誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ホルン

ホルン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ホルン」のブログを一覧表示!「ホルン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ホルン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ホルン」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

標記の曲だが、先日所属先のオケの定演で演奏した。ポジションは1stホルンアシスタントだった。この曲に出てくる高い音は苦手である。高音は正奏者に任せることにして、自分はこのポジションとした。この「ベト7(関西地方ではベー7)」 ... » more

11/9(土)。Kフィル定演の当日である。午前中はステージリハーサルだった。休憩の間にホルンの団員に「昨日高校の同級生が亡くなって、11/10(日)に奈良で行われる告別式に出ることにした。ついては本番後の打ち上げには出ら ... » more

たいていのアマオケは年数回(2回のところが多いもよう)の定期演奏会に加え、団内でアンサンブル大会といった催しを開くようである。自分が所属するアマオケでも、今年の12月にその大会を開くとのことである。オケの中でホルンを吹く ... » more
テーマ 雑記 音楽 ホルン

この日はいわゆる一つの一発オケ、Mフィルの本番の日。曲はマーラーの5番(交響曲)だった。この曲自体は今年の2月、別の一発オケで演奏済みでパートも同じ4番ホルンだった。このオケは、去年の10月にも出演した。この時の曲はブルックナー ... » more

目下、全国各地で夏の高校野球・地区予選がたけなわである。TVで地方局をつけると、予選の生中継を行っている。この日もいつもの如く、在京キー局の番組がつまらないので高校野球地区予選のTV中継を見ていた。たまたま見たのは(確か ... » more

パックスマン セミダブル M35t 1995年制 昨年の暮れに手に入れたM35の改造がほぼ終わった。もとはセミダブル・デュアルボア・チタニュウムローター・ニューワールドベル(フルクランツ)・ベルカット・赤というとてつもない楽器だったが、ベルブランチとベルフレアをふつうのLベルに交換 ... » more
テーマ ホルン

先ほどサッカー日本代表の岡崎選手の所属クラブ移籍のニュースが流れた。シュツットガルトからマインツへ移るとのことである。ほぉ、「マインツ」ですか。自分など「マインツ」と聞くとサッカークラブのことより、やはりあの会社のことがまず ... » more

ホルン人生私のホルン人生(中学編)
私のホルン人生(1)私のホルン人生は1963年の江釣子中学入学から始まる。入学後クラブ活動として近所の2年先輩の誘いでブラスバンド部を選んだ。当時ブラスバンド部にあった楽器は、トランペット、コルネット、クラリネット、ピッコロ(フ ... » more
テーマ ホルン 吹奏楽

本日の記事は、いわゆる一つの「タダ券」で聞くことができたコンサートについて。5/28(火)夜、杉並公会堂で行われた「ホルン・アンサンブルヴィーナス〜CD発売記念コンサート」に行く。このホルンアンサンブル、名前の通り5人の ... » more

日頃の行いが良いせいか(笑)、最近コンサートのタダ券が手に入ったり大幅なディスカウントでオペラを聞く機会があったりした。今回のエントリーはその後者、オペラ公演に足を運んだ時のことである。先週、久しぶりに「H」を訪れた。すると ... » more
テーマ 音楽 ホルン お酒

楽器一般に言えることだが、アマチュア奏者が練習をする際にはいろいろと苦労がつきものだ。練習時間の捻出と同様、練習場所の選定も直面せざるを得ない問題である。5/18(土)19(日)とアマオケの定演2連戦があった。事前にはやは ... » more
テーマ 雑記 音楽 ホルン

Facebookをやっているのだが、下記のエイプリル・フールネタが送られてきた。しかし、ひょっとすると冗談じゃなくてホントなのかも知れない(!?)。Breaking news...!!!Stefan D is leavi ... » more

分かる人には分かる話、の巻(その5のその後!) 3/14(木)の夜のことだった。家の固定電話が突然鳴った。わが家に電話など滅多にかかってくることはない。良くない知らせとかじゃなきゃ良いが...と思い受話器を取る。だが、朗 ... » more
テーマ 雑記 ホルン

アマオケの練習は普通週末(土、日)に行われる。2日連続で楽器を吹いている「同志」たちも多いだろう。金管楽器を吹くのも一種の運動だ。(詳しくは分からないが)唇の周囲、腹筋を始めとする体のあちこちにある筋肉を使っている。さて ... » more
テーマ 雑記 音楽 ホルン

先週の2/21(木)夜のことである。この週の土曜日(2/23)はいわゆる一つの「一発オケ」の本番、その後は別のオケ練習というスケジュールになっていた。そこでそろそろメインに使っている楽器で練習するか、とアレキサンダー社製の楽器を ... » more

目下マーラーの交響曲を2曲練習中である。個人的には今年はマーラーイヤーのようだ。マーラーの交響曲ではホルンのパート譜にゲシュトップ(右手をベルの中に入れて塞ぎ、金属音的音色を出す奏法)の指定が多い。だが自分はこのゲシュト ... » more

1/13(日)。この日も午後からオケの練習があった。ここでは昨年暮からマーラーの「巨人」を練習している。当然ながら自分のようなアンチ巨人ファンも練習に加わっている。この曲だがあの憎っくき読売ジャイアンツと同じ、いやそれ以上の難敵 ... » more

1月4日(金)、の巻(その1) 1/2(水)、高校時代の同級生くれど君と奈良市内三条通り沿いの居酒屋で飲んだ。この店の向い側には地元の地銀・南都銀行の本店があり、このポスターが掲げられていた。ホル ... » more

第九の演奏会があった翌日(12/2(日))はエキストラ先のアマオケの定演があった。演奏会の本番が二日連続・連チャンであったことになる。プログラムは3曲でパートはすべて4thホルンだった。11月からの過去3回の演奏会ではい ... » more

今回は去る12/1(土)の午後に行われた「第九」の演奏会について。表題では「定演」となってはいるが、ご容赦いただきたい。所属先のアマオケには年一回必ず「第九」を演奏する先がある。この日の演奏会もその毎年恒例のものだった。 ... » more

11/17(土)に一件定演を終えたが、約一週間後の11/25(日)にも別のオケの定演があった。このオケの定演は3曲プロ、自分はそのうち2曲が「乗り番」だった。だが実際のところ、昔のプロレスのアナウンスではないがその定演に ... » more

オヤジの不思議な角笛わが三連休、の巻
先週の金・土・日(11/23〜25)は3連休だった。だが、11月から12月にかけてはアマオケの定演が集中する、いわばトップシーズンである。あちこちのアマオケに顔を出している自分としては、少々忙しかった。11/23(金)。この ... » more

今週に入ってラジオ(特にFM)を聞いていると、やけに松任谷由美の曲がかかっていることに気付いた。特にこの日(11/20)の午後1時から始まったあるFM局の番組では彼女の曲の特集を組んでいた。普段この番組を聞くことはないが、そん ... » more

自分にとって毎年5月・11月というのはアマオケの定演が集中する月で練習も多くなり多忙となる。会社で言えば、決算月のようなものか。11/17(土)、所属するKフィルの定演があった。曲目は”ブラ2”と「カルメン」の抜粋版。当然演 ... » more

先週の今日、飯田橋の映画館に行く途中FMで「ブラ2」を聞いた。近々定演でやる曲なので聞くのも真剣になる。だが、その時はオケと指揮者は分からなかった聞いて行くうちに「どうやらこれは昔のベルリン・フィルのサウンドぽいな...。と ... » more

8月に入手したパックスマン社のホルンだが、入手後しまった!と少々後悔したことは述べた。ニッケル製かつ太ベルという形状なので重く、楽器を鳴らすのに息のスピードと量を要する。そもそも自分にはこの2点が足りないため、「鳴り」が不十分に ... » more
テーマ 雑記 ホルン

最近、ホルンを吹いていて練習ではうまくゆくのだが本番では失敗する、といった事例がどうも多くなっている。例えば9月にあった定演では、練習ではそれまでそんなに苦もなく出ていた高い実音Dをことごとく外してしまった。今月13日にあっ ... » more

目下某アマオケでビゼーの「カルメン」を練習中だ。オペラ全曲の中から有名な前奏曲・・間奏曲・アリアなどを抜粋して演奏する。この曲の練習中に直面するのはホルンにおける「移調」の問題である。まさに「分かる人には分かる話」なのだが、 ... » more

9/29(日)。この日は2つのオケで午後・夜と2コマの練習があった。まず午後はKフィルで「カルメン」の抜粋と「ブラ2」の練習。トレーナー(指導者)を呼ばない、団内で「自主練」と呼ぶ団員だけで行う管楽器のみの練習だった。自 ... » more

デニス・ブレインに関する思い出をもう一つ。彼の伝記がイギリスで出版され、原書を大学オケのホルンの後輩から長い間借りていた。当時まだ日本語訳が出ていなかったので、そこで翻訳を思い立った。とは言え、仕事の合間等にちょこちょこ ... » more
テーマ 雑記 音楽 ホルン

 

最終更新日: 2016/11/14 09:29

「ホルン」のブログ関連商品

» 「ホルン」のブログレビュー をもっと探す

「ホルン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る