誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    新藤兼人

新藤兼人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「新藤兼人」のブログを一覧表示!「新藤兼人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「新藤兼人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「新藤兼人」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

愛妻物語 (1951) 日本 [1193]新藤兼人、乙羽信子、殿山泰司の生涯を決定した新藤兼人の監督デビュー作(^^♪1950年(昭和25年)、新藤兼人は松竹を退社し、吉村公三郎、殿山泰司らと独立プロダクションの先駈けとなる近代映画協会を設立。 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

雲がちぎれる時_3 (1961) 日本 [1180]戦争の傷跡と戦中の「美しかった時間」を抱えた市枝と三崎の行く先は病院のベッドで加江子が目を覚ます。付き添う窪津が目に入り三崎の事を尋ねる。「大丈夫だ」と窪津は嘘を突く。「私たち結婚するんです」 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

雲がちぎれる時_2 (1961) 日本 [1180]戦争の傷跡と戦中の「美しかった時間」を抱えた市枝と三崎の行く先はうわっ、来た❢止めろ、馬鹿、危ねえじゃないか❢うわっ❢殺す気か❢誰か警官 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

雲がちぎれる時_1 (1961) 日本 [1180]戦争の傷跡と戦中の「美しかった時間」を抱えた市枝と三崎の行く先はYouTube名作の旅(^^♪何だか凄い映画を観てしまった。新藤兼人監督、五所平之助監督の「雲がちぎれる時」(1961年)という映画 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

原爆の子_3 (1952) 日本 [1171]この原爆映画の美しさ、哀しさは何処から来るのか孝子はもう一度頼む、太郎を私に島で育てさせて欲しい、と。岩吉はどうぞそれだけはご勘弁をとまた断った。孝子は岩吉の気持ちも良く理解できたので、ではそ ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画  トラックバック(3)

原爆の子_2 (1952) 日本 [1171]この原爆映画の美しさ、哀しさは何処から来るのかこの映画を初めて観たのは小学生の頃だった。巡回映画だったか、自宅庭での青空映画館だったか、あるいは街の映画館だったのかもう記憶にない。憶えているの ... » more

原爆の子_1 (1952) 日本 [1171]この原爆映画の美しさ、哀しさは何処から来るのか原爆投下から7年後の1957年に作られた、近代映画協会と劇団民芸の共同製作作品。1952年4月28日に占領が終わり、GHQの検閲がなくなる。結果、 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画  トラックバック(3)

絞殺 (1979) 日本 [1102]開成高校生殺害事件を下敷きに核家族の崩壊を描いた新藤兼人の記憶すべき作品 「犯罪フィールドノート」と称して実際に起きた事件を下敷きに作品を書き始めてからすでに40年近くの時間が流れた。ちなみ ... » more

墨東綺譚_3 (1992) 日本 [1093]荷風文学を見事に映像化した新藤兼人監督にただ感謝あるのみ(^^♪永井はひとり偏奇館に暮らし、日記を書き続けた。「昭和20年(1945年)1月18日、晴れ、無事。木炭の配給なきため近隣いずくも取り壊 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

墨東綺譚_2 (1992) 日本 [1093]荷風文学を見事に映像化した新藤兼人監督にただ感謝あるのみ(^^♪日中戦争が始まった昭和12年(1937)7月のある夜、永井はいつものようにお雪を訪れた。お雪は歯痛で寝ていたが、永井が来ると留守 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画

墨東綺譚_1 (1992) 日本 [1093]荷風文学を見事に映像化した新藤兼人監督にただ感謝あるのみ(^^♪文学作品を原本にした映画は観るとたいていがっかりするが、時に新たな感動で涙が溢れてくる作品がある。永井荷風の作品をもとに新藤兼人監督が撮 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画  トラックバック(1)

「人間」というサバイバル映画。乙羽信子は、旦那の新藤兼人を愛し過ぎなんじゃない? 宝塚出身(娘役トップ)の乙羽信子が、リアリズムかなんか知らんけど、食べ方が不細工すぎる。それでいて、下半身パンツいっちょで、色気ある足が、つねに気になる。人は、うんと飢えると、人まで食料に見える、その飢えでやせ細る筈 ... » more
テーマ 邦画 新藤兼人 乙羽信子

新藤兼人__監督 ■新藤 兼人 しんどう かねと1912年(明治45年)4月22日 - 2012年(平成24年)5月29日日本の映画監督、脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。日本のインディペンデント映画の先駆者である。近代映画協会会長。 ... » more

こんな日は映画を観よう心 (1973) ATG
心 (1973) ATG [851]新藤兼人にこんな愚作を撮らせてしまった1973年という時代と若者★☆☆☆☆☆12月公演「こゝろ」に向けて稽古をやっている。もちろん漱石の「こゝろ」の舞台化である。中学生の頃からずっと漱石を読みつづけてい ... » more

訃報を受け、取材に応じた同院の先代住職の妻(68)は「『天』という字は『二人』という意味だとおっしゃられていました」と話した。先代住職の妻の母(88)が乙羽さんと宝塚歌劇団時代の同級生という縁で、乙羽さんが亡くなる2年ほど前 ... » more
テーマ 新藤兼人 乙羽信子 原爆の子

徴兵検査で丙種合格だった新藤兼人監督が自らの戦争体験を映画化した「一枚のハガキ」を見る 撮影当時98歳という日本最高齢監督の新藤兼人が、自らの戦争体験をもとに引退作として製作した映画「一枚のハガキ」をイトシア4階にある映画館「ヒューマントラストシネマ有楽町」にて見ました。この映画を上映している映画館は少なくヒューマントラストシ ... » more

映画 一枚のハガ゜キ 9月10日(日)にみなと未来にある109シネマで、新藤兼人監督99歳の作品「一枚のハガキ」を観てきた。新藤監督が死ぬ前に自分の体験を元にした映画を作りたいと、魂を込めて作った映画だった。戦友から預かった「今日はお祭りでしたがあなたがいら ... » more

新藤兼人監督作品「一枚のハガキ」初号試写に行ってきました。初号試写ですから、完全に関係者だけのものです。若輩者が言うのもなんですが、素晴らしい作品だと思います。そんなに大変な撮影だったわけではありませんが、やった甲斐のあ ... » more

19日NHK教育テレビでETV特集98歳・新藤兼人の遺書〜映画”一枚のハガキ”を撮る〜を観ました。(1時間半)前にも記しましたが、私が大好きだった女優・乙羽信子さんと再婚された頃からこの監督を気に止めていました。 ... » more
テーマ 一枚のハガキ 新藤兼人 新藤風

4月下旬にクランクインしました映画『一枚のハガキ』が先月末にクランクアップしました。撮影に入るとブログの更新が滞ってしまいます。監督は日本最高齢監督の“新藤兼人”監督。私にとって、今までご一緒させてもらったどの監督たちよ ... » more

映画監督にして、脚本家の新藤兼人。あれだけシナリオ執筆と映画監督の仕事をしていながら、精力的に本も書いています。単にシナリオを本にしただけのものもあり、同じネタの焼き直しといった類の本もないことはありませんが、それでも、この量はちょ ... » more

98歳の誕生日を祝う! 新藤兼人 全シナリオ・リスト! 2010年4月22日は、新藤兼人監督の98回目の誕生日です。現役の映画監督としては、世界で2番目に高齢の監督ということになります。監督作品の多くはわりと有名な作品で、観る機会は多いように思いがちですが、かなり大きなビデオ屋さんに行っ ... » more

こんな日は映画を観よう裸の島 (1960)
裸の島 (1960) [481]裸の島とは人間に与えられた「すべて」の喩だ…?新藤兼人監督の最高傑作。まちがいなく邦画史上に輝く名作…。主演は、大好きな乙羽信子と殿山泰司。コンビを組むともう痺れっぱなしになります…(笑)。 ... » more
テーマ 新藤兼人 これぞ名画 日本映画  コメント(1)

こたつの上を椅子だと思っている猫。 18歳の猫。今年初めておめみえしたこたつ。入ってあたたまるより、乗っていた方が嬉しいらしい。テーブルではしなかったのに、アジをお皿から直接ガシガシ食べてしまったっ!!!が〜ん。乙羽信子さんの「縮図」と「どぶ」を観る。 ... » more
テーマ 新藤兼人 乙羽信子 刑事コロンボ

映画 「花は散れども」 鑑賞日11月2日(日)正式タイトル 「石内尋常高等小学校花は散れども」映画館シネマジャック&ベティ私の心にとまる人の一人、新藤兼人監督の映画を初めて観ました。監督は私より丁度30歳年上です。私が大好きだっ ... » more

こんな本を読んできた! 新藤兼人書店全リスト! 3/3 【その他の書籍】1.松原泰道・他著『老いのレッスン』佼成出版社/2008年5月刊2.上田閑照著『経験と場所』岩波書店/2007年12月刊3.柴田三千雄著『フランス革命』岩波書店/2007年12月刊4.原広司著『空間〈機能から ... » more
テーマ 新藤兼人

新藤兼人の本棚! 新藤兼人書店全リスト! 2/3 【テネシー・ウィリアムズ】1220.テネシー・ウィリアムズ著『ガラスの動物園』新潮社1215.テネシー・ウィリアムズ著『やけたトタン屋根の上の猫』新潮社/1959年6月刊869.テネシー・ウィリアムズ著『欲望という名の電車』新潮 ... » more
テーマ 新藤兼人

1200冊超! 新藤兼人書店全リスト! 1/3 先日の8月24日まで、池袋ジュンク堂書店で、新藤兼人監督が選んだ本で構成する書籍コーナー「新藤兼人書店」が開催されていました。この種の催しは、「××の本棚」などと題してパルコブックセンターなどで随時企画開催されていますが、ここの凄い ... » more
テーマ 新藤兼人

 

最終更新日: 2016/11/14 04:59

「新藤兼人」のブログ関連商品

» 「新藤兼人」のブログレビュー をもっと探す

「新藤兼人」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る