誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読む

読む

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読む」のブログを一覧表示!「読む」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読む」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読む」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

Shitekiな空間久しぶり近鉄でお出かけ
1月22日仲間の集いが松阪で有り、久しぶり近鉄で出かけた。開会14時から、15.30から詩人田中国男氏の講演、17時から懇親会と言うことで、飲まないが車での参加は止めた。松阪の駅前も、伊勢同様、駅に隣接したデパートが ... » more
テーマ 雑記 読む

日々是好日日々是好日 11/01/24
今日もいろいろ読んだ。アニメは終わってしまった夢パティ新刊読んできました。うーん、アニメも唐突でしたが、…いや、オープニングとかでは散々樫野×いちご煽ってたけど、それっぽいエピソードは実際には全くというほどなくて、最後のほうで突 ... » more

写楽 閉ざされた国の幻 「写楽 閉ざされた国の幻」(島田荘司新潮社)★★★☆(★五つ満点、中盤の退屈さがなければ★四つ)分冊でない約700頁の持ち歩きも困るほどの重い長い作品。宝島社「2011このミス・国内部門」の第2位で期待通りの内容。警察も探偵も殺人も出て ... » more
テーマ 読む

おがぶろ「夏から夏へ」 佐藤多佳子
「夏から夏へ」 佐藤多佳子 正月は箱根駅伝があるので気分は陸上。この本は「一瞬の風になれ」でおなじみの佐藤多佳子さんのノンフィクション。男子400mリレーをテーマに、2007年大阪世界陸上から2008年北京オリンピックまでを描いている。丁寧な取材でリレ ... » more
テーマ 読む

Shitekiな空間迎 春
迎 春 あけましておめでとうございます。今まで、控えめに受身の形で生きてきたが、今年からは強く生きてゆく。今まで、ゆつくり生きてきたが、少々、歩を早めて。決意するのに遅いと云うことはないだろう。今 ... » more
テーマ 雑記 読む

おがぶろ「下町ロケット」 池井戸潤
「下町ロケット」 池井戸潤 一気読みでした。昨今の池井戸作品がイマイチだったので少し購入を躊躇ったけど、読み始めたら一気でした。週間ポストに連載されていた作品。主人公・佃航平はロケットエンジンの開発者だったが、挫折して実家の町工場佃製作所を継いだ。 ... » more
テーマ 読む

「運命の人」(一)(二) 山崎豊子 「事実を取材し小説的に構築したフィクション」という但し書きの通り、沖縄返還にからむ政府の密約をスクープした西山事件を題材にしている。今回は元毎日新聞の記者だった山崎さんだけに一番の得意分野か。以前から気になっていたが文庫にな ... » more
テーマ 読む

著者は、本書に続いてほどなく『の知識人―島袋全発の奇跡』(吉川弘文館)を刊行、そして時を置かずして亡くなった。享年53歳。本書において著者は、沖縄のおよびそのを、の接点に身を寄せて学術的に検証して行く。その行き方=方法はまた、著者の ... » more
テーマ 読む 沖縄

読書会の翌日、映画『ノルウェイの森』を観た。事前に、内田樹先生のブログで予習( http://easyurl.jp/1d8k )していたので、原作をイメージしていくと異なる部分も多いのだなと予想できていた。けれども、予想以上 ... » more
テーマ 心が震えたこと 読む

初めての読書会は、司会の新元良一さんの雰囲気のままの、穏やかでいて力強く、そして心地よく混沌とした時間だった。その読書会とは、こちら。http://bit.ly/aWTGBm課題は村上春樹の『ノルウェイの森』。 ... » more
テーマ 心が震えたこと 読む

「ベルファストの12人の亡霊」 スチュアート・ネヴィル 北アイルランド紛争を勉強してから読む。北アイルランド情勢が何もわからないまま読むと面白さ半減ではないだろうか。元IRAの兵士が、かつて自分が殺した12人の亡霊につきまとわれ、殺人を命じた人間を殺していく。するとそれに伴ない亡 ... » more
テーマ 読む  コメント(3)

「覗く銃口」 サイモン・カーニック 古本屋で発見!以前読んだ「ノンストップ」が面白かったので、サイモン・カーニックの本をアマゾンで検索したが、文庫になっていた2作はなんと既に廃刊となっていた。しかも中古品+配送料金が定価を上回るので購入を躊躇っていたところ、先日たまた ... » more
テーマ 読む

 「フランキー・マシーンの冬」 ドン・ウィンズロウ ドン・ウィンズロウに嵌った。マフィアの世界から足を洗った、フランク・マシアーノ。サンディエゴで釣り餌店を営む“餌店のフランク”としての彼の平和な日々は、冬のある一日に突然終わりを告げる。過去の何者かが、かつて“フランキー・マシーン” ... » more
テーマ 読む

 「ボビーZの気怠く優雅な人生」 ドン・ウィンズロウ 気怠くも優雅でもない。風貌がそっくりなことから麻薬組織の帝王ボビーZの替え玉になることになった男のドタバタ人生。前回読んだシリアスな「犬の力」と趣きが異なりユーモアたっぷり。キャラもユニーク。男の子とのふれあいもGood! ... » more
テーマ 読む

「隠し剣秋風抄」 藤沢周平 前作につづき隠し剣シリーズ再読。いやぁ何度読んでもいいですね。まさに、文庫の裏に書かれている紹介文の通り。以下抜粋。「就寝前、一滴の読書。一作ずつ惜しみつつ頁を繰る。気難しい読者をこれほど満たした時代小説は昨今稀れである ... » more
テーマ 読む

「隠し剣孤影抄」 藤沢周平 以前読んだ藤沢周平さんの隠し剣シリーズ再読。映画化されたとのことで気になり、本棚を探したら「隠し剣秋風抄」しか見当たらず再購入。20年位前に読んだシリーズ。今読んでも新鮮で面白い。秘剣の話を借りた男女の物話という趣あり。 ... » more
テーマ 読む

「デクスター 闇に笑う月」 ジェフ ・リンジー アメリカでTVドラマ化された「デクスター」の原作小説第2弾。昼間は警察の鑑識として働く好青年。満月の夜には悪人を退治するシリアル・キラーに変わるという古今東西よくありがちな変身物。主人公デクスター・モーガンの造形がよくできている ... » more
テーマ 読む

「ラスト・チャイルド」 ジョン・ハート 家族の崩壊と再生の物語前半は霧がかかったような感じで事件の展開も遅く、読んでいてくじけそうになったが、後半は絡んでいたロープがほどけるように真実ががくっきりと姿を現す。ネタバレになるので詳細書けませんが、主人公ジョニーと ... » more
テーマ 読む

小説の比喩。 世界のほとんどは置き換え可能で、それは映像化することのできない活字の風景。小説の比喩・隠喩。『イル・ポスティーノ』、パブロ・ネルーダ。岡野宏文&豊崎由美『読まずに小説書けますか』第四章を読んで、マリオの心 ... » more
テーマ 言葉のこと 読む

「ノンストップ!」 サイモン・カーニック たしかにノンストップ(笑)スピード感が良く、あっという間に読んでしまった。主人公が事件に巻き込まれる必然性や、妻やその他登場人物の行動仕方など突っ込み所は多々あったが、なかなか面白かった。悪役がもっと強いとさらに2転3転して面白いの ... » more
テーマ 読む

ノートパソコンがこんなに放熱する生き物だったとは…とまたひとつ賢くなった今年の夏。後半は仕事する以外はひたすら読んでいた。仕事柄もあり、普段から読まない訳じゃないけれど、ここんとこの読欲はすさまじく、それは食べても食べても、まだ ... » more
テーマ 読む

おがぶろ「道具屋殺人事件」 愛川晶
「道具屋殺人事件」 愛川晶 以前から気になっていた作品。落語をテーマにした神田紅梅亭寄席物帳シリーズ。創元推理文庫で文庫化されたのを機に購入。文庫化前は2,000円近くしたのでちょっと購入をためらっていました(笑)落語家さんが謎解きをするミステリー。落 ... » more
テーマ 読む

日々是好日日々是好日 10/08/16
本屋大賞天地明察読みましたー。やっぱ、面白かったー。江戸時代の改暦話で、関孝和とか出てくるとかというだけで興味がそそられて、取り寄せて読んでみたらやっぱり面白かった!二世安井算哲改め渋川春海のキャラクタ造詣もかわいかったし、 ... » more

日々是好日日々是好日 10/08/15
今日は一日本を読んだり、DIVA2をしたり、録画を見たりしてましたー。ちょっと、DIVAルームの兄さんがかわいいのかわいくないのって。でも、ミクの寝姿を写真に取るのはどうかと思います。そして、めーちゃんが全然来てくれませ ... » more

あなたはこの漢字を読めますか? 「財団法人」を除く、大きな文字の部分を声に出して読んでみてください。僕は関西人なのでどうしても歌ってしまいます。「読めず」に歌ってしまう関西人は多いと思います。それ以外の地方の人は普通に読めると思います。 ... » more

「走ることについて語るときに僕の語ること」村上春樹 村上氏の作品は以前よく読んだが最近全く読んでいなかった。この本は興味深いテーマだったので文庫になったのを機に購入。ハワイ在住でランニング三昧なんて夢のような生活。でも30回近くフルマラソン完走しているなんてすごいね。しかもトライアス ... » more
テーマ 読む  コメント(2)

日々是好日日々是好日 10/07/07
平耕のドリフターズが面白すぎる件。連載をちょろちょろ読んでたときには、どうもよくわからなくて微妙な気分だったんですが、まとめて読んでみると、面白すぎる。なんだこれ。面白すぎるので、今すぐ続きを読ませるが良い。今すぐだーー ... » more

おがぶろ「民王」 池井戸 潤
「民王」 池井戸 潤 池井戸氏最新作。期待して読んだがちょいと肩透かし。後半少し良いタッチの場面あったが、全体に軽い感じ。路線変更だとしたらとても残念。親子の入れ替わりもよくあるネタで新鮮味がない。また是非「空飛ぶタイヤ」のようにもっとシ ... » more
テーマ 読む

おがぶろ「最後の一球」 島田荘司
「最後の一球」 島田荘司 御手洗潔が登場する身近な事件。良い意味で期待が裏切られた。何人かがレビューしているように短編の「数字錠」に似た雰囲気の人情話?御手洗的難事件解決を期待しすぎると空振り。これはこれで面白かった。私的おすすめ度★ ... » more
テーマ 読む

日々是好日日々是好日 10/05/31
GIANTKILLINGの新刊を読みました。後輩から借りて。今までこの漫画を面白いと思ったことは何度もありましたけれど、切ないなんて思ったことはなかったんですけど、はじめてそんな風に思ってしまった。いや、だってあの達海の ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 01:53

「読む」のブログ関連商品

» 「読む」のブログレビュー をもっと探す

「読む」ブログのユーザランキング

おがぶろ 1 位.
おがぶろ

テーマのトップに戻る