誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    測定

測定

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「測定」のブログを一覧表示!「測定」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「測定」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「測定」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

300円円筒スピーカ(その4) 円筒スピーカの特性を測り直してみました。上の周波数特性はユニットと同じ高さの70cm距離の測定です。周波数特性は思いのほかきれいな特性ですね。ボイド管が適度に鳴っているためか結構豊かな音です。低域の持ち上がりはユニットf ... » more

次世代ウーファの選択(その9) 23I52の周波数特性(赤)とポート出力(緑)です。比較に今の18W8545のニアフィールド(黒)とポート(青)を重ねてみました。ニアフィールドなので中域以上は当てになりませんが、23I52の方が全体にフラットに近いようです ... » more

次世代ウーファの選択(その8) ようやくインナーバッフルまで出来たので、早速エンクロージャに組み込みました。じっくり考えて作ったお陰でスムーズに組み込め、表からの止めネジもすんなり入りました。写真の裏側からはまだデッドマスが1本しか入っていない状態ですが、もう ... » more

300円円筒スピーカ(その2) 調子に乗ってボイド管を長めのに交換してみました。管が短いと床からの反射によるディップが中域で出やすいtのと、もう少し低域を延ばしたいと思い長め(82cm)の管に付けてみましたが、これも結構良さそうです。この方が共鳴する? ... » more

300円円筒スピーカ 前回の円筒スピーカの特性を測ってみました。サイド50cmからの特性ですが、意外に素直です。低域が伸びないのはこれはしょうが有りませんが、中域はほぼフラット、高域は3kHzあたりから綺麗にー6dB/octで下がっています。 ... » more

自宅の装置構成(改訂) ウーファ変更に伴う装置構成図を改訂しました。まああまり図的には代わり映えはしないのですが、暫定とはいえウーファが代わっても調整は続けています。もう大分同じ構成で長期間に渡って調整しているのですが、やはりまだ微調すると音が ... » more

次世代ウーファの選択(その3) 23I52を予定のエンクロージャに載せてインピーダンスシミュレーションとの比較をしてみました。上の図が実測、下がシミュレーションです。シミュレーションは前回のDATSのデータを用いHS−500のBOXと実際のダクト寸法から求めた ... » more

次世代ウーファの選択(その2) 候補の第2弾がこちら。同じくAudioTechnologyの10C772510KAPという機種で、こちらはFlexUnitです。サイズも前の23I52より更にまた二回りほど大きいユニットになります。 流石に磁石もデカイですね。お ... » more

次世代ウーファの選択(その1) 飛ばしてしまったウーファに替わる次世代ウーファを検討中ですが、その一つのAudioTechnologyの23I52をお借りするとことが出来ましたので、少し調べてみました。以前のウーファも同じくAudioTechnology社の5 ... » more

小型2WaySP−その3 ネットワークを作ってみました。回路は普通の-12dB/octの2次です。クロスは2.5kHzぐらいです。ウーファの高域にはピークキャンセルを入れて高域の山を潰しています。これを入れないとマトモな特性にはなりません。クロスポイ ... » more

小型2WaySP−その2 一応組み上げて、特性を見てみました。エンクロージャサイズは32.5cmφx22cmの(今の所)密閉です。裸の周波数特性は黒線で赤線は5dBほどのバッフルステップ補償を入れた特性です。こうすれば設置はフリースタンディン ... » more

107段を『愛と野心その1』、114段を『愛と野心その2』とし、今回117段を『愛と野心その3』とする。概ね社会がどんな制度を執ろうが、成否の鍵は、要となる人の性質にある。1991年12月、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)は崩壊し ... » more
テーマ 測定 波動 愛と野心

スピーカユニット自作(その1) 夏のお寺大会の課題がスピーカユニットの自作なので完成まで行き着けるかわかりませんが、設計データを取り始めています。まずは磁気回路ですが、いつもの反発磁石の予定です。作りやすいのと均一な磁界が作れるためですが、実際はどうなのかどのくら ... » more

無帰還アンプ(その2の3) 無帰還アンプ第2弾もようやく完成しました。慎重にやったので大分時間が掛かってしまいましたが問題なく動いているようです。ケースと電源は以前のデジタルアンプの残骸を再利用していますので後ろは穴だらけとちょっとみっともないのですが、後 ... » more
テーマ 試聴記 測定 アンプ  コメント(4)

無帰還アンプ(その2の2) アンプ本体がようやく動きました。前回からは残りの電力増幅段を組み上げて動作を確認しました。まあI氏の試作パラメータがありますので、そのまま組間違いさえ無ければ一発で動くのは当然なのですが、相変わらずここまでくるのに色々あって時間 ... » more
テーマ 測定 アンプ 工作

ケンのオーディオメモFAL C60スピーカ
FAL C60スピーカ H氏が所蔵のFALの平板スピーカの測定をしたいと来られました。FALは古山さんのところのフラットスピーカで独特の構造をしています。写真は裏側のボイスコイルと磁気回路の拡大写真です。下は平板の振動板で、それにリブが付けられそこに直 ... » more

ケンのオーディオメモ1次反射の吸音
1次反射の吸音 スピーカをコーナー設置すると脇の壁面が近いのでその反射音の影響が考えれらます。そこでその吸音のために吸音板?を作ってみました。ホームセンターで安そうな物を漁ったところ、ご覧のとおり枕が安くて大きく結構良さそうなので採用してみまし ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(3)

3wayの周波数特性(その3) 色々スピーカのEQを見直していますが、やはりポートからの500Hzあたりの音漏れがまだ大きいのが気になっていたので、これに対処してみました。エンクロージャ内のポートの開口位置調整しても音盛れの程度は変わりますが、やはり以前にも調 ... » more

3wayの周波数特性(その2) 先日のDIASOULのパンチのある切れの良い音の後で、自宅のシステムを聞き直してみるとやはりかなり甘く感じられたので再度調整を見直すことにしました。DIASOULは聞いた感じ、周波数特性はほぼフラットに合わせこんでいるように感じ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモ3wayの周波数特性
3wayの周波数特性 ポート長を修正して周波数特性を測りなおしてみました。測定点はSPから約4m弱のリスニングポイントです。(室内は4.5Lx3.5Wx2.4H、ただしリスポジ背面はキッチンに続く開口。グラフは3dB/DIVで赤右ch、青左ch)) ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

バスレフのポート共振 メインスピーカの低域のバスレフは部屋の定在波もあって、かなり低めに設定しています。そのため小型に似合わず25Hzぐらいの低域まで伸びてはいますが、少し音色が暗い感じがしていました。使用ポート長は32cm(内径55mm)とかなり長くな ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモ極低音のCD
極低音のCD 低音再生の下限として40Hz以下は基音は少ないものの雰囲気などの臨場感を盛り上げるには重要だと思いますが、実際に再生されているかを判断するのは測定でもしないと難しいですね。そこで市中のCDから低周波が録音されていそうなものを探し ... » more
テーマ 試聴記 測定 オーディオ  コメント(5)

ケンのオーディオメモSeas2way再調整
Seas2way再調整 前回のWaveletによるアライメント確認でじはツィータを7cmほど下げた方がベストかと思いましたが、クロス周波数付近での周波数特性盛り上がりやNull特性からみて、現状のネットワークフィルターでは7cmでは少し下げ過ぎのようです。 ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモMK氏宅訪問
MK氏宅訪問 昨日Takeさん、audiofaunさんとMK氏宅を訪問しました。若手ながら熱心なファイルのMK氏とは何度かお会いしていたので、一度伺いたいと思っていました。リスニングルームが4畳半と広くないので、とお聞きしながらも3人で押しかけてしま ... » more
テーマ 測定 訪問記 スピーカー  コメント(2)

ケンのオーディオメモDCX2496ゲイン調整
DCX2496ゲイン調整 今更ですが、BEHRINGERのデジタルチャンデバDCX2496をアナログ接続で使う場合には音質的にはゲイン調整をした方がベターです。音が悪い(ノイジー)という問題の原因ほとんどはここにあります。というのもDCXはプロ用機器なの ... » more

MARK AUDIO CHP-70 (その4) MarkAudioのCHP-70も最終仕上げで、エンクロージャのボイド管にカッティングシートを貼って綺麗にしました。白地のカッティングシートを貰ったので暫くは白ばかりですね。シート貼りは塗装より速くて楽です。それと前回の宿題だっ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(2)

MARK AUDIO CHP-70 (その3) 本組みにして簡単にデータを取ってみました。測定は60cmの台の上に横に置いてフリースタンディングです。上の青色がユニット軸上(つまり横から)のデータで、やはりバッフルステップ分中低域が5,6dB下がっていますね。紫色のデータを飛 ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ツィータのインピーダンス補正 ブログには書いていませんでしたが、結局スピーカの各ユニットにはすべてインピーダンス補正を入れて使うようになっています。ウーファから始まった補正は結局ツィータまでも入れることになってしまいましたが、これも一挙にここまできたわけでもありませ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(2)

ケンのオーディオメモイオンツィータ
イオンツィータ 先日takeさんより預かったのは(先日の来訪者とは別の)K氏からのもので、リアル音響工房のプラズマスーパーツィータリアロンMK3と称する物です。これは電極間のコロナ放電に音声信号で変調をかけ、それによる空気振動をホーンでマッチン ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(5)

ケンのオーディオメモMARK AUDIO CHP-70
MARK AUDIO CHP-70 手作りアンプの会、お寺オークションで仕入れたもの。初代のCHP-70なので(^^;あまり情報も無いのですが、このメーカは素直な所が取り柄なので何か使い道はあるかと思いました。早速TSパラメータを測ってみましたが、やはりネットで拾 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/17 11:23

「測定」のブログ関連商品

» 「測定」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る