誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    労働

労働

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 仕事
子テーマ: 長時間労働 労働者 労働相談 労働組合 労働法 労働基準法 派遣労働 労働時間 厚生労働省 労働保険 過重労働 労働契約 非正規労働 労働運動 労働条件 労働問題
テーマ「労働」のブログを一覧表示!「労働」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「労働」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「労働」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「労働市場のタイト化が進んでいくと何が起こるのか?」の続編です。「人手不足対策」についていろいろ議論が行われています。私は、労働市場がタイトになっていることは認めるものの、現時点では、日本経済全体を見れば労働力人口も就業者も労働投入 ... » more
テーマ 経済 労働 人口

労働、社会問題失われた20年?
「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年4月速報)」などでは、月々の動きを追っています。毎月勤労統計はそういう目的のために作られている速報統計なので、声が本来の使い方です。しかし、長期的な変化を見るのにも使えます。そこで今回は、労 ... » more

「家計消費指数(17年4月)」は、二人以上世帯でしたが、これに単身世帯を加えた総世帯もあります。概念的にはカバーする範囲はこちらの方が広いのです。.また単身世帯は増える傾向にあります。が、単身世帯の調査は難しいこともあり、精度はどう ... » more
テーマ 統計 経済 労働

家計消費指数の動きです。とりあえず。世帯当たりの消費の指数で、人数調整はされていません。4月は全世帯(勤労者世帯を含む)の名目がプラスになりました。その反面、勤労者世帯がマイナスに転じています。家計消費指数二人以上世帯(対前年同 ... » more
テーマ 統計 経済 労働

「1時間当たり所定内給与(1月から3月)確報」に続いて、4月分速報です。速報であることを〔〕で示します。確報が出れば修正します。1時間当たり所定内給与の変化率(%)年一般労働者パートタイム差1994年2.51.21.31995年1. ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月確報)」に速報の数字のみ追加します。コメントは3月分のままです。今回の注目点はパートタイム労働の投入が前年同月比マイナスになったことです。常用雇用は合計では2%台前半の増加が ... » more

「4月の勤労者家計の雇用環境見通し」に引き続き前年同期に比べて改善しています。しかし、改善幅は4月より小さくなりました。なお、4月から勤労者世帯を正規雇用と非正規雇用に分けたものが発表されていますが、正規雇用は前年5月の44.8から ... » more
テーマ 統計 経済 労働

「働き盛りの男性の4月の就業率はリーマンショック前を下回っている。」というエントリーを書いたのですが、労働力調査の2017年4月分が発表になりました。34歳までは好調、35歳からは不調です。4月の男性の年齢階級別就業率(%)年齢19 ... » more
テーマ 雇用 労働 男性

「1時間当たり所定内給与(1月から3月)」では、速報の結果を紹介しましたが、確報が出たので修正します。1月から3月の平均も追加しました。1時間当たり所定内給与の変化率(%)年一般労働者パートタイム差1994年2.51.21.3199 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月速報)」に続いて確報が発表されました。http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/29/2903r/dl/pdf2903r.pdf ... » more

自分の頃には、幼稚園なんかなかったです、プールなんてなかったです(大人になってやっと入れました)、まして給食なんてなかったです。10年程前に初めてゴチになりました、豊玉東小学校の昼飯でした。小学生の3年か4年の時にアメリカさんから頂 ... » more

人生推理日記人間で過労死は身の不覚
人間は学業が終わると男は就職、女は花嫁修業兼、就職が人生のすタート。就職は生きるためのお金儲けで有り、現代では総てがお金で売買で有ります。労働でお金に成りますが、過労で病気になるは身の不覚。気付き善処です。無理と気付く判断には睡 ... » more
テーマ 労働 お金 応報

宇宙で稀である地球で、動植物など幾多の物体が存在し、生活できる人類。今日の驚異的な発展を成し遂げて来た人類は、お金の流通で今後も発展に。因って、人生はお互いにお金儲けが基本で、喜怒哀楽の生活で有りますね。為に、お金儲けは命の絆と ... » more
テーマ 会得 労働 お金

「1時間当たり所定内給与(長期)」に2017年1月から3月分を追加しました。3月分はまだ速報です。1時間当たり所定内給与の変化率(%)年一般労働者パートタイム差1994年2.51.21.31995年1.50.31.21996年1.5 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年3月速報)」では、所定内労働1時間当たりの所定内給与を表示していないので、作ろうかと思っています。とりあえず、年単位で見た過去の動きです。前年比です。1時間当たり所定内給与の変化率(%) ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年2月確報)」に3月速報の数字のみ追加しました。コメントは2月の確報に対するものです。3月の確報が出れば、新しいエントリーを書くつもりです。常用雇用は合計では2%台前半の増加が続いています ... » more

「3月の勤労者家計の雇用環境見通し」に引き続き、改善しています。何回も書いていますが、雇用そのものの改善は続いていましたので、それが実感されるようになったのか、人手不足が盛んに報道されるようになって、意識が変わったのか、その辺りは依 ... » more

「人手不足なのに平均賃金があまり上がらないのはなぜか?」から枠を広げて、労働市場のタイト化が進んでいくと、何が起こるのか?を考えてみました。賃金の面では、時間当たり賃金の格差の縮小が進むでしょう。賃金水準が高いところほど賃金が上がり ... » more
テーマ 経済 労働 人口

「取り戻そう日本経済の必勝パターン」で書いたことと重なるところがあります。ご容赦を。現在、日本の労働市場の需給が引き締まってきていること、タイト化していることは間違いがないでしょう。それなのに月当たりで見た平均賃金が上がらないのは何 ... » more

メーデー宣言 第88回伊都地方統一メーデー  昨日の第88回伊都地方統一メーデー集会で採択されたメーデー宣言の全文を紹介します。***メーデー宣言本日、私たちは労働者の団結と連帯の力で、第88回伊都地方統一メーデーを開催しました。1886年。シカゴ、ニューヨ ... » more
テーマ 労働運動

2017年3月分の労働力調査の結果が発表になりました。http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.htm「25歳から44歳の男性の2月の就業率は、リーマンショック前の水 ... » more
テーマ 雇用 労働 男性

教員の長時間労働深刻化−文科省調査 文部科学省は4月28日、公立小中学校の教員勤務実態調査の結果を公表しました。調査は、2016年10月から11月に実施されたもので、その結果によると、小学校教諭は平均で平日1日あたり11時間15分(2006年度比43分増)、中学校教諭は同11 ... » more

2月分の確報が発表されました。「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年2月速報)」との大きな違いは、一般労働者の労働者の増加率が下方修正、パートタイム労働者のものが上方修正されていることです。前年がうるう年だった影響で、労働時 ... » more

「25歳から29歳の男性正規雇用率は上昇中」に続いて女性です。女性の人口も減り続けています。わずか3年間で26万人も減っています。率で言うと8%くらいです。しかし、労働市場への参加割合、労働力率は男性が安定しているのとは違い上昇して ... » more
テーマ 雇用 労働 男性

「25歳から29歳の男女の正規雇用率は上昇中」で数字を紹介しましたが、男性に限るとこうなります。人口は減り続けています。わずか3年間で22万人も減っています。率で言うと6%くらいです。これに対し、労働市場への参加割合、労働力率は安定 ... » more

「25歳から44歳の男性の1月の就業率は、リーマンショック前の水準を下回っている」では、働き盛りの男性の問題を取り上げましたが、若年労働者の労働市場はかなりタイトになってきており、正規雇用の割合も高まってきています。残念ながら人口は ... » more

2月の速報が発表されましたので、「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2017年1月確報)」に数字だけを追加しておきます。この記事のコメント部分は1月確報に対するものなので、間違えないでください。常用雇用は合計では2%台前半の増加が続 ... » more

ゆっくり生きたい「オルグ」の鬼
2017年の14冊目(4/6)。二宮誠『「オルグ」の鬼』講談社+α文庫(2017年)★★★ゼンセン同盟に入局して以来、労働運動の「プロ」として生きてきた著者の40年が語られる。大変興味深く、著者の熱い想いが溢れた本だ。「オル ... » more
テーマ 労働

50男の失業生活外国人労働者
外国人労働者 今朝、NHKで外国人労働者をテーマとする番組をやっていた。確かに、ここ数年、外国人を見かけるようになった。勿論、旅行者ではなく生活者だ。私の近隣でも、ここ10年位前からだろうか、中国の方が急速に増えてきた。それに加え、こ ... » more
テーマ 失業 経済 労働

「2月の勤労者家計の雇用環境見通し」からさらに改善されました。前回も書きましたが、雇用そのものの改善は続いていましたので、それが実感されるようになったのか、人手不足が盛んに報道されるようになって、意識が変わったのか、その辺りは依然と ... » more

 

最終更新日: 2017/06/20 16:51

「労働」のブログ関連商品

» 「労働」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る