誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    労働時間

労働時間

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 労働
テーマ「労働時間」のブログを一覧表示!「労働時間」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「労働時間」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「労働時間」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年12月確報)」についての続きです。今回から規模30人以上事業所のサンプルが抽出替えをされ、結果に多少の差が出ている可能性があります。常用雇用は合計では2%台前半の増加が続いて ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年12月確報)」と少し趣を変えて、パートタイム労働者の1時間当たり所定内給与と労働投入量の動きです。備忘のために。パートタイム労働者の1時間当たり所定内給与と労働投入前年同期比(%)年期5 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年11月確報)」に続いて12月分が発表されました。11月と同じ傾向が続いています。常用雇用は合計では2%台前半の増加が続いています。このうち一般労働者(フルタイム労働者)は1.9%の増加で ... » more

山田プレミアムフライデー
経済界がプレミアムフライデーなるものを決めて宣伝している。こういう日を設けると金が儲かる、とは幼稚な駄洒落か。3時に退社できるそうだ。しかし、それを実行できる企業がどれだけあるのか。恩恵にあずかる人は誰だろう。身近な例で教員を考える。3時に ... » more
テーマ 労働時間

痴漢人間と富士銀行による締日直前の営業妨害―『東尾になれなかった男8』 [第515回]営業と会社の話(103)−8『東尾になれなかった男−「いかり」と阪急不動産が存続して小堀住研(株)がつぶれた理由8』「高卒の痴漢人間」に支店長はできない理由[10]《「痴漢人間」を称賛するためだけに締日直前の早朝に ... » more

[第510回]営業と会社の話(103)−3『東尾になれなかった男―「いかり」・阪急不動産が存続して小堀住研(株)がつぶれた理由3』「高卒の痴漢人間」に支店長はできない理由[2]1989年から1990年頃の小堀住研(株)〔→エ ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年10月確報)」に続いて11月分の確報が発表されました。常用雇用は合計では2%台前半の増加が続いています。このうち一般労働者(フルタイム労働者)は2.0%の増加です。パートタイム労働者は2 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年10月速報)」の発表の後、確報が気になっていたのですが、今日確報が発表されました。まず、常用雇用ですが、合計では2%台前半の増加が続いています。このうち一般労働者、フルタイム労働者は1% ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年9月)」の表に、10月速報の数字だけ追加しました。常用雇用の増加率(%)月全体フルタイムパートタイム15年3月1.90.64.64月2.01.33.85月2.01.43.56月2.11. ... » more

<基準の存在>労働時間をどのような方法で把握すべきかについて、法令には規定がありません。しかし使用者には、労働時間を適正に把握するなど労働時間を適切に管理する責務があり、その責務を誠実に履行しなければなりません。そのため、労 ... » more

9月の常用雇用は2.2%増加しました。8月と同じです。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が1.7%です。8月がやや高かったのですが元に戻りました。パートタイム労働者の増加率は3.3%と久しぶりに3%に乗りました。「毎月勤労統 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年7月)」の続きです。8月の常用雇用は2.2%増加しました。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が2.1%と15年12月以来初めて2%を超え、パートタイム労働者の増加率は2. ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年6月)」の続きです。毎月勤労統計の7月分確報が発表されました。常用雇用は、全体では5月、6月と同じく対前年同月比2.0%の増加です。「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年 ... » more

毎月勤労統計の6月分の確報が発表されました。雇用、賃金ともに4月、5月の停滞を脱し、再び回復してきている感じです。常用雇用は、全体では5月と同じく対前年同月比2.0%の増加です。「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年5月)」 ... » more

「多くの産業でパートタイム労働者の労働時間は短縮している」では、労働力の需要側の統計である毎勤で検討しましたが、今回は供給側の統計である労働力調査で6月分のパート・アルバイトの労働時間の変化を見てみます。表U8からデータを取っていま ... » more
テーマ 統計 労働時間 パートタイム

毎月勤労統計の5月分確報で調べてみました。パートタイム労働者の動き産業労働者数同増加率労働時間労働投入1時間当たり賃金調査産業計1,4763.1△2.11.02.0卸売業・小売業3860.8△0.70.12.7飲食サービス業等343 ... » more
テーマ 統計 労働時間 パートタイム  トラックバック(1)

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年4月)」について5月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.0%の増加です。15年1月以降、1.9%から2.3%の狭い幅の中で増加が続いており、2%程度が巡航速 ... » more

「パートタイム労働者の労働時間の短縮」は、場合によれば、労働時間の短い産業への移動という形で起こっており、産業ごとに見れば労働時間は減っていないという可能性もあります。産業ごとにパートタイム労働者の総実労働時間を調べてみました。20 ... » more
テーマ 統計 労働時間 パートタイム  トラックバック(2)

「毎月勤労統計でみるパートタイム労働者の雇用の動き(補足)」で、「パートタイム労働者の雇用が減少し、フルタイム労働者の雇用が拡大すれば、世間の関心を集めている平均賃金は上がり始めるでしょう。4月分の毎月勤労統計に注目です。」と書いたので ... » more

4月分が発表されました。注目していたパートタイム雇用は拡大です。常用雇用は、全体では対前年同月比2.0%の増加です。15年1月以降、1.9%から2.3%の狭い幅の中で増加が続いており、2%程度が巡航速度になった感がありますが、中身が ... » more

<みなし労働時間制>労働時間の算定が困難な業務や、業務遂行の方法を労働者の裁量に任せる必要がある業務など、通常の方法で労働時間を把握し算定するのが不適切な業務の労働時間については、特別な算定方法が定められています。これが、みなし労働 ... » more
テーマ 賃金規程 就業規則 労働時間

「毎月勤労統計でみるパートタイム労働者の雇用の動き」で、「フルタイムの雇用が増えていることも手掛かりになります。」と書きましたのでそのデータを。フルタイム常用雇用の動き(実績)月季節調整済み指数同左前月比原指数前年同月比14年12月 ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年3月)」などでパートタイム労働者の雇用の動きを追ってきましたが、かなりの期間、拡大基調が続いてきました。特に15年には前年同月比4%台という高い増加率が続いていました。それが16年に入ってから伸 ... » more

3月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.1%の増加です。15年1月以降、1.9%から2.3%の狭い幅の中で増加が続いており、2%程度が巡航速度になった感がありますが、中身が変わりつつあります。3月の内訳をみ ... » more

「毎月勤労統計でみる労働経済の動き(2016年1月)」の続きです。2月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比1.9%の増加です。2.0%以上が7か月続いていたのですが、これで途切れました。内訳をみるとフルタイム労 ... » more

1月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.1%の増加です。これで7か月連続の2.0%を超えです。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が1.4%であり、パートタイム労働者の増加率は3.6%となって ... » more

<正しい計算の法的根拠は?>労働基準法には、残業手当を何分単位で計算するのか規定がありません。しかし、規定が無いからといって、労働局や労働基準監督署が企業の残業代計算について、指導できないというのでは困ります。そこで、法令の具体 ... » more
テーマ 就業規則 残業手当 労働時間

<所定労働日数とは?>「所定」は「定まる所」つまり「決めたこと」「決まっていること」ですから、所定労働日数というのは就業規則や労働契約で決められている労働日数です。年次有給休暇など休暇の取得や欠勤の発生がありますので、実労働日数とは ... » more

15歳から24歳の正社員の数です。総務省の労働力調査から抜き出しました。この年齢層は学校を卒業する時期の若者です。そのため、毎年4−6月に増え、その後減っていくというパターンがあります。実績は次の通りです。15歳から ... » more

12月分の確報が発表されました。常用雇用は、全体では対前年同月比2.3%の増加です。7月から12月まで6か月連続して2.0%を超えです。内訳をみるとフルタイム労働者(一般労働者)の増加率が1.4%であり、パートタイム労働者の増加率は ... » more

 

最終更新日: 2017/03/23 09:56

「労働時間」のブログ関連商品

» 「労働時間」のブログレビュー をもっと探す

「労働時間」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る