誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    国体

国体

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「国体」のブログを一覧表示!「国体」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「国体」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「国体」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

作略は平日致さぬものぞ。作略を以てやりたる事は、その迹を見れば、善からざること判然にして、必ず失体これあるなり。ただ戦に臨みて作略なくばあるべからず。しかし平日作略を用うれば、戦に臨みて作略は出来ぬものぞ。孔明は平日作略を致さぬゆえ、あの通 ... » more
テーマ 国体 明治維新 西郷南洲遺訓

平日道を踏まざる人は、事に臨みて狼狽し、処分の出来ぬものなり。譬えば、近隣に出火あらんに、平生処分ある者は動揺せずして、取仕末(とりしまつ)も能く出来るなり。平日処分なき者は、ただ狼狽して、なかなか取仕末どころにはこれなきぞ。それも同じにて ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道を志す者は偉業を貴ばぬものなり。司馬温公は閨中にて語りし言も、人に対して言うべからざる事なしと申されたり。独りを慎むの学、推して知るべし。人の意表に出て一時の快適を好むは未熟の事なり。戒むべし。(大意)道を志す者は偉大な事業という ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道を行う者は、天下挙って毀(そし)るも足らざるとせず、天下挙って誉むるも足れりとせざるは、自ら信ずるの厚きが故なり。その工夫は、韓文公が伯夷の頌を熟読して会得せよ。(大意)道を行う者は天下挙って彼を非難したとしても不満を言わず、 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るものなり。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。されども、かようの人は凡俗の眼には見得られぬぞ、と申さるるに付き、『孟子』に「天下の広居に居り、天下の ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道を行う者は、固より困厄に逢うものなれば、如何なる艱難の地に立つとも、事の正否、身の死生などに、少しも関係せぬものなり。事には上手下手あり、物には出来る人出来ざる人あるより、自然心を動かす人もあれども、人は道を行うものゆえ、道を踏むには上下 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道を行うには尊卑貴賤の差別なし。摘まんで言えば、堯舜は天下に王として万機の政事を執り給えども、その職とする所は教師なり。孔夫子は魯国を始め、何方へも用いられず、しばしば困厄に逢い、匹夫にて世を終え給いしかども、三千の徒皆道を行いしなり。 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

己れを愛するは善からぬことの第一なり。修行の出来ぬも、事の成らぬも、過ちを改むる事の出来ぬも、功に伐(ほこ)り、驕慢の生ずるも、皆自ら愛するが為なれば、決して己れを愛せぬものなり。(大意)己れを愛するのは善からぬことの第一である。修 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

人を相手にせず、天を相手にせよ 【西郷南洲翁遺訓解説】 第二十五条 人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己れを尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。(大意)人を相手にしないで、天を相手にせよ。天に対して己れを尽くし、うまく行かなかったからと言って、人のせいにして過ちを咎めることな ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とする。天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛するなり。(大意)道とは天地とともに自ずとあるものであるから、天地とともに生きるほかない人間もまた ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

学に志す者、規模を宏大にせずばあるべからず。さりとて唯ここにのみ偏倚すれば、或いは身を修するに疎かに成り行くゆえ、終始己れに克ちて、身を修するなり。規模を宏大にして己れに克ち、男子は人を容れ、人に容れられては済まぬものと思えよ、と古語を書い ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

己れに克つに、事々物々、時に臨みて克つ様にては克ち得られぬなり。兼ねて気象を以て克ち居れよ、となり。(大意)己れに克つには、物事に臨んで、その時になって初めてうち克とうとしても、克ち得られるほど甘くはないものだ。兼ねて、常日頃よ ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

道は天地自然の道なるゆえ、講学の道は敬天愛人を目的とし、身を修するに克己を以て終始せよ。己れに克つの極功は「意なく、必なく、固なく、我なし」(『論語』)と云えり。総じて人は己れに克つを以て成り、自ら愛するを以て敗るるぞ。能く古今の人物を ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

何程制度方法を論ずるとも、その人に非ざれば行われ難し。人ありて後、方法の行わるるものなれば、人は第一の宝にして、己れその人に成るの心がけ肝要なり。(大意)どんなに制度や方法を論じても、それにふさわしい人物でなければ、うまく行わ ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

古より君臣共に己れを足れりとする世に、治功の上りたるはあらず。自分を足れりとせざるより、下々の言も聴き入るるものなり。己れを足れりとすれば、人、己れの非を言えばたちまち怒るゆえ、賢人君子はこれを助けぬなり。(大意)古い昔から君主臣下 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

朝鮮半島の国家の政治に道義もへったくれもないのは、現在の北朝鮮や韓国の慰安婦像をめぐる問題を見ても何も変わっていないようだ。明治初頭の朝鮮半島をめぐる外交問題でもそれはよく似ている。李氏朝鮮が日本の領事館に当たる釜山の草梁倭館に侮辱 ... » more
テーマ 征韓論 国体 西郷南洲遺訓

B征韓論道理に基づく一致一和を目指すという、島津斉彬より継承された政治方針は、文明開化、明治の御代となっても変わっていない。明治四年七月に廃藩置県が行われたが、これは王土王民思想に基づいてなされた明治二年の版籍奉還の徹底化であり、か ... » more
テーマ 征韓論 国体 西郷南洲遺訓

【遺訓第十八条】解説A「幕末の王政復古倒幕運動」江戸時代の國體論の精髄ともいえる島津斉彬の、皇室を中心にした道理に基づく「和」の政治・政事は、島津久光や南洲翁によってそれぞれに継承された。ここで一言付け加えておかなければならないのは ... » more
テーマ 国体 明治維新 西郷南洲遺訓

談、国事に及びし時、慨然として申されけるは、国の凌辱せらるるに当りては、たとえ国を以て斃るるとも、正道を踏み、義を尽くすは政府の本務なり。然るに平日金穀理財の事を議するを聞けば、如何なる英雄豪傑かと見ゆれども、血の出る事に臨めば、頭を一処に ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

正道を踏み、国を以て斃るるの精神なくば、外国交際は全かるべからず。彼の強大に畏縮し、円滑を主として、曲げて彼の意に順従する時は、軽侮を招き、交親却って破れ、終に彼の制を受くるに至らん。(大意)正しい道を踏み、いざとなれば国の命運 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

節義廉恥を失いて、国を維持するの道決してあらず、西洋各国同然なり。上に立つ者下に臨みて利を争い義を忘るる時は、下皆これに倣い、人心忽ち財利にはしり、卑吝の情日々長じ、節義廉恥の志操を失い、父子兄弟の間も銭財を争い、相讐視するに至るなり。かく ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

常備の兵数もまた、会計の制限に由る。決して無根の虚勢を張るべからず。兵気を鼓舞して精兵を仕立てなば、兵数は寡(すくな)くとも、折衝禦侮ともに事欠くまじくなり。(大意)常備軍の兵数も、他の事業同様、予算の制限を超えてはならない。虚 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

会計出納は制度の由って立つ所、百般の事業皆これより生じ、経綸中の枢要なれば、慎まずばならぬなり。その大体を申さば、入るを量りて出ずるを制するほか更に術数なし。一歳の入るを以て百般の制限を定め、会計を総理する者、身を以て制を守り、定制を超過せ ... » more
テーマ 税金 国体 西郷南洲遺訓

租税を薄くして、民を裕(ゆたか)にするは、すなわち国力を養成するなり。故に国家多端にして財用の足らざるを苦しむとも、租税の定制を確守し、上を損じて下を虐げぬものなり。よく古今の事跡を見よ。道の明かならざる世にして、財用の不足を苦しむ時は、 ... » more
テーマ 税金 国体 西郷南洲遺訓

西郷隆盛謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。本年が、日本にとって、また皆様にとって、実多き年となりますように。本年中には、鋭意執筆に取り組んできた、ここ数年の論考の集大成である『日本人と論語』もいよいよ完成できるかと思います。戦 ... » more
テーマ 年賀状 国体 西郷南洲遺訓

西洋の刑法は専ら懲戒を主として苛酷を戒め、人を善良に導くに注意深し。故に囚獄中の罪人をも、如何に緩やかにして鑒戒となるべき書籍を与え、事に因りては親族朋友の面会をも許すと聞けり。尤も聖人の刑を設けられしも、忠孝仁愛の心より鰥寡(かんか)孤 ... » more
テーマ 吉田松陰 国体 西郷南洲遺訓

文明とは道の普く行わるるを賛称せる言にして、宮室の荘厳、衣服の美麗、外観の浮華を言うには非ず。世人の唱うる所、何が文明やら、何が野蛮やらちっとも分からぬぞ。予嘗て或人と議論せしこと有り。西洋は野蛮じゃと云いしかば、否文明ぞと争う。否野蛮じゃ ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

人智を開発するとは、愛国忠孝の心を開くなり。国に尽くし、家に勤むるの道明らかならば、百般の事業は従て進歩すべし。あるいは耳目を開発せんとて、電信を懸け、鉄道を敷き、蒸気仕掛けの器械を造立し、人の耳目を聳動すれども、何故、電信鉄道のなくては叶 ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

忠孝仁愛教化の道は政事の大本にして、万世に亘り宇宙に弥(わた)り易(か)うべからざるの要道なり。道は天地自然の物なれば、西洋と雖も決して別なし。(大意)人々を忠孝、そして仁愛の道に教え導くことは政事の大本であり、永遠にして普遍の ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓

広く各国の制度を採り、開明に進まんとならば、先ず我国の本体をすえ、風教を張り、然して後、徐(しず)かに彼の長所を斟酌するものぞ。否(しか)らずして彼に倣いなば、國體は衰頽し、風教は萎靡して匡救(きょうきゅう)すべからず。遂に彼の制を受くるに ... » more
テーマ 国体 論語 西郷南洲遺訓  コメント(7)

 

最終更新日: 2017/06/23 17:36

「国体」のブログ関連商品

» 「国体」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る