誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    幻想

幻想

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「幻想」のブログを一覧表示!「幻想」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「幻想」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「幻想」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

henokaapa社交場
ジョーカーは今日も行くイヤイヤトランプさんのことじゃなくトンガリ帽子に皺の入った高いお鼻ジョークを言う人?いやいや確かにトランプさんに似てはいるが彼の言うことはジョークではなく人々に希望と絶望どちらももたらす ... » more
テーマ 幻想 超越的現象学

henokaapa分裂病者の夢
ひょっとしたら後ろに目があり後ろに歩けたら過去に戻りやり直せるかもしれなかった人間は今しか認識できない過去は曖昧であり未来は次々と未知が押し寄せてくるのみそんな中生きているのだ僕たちはたった今の現実といったって次にはもう ... » more
テーマ 幻想 超越的現象学

自然のまま・・迷走・・・
迷走・・・ 何だろう??空気が抜けてゆくみたいにこころは空っぽ無理やり元気をつめこんでもふぅ・・・ε=(´。`)・・やっぱり〜心は空洞美しいものをみつめると創造の世界に迷いこむ ... » more
テーマ 幻想 こころ

まどろみのなかに・・・ 甘くおぼろな花の魔性にこころもからだもゆらり〜わたしを惑わす花に抱かれ眠りにつけたなら甘く切なき夢の続きをみたいから瞼をとじて・・・ざわめく・・なまめくまどろみのなかに ... » more
テーマ 幻想 こころ

時を紡ぐ光と陰『蛍』
『蛍』 5月が凄い早さで過ぎ去ってゆく。<Canon PowerShot S120>流れ星ではありません。追い求めてたヒカリ、蛍のヒカリ。<Canon PowerShot S120>暗闇の中で、心細くなる ... » more

時を紡ぐ光と陰空気感
空気感 よく口をつく言葉。空気感。実は空気感ってなんだろう。冷たさ←→暖かさ。濁った←→透き通った。密集した←→広々とした。爽やかな←→重苦しい。・・・・・・?。<MINOLTAα7クロスプロセス現像>3 ... » more
テーマ 幻想 写真

時を紡ぐ光と陰写されるヒカリ
写されるヒカリ 目で感じるヒカリと、時として人には感じ取れないヒカリ<VistaQuest VQ5010>ひょっとして、こう見えていないのは自分だけだったり・・・ ... » more

自然のまま・・花夢・・・
花夢・・・ 花の吐息がやさしく〜しのびこむゆめのなか・・君想う胸にとどくでしょうか??降り積む雪のしろ誰に染まらず待つのはわたしのこころ薄紅つけて頬染めてゆめのつづ ... » more
テーマ 幻想 こころ

時を紡ぐ光と陰ヒカリにつつまれた
ヒカリにつつまれた 某警視庁の建物ちょうど太陽につつまれて、なんだか輝いてた。<Canon PowerShot S120>不思議なヒカリに、見える世界も見えなくなってしまう。予想もできない空間の演出に、びっくりした午後。 ... » more
テーマ 幻想 写真

時を紡ぐ光と陰夢のなかで出合うヒカリ
夢のなかで出合うヒカリ たまに夢の中でこんなヒカリに包まれる<MINOLTAα7クロスプロセス現像>ヒカリの道筋だけが明るくて、他は緑色。遠くなるにつれ緑は強く、緑の闇となってゆくんだ。<MINOLTAα7クロスプロセス現像> ... » more
テーマ 幻想 写真

自然のまま・・美しい逆さ絵の世界
美しい逆さ絵の世界 先日大田原の帰り道・・・寂れた神社・・・人の気配もなく・・・聴こえるのは〜〜鳥の声・・木々の囁き風の声だけ・・小さな池があり〜〜池の周りには美しい木々の紅葉!池に映る〜〜逆絵に思わ ... » more
テーマ 幻想 自然

たぶん下村陽子夢もひとりのおかげ?か私のなかで<帰ろう>が広がり出したみたいYouTubeを観てるとそうな感じがしてくる (受けとめられてるって)もう触らなくていいような気になってきてるこれも幻想だろうか・・・・・・・・ ... » more
テーマ 絵のこと 幻想 想い  コメント(13)

18日最後の一行は浜口庫之助の<みんな夢の中>が頭にあったでもこの下田逸郎<夢もひとり下村陽子>はしみてくる私は夢の中あなたの胸の中描いた物語とははるかに離れいったつらい恋 ... » more
テーマ 幻想 想い

まあ だだ ヨ 絵画ぶろぐ幻想
いつかどこかで逢うかも知れないそんなことを考えてた遠い日のことだきのう人ごみの中でその人を見たいくどか似た人を見てどきっとしてたまちがいなくあの人だった「傷ついてばっかりやった・・・・・」 ... » more
テーマ 幻想 夢の中 想い

夕暮れは私の好きな題材ではあるが・・・・・・・まあ以前描いたクレパスの街をひきずっているわけでもない(変な文章)子どもの頃ふとめぐり会ったミレーの晩鐘(もちろん簡単な複製)に強く惹かれたのも私の中に黄昏時に対して原風景的なな ... » more

あともどりもなにかにむかってる ... » more

まあ だだ ヨ 絵画ぶろぐ幻想
今はもうそんなことはないらしいのだが私が小学生だった頃誰かが休むと近所の生徒がわら半紙に包まれた給食のコッペパンとマーガリンを家にとどける私の家から20mくらいのところに同級生の女の子がいて彼女が休むと必然的に私がおとどけ使者に ... » more

ブログ更新をしばらくさぼってしまいました。もっとさぼっているのがバイクトレーニングで、いつから練習していないのだろう?仕事と家族のことで、ちょっときっかけをつかめないでズルズルとさぼってしまう悪いパターンです。9月2日の裏磐梯レ ... » more
テーマ さぼり癖 幻想 喜多方

むかぁしむかし夏畳の上大の字になってレコードを聴いてた仕事をしていくらかの金をためてしばらくのあいだ(数か月一年くらいのときも)絵を描く時間をつくってたそれを繰り返し繰り返し・・・・・・・いま考えるとなん ... » more
テーマ 南佳孝 音楽 幻想

自然のまま・・不思議な世界・・・・
不思議な世界・・・・ 広い世界の中で知らない同士が言葉で繋ぐ遠いようで近くにいるそんな日常の些細なことを語りなぜか癒される迷いながら生まれる感情知らない同士 ... » more
テーマ 幻想 こころ

自然のまま・・水辺の幻想
水辺の幻想 太陽のひかりはスポットライト光と戯れる瞬間ふわ〜リ弾け宙を舞う蒲公英の綿毛不思議な世界が広がります光のプリズム水辺の幻想揺らぎの中に ... » more
テーマ 幻想 自然

まあ だだ ヨ 絵画ぶろぐ
実は先日の記事で前歯が欠けた時期を調べたとき驚いたもう3年半も前のこと・・・・私はまあぁ去年くらいかなあと思ってたなぜなぜこんなに誤差があるのか?自覚があるのは私は故意に死んだ時間殺した時間をつくって ... » more
テーマ 幻想

月へ奏でる男(パステル鉛筆)20年以上前の声 ... » more
テーマ かたち 絵画 幻想  コメント(4)

人生?人間?の味は濁りの中にあるその濁りをみつけるために・・・・澄んだ部分が必要なのだいつかの記事でモーツアルトにも灰汁があると書いたけれどグールドのピアノを聴いてると・・・・やっぱりそう想うグールド自身もそうだ ... » more
テーマ 音楽 幻想 こころ

サブタイトルはでも7週間(週一)の治療が一応終わり(6月16日)歯は完璧になった2009年1月28日爪を噛む癖から欠けてしまった前歯も美しくなり数年ぶりにまぬけづら(笑ったとき)が・・・・・・ちょっと ... » more
テーマ 音楽 幻想 こころ

まあ だだ ヨ 絵画ぶろぐ幻想
こころの奥底に私の欠片がのこされていたのならやがてあなたはここにたどりつく<そんなバカげたことを想うあなたはおとこおんな?>そのとき私は きおつけぇをして静かにわらっている ... » more

もしかすると、PART3まで突入するかもしれません。それでは、PART2です。「喜怒哀楽」など、一時の感情。そんな物を失ったからと言って、「絶望」する必要などない。「偽りの顔」など、山のようにストックしてあるのだから ... » more

少女とナルシズム 6月6日 (水)大きな水たまり … そのなかに影を落とす空の雲 …かわいい少女は、その雲のうごきを追っているのだろうか 〜ピクチャのなかに保存してあったらしい、イラスト、、、、いちまい 、、、わたしも、そっと … ... » more

美を(は)信じるって云った人がいた言葉にしたら誤解や・・・・・・うすっぺらくとらえられるだろう美 ... » more
テーマ 幻想 こころ

「きょう死にかけたわ・・・・・」先日あまねが晩ご飯のとき云いだした授業中咳をしたくなったらしいしかしいつどう咳をしたらいいのかわからないあまねのなかで?混乱・・・・ひとり静かにひきつった狂喜乱舞しろめをむいて ... » more
テーマ 幻想 遊び 学校

 

最終更新日: 2016/11/14 04:51

「幻想」のブログ関連商品

» 「幻想」のブログレビュー をもっと探す

「幻想」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る