誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    測定

測定

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「測定」のブログを一覧表示!「測定」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「測定」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「測定」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ケンのオーディオメモ吊りツィータ
吊りツィータ 先日の対向ツィータブロックですが、ウーファからの振動を受け難い置き方としてはやはり吊るのが一番だと思います。そこで今回は又もや100均のバナナ吊りを使用してみました。以前見かけたときはバナナ吊りなど買う人がいるのかな?とは思 ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(2)

お寺大会アンプ(その4) OPT付きFETアンプですが、前回2石(2段増幅)アンプに改造したのですが、NFBの補償補償方法がうまくいかずあまり特性が改善しませんでした。今回はその辺を改良し、特性的にもかなり良くなるようになりました。前回は歪率があまり良く ... » more

ケンのオーディオメモ7233 8パラの特性
7233 8パラの特性 ようやく涼しくなってOTLアンプに火を入れる気になってきましたので、まだ詳細の測定をしていなかった72338パラOTLアンプの特性測定をしてみました。主に測定したのは調波歪率ですが、出力にほぼ比例する感じです。流石に低出力ではノ ... » more

お寺大会アンプ(その3) 前回製作した出力トランス付きFETアンプですが、音はともかくやはり特性上はもう少し何とかしたと思い2石アンプに改造してみました。写真は左が従来のドライブ基板、右が2石の新しい基板です。まあ写真見てもあまり判らないでしょうね。 ... » more
テーマ 測定 アンプ 工作

WaveSpectraによる歪率測定(その2) 前回WaveSpectraとWaveGeneを使った歪率測定の方法を示しましたが、残留歪率は0.003%程度でした。測定方法を標準化すべく、いろいろ試していたのですが、入出力レベルを最適化するともう一桁下げられることが判りました ... » more

ScanSpeaksウーファの試作(その3) とりあえずツィータを付けてみました。ツィータユニットはこれも手元にあったDENONの32DT34という1インチドームで、ウーファに合わせて前後ツィンのパラ接続です。今回はお手軽にネットワークで繋いでみました。ウーファはス ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ScanSpeaksウーファの試作(その1) Scanの18W8545が余っていましたのでウーファとして再利用ができないか試してみました。箱は以前のBAP用のテーパードバスレフ?(20L)です。例の対向型にするため同じものを倒立して2個つなげる予定ですが、まずは箱入りの特性 ... » more

WaveSpectraによる歪率測定 以前にも紹介したかもしれませんが、最近はアンプの歪み率などをefuさんのソフトを使って測定しています。写真の左側に隠れて見えるのが発振器ソフトのWaveGene、右側がスペアアナソフトのWaveSpectraです。今はPCのオーディ ... » more

GR-3777励磁スピーカの電源考察 今年の春ごろに検討していたザクセンウェルケの励磁スピーカですが、定電流励磁電源の性能と特性が今一良く解かっていなかったので少し調べてみました。一つは定電流電源の出力インピーダンスが充分かどうかです。定電流ということは理想的には電 ... » more

スピーカユニット聞き比べ 大森のBAR「SPOZZERIA」で大口径ウーファの比較試聴がありました。当日はM氏がウーファユニットを色々持ち込んでいただき色々と比較するという珍しい機会でした。試聴したユニッはJBLの46cm2246、38cmのLE15A, ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモOTLアンプ特性
OTLアンプ特性 ゴルフ13さんの質問もあって、7233OTLアンプの負荷特性を取ってみました。大体4パラで50Ωあたりが最大出力の様です。真空管OTLの場合8Ωでは大体ミスマッチですから、この程度でしょうね。8パラにすれば大分改善されると思いま ... » more

ケンのオーディオメモDCU-131A購入
DCU-131A購入 PARC鑑賞会ではケイさんの131Aウーファの低域の音色に切れがあって印象が良かったので、PARCオンラインの割引セールもあってついポチッてしまいました。PPとは全く同じフレームなので、CVスピーカには簡単に換装できるのではないかと ... » more

CVS組み立て(その7) ようやくエンクロ―ジャの方が(お化粧はまだですが)完成しました。エンクロージャはボイド管(径20cmx高75cm、5mm厚の紙筒です)を使用しました。上下にはMDFのリングを接着し、底板とヘッド部分をネジ止めできる様にしています ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモCVS仮箱特性
CVS仮箱特性 CVスピーカのヘッド部ができたので仮にBAPスピーカの箱に付けて鳴らしてみました。アンプもまだ本来の組合せではありませんが、特性への影響は少ないと思いますので現時点での特性を取ってみました。低域は下部のエンクロ―ジャで変わってく ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

CVS組み立て(その3) 今回はちょっと横道ですが、CVSをメインのMIDとして使えるように調整してみました。周波数特性を押さえるのは今まで通り基本なのですが(グラフはリスニングポイント)、最近はこれだけではなく更に調整項目が増えました。というのもマ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

YL-331-Nウーファ(その3) エンクロ―ジャの設計資料用にウーファの特性を取ってみました。まずはインピーダンス特性の測定からTSパラメータ他を計算します。Qes 0.295Qts 0.277Qms 4.44Vas155LMms62g ... » more

YL-331-Nウーファ(その2) YL-331-Nのウーファのエッジ修理が上がってきました。今回は外部にお願いして修理して頂きました。エッジが完全にダメになってしまっていたので、自分でやってもよかったのですが、流石にこの辺は任せた方が懸命かなとお願いしました。頼 ... » more

ケンのオーディオメモclock周波数変更
clock周波数変更 自宅のシステムクロックはデジタルチャンデバのDACに入れるルビが基本ですが、従来DDCのワードクロックとの共通性から44.1kHzfsにしていたのですが、本来DCX-2496はその名のように96kHzfsが基本です。ここを88.2kHz ... » more

FPSスピーカ(その2) 前回のFPSスピーカは高域で使おうとすると幅があるので指向性が出てきます。そこで気になる特性を測ってみました。縦置きで幅の狭い横側の指向特性です。これで見ると2kHzぐらいまではほぼフラットですから、まあ2〜3kHzまでは問題な ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(3)

ケンのオーディオメモFPSスピーカ
FPSスピーカ 友人のT氏よりFPSスピーカなるものを借りて聞いています。このスピーカは写真のように平板型ですが、よく見ると正面の(裏面も同じですが)パンチングメタルの穴が小さなミニスピーカになっていてそれが沢山集まってできているスピーカです。 ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモAntelope Audio OCX
Antelope Audio OCX ルビクロックのテストでAntelope Audio OCXをテストする機会があったのでこの機種の特徴である外部のアトミッククロックの同期機能を試してみることになりました。通常はこのクロック原信は内部のOCXをつかうのですが、この ... » more

タイムアライメント DCU-F131PPはフルレンジとありますが、やはり2Wayで使う予定なので、箱作りのために基礎資料としてツィータとのタイムアライメントをまじめに測定してみました。通常は相対的なボイスコイル位置の距離でよいのですが、ツィータ ... » more

ケンのオーディオメモ6V6CSPP(その2)
6V6CSPP(その2) 先日改造した6V6CasCompCSPPですが、最終調整して色々データも取ってレポートも作成してみました。図は初段のゲインを上げNFは約17dBとした時のひずみ率です。思いのほか低歪になりました。OPTの特性が良いのでゲインが上 ... » more
テーマ 試聴記 真空管アンプ 測定  コメント(2)

■測定できるものは、過去の事実■〜外部の事象は測定不能〜 人の組織の管理を行うための管理手段には、三つの特性がある。三つ目は、管理手段は測定可能な事象のみならず、測定不能な事象に対しても適用しなければならないということ。管理の為に行う、測定、定量化は組織内部の事象のみが可能 ... » more
テーマ 過去の事実 測定 馬車のムチ

■馬車のムチだけではつぶれる■〜成果に焦点を合わせなければならない。〜 人の組織の管理を行うための管理手段には、三つの特性がある。一つ目は、”測定は、客観的にも中立的にも行うことはありえない”とした。二つ目は、管理手段は成果に焦点を合わせなければならないということ。「いかに効 ... » more
テーマ 測定 馬車のムチ 成果に焦点

■いかに管理するかではなく何を測定するか■〜人間社会の管理〜 『マネジメント基本と原則』の中から、マネジメントの技能としての”コミュニケーション”を取り上げてきた。今回から、同じくマネジメントの技能としての”管理”を取り上げる。マネジメントが管理を行う組織は、欲求やニー ... » more
テーマ 測定 人間社会 管理

ケンのオーディオメモ6V6CSPP
6V6CSPP 前回6V6ppを引っ張り出したのは1昨年年末お寺大会でGETしたマッキントッシュタイプのCSPP用OPTがついついそのままになっていて、ようやく少し余裕もできたので生かしてあげようと思ったからです。ただそれだけでなく、アンプも1から作る ... » more
テーマ 試聴記 真空管アンプ 測定  コメント(2)

マルチアンプシステムでの極性確認 マルチアンプシステムでは構成が段々複雑になるにつれ、各チャネルのデバイダ出力やアンプ、スピーカの極性確認が重要になります。勿論、この極性がどうなっているかによってチャネル間のつながりに重要な影響が出るからです。普通のステレオだとまあ ... » more

ケンのオーディオメモ2wayマルチの特徴
2wayマルチの特徴 各2wayスピーカの特性をOmniMicで取ってみました。諸特性も取ったのですが、今回は簡単に取れるので珍しく歪率なども取ってみました。グラフでお分かりのように結構個々の特徴が出ています。S-300は低音に重みがあり全体の解 ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモTEAC S300マルチ化
TEAC S300マルチ化 DENONの2wayマルチ化が思いの方かよかったので、これに味をしめて今は使っていないTEAC製S-300と言う13cm同軸2wayもマルチ化してみました。S-300は発売当時結構評判が良かった様に思います。この頃は小型スピーカ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

 

最終更新日: 2016/11/17 11:23

「測定」のブログ関連商品

» 「測定」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る