誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ミステリー小説

ミステリー小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「ミステリー小説」のブログを一覧表示!「ミステリー小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ミステリー小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ミステリー小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

中江有里 真保裕一新作「映像化したいと思わせる作品」と評す  『アンダーカバー 秘密調査』 中江有里真保裕一新作「映像化したいと思わせる作品」と評すNEWSポストセブン2014.07.28 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20140728_267721.html ... » more

まるでミステリー小説でしたね。犬の赤ちゃんで完全犯罪バレ? 事実は小説よりも奇なり、と詩人バイロンが謳ったように、小説にも書けないショッキングな事実を前に、まさしく、痛恨極まりない昨今でございますね。なんとか人心地ついてきた今は。徹頭徹尾おらが推測や妄 ... » more
テーマ ミステリー小説 事実は小説よりも奇なり 秋の夜長

介護ミステリー小説 『ロスト・ケア』 おススメです! 今、話題の『ロスト・ケア』読みました!とてもフィクションと言っていられない切実さに満ちた小説でした。介護制度の落とし穴、福祉の不完全、安楽死と尊厳死の問題。正義とは何か?善とは何か?老人の介護をテーマ ... » more
テーマ ロスト・ケア ミステリー小説 安楽死

軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織によるイギリス高官暗殺計画を察知した。だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。国家を超える憎悪の闇は特捜部の契約する“傭兵”ライザ・ラードナー警 ... » more

7年前に行方不明になった少女の遺留品が発見された。まったく期待せずに捜査を再開した県警捜査一課の都筑だが、数日後、情報をもたらした探偵・梅崎の死体が発見される。梅崎はいったい何を掴んでいたのか?都筑は足取りを追う…… ... » more

都内の麻薬取引ルートに、正体不明の勢力が参入している―。裏社会の変化に後手に回った警視庁では、若きエース安城和也警部も、潜入捜査中の刑事が殺されるという失態の責任を問われていた。折しも三顧の礼をもって復職が決まったのは、九年 ... » more

私立藤野学院高校のバスケ部員椎名康は、ある日、少女が校舎の屋上から転落する場面に遭遇する。康は血を流し地面に横たわる少女を助けようとするが、少女は目の前から忽然と消えた。監視された空間で起こった目撃者不在の“少女消失”事件。 ... » more

相次いで変死した二人の外務官僚。捜査をめぐる他省庁とのトラブル。そして娘を襲ったアクシデント…。大森署署長・竜崎伸也に降りかかる難問の連鎖、やがて浮かび上がった驚愕の構図。すべては竜崎の手腕に委ねられた! ... » more

夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美 ... » more

悪徳探偵メルカトル鮎と五つの難事件!!ある高校の密室状態の理科室で、物理教師が惨殺された。容疑者とされた生徒は20人。銘探偵メルカトルが導き出した真相とは--「答えのない絵本」他五編収録。ある ... » more

東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし! 寒い夜、日本 ... » more

亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一 ... » more

「まったく、新宿って街は妙なところだ。ばらばらに飛び散ったもんが、いつのまにかまた集まってきちまうのだからな」 巨躯。凄味ある風貌。暴力性。群れない──。やくざも恐れる伝説的アウトローが「警察官を殺す」との情念を胸に22年の ... » more

日本人って、初めてミステリーに出会うのは何が最初だろう?僕らの頃なら、「シャーロック・ホームズ」だけど、今なら、「名探偵コナン」かな?何故、人はミステリーに惹かれるのだろう?もちろん、「謎解き」そのものに「知的興奮」 ... » more

相次いで変死した二人の外務官僚。捜査をめぐる他省庁とのトラブル。そして娘を襲ったアクシデント…。大森署署長・竜崎伸也に降りかかる難問の連鎖、やがて浮かび上がった驚愕の構図。すべては竜崎の手腕に委ねられた! ... » more

夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。彼はなぜ、この美 ... » more

悪徳探偵メルカトル鮎と五つの難事件!!ある高校の密室状態の理科室で、物理教師が惨殺された。容疑者とされた生徒は20人。銘探偵メルカトルが導き出した真相とは--「答えのない絵本」他五編収録。ある ... » more

おすすめのミステリー★2011年度ミステリーベスト10(週間文春)●第7位「麒麟の翼」東野圭吾 (著 東野圭吾作家生活25周年特別刊行、第1弾ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。大切な人を守りたい、それだけだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう――加賀シリーズ最高傑作、書き下ろし! 寒い夜、日本 ... » more

亮介が実家で偶然見つけた「ユリゴコロ」と名付けられたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。創作なのか、あるいは事実に基づく手記なのか。そして書いたのは誰なのか。謎のノートは亮介の人生を一 ... » more

「まったく、新宿って街は妙なところだ。ばらばらに飛び散ったもんが、いつのまにかまた集まってきちまうのだからな」 巨躯。凄味ある風貌。暴力性。群れない──。やくざも恐れる伝説的アウトローが「警察官を殺す」との情念を胸に22年の ... » more

待望の新ヒーロー誕生!極上の長編ミステリ 都内で起きた不可解な連続殺人事件。次の犯行現場は、超一流ホテル・コルテシア東京らしい。殺人を阻止するため、警察は潜入捜査を開始し・・・。1行たりとも読み飛ばせ ... » more

開かれたのは、躰、本、謎。作家生活40年のキャリアを誇る著者の集大成にして新境地!18世紀ロンドン。増える屍体、暗号、密室、監禁、稀覯本、盲目の判事……解剖医ダニエルとその弟子たちが辿りついた真実とは? ... » more

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき ... » more

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上・下)」スティーグ・ラーソン著(早川書房 各800円) 「ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女(上・下)」スティーグ・ラーソン著、ヘレンハルメ美穂ほか訳(早川書房各800円) 【書籍・書評】日刊ゲンダイ2011年10月18日 掲載http://gendai.net/articles/v ... » more
テーマ ミステリー小説 書籍・書評 日刊ゲンダイ

「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上・下)」スティーグ・ラーソン著(早川書房 各800円) 「ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女(上・下)」スティーグ・ラーソン著、ヘレンハルメ美穂ほか訳(早川書房各800円) 【書籍・書評】日刊ゲンダイ2011年10月18日 掲載http://gendai.net/articles/v ... » more
テーマ ミステリー小説 書籍・書評 日刊ゲンダイ

「無名騎手」蓮見恭子著(角川書店1700円) 「無名騎手」蓮見恭子著(角川書店1700円)【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2011年10月6日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/133006<競馬界の闇を抉るミステリー> ... » more
テーマ ミステリー小説 書籍・書評 日刊ゲンダイ

「無名騎手」蓮見恭子著(角川書店1700円) 「無名騎手」蓮見恭子著(角川書店1700円)【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2011年10月6日 掲載http://gendai.net/articles/view/book/133006<競馬界の闇を抉るミステリー> ... » more
テーマ ミステリー小説 書籍・書評 日刊ゲンダイ

講談社BOXのエンターテインメント系ミステリーとして先日このブログで紹介しました『ファイナリスト/M』。この作品はその続編ということになりますが、こっちも相当にレベル高いです。面白いわ―。『ジャッジメント/Q』/天原 ... » more

隠れた良作を見つけ出すのは読書人にとって喜びですが、これは久し振りに「読み進めるのが楽しい」と思えた作品です。ジャンルはミステリーになりますが、簡単にその枠組みに納まるようなものではありません。『ファイナリスト/M』 ... » more

お奨めミステリー小説 (300) 『ブラウン神父のお伽噺』 G.K.チェスタトン 300回の記念にして最後に紹介するこの小品はブラウン神父が解き明かすとびきりの不可能犯罪を描く。シチュエーションは実に魅力的で、歴史ものでありながら、神秘的であり、ホラーの要素もある。短い小説によくぞここまで詰め込んだものだ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 16:18

「ミステリー小説」のブログ関連商品

» 「ミステリー小説」のブログレビュー をもっと探す

「ミステリー小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る