誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    測定

測定

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「測定」のブログを一覧表示!「測定」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「測定」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「測定」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

ケンのオーディオメモDACの歪率
DACの歪率 DACの歪率を測定する必要があり、ついでに自宅のDACを色々測定し直してみました。上からSoekrisのマルチビットDAC,中上は自作のディスクリートマルチビットDAC、中下はエレアトさんのDSD変換UDA基板に原理基板フィルタ ... » more

ケンのオーディオメモapogeeの測定
apogeeの測定 某所でapogee(多分Duetta)の測定をする機会がありました。振動板は張替えられているのでオリジナルとは少し違うかもしれませんが、興味深いデータです。もうだいぶ前にディスコンになっているユニークなオールリボンスピーカで ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモスピーカ回転台
スピーカ回転台 Iridium17さんを見習ってスピーカの指向特性ポーラーパターンを測定するためスピーカ回転盤を作ってみました。以前100均で購入した作業回転台が手元にありましたので、これを使って外周に15度おきに目盛をつけてスピーカ回転盤を作 ... » more

ケンのオーディオメモmini2Way(その3)
mini2Way(その3) ミニ2Wayも仕上げの段階になりました。基本的な所は出来ているので、後は細部の仕上げです。見えませんがウーファの背面の座繰りを広げて抜けを良くし、ツィータ取付もバッフル面への落とし込みをしました。まあこの辺は細かく見れば ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー  コメント(2)

ケンのオーディオメモmini2Way(その3)
mini2Way(その3) アライメント調整でウーファバッフルを厚くしてみました。まだこれでも足りませんので試聴時は傾斜をつけてオフセットを更につけると良さそうです。バッフル追加は2枚25mmくらいでWaveletではこの辺の細かいところまでは解りませんが ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

スピーカの設置位置 スピーカの背面からの距離でどの様に特性に影響するかを見てみて、面白いことが解りました。スピーカの設置はノウハウが多い項目ですが、特に周りの壁面からの距離は重要です。そこで基本的な背面の壁からの距離によってどの様に特性に影響が ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモmini2Way(その2)
mini2Way(その2) SPWorkshopでネットワークをシミュって作りました。低域はバッフルステップ、高域はマイクがユニット中間なので軸上から外れて少し下がりますが、まあクロスはうまくつながっていそうです。実際のアライメント調整はまだなのでそれはこれか ... » more

ケンのオーディオメモmini2Way(その1)
mini2Way(その1) 12cmウーファの12RW38とpeerlessのXT25SC90-04で早速7Lのボックスに組み込んで軽く音出しをして見ました。中々予想以上に音もいけています。まだネットワークもいい加減の仮ものでユニットも平付けのままです ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ケンのオーディオメモ12cmウーファ
12cmウーファ 以前にも作っていたのですが、メーカ不詳(DENON?)の12cmウーファがデッドストックで結構残っているので、サラウンド用に小型2Wayで使ってみようか考えています。fo 66.6Hz Qts 0.52 Ms 7.3g Vas ... » more

ケンのオーディオメモ室内の音響分布
室内の音響分布 OmniMICのポーラディスプレイの平面版を利用してリスニングポイントの移動でどの様に周波数特性が変わるかをイメージグラフ化してみました。スピーカは一人で聞く分にはよいのですが、人数が多くなると同じポイントでは同時に聞けません。 ... » more
テーマ 測定 OmniMIC スピーカー  コメント(2)

極低音のCD(その2) 以前に超低音のCDをUPしましたが、その後もいくつか面白いものがありました。写真のは有名な「驚異のコントラバスマリンバ」です。32.7Hzが出ているということで再生音を見てみましたが、確かに確認できました。普通40Hz以下で ... » more
テーマ 試聴記 音楽 測定

omniMICの測定上の問題 思わぬところからomniMICの周波数測定上の問題に気がつきました。通常周波数特性の測定では中央メニュー欄のインパルス処理のwindow時間は(本来は反射を見て調整する値ですが)あまりいじっていないと初期的には5msecあたりに ... » more
テーマ 測定 OmniMIC スピーカー  コメント(2)

nearfiled音響測定 測定環境(室内)の影響を受け難い音響測定としてスピーカにマイクを隣接させるnearfiled測定方法があります。しかしneafiledは振動板半径が半波長までという高域限界があるとされています。そこで周波数特性を測定するにはfarfil ... » more
テーマ 測定 OmniMIC スピーカー

抵抗切替ATT(その4) 抵抗切替ATTに外部ディスプレイが付きました。(とはいえディスプレイそのものはまだ借り物ですが、現在準備中です)S端子ケーブルを利用した外部ディスプレイは本体のコントロール基板からの配線と設定で簡単に付きます。やはりこちらの方が ... » more

mini対向スピーカ(その8)ネットワーク統合 スピーカのネットワークが仮組みだったので、まとめて1boxに組み直すと共に内容を少し見直しました。一つはミッド帯域がスルーだったのをやはり上下わすかにですが減衰させるようにLCを入れました。ミッドは振幅が取れないのでそのままでは ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

mini対向スピーカ(その6)3way再調整 しつこくmini対向3Wayを調整しています。低域はやはり能率が相対的に低いのでレベルアップしました。(もしくは中高域をレベルダウン)3,4dBぐらい上げてあげると丁度良い感じです。小型スピーカはやはり能率が悪いのでハイパワ ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

DCU-F081PP対向スピーカ(その7) DCU-F081PP+T114Sの対向SPですが、ネットワークもmini対向と同様にSpeakerWorkShopでシミュレショーンして決めています。まあツィータが同じですからあまり代わり映えしないのですが、相手のユニットの ... » more
テーマ 測定 OmniMIC スピーカー

mini対向スピーカ(その5)3way化 mini対向スピーカもツィータが揃ったので3Wayにしてみました。問題はむしろウーファ側で思ったより低域が伸びませんでした。100Hz以下のレベルもかなり低かったので、色々と設置条件によるリカバーができないかを検討、実験して ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

DCU-F081PP対向スピーカ(その5) DCU−F081PP対向もツィータを追加して2Wayにしてみました。mini対向と同じくPARCのDCU−T114Sのツイン対向を横向きで使用しました。F081にはネットワークを使わずツィータのみハイパスを入れるところもmini ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

mini対向スピーカ(その3) W2-852SHにツィータ(DCU-T114Sこれも対向を横向き使用)を追加する検討をしてみました。W2-852SH横向き配置では高域はほぼ-6dB/octでのローパス特性をしていますので、1次フィルター追加も検討してみましたが ... » more
テーマ 測定 OmniMIC スピーカー

mini対向スピーカ(その2) mini対向スピーカは片側を正面を向けると前後のユニットの干渉でやはり中高域の特性がかなり波打ちます。逆ハの字配置でもまだその傾向は残りますから、やはりここは完全にユニットを左右を向けて、正面での両ユニットからの時間ズレを無くす方が ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

ポート径によるバスレフの効き方 バスレフの共振周波数とポート径を決めればポートの長さは計算できますが、いつもポート径の最適値はあるのか疑問に思っていました。あまりその点に関しての実測データも見たことが無く、シミュレーションでもパラメータとしては出てきません ... » more

対向ウーファ(その4) 対向ウーファが組みあがったのでツィータと2Wayとして組合せ調整と測定をしてみました。今回のネットワークは前回と同じ2次LPですが、ウーファのfoインピーダンスピークが高めのためそのままでは100Hz付近にピークが出てしまいます ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

Seas2Wayのユニット間ディレイ Seas2Way(W18EX001、T29MF001)のユニット間ディレイ(オフセット)を測定しました。流石にそのままではインパルスが重なって判別できません。ツィータのみを約17cm(0.5msec)下げて測定してみました。 ... » more
テーマ スピーカ 測定 OmniMIC

SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション(その2) スピーカネットワークのシミュレーションのオフセットの問題、よく見直してみたらWorkShopの方でドラバー(スピーカユニット)にオフセット(ディレイ)の指定ができましたね。もうすっかり忘れています。これだとシンプルに設定が出来ます。 ... » more

スピーカユニットの位相特性測定 前回のネットワークシミュレーションでOmniMICを使って周波数特性と位相特性を取りましたが、よく考えてみると色々問題がありそうです。(図が2つの位相特性)個々の特性も気になるところはあるのですが、今考えている問題は2つの異なる ... » more

SpeakerWorkShopでのネットワークシミュレーション 久しぶりにSpeakerWorkShopを動かしてみました。SpeakerWorkShopは統合スピーカ測定設計環境とでも呼べるような、測定、演算、シミュレーションを一括でできるフリーソフトです。最近はほとんどマルチアンプ駆動が ... » more

PARC2Wayネットワーク変更 以前にDCU−131AとF131PPの対向+T114Sの2Wayを作りましたが、少し手を加えてみました。改良点は主にネットワークで1.低域高域を完全分離(バイアンプ化)2.ネットワーク次数の変更(下記)3.ピ ... » more

スピーカエンクロージャ振動測定 対向スピーカを使っての同相,逆相駆動によるエンクロージャ表面振動量の違いを測定してみました。使用スピーカPARCDCU-F081PP対向配置アナログ出力加速度センサーADXL33580.5Hz〜550Hz±3g(z- ... » more

DCU-F081PP対向スピーカ(その3) DCU-F081PP対向スピーカの特性です。上が距離70cmでの周波数特性、角度は30度内振り、ユニットは斜め上方45度ぐらいの時です。下は同じく歪率で音量は75dBぐらいかな。周波数はまあまあで高域はやはりだら下がりで ... » more
テーマ 試聴記 測定 スピーカー

 

最終更新日: 2017/09/05 22:59

「測定」のブログ関連商品

» 「測定」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る