様々な男性との交際、その少女の多面性を描写。しかも実話のようです。 ... » more

渡辺淳一さん死去 80歳 「失楽園」社会現象に (東京新聞2014年5月6日 朝刊) 【社会】渡辺淳一さん死去80歳「失楽園」社会現象に東京新聞2014年5月6日 朝刊http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014050602000117.html ... » more

『愛ふたたび』渡辺淳一著(幻冬舎刊)…渡辺淳一氏「男性が不能になっても女性は意外に失望感ない」 渡辺淳一氏「男性が不能になっても女性は意外に失望感ない」NEWSポストセブン2013.07.28 16:01http://www.news-postseven.com/archives/20130728_201582.html ... » more

最近ニュースで初めてリラ冷えという言葉を知りました。「リラ冷え」。なんときれいな言葉なのでしょう。 5月下旬の北海道は、暖かくなったと思ったら急に冷え込むという気候の変化が見られます。そんな時期に札幌市民がふつう ... » more

先日、著者がテレビでインタビューで出演していたが、もう80なのね。著者の作品「孤舟」を元に、定年後の男性の悲哀と「老いかた」が如実に表現されていて、自分もそうならないようにと思いつつ、個性もないからこのようになってしまうので ... » more
テーマ 読書 渡辺淳一

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(3) 「うなじと胸元をホメ口説き」 渡辺淳一日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(3)「うなじと胸元をホメ口説き」アサ芸プラスPosted on 2013年2月14日映画「失楽園」の主役を川島からさらった黒木は86年、渡辺作品が原作の映画「化身」で主 ... » more
テーマ 渡辺淳一 日本経済新聞 アサ芸プラス

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2) 「パーティでの猛アプローチ」 渡辺淳一日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(2)「パーティでの猛アプローチ」アサ芸プラスPosted on 2013年2月13日だがここで違和感を覚えた読者も多いはず。肝心の有名美女との秘話がゴッソリ抜け落ちてい ... » more
テーマ 渡辺淳一 日本経済新聞 アサ芸プラス

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(1) 「サイズが小さい」と悩み… 渡辺淳一日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(1)「サイズが小さい」と悩み…アサ芸プラスPosted on 2013年2月12日激しい性描写が売りの性愛小説を世に送り出してきた大御所作家が、小説さながらの下半身 ... » more
テーマ 渡辺淳一 日本経済新聞 アサ芸プラス

阿寒に果つ(渡辺淳一) この正月休みに読んだ小説の中の1冊だが、タイトルとカバーの良さに惹かれて読み始めた。普段、渡辺淳一の小説なんか読まない私にとって、印象に残った中では最右翼だろうか。序章で、純子が現れたのは、針葉樹林の切れた釧北峠の一角で、その位置からは裸の ... » more

平安絵巻のような鮮やかな装丁が目を引く本作。平安朝末期、12世紀前半に生きた待賢門院璋子(たまこ)の花の生涯の物語です。白河法王から受けた深い寵愛。狂おしく愛し合った日々。国母(天皇の母)となり、女性 ... » more

さみしがりやのひとりごと鈍感力
鈍感力 渡辺淳一さんの本。さらりと読める一日で読破・いい内容でした。鈍感力というよりも、広い心と強い体って感じの内容だな。今はシビアに、なんでも反応しすぎの世界だと思う。もっとゆっくり、どんと構える姿 ... » more
テーマ 鈍感力 渡辺淳一 強い

『知より情だよ』 (渡辺淳一/新潮文庫) やらなきゃいけないことがある時に限って、関係のない本が読みたくなるのです。仕事関係の本を読んでおかねばならないのに、本屋で好きでたまらない渡辺淳一さまの新刊を発見してしまった。人生論のようなエッセイ、あとの祭りシリーズの『知 ... » more

「阿寒に果つ」渡辺淳一著 ひとことでまとめると、“痛い”小説である。近作では「ひとひらの雪」や「失楽園」で中高年の愛欲(#^.^#)を描いて話題を呼ぶ著者が30代の頃に書いた、比較的初期の作品が本作である。内容は、さらに遡って著者が10代の頃に、当時恋した女 ... » more

私が好きで好きで、できたら恋人の一人にしてほしいと思うくらい大好きな渡辺淳一の『欲情の作法』を購入。よくやく手に入り感激「女性向けの本じゃないような・・・」と言う、私の友人 ... » more

【珠玉ある言葉】No.93 鈍感力
医学博士であり、作家である渡辺淳一さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「いつも明るく、リラックスしていること。これが血の流れをよくするには最良の方法なのです」周りは関係ありません。すべて自分自身でできること ... » more
テーマ 渡辺淳一

渡辺淳一 の作品に始めて触れたのは、<遠き落日>であった。この小説は野口英世の伝記小説であるが、所謂、一般の伝記小説ではなく、赤裸々な 野口英世 の真実の姿に迫ったもので、むき出しの強い性欲が前面に押し出され、借金をしまくって連日吉原に通う ... » more

「爆笑問題」の太田漫才に時事問題を取り上げて、鋭い皮肉を時折り決めている程度のときは面白かった。ところが最近はどうだ。近頃は、いっぱしの評論家のような顔をして時事ネタを披露する事が多くなった。そうなると、元来 ... » more

山の生活あいるけ☆
あいるけ☆ 朝、ラジオを聴いているとこんな言葉がでてきました。「いやー、ついに終わってしまいましたか。いえね、私話していたんですよ、昨日同僚と。それが今日終わってしまうとはっ!」前々から噂には聞いていましたが未だ読んだことの ... » more
テーマ 渡辺淳一 映画

しばらく書かなかったのは、弁護士登場してからちょっと怒っていたからです。病葉18で、何度か弁護士が面会に来ているように書いておりますが、国選弁護で何度も面会に来てくれるような弁護士なんて、殆どいませんよ。あーんな安い報酬 ... » more

病葉8尋問は「女が殺してくれ、と言ったことにして責任逃れをしている」と刑事が憤慨して中断され、菊治は独房へ戻る。え、えーっと、こういう刑事さんっていないと思うんですけど・・・。警察関係の人、きちんと抗議ないといけませんよ。 ... » more

どうでしょうにはまっている間に時間がたってしまいました。いえ、忘れていたわけではありません。担当刑事の脇田くんの無能さにあきれ果てて書く気が起こらなかったのです。最初は菊治が小説を「書いていた」(過去形にするあたりちょっと?だけ ... » more

22日の新聞が見つかりません。まあ菊治が警察に連れてかれたとこで終わってたとは思うんだけれど。病葉1警察に連れて行かれて規則正しい生活を送る菊治、今まで不規則だった生活を「週刊誌の編集のような」と表現しているのは、週 ... » more

風死す25被害者との関係を問われて「好きでした・・・」。刑事「愛人関係だね」そんな俗な言葉では片付けられたくない。俗な言葉でしか片付けられません。人づてに紹介された人妻との関係、が俗でなかったら何なん ... » more

愛は、相手の責任とか誠意を問いはじめたときから、自然さと純粋さを失っていく。そして、男女の平等の立場も消えてしまう。渡辺淳一(作家)家族、家庭を持ったら、責任を問わずにはいられなくなる時もあるでしょうから、一概に ... » more
テーマ 恋愛 渡辺淳一

リアルタイム 高村薫「新リア王」の日経連載の中止 高村薫と日経の間でなにやら揉め事があったようですね。未完のままで本日分590回で連載が終了します。今日の最後には「本作品は加筆の上2005年に新潮社より刊行されます」「本社は10月19日付から原稿11回分を作者の了解を得ずに13回に ... » more

 

最終更新日: 2016/11/24 11:43

「渡辺淳一」のブログ関連商品

» 「渡辺淳一」のブログレビュー をもっと探す

「渡辺淳一」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る