誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読む

読む

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読む」のブログを一覧表示!「読む」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読む」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読む」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

「エコー・パーク」 マイクル・コナリー ハリー・ボッシュシリーズ最新作。13年前の未解決事件を執念深く追うボッシュ。ところが犯人とにらむ男とは別の男が犯行を自供。事件は急展開を見せる。シリーズ最高傑作という帯が付いていたが、期待通りの仕上がりに大満足!下巻は一気読 ... » more
テーマ 読む

日々是好日日々是好日 10/05/25
ようやく、音楽の聴き方を読み終わった。図書館で借りた本なんですが、やっぱり買ってもよかったかも。というか、買おうかな。やはりこの人の本は好きだ。私が以前読んだ入門書みたいな本では、初心者はいい音楽をいっぱい聴け、とは言っ ... » more

日々是好日日々是好日 10/05/24
本日一番の事件は32bitですかね。開発環境と、ステージング環境と、本番環境が用意されてるところで、どーしてステージングだけCPUが32bitだったのか、理解に苦しむ。おかげで、2099年の日付データが解釈できなくて、この環 ... » more

「殺人にうってつけの日」 ブライアン・フリーマントル 古本屋で購入。協力者だったKGBのスパイに裏切られ、妻までうばわれたCIAのもと工作員が獄中で復讐計画を練り釈放とともに実行に。計画はうまく進むかに思えたが・・・といったストーリー。途中までは主人公の元CIA工作員の復讐劇に ... » more
テーマ 読む

「ゴールデンボーイ」 スティーブン・キング この文庫には2編納められており、最初の「刑務所のリタ・ヘイワース」は、ご存知映画「ショーシャンクの空に」の原作。ファンが多い作品。私も最も好きな作品のひとつ。希望の物語。読後感最高。もうひとつの作品「ゴールデンボーイ」はコメントしずらい ... » more
テーマ 読む

「主よ、永遠の休息を」 誉田 哲也 会社帰りに本屋で購入。下調べなく衝動買い。通信社の社会部記者鶴田吉郎、通称鶴吉が主人公。コンビニ強盗現場に居合わせてたことから、14年前に起きた女児誘拐殺人事件に関わりを持ち真相究明にのりだすが・・・事件に巻き込まれてい ... » more
テーマ 読む

日々是好日日々是好日 10/04/06
日々是好日 10/04/06 これは、ボカロ同人誌かと、思ったぜ。いきなり、「俺の!ご主人様!」とくる。名前はカイト、だし。その上、初登場時にはマフラーまで!!!これがあのKAITOじゃなくて、なんなんだ!!…と思いましたが、第一巻の初版 ... » more

おがぶろ池井戸作品3連発
池井戸作品3連発 ブログの更新をサボっていたので、本の記録がたまってしまった。池井戸作品3連発。「シャイロックの子供たち」池井戸潤大手銀行の支店で働く人を描いた短編集だが全体がつながって一つの物語になっている。ん、で最後どうなったんだ ... » more
テーマ 読む

Shitekiな空間
詩 村井一朗氏より「葦」第32号・詩小説7を頂く。 ... » more
テーマ 読む

『BRUTUS』吉祥招福 台湾!特集(2002年2.15号) 久しぶりの更新が、twitterの補足みたいな状態でごめんなさい。あたしが編集者になって4年目くらい。当時やってた雑誌の副編集長になって1冊丸ごとまかせてもらったりしていたころ、誌面作りで参考にさせてもらっていた『BRUTU ... » more
テーマ 心が震えたこと 読む オシゴトノコト  コメント(2)

人文・社会系の本は、以前は「仕事」として読むことが多かったが、今はまず「生き方」を考えるために読んでいる。ところがそれだけだと、気が重くなることもない訳ではない。そこで発想を変えて、時には論証能力を鍛える!ー思考の遊び?ーための読書 ... » more
テーマ 読む 沖縄 陶芸

「走れ!T校バスケット部」 松崎 洋 前から気になっていました。文庫化とともに購入。主人公をとりまく仲間が漫画っぽくて楽しい。読みやすいのであっという間です。50万部の人気もうなづける。娘も貸したらはまって1日で読んでいました。続編が読みたいね。 ... » more
テーマ 読む

「オッド・トーマスの霊感」 ディーン・クーンツ 本屋の平積みを手にとって面白そうだったので購入。南カリフォルニアの町ピコ・ムンドに住む20歳のコックさんが主人公。彼(オッド・トーマス)には特異な才能があり、死者の霊が見える。そんな彼が大きな災厄を予知し、なんとか被害を ... » more
テーマ 読む

「オレたち花のバブル組」 池井戸 潤 「オレたちバブル入行組」の続編大手銀行のバブル入行世代の活躍描く。今回の相手は、金融庁の調査官。舞台は大手老舗ホテルの救済。主人公の半沢がどのように試練を乗り切っていくか。不利な状況をどうやって逆転するかが読みどころ ... » more
テーマ 読む  コメント(2)

「ラスト ワン マイル」 楡 周平 最近はまっていた池井戸作品同様、企業小説というかサラリーマン物。今回は物流会社。ネットで簡単に買い物ができても、最後に商品を届ける物流があってこそ商売が成り立つ。ってことでラストワンマイル。ヤマトか佐川のようなを大手物流 ... » more
テーマ 読む

少しずつ、周回遅れを取り戻しつつある。各方面のお待たせしている方々には、もうあとちょっとだけお待ち願えたら幸いです(すんません)。昨日から、通勤時に本を読む余裕も出ていて、内田樹先生×釈徹宗先生の共著『現代霊性論』が ... » more
テーマ 読む 世知辛い話  コメント(2)

「相棒に手を出すな」 逢坂 剛 逢坂剛の相棒シリーズ第二弾。水谷豊の相棒シリーズとは違います。だいぶ前に第一弾「相棒に気をつけろ」を読んだ記憶あり。コンゲームイイすね!このシリーズ続けて欲しいス。ジリアンもツルさんも◎私的おすすめ度★★ ... » more
テーマ 読む

「オレたちバブル入行組」 池井戸 潤 連続で池井戸作品。大手都市銀行に入行したバブル世代の現在を描いた池井戸さんの得意分野。ネタばれになるのであまり書けませんが、結局自分の出世?とか刑事事件にはならなかったのかとか、ツッコミどころ満載ですが、痛快な逆転劇 ... » more
テーマ 読む

「果つる底なき」 池井戸 潤 池井戸潤氏の江戸川乱歩賞受賞作だったので期待して読みましたが設定にちょっと無理があるのと人が大勢死ぬところがちょっと・・・他の作品に期待しましょう。作者は三菱銀行出身とのことなので銀行の描写はとてもリアルですね。私的 ... » more
テーマ 読む

「空飛ぶタイヤ」 池井戸 潤 タイトルからファンタジックな内容を想像したが、全然違ってた。ある日、赤松運送のトレーラーのタイヤが走行中に外れ、死傷事故を起こしてしまう。社長の赤松は事故原因を整備不良と決めつけられ倒産寸前に追い込まれるが、社員と家族を守る ... » more
テーマ 読む

きのう*きょう*あした絵本
絵本 表紙のねずみが目に入り、「懐かしい」と叫びながら手に取った絵本。昨夏に買って本棚に入れ、そのまま忘れていたのを、先日、発見しました。『ねずみのかいすいよく』いわむらかずお著いわむらさん ... » more
テーマ 読む

おがぶろビジネス本あれこれ
ビジネス本あれこれ 通勤の電車でいつもの小説とは違うジャンルをちょこちょこ読んだので書いときます。「イノベーションの作法野中郁次郎勝見明」いわゆるヒット商品の舞台裏、開発苦労話がプロジェクトX的な面白さ。私的おすすめ度★★★▲☆イノ ... » more
テーマ 読む

日々是好日日々是好日 10/01/22
戦う司書新刊読みました。…原稿がどうとか言う自重は吹っ飛びました。今日、そういえば、あの新刊、いつごろでるのかなぁと、ふと思い立って調べたら。……今日。まさに本日。思わず仰天しました。……今朝、本屋寄ったよな。私 ... » more

押しつけたチケットだったが、初文楽の時間に身を委ねて楽しんでくれたようで、ヒラオくんありがとう。好きなものを自分で楽しむのはもちろん面白くない訳ないが、誰かが一緒に響いてくれるのは、そういうときにしか味わえない幸せな気持ちに ... » more
テーマ 心が震えたこと 読む 世知辛い話  コメント(2)

早く寝なきゃと思ってるのに、帰宅して晩ご飯を平らげてから、またパソコン前の椅子から動けない。挙げ句、一番されたら嫌な「TL一面潰し」を、ゲームセンター嵐の炎のコマクリックでやらかしてしまう。相方が寄り道して家を忘れて ... » more
テーマ 心が震えたこと 読む 世知辛い話

「しらゆきひめと古代魚ゴンドウ」 清水弘子さんから、詩集をいただいた。彼女の第3詩集です。 ... » more
テーマ 読む

おがぶろ 「こちらの事情」 森 浩美
 「こちらの事情」 森 浩美 本屋でなにげなく買った文庫本。作者の森さんは名前を見て女性だと思っていたら男性でした。田原俊ちゃんの「抱きしめてTONIGHT」をはじめSMAPなどのヒット曲を書いている作詞家さんとのこと。ところでこの本ですが、家族をテーマにし ... » more
テーマ 読む

ふと購入した鬼頭宏さんの『人口から読む日本の歴史』流れで、橋本麻里嬢から勧められた『文明としての江戸システム』を読んでいる。2冊とも異様に面白い。今年の「心掛けたいこと」のひとつに、「数字から世間をこそりとうかがう」 ... » more
テーマ 読む 江戸・大坂  コメント(2)

  「福家警部補の挨拶」 大倉 崇裕 犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く。刑事コロンボと同じスタイル。倒叙形式というらしい。コロンボ世代の我々にはとても懐かしいテイスト。ただ、短編のせいか犯人がすぐに尻尾 ... » more

おがぶろ「凍」 沢木 耕太郎
「凍」 沢木 耕太郎 以前から気になっていた沢木耕太郎さんの作品が文庫になっていたので購入。2002年、世界最強と称された登山家・山野井泰史さんは、妻の妙子さんとともにヒマラヤの難峰ギャチュンカンに挑戦。登頂したあと下山途中に雪崩に襲われなんとか生きて戻れた ... » more
テーマ 読む

 

最終更新日: 2016/11/14 01:53

「読む」のブログ関連商品

» 「読む」のブログレビュー をもっと探す

「読む」ブログのユーザランキング

おがぶろ 1 位.
おがぶろ

テーマのトップに戻る