誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    トルストイ

トルストイ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「トルストイ」のブログを一覧表示!「トルストイ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「トルストイ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「トルストイ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ドストエフスキー作家であり人道主義者。人間の繊細な精神を徹底して洞察し、人類の本質を捉え、“世界文学上でもっとも偉大な心理学者”と呼ばれる。人々が内面に抱えた様々な矛盾を、愛を土台に文字で描き尽くし、“写実主義的ヒューマニズム”の金 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 トルストイ ドストエフスキー

町会を脱会した人町会を脱会した人 分譲マンションに居住しています。そこには町会、婦人会、そしてマンションの理事会と3種類の役があります。 それぞれ任期が2年あり20件の中で順番で回ってきます(ただ、色々言 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 トルストイ がん離職「3割」の衝撃

震災5年「自分さえいなければ…」1700人超の遺児・孤児、深まる葛藤支援施設「レインボーハウス」で開かれるイベントにはさまざまな年代の子供たちが参加する=1月10日、岩手県陸前高田市(写真:産経新聞) 東日本大震 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 トルストイ がん離職「3割」の衝撃

トルストイ1828年、モスクワの165km南に位置するトゥーラ郊外のヤースナヤ・ポリャーナにて、伯爵家の四男として生まれる。 祖先は由緒ある貴族で富裕な家庭であったが、幼くして両親をなくし、親戚に育てられる。1844年、大学 ... » more
テーマ 「死にたい」20万件 トルストイ 神経不安症とは

“孤独について” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜 『孤独』【Wekipedia より】孤独とは、他の人々との接触・関係・連絡がない状態を一般に指す。となっていますが、後述で、これは何も深山 ... » more

飛びたいサンマ真実の憂鬱・・
嘘が独り歩きはじめると・・やがて・うそは・・仮面をかぶったまま人の気もちに入り込む・・I do not understand ・・わかりませんが言えなくて・・すべて承知が尊敬語・・慰安婦報道の嘘と・・「吉田調書」 ... » more

どじょうの詩精神世界
トルストイは50歳の頃からそれまでの恵まれた生活に嫌気が差し、宗教と神を心の支えとする精神世界に生きることを求めるようになったそうだ。物質的財産は罪であるとして、あり余る財産を売って貧しい農民に分け与えたいと願ったらしい。しかし妻の同意を得 ... » more

ちくしょう!くそったれが!Hey,hey,hey,What a hell gose on! ... » more
テーマ トルストイ

現代の大哲学者・創価学会名誉会長・池田大作博士。世界各国の大学から「274」の名誉教授・博士の称号が授与され、650の名誉市民、世界桂冠詩人、国連や世界の学術機関からの数々の顕彰。そして、昨年の「ワイマール・ゲーテ協会」からの特別顕彰、韓国 ... » more

ダンマパダ第4章花57道徳を守り不放逸な生活をし完全智で解脱した人の道を悪魔は見えない〇超訳の試み道徳を守り気づきある生活して悟った人を悪魔は支配できない〇子供のためのダンマパ ... » more

光文社古典新訳文庫から刊行中であった『アンナ・カレーニナ』が待望の完結です。アンナ・カレーニナ(1)楽天ブックス 光文社古典新訳文庫 著者:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ/望月哲男出版社:光文社サイズ:文庫ページ 楽天市場 by ... » more
テーマ 光文社古典新訳文庫 トルストイ ロシア文学

光文社古典新訳文庫という読書家にとっては最高の企画、しかし、考えようによってはなんとも挑戦的な、といいますか、向こう見ずなシリーズがスタートして早2年、意外にも(失礼)売れ行きは言いようです。その中でも最大のヒット作は社会現象といっ ... » more

いざ!楽園へ逆境が人格を作る
受験シーズンにキットカットを買うと応援メッセージが入っているそこに書いてあった言葉「逆境が人格を作る」いい言葉だねトルストイが言おうが誰が言おうがいい言葉に変わりないんだけどなんとなく著名な人だったりする ... » more

全く高校生時代に読んだ記憶が無いんですが、最近トルストイにはまっているので読み直して見ました。ご存知のように、トルストイは「幼年時代」「少年時代」「青年時代」を書いている。その合間を縫って数多くの短編小説を書いていますが、自伝的小説には著者 ... » more
テーマ トルストイ

父を無くした17歳の娘は、無き父の親しき隣人に父の姿を見出し、好意を持ち、愛し、結婚、出産とドラマティックな人生を送るのであった。これはトルストイの女性観をストレートに表した作品だと思います。場面によってはとてもデリケートに描かれているとこ ... » more
テーマ トルストイ

ネフリュードフ公爵は学生である。しかし自分の勉学や出世を棄ててまで、故郷の農業の発展に努めるべく帰郷するのであった。しかし、彼が描く理想とは裏腹に、現実は厳しく、最後までそれを達成できなかったのである。工藤精一郎氏の解説には、農奴制の条件下 ... » more
テーマ トルストイ

あらすじは、夕方の吹雪を前にして、駅馬車であるトロイカに主人公は乗って隣駅まで今晩行くべきか、明日までここで待つべきか、さまざまな現場状況を踏まえた後、意を決して出発するのであった。しかし、更なる激しい吹雪に遭い、迷い、やっと天気が回復して ... » more
テーマ トルストイ

トルストイ自身、若かりし頃はかなりの放蕩生活をしたらしい。そして、モスクワの丁度真南にあたる黒海のほとりのセワストーポリ、コーカサス山脈の自然に、自身の生きる目標を求めに旅立った。そしてこの作品は、トルストイ自身の実体験を作品化したものであ ... » more
テーマ トルストイ

これは「12月のセワストーポリ」と同時期に着想されたとある。士官達の虚栄と兵士達の精神的高さ、秀逸度を対比させていた。小生は実際に服役したものからの体験談に勝るドキュメンタリーは他にあるだろうかと思った。当作品には歴史でよくある「もしも」は ... » more
テーマ トルストイ

トルストイ「十二月のセワストーポリ」(トルストイの戦争観) 1855年、トルストイが「青年時代」をセワストーポリの戦場で執筆中にそれを中断し、自身が服役したこの戦場体験を記した。小生はトルストイが服役していたことを知らなかったので、まずは驚き、それと同時にどのような戦争体験をしたのかに強い興味を持 ... » more
テーマ トルストイ

戦争と平和 全6巻(トルストイ作、藤沼貴訳、岩波文庫) 今年の1月から刊行されていた「戦争と平和」6巻を読み終わりました。読み始めの頃は、果たして完読できるものかしら、と思いましたが、月に1冊ずつ刊行されるというペースが丁度良く、そして藤沼氏の新訳が誠に読みやすく、途中からは次の刊行が待ち遠しい ... » more
テーマ トルストイ

■なんだか最近妙に文学づいていて、トルストイの『戦争と平和』に挑戦している。私が20年以上も前、中学生のときに、一度中途で挫折した作品である。当時は三国志のような勇者活躍の軍記モノかなと思って購入し、見事に期待を裏切られすぐに放り出した。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 15:58

「トルストイ」のブログ関連商品

» 「トルストイ」のブログレビュー をもっと探す

「トルストイ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る