誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    麻耶雄嵩

麻耶雄嵩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「麻耶雄嵩」のブログを一覧表示!「麻耶雄嵩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「麻耶雄嵩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「麻耶雄嵩」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

隻眼の少女 [麻耶雄嵩] 隻眼の少女麻耶雄嵩2010年の本格ミステリ大賞受賞作。山奥の集落に流れ着いた自殺志願の主人公。そこで出会った隻眼の女探偵「御陵みかげ」が、母の名声を引き継ぐべく難事件に挑む姿を、にわか助手の立場からサポートするという ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

麻耶雄嵩 『隻眼の少女』   本格ミステリーのセオリーを根底から破壊して見せた「本格」といわれる怪作 ガルシア・マルケス『百年の孤独』に疲れたので、軽く一息入れるとしよう。このところ日本の本格推理小説にはご無沙汰だったから、日本推理作家協会賞、本格ミステリー大賞といういかにも「本格」らしい二冠をとったという作品なら最近のヒット傾向が ... » more

★★★☆著者の作品にしては(『あいにくの雨で』と並んで)、おとなしく、地味な印象だが、やはりその分著者の「地」が見える作品だと感じる。ジャンルとしてはある程度「クローズド・サークルモノ」であり、「アリバイモノ」であり「一族モノ」であ ... » more

★★★★☆作者デビュー作で「最後の事件」に巻き込まれる「銘探偵メルカトル鮎」の、つまり前日談ということだろう。前代未聞・驚天動地・極悪非道の短編が並ぶ。こんなに「ひどい」短編集は見たことがない、1作読み終わるごとに「ひどい!」と唸っ ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 麻耶雄嵩  トラックバック(1)

★★★★前作『痾』とまさに兄弟のような関係にある作品、主人公は如月烏有の弟、如月烏兎である。きっと作者の他の作品に比べると、かなり「おとなしい」という第一印象を受けるだろうと思う。あらゆる意味での「異常な過剰さ」は見えず、それ程大き ... » more

★★★★主人公は前作と同じく如月烏有であるが、「あの大事件」の記憶を失っている。それもあり「続編であるのか」、という点については「そうである」とも「そうとはいえない」ともいえる。この時点で「問題作」としても「資格」は十分過ぎるほど持って ... » more

★★★★「問題作だらけ」の麻耶作品の中でも、「ナンバーワンの問題作」といえる作品。本作で作者が行った「破壊」は、単純に「破る」ということに尽きると思う。「本格ミステリ」であるために必要である(と、読者が無意識レベルで前提としている= ... » more

★★★★★この著者の作品については、押し並べてあまり書きたくないです。いきなりこの「ブログ自体」を否定するような感想だが、本心である。それはおそらく、この作者が「各作品を目一杯使ってやろうとしていること」がいわゆる「本格ミステリ」の枠に ... » more
テーマ ミステリー フェイバリット 麻耶雄嵩

メルカトルと美袋のための殺人 [麻耶雄嵩] メルカトルと美袋のための殺人麻耶雄嵩多くの麻耶作品に登場する名探偵「メルカトル鮎」と、友人の美袋が遭遇する殺人事件を描いた短編集。助手の香月が裏で手を引く「木更津悠也」に比べ、本人の力量だけで勝負できる探偵がメルカトル。 ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

まほろ市の殺人有栖川有栖,我孫子武丸,倉知淳,麻耶雄嵩著名作家4人によるアンソロジー。架空の「まほろ市」で起こる奇妙な殺人事件を、4人の著者が短編で描いている。個人的な作品の評価としては、麻耶=我孫子>倉知>>>有栖川の ... » more

名探偵 木更津悠也 [麻耶雄嵩] 名探偵 木更津悠也麻耶雄嵩著者の作品に登場する名探偵「木更津悠也」が推理した事件を集めた短編集。デビュー作の「翼ある闇」を読んだ人には、名探偵という言葉を聞いても違和感があるはずだが、大丈夫。本作品では助手の「香月実 ... » more

木製の王子麻耶雄嵩比叡山にある画家の豪邸で起きた殺人事件。事件の裏側に潜む一家の謎と、その謎を追う烏有の後輩「安城」。自らの生い立ちを求めて一家に接触したはずが、次々と謎の言葉を残して命を絶ってしまう理由とは。全体的 ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

鴉 [麻耶雄嵩] 鴉麻耶雄嵩弟の影を追って過去にタイムスリップしたかのような村に辿り着いた主人公。そこで起きる連続殺人事件の真相を追ううちに、とんでもない村の秘密と、過去に封印された自分の記憶が明らかとなってゆく。「夏と冬の奏鳴曲」に ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) [麻耶雄嵩] 夏と冬の奏鳴曲(ソナタ)麻耶雄嵩主人公の烏有が取材で訪れた和音島で起きた殺人事件。20年前に亡くなった「和音」の影に翻弄されながらも、主人公は島の真相に近づいてゆくのだが・・・。ネタバレしてしまうと、肝心の謎解きがほ ... » more

神様ゲーム [麻耶雄嵩] 神様ゲーム麻耶雄嵩少年少女向けのミステリ小説のはずが、動物虐待もあれば殺人もあって動機も不純。全編を通して主人公の少年が一人称で語ってはいるが、内容自体は完全に大人向けミステリ小説だろう。主人公が所属する少年探偵団の ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

蛍 [麻耶雄嵩] 蛍麻耶雄嵩閉ざされた館で起こる殺人事件を描いた作品。10年前に猟奇殺人事件の起きた「ファイアフライ館」を買い取ったミステリーサークルのOBが、毎年後輩を呼んで肝試しを行うという設定。ありがちだが、麻耶ならではの意欲的 ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

似合わないクツを脱ぎ捨てて
螢ネタバレ大アリです】読みました。《螢/麻耶雄嵩》【あらすじ】オカルトスポット探検サークルの学生六人は、京都山間部の黒いレンガ屋敷「ファイアフライ館」に肝試しに来た。ここは十年前、作曲 ... » more

翼ある闇 [麻耶雄嵩] 翼ある闇麻耶雄嵩著者の処女作ということで、物語に関係ない部分での描写や説明が細かく、いい意味でやる気が漲っている作品。ただ、そういった作品ならではの「読みにくさ」があり、事件の背景にある人間関係もスケールが大きすぎて全くピン ... » more
テーマ 麻耶雄嵩

このミステリーがすごい!2005年版の第11位に選ばれていた本作。前々から気になっていたのですが、先日書店で文庫本を見つけたので買って読みました。<ネタバレあります>あらすじ≪梅雨。大学のオカルトスポット探検サークルの六 ... » more

麻耶雄嵩の『神様ゲーム』という本。この本は講談社の“ミステリーランド”シリーズの最新刊である。子供向けを標榜して出しているシリーズであるが、実際は作家によって捉え方はだいぶ違う。今回の麻耶雄嵩は普段の作品に比べれば、だいぶ子供を意識した作品 ... » more
テーマ 読書 麻耶雄嵩

のたり日記『神様ゲーム』 麻耶雄嵩
小学4年生の芳雄の住む神降市で、連続して残酷で意味ありげな猫殺害事件が発生。芳雄は同級生と結成した探偵団で犯人捜しをはじめることにした。そんな時、転校してきたばかりのクラスメイト鈴木君に、「ぼくは神様なんだ。猫殺しの犯人も知っているよ。」と ... » more

オカルトサークルアキリーズの面々は、昨年と同じように、ファイアフライ館での夏合宿を行おうとしていた。去年と違うことは、1回生が入ったことと、つぐみがいないこと。つぐみは殺人鬼に殺されてしまったのだ。合宿場所のファイアフライ館は、数年前に ... » more
テーマ 読書 麻耶雄嵩

名探偵木更津悠也の活躍を描いた短編集。「白幽霊」京都の名家、戸梶産業の社長が自宅で殺害された。事件解決にのりだした木更津だったが、関係者達には皆、完全なアリバイが存在した。「禁区」白幽霊が近くに出没するという噂が知耶子た ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 03:21

「麻耶雄嵩」のブログ関連商品

» 「麻耶雄嵩」のブログレビュー をもっと探す

「麻耶雄嵩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る