誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    チュニジア

チュニジア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「チュニジア」のブログを一覧表示!「チュニジア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「チュニジア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「チュニジア」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

地球逍遥青く塗りつぶせ
青く塗りつぶせ 美しいチュニジアンブルーを維持する為に炎天下働くペンキ塗りのおじさん。チュニジアのおじさん達って何故か日中ずっとお茶飲んでたり店の前でずーっと座ってたりが多数派の印象だったけど、働くおじさんもいるのね。お疲れさまです ... » more

チュニジアンブルーの街 シディ・ブ・サイド チュニジアで一番美しい街シディ・ブ・サイドは景観保護の為、街並みが白とチュニジアンブルーで統一されている。鮮やかな街並みはチュニジア屈指の観光スポット。並ぶのはお土産やさん。歩くのは観光客。 ... » more

地球逍遥青い扉の街へようこそ
青い扉の街へようこそ 青い扉の街へようこそ。2009年夏のチュニジア旅行に再び戻ります。チュニジアンブルーの街、シディ・ブ・サイド。チュニスから、冷房がなくて混んでて椅子が割れてて子供らがドアをこじあけたまま疾走する郊 ... » more

地球逍遥不思議な祭壇
不思議な祭壇 サン・ルイ教会では音楽会や美術展が開かれるそうだ。飾ってある絵も多分そうした文化活動の一環で、聖画の類ではないのだと思う。しかしアラブの王と王妃の絵と、白い翼の天使が居る祭壇と、同じ空間に存在していると、軽く混乱に陥る。ココ ... » more

地球逍遥鍵穴型の窓と鍵穴型のアーチ
鍵穴型の窓と鍵穴型のアーチ この形は…カルタゴの家々のドアと同じ。鍵穴形。窓も柱のアーチも同じ形だからきっと意味があると思うのだけれど…ちょろっと調べただけでは解答みつかりませんでした(>_Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥青い教会
青い教会 サン・ルイ教会の入り口では、七歳位の目がくりっとした女の子が氷菓子を食べながらチケットをもぎってくれた。くりっとした目で指し示された建物に入ると、青い世界に包まれた。水の青のような、静謐の青。Au ... » more

地球逍遥サン・ルイ教会
サン・ルイ教会 時代は一気に19世紀へ。4世紀以降にローマ帝国の力が衰え、以後あっちゃこっちゃの支配を受けたチュニジアは19世紀後半からフランスの植民地化した。そしてフランス人は、カルタゴを見渡すビュルサの丘に、大聖堂を建てた。それがサ ... » more

地球逍遥ローマとエジプト
ローマとエジプト カルタゴ博物館にて。地中海世界で繁栄していた文化のかけらが見られる。まずは紀元前一世紀頃から強大な力を持った、言わずと知れたローマ帝国。彫刻とモザイク、どちらもローマの華。そして。紀元前七世紀 ... » more

地球逍遥カルタゴ博物館
カルタゴ博物館 カルタゴ博物館は二階建の小規模な博物館。ここカルタゴから出土した品々が並んでいる。必然的にローマ支配期のものが多いが、それ以前のフェニキア時代の貴重なものもある。クーラーもないシンプルな博物館は、夏休みの学校の理科室みたいな ... » more

地球逍遥ビュルサの丘から
ビュルサの丘から ビュルサの丘。ここは紀元前に古代カルタゴが発祥した地。崖下から発掘された住居跡はローマ帝国に徹底破壊されたはずの古代カルタゴのものだという。土色の古代カルタゴの住居跡。その向こうに白い現代カルタゴの街。更にその向こう ... » more

地球逍遥さかなどあ
さかなどあ さかなスコープ、発動。ロック・オン。カルタゴの中心地、ビュルサの丘の途上には、こんな素敵な住宅が並んでます。Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥モスク遠望
モスク遠望 丘に登ってゆくと眼下に白い街が広がる。地中海的な白い家々。中央に建つモスクのミナレットがなければアフリカ側に居ることを忘れてしまいそうだ。Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥時空の迷い子
時空の迷い子 熱い。私は何処を歩いているんだろう。この道はどこへ続くんだろう。私は何時代を歩いているんだろう。並んでいるのは白い街灯と思っていたらいつのまにか白い大理石の柱に代わってないか?Aug0 ... » more

地球逍遥ローマ劇場
ローマ劇場 暑い。というか熱い。ローマ帝国が築いた円形劇場は直射日光でフライパンのごとく熱せられている。史跡は今では復元され、しかも現役で使用されている。7月、8月には夏フェス的イベントがあるらしく、只今音響チェックのまっ最中。 ... » more

さよなら ローマ帝国の大浴場 帰り際になって太陽が雲間から覗き照らされた乳白色大理石の柱は柔和に微笑む様相で見送ってくれありがとう さよならローマの遺跡変化に富んで 迷路みたいでなんか生き物もでてきて 楽しかった因 ... » more

地球逍遥アルファベットって
アルファベットって すごいなぁ。正確にはこれはラテン文字と呼ぶべきなのだろうけど。2000年前に大理石にこの文字を刻みつけた人と、21世紀ユーラシアの東端に住む子供とが、「これはAという文字だ」って共通認識を持てるって。かなりすごい ... » more

地球逍遥大浴場 地階の口から
大浴場 地階の口から 陽光直射する場所から、共同浴場一階にあたる建物の影に入ると、気温が五度は違うような気がする。光さす世界にばくりと噛み付きそうな、口の奥から覗き見ている気分。Aug09Carthage/TUNISI ... » more

地球逍遥大浴場の全貌
大浴場の全貌 共同浴場は二階建。我々がうろうろしていた一階部分は冷浴室。その上には大理石の柱がどーん。高さ15m。更にその上にドーム状の屋根があったはず。あの空の高さまで、浴場施設だったのかぁ。Aug0 ... » more

地球逍遥色とりどりの石
色とりどりの石 遠目には白茶けた土色一色に見えた遺跡はカラフルな色石で組み上げられていた。どこから運ばれた石なのだろう…。Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥遺跡に住む鳥
遺跡に住む鳥 アントニヌスの共同浴場。この遺跡には猫だけでなくなんかでかい鳥まで住んでいた。一瞬、びびった。だってでかいんですもの。Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥アントニヌスの大浴場
アントニヌスの大浴場 アントニヌス、というのはローマの五賢帝の一人、アントニヌス・ピウスのことで、ここは彼が2世紀に建てた公共浴場跡なのです。浴場といっても日本のような、いい湯だな〜カポーン…て感じではなく、風呂ありサウナありプールあり談話室あり ... » more

地球逍遥タニトの印
タニトの印 カルタゴを旅すると、時折○と△と―を組み合わせた印を見かけます。これは”タニトの印”というそうで、ローマ帝国時代以前、フェニキア人が築いていた古代カルタゴ国で信仰されていた、豊穣の女神タニト神を表した印なのだそうです。前 ... » more

地球逍遥甦るローマ時代のチャペル
甦るローマ時代のチャペル 案内図に”チャペル”と書いてある。この柱が、教会を構成していたのか。高台に登ったら、目の前に教会の姿が立ち上がってきた。正面に祭壇が。列柱に沿って、人々のひざまづく姿まで見えるよう。 ... » more

地球逍遥猫に導かれて
猫に導かれて 猫のテリトリーに入り込んだのは我々だから猫の流儀に倣おうじゃないか。先導するガイド猫について柔らかいさらさらの土を踏み音もなく歩く。すると深緑の木立の向こうにいきなり遺跡の景色がひらけた。 ... » more

地球逍遥遺跡に住む猫
遺跡に住む猫 カルタゴに残るローマ帝国の遺跡の中で最大級の“アントニヌスの共同浴場”。観光バスが何台も横付けした脇を通り、列に並び、チケット代と撮影料を払って入場すると、そこにはもう先に、すました顔した子猫が入りこんでいるのだから苦笑して ... » more

地球逍遥色とりどりのブーゲンビリア
色とりどりのブーゲンビリア ブーゲンビリアというと赤みが強いピンクを思い出すがチュニジアでは色々なブーゲンビリアにであった。黄色や白。赤、白、黄色…って、チューリップのうたみたいだけど。「色づいているのは花じゃないんだっ ... » more

地球逍遥遺跡に消える猫
遺跡に消える猫 少し歴史の話をしましょう。古代カルタゴは少なくとも紀元前8世紀には存在していて高度な航海術を駆使して栄えた国でした。紀元前264年、イタリア統一をはたしたローマとの間でポエニ戦争が始まります。実に80年もの間、ローマとカルタ ... » more

地球逍遥北に臨む地中海
北に臨む地中海 再びこの海に辿り着いた。地中海。アフリカ大陸から眺める地中海は熱気の蓋のせいかとろりとして見える。ここから船を出し東へ向かえばシチリアへ。北へ向かえばローマが。地中海国家随一の航海術を持っていた古代カルタゴの人々は ... » more

地球逍遥白い壁 赤い花
白い壁 赤い花 地中海の街の成分をぎゅうっと搾って濃縮エキスを抽出して小さな箱に詰めたらこんな風景になるんじゃないんでしょーか。Aug09Carthage/TUNISIA ... » more

地球逍遥2300年後のカルタゴ
2300年後のカルタゴ チュニスから郊外列車TGMで30分弱。“カルタージュ・ハンニバル”駅で下車。紀元前に地中海で隆盛を誇った海運国家とポエニ戦争でローマを苦しめた猛将の名を揃えた駅の前にはパームツリーの並ぶ高級住宅街が広がっていた。ロー ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 17:41

「チュニジア」のブログ関連商品

» 「チュニジア」のブログレビュー をもっと探す

「チュニジア」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る