誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    言語学

言語学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「言語学」のブログを一覧表示!「言語学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「言語学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「言語学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

知の領域に入ってきたモノが、「世界に秩序がある」と言う内容で言葉になっているのだが、この内容を見ながら、では知の領域に入ってくる以前のモノは、どうなっているのかと問うことになる。「世界に秩序がある」と言う知の内容を踏まえるとし、では知の ... » more
テーマ 言語学

この知の領域に入っているモノの内、例えば幽霊と言うモノが知の領域にある事と、天空の星が知の領域にあると言う区別をしなければならない。確かに「幽霊」の様に、知の領域にあると言えても、では知の領域を外れて、自体であるのかどうかと、問われても ... » more
テーマ 言語学

世界に対して、試行錯誤しながら捉えていく時には、世界には秩序があるのか、混沌なのかは決められないのです。私達にとって、世界についての知は、白紙でなのです。ただ言えることは、私たちは世界と言う処で生まれ、成長し、死んでいくのであり、その過程の ... » more
テーマ 言語学

カガミの上の姿に、人の姿を見るのは、私達の存在が、視知覚の働きをする事によるのです。鏡上の姿は、客観的な光学的存在であるのに対して、それを像として視知覚するのは、視知覚機能を働かす、<私>と言う存在を抜きには成立しないと言う事なのです。 ... » more
テーマ 言語学

Days的日志タコ焼き。
タコ焼き。 お花じゃないよ、タコ焼きだよ。ラップしてチンしたらこの通り!チンする、で「(電子レンジに)かける」、「(電子レンジで)温める」として通じる不思議。チンって音が電子レンジの呼び出し音として認識され、定着してるってことだ ... » more
テーマ ネタ 言語学 写真

意味論から見る英語の構造米山三明・開拓社。。。。 。。 。四角形三角形上図の四つの点、三つの点は、私達の目には、四角の図形や三角形の図形を想起させるのです。四つの線で囲まれた図形であるから、四角形として見 ... » more
テーマ 言語学

意味論から見る英語の構造米山三明・開拓社言語学の研究対象(1)言語の構造的・形式的面を扱う、統語論(2)言語の意味を扱う意味論(3)言語の音に関する音韻論言語の意味を問う意味論とは何か一般的な理解・・・・人間の思 ... » more
テーマ 言語学

それは単に目の前にしているモノが、「apple」と言う言葉で呼ばれていると言う事だけだが、それが「私の前のテーブルの上の皿の上にある」と言う事に対して使われる時、英語では、「an apple」とか「the apple」と言う ... » more
テーマ 言語学

言葉単語の組み合わせで成り立っている。この組み合わせで使用されている諸単語に、それぞれ特性がある。ここでその諸単語のそれぞれに特性があると言う時、単語同士の組み合わせを、相互に規定していると言う事なのです。ある特性の単語は、他の全て ... » more
テーマ 言語学

Days的日志「Beautiful」
最近U2の「THE BEST OF 1990-2000」を買いました。買った理由は簡単、これの3番に入ってる「Beautiful Day」が聞きたかったから(・∀・)火曜3限のソプラノ先生の授業で初めて聞いたのだけど、なんかぞわぞわ ... » more
テーマ 英語 音楽 言語学

言語における絶対的な恣意性と相対的な恣意性記号とそれが表す概念との関係には、絶対的な恣意的な関係(記号ー概念)と相対的な恣意的な関係が成立している。ーー「平」と「野」とにある<heiー概念><yaー概念>は、 ... » more
テーマ ソシュール 言語学

バイクに乗りたい!月刊言語 休刊!
ことばをテーマに、言語学から流行語紹介まで、幅広い話題を取り扱う雑誌『月刊言語』(大修館)ですが、なんと12月号をもって休刊だそうです!この雑誌については、以前、本ブログでも取り上げました。1972年から続いてきた雑誌なのですが ... » more

思考への道言語を学として考える(6)
日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ燃えている紙に対して、如何して燃えるのかという問いは、一枚の紙としてある状態から、火がついて燃え初めて、そして燃え尽きるという過程として捉えようとする事なのです。部屋に入ったら紙が燃えて ... » more
テーマ 言語学

日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ紙が燃えている事実に対して、私達の五感は、そこにあると言う認識をするのだが、さらにその事実に生成の法則をーー生まれ、成長し、消滅すると言う過程ーー捉えようとする認識を問うているのです。私達人 ... » more
テーマ 言語学

日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ比喩こそが言語を成り立たせている。カント「純粋理性批判」・・・・現象において感覚と対応するものを、現象の質料と言う。・・・・現象の多様な内容を或る関係置いて整理するところのモノを ... » more
テーマ 言語学

日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ想像的可能性と言う「理解」と記号操作可能性と言う「理解」何かを理解する時、何かに関わるイメージを頭の中で作ることができる。「黄金の山」と「四角い丸」前者は想像出来るが、後者は想像 ... » more
テーマ 言語学

思考への道言語を学として考える(2)
日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ2・1理解の二重性ー想像可能性と記号操作可能性「理解出来る」とはどういうことか<坊主が、屏風に、坊主の描いた、坊主が描いた、坊主が描いた坊主の絵を描いた>ーーーここでは、坊主 ... » more

日本語は論理的である月本洋講談社選書メチエ(1)日本語否定論・日本語特殊論の系譜「日本語はだめだ」「日本語は特殊である」と言う言説の蔓延している理由ーーーその説明の時系列ーーー★鈴木孝夫「日本人は何故英語ができないか」 ... » more
テーマ 言語学

フェルディナンド・ソシュール著影浦峡,田中組子訳東京大学出版局言語を構成する具体的な実体は何か実体・・存在を構成する本質ーーー私達が出会う存在は、現象した存在であり、その現象から本質を捉えた時、はじめて実体としての存在に出会 ... » more
テーマ ソシュール 言語学

思考への道言葉を伝える事(24)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書紙が燃えているとは、紙に内在する燃素が、消費され続ける事で燃素が無くなって行く事だと言う説明になる。紙に内在する燃素の減少と言う説明は、燃えていると言う現象の生成を説明する ... » more
テーマ 言語学

思考への道言葉を伝える事(23)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書認識的には、五感による知覚の対象物に、内在するモノーー見えているのは、あくまでもその外部の姿でしかなく、内在物は、見る事の対象とならないーーを思考の内容として形成されるので ... » more
テーマ 言語学

思考への道言葉を伝える事(22)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書自然現象としての<雨降り>を取り上げる時、私達は、少なくとも其の言葉・「雨降り」に表される自然現象を目の前にしているのです。その「雨降り」・言葉に対して、自然現象を事実と規 ... » more
テーマ 言語学

Days的日志※食材の話です
今日は塩鮭に飽きたので、何か工夫をしてみようと思って、ホイル焼きにしてみました。確かホイル焼きって白ワイン入れて、醤油入れて、きのことか盛り付けるんだよね!白身魚のホイル焼きみたいなものを高校ぐらいで実習したような気がする! ... » more

思考への道言葉を伝える事(21)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書ある事実Aがあって、それを言葉にする。まず日本語では、<雨が降っている>となる。しかしこの日本語に対して、<雨は、降っている>という言葉を表す時、<が>と<は>の違 ... » more
テーマ 言語学

フェルディナンド・ソシュール著影浦峡,田中組子訳東京大学出版局言語では、その真の実体を見るのは難しい。と言うのも、言語の現象は内的なモノで、根本的に複雑だからです。言語の現象は二つのモノの結合を前提としています。概念と聴覚イメージで ... » more
テーマ ソシュール 言語学

思考への道言葉を伝える事(20)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書論理的固有名へのスタートラインとなった確定記述の分析についての日本語の近親性確定記述に相当する句は、日本語にはないと思われがちです。つまり、対象が目前にない場合に一意指 ... » more
テーマ 言語学

フェルディナンド・ソシュール著影浦峡,田中組子訳東京大学出版局言語記号の本質言語記号・・・二つのとても異なるモノが頭の中で結びついている。一つは、心理的なモノで、主体の中にあるものです。心理的な音としての聴覚イメージと概 ... » more
テーマ ソシュール 言語学

思考への道言葉を伝える事(19)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書私と貴方とが、同じ部屋にいて、貴方が「これ」と指すモノを、私が「それ」と指したとしよう。二人は、同じモノを指しているのだろうか。貴方と私が正確に同じモノ指し示しいる為には、 ... » more
テーマ 言語学

思考への道言葉を伝える事(18)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書論理的固有名・・「これ」「それ」「あれ」「富士山」と言う名前は、日本の諸山の中で、山梨県と静岡県にまたがる一番高い山の固有名であす。この富士山と言う固有名で指示され ... » more
テーマ 言語学

思考への道言葉を伝える事(17)
ラッセルのパラドクスー世界を読み換える哲学ー三浦俊彦岩波新書隣のMさんは、存在するか今貴方のすぐ近くにいる人を指差して、名前を呼んでみよう。その名前は、固有名として機能しただろうか。その名(M)を、貴方は、何を指すために使ったの ... » more
テーマ 言語学

 

最終更新日: 2016/11/14 02:41

「言語学」のブログ関連商品

» 「言語学」のブログレビュー をもっと探す

「言語学」ブログの人気商品

「言語学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る