誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    弦楽四重奏

弦楽四重奏

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「弦楽四重奏」のブログを一覧表示!「弦楽四重奏」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「弦楽四重奏」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「弦楽四重奏」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

須山暢大「Quartet CO カルテット・シーオー」(2016年10月12日) ヴァイオリンの須山暢大さん(音34期)が出演します。Quartet COカルテット・シーオー2016年10月12日(水)開演19:00、開場18:30八重洲ホール(東京駅八重洲 ... » more
テーマ ヴァイオリン 音34期 弦楽四重奏

1月31日(日)カルテット・ジョイア チャリティコンサート開催のご案内 藝大大学院生による弦楽四重奏QuartetGioiaカルテット・ジョイアチャリティーコンサート2016年1月31日(日)午後7時より、渋谷区文化総合センター大和田6階伝承ホールにおいて、藝大大学院生による弦楽四重奏カルテット ... » more

昭和一桁のオーディオ(35)アメリカのQR(ジュリアードQR) もう30年近く昔になったが、シカゴを訪れたとき、エイザイの元学生I君が「何はともあれエヴァンストンを見ましょう]と、車で案内してくれた。そこはアメリカの金持ち社会の代表であり、アメリカ人の憧れが何かを示しているとのこと、立派で落ち着いていた ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(29)シャンドル・ヴェーグとカール・ズスケ 偉大な音楽家はちょっと聴いただけで感じ取れるものである。何故かわからないが、ヴェーグはその1人である。彼は1912年現在のルーマニア(クルージュ=ナポカ)に生まれ、1924年からハンガリー(ブダペストのリスト音楽院)で教育を受け、フーバ ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(28)東欧の弦楽四重奏団2(ヴェーグQR) 日本人にとってハンガリーはマジャールの国、そこに文化があるなって忘れているようです。実際はウイーンよりドナウの下流にあって、大音楽家が多数いるのだが、。(それにその下流のルーマニアからは相撲取り=琴欧州=がきて活躍しているのだが)ヴ ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(27)東欧の弦楽四重奏団(スメタナQRとハンガリーQR) 平成8年にドレスデン国立歌劇場へ「リゴレット」を見に行った。午前のひと時をテレべ河畔であそんだが、その上流にプラハがあるのはそのとき気づかなかった。プラハはウイーンで売れなかった、モーツアルトが「ドン・ジョバンニ」を大成功した場所で、つ ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(26)ドイツの弦楽四重奏団(3)(南のメロスQR) ドイツには二通りの音楽があるらしい、とは前から思っていた。南と北とは随分違ったテンポで演奏する。代表するのはベルリンフィルとバイエルン放送オケ。前者はイン・テンポなのに後者は伸び縮みがある。これは言語が関係するのではないか。ドイツ語は読 ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(25)ドイツの弦楽四重奏団・2(ズスケQR) 1962年から73年にズスケがべりリン国立歌劇場のコンサートマスターの間、ズスケQRの名で演奏死、67〜80ンrンの間この名でベートーヴェンの全集を録音しており、その後はベルリンQRの名になっている。77年ズスケがライプチッヒ・オケのコ ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(24)ドイツの弦楽四重奏団・1(ドロルツQR,ベルリン国立歌劇場QR) 1964年3月ドイツから戦後初めて弦楽四重奏団がやってきた。ベルリンフィルのメンバーエドヴァルト・ドロルツ率いるドロルツっ弦楽四重奏団で、東京の文化会館小ホールでハイドン、モーツアルト、ベートーヴェンら(ラスモスキー3番)だった。私には ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

昭和一桁のオーディオ(19)弦楽四重奏曲[脱ウイーンのQR」(モーツアルト・アマデウスQR1) 昭和33年(1958年)年4月にアマデウスQRが来日しています。前年にはパレナンQRとバリリQRを聴きにいっているのに、何故いかなかったのか。多分昭和33(1958)年3月に父の大病が発覚したためでしょう。20年以上後のことですが、この四重 ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

ガラテア弦楽四重奏団(13年4月7日、武蔵野文化会館) 僅か1000円で聴けるのだから文句を言える話ではない。でも清瀬市の北端から1時間かけていくのだから、察してほしい。この団体は8年もやっているので、重々ご存知の筈だが、弦楽奏者が4人集まれば弦楽四重奏となるわけではない。私は弦楽合奏を聴くため ... » more
テーマ 弦楽四重奏 演奏会の感想

昭和一桁のオーディオ(4)ベートーヴェン(弦楽四重奏曲作品132) 2ベートーヴェン1(弦楽四重奏)2.1ブダベスト弦樂区四重奏団初めて外来音楽家を聴きに言ったのはシゲティがきてから2年後の昭和29年2月です。その間に日本のオーケストラを数回聴きに行っていますが、弦楽四重奏はありません。外来音楽 ... » more
テーマ クラシックへの道 弦楽四重奏 昭和一桁のオーデオ

コーヒーの香り *****久しぶりにコーヒー豆を挽く。市販の袋入りの豆で特別なものではないが、ミルで豆を挽く作業は私にとって非日常の特別な行為なので、いつも散らかっているテーブルの上を片づけ手動式ミルとドリップのセットと電気ポットを並べる。 ... » more

マリナート試運転U デリリウム・トレーメンスSQ マリナート(清水文化会館小ホール)のテストラン・コンサート(無料)へ行ってまいりました。大ホールと同じ内装と見受けたが、音の方はどうだろう。弦楽四重奏を身近で鑑賞したいので、最前列を希望したらあっさり確保!遠慮深い皆 ... » more
テーマ 弦楽四重奏 マリナート デリリウム

エルディーティSQ 生演奏に三ヶ月くらい触れていなかったので、耳がブーブー行っている。(文句です)で今日は、袋井市の”月見の里学遊館うさぎホール”へでかけてみた。エルディーテ弦楽四重奏団(国産)の演奏で、シューマンの第三番op41−3とシューベルト ... » more
テーマ エルディーティSQ 弦楽四重奏 月見の里

ブッフベルガーQのハイドン:第二トスト四重奏曲 ハイドン:弦楽四重奏曲全集第8巻(2枚組)Brilliant Classics 2008-10-28 Amazonアソシエイト by ハイドン:弦楽四重奏曲集作品64第2トスト四重奏曲ブッフベルガー四重奏団 ... » more

SQWカフェカルミナQ練習中
ボロメーオSQが月曜日に湾岸を去ったと思ったら、火曜日にはカルミナQがやってきました。実に9年ぶりの来日!今日は朝から来年のフェスタの曲目の打ち合わせをして(あっと驚く、これまた一曲も聞き逃せない4日間になりますよ!)、4つインタビュー ... » more
テーマ 弦楽四重奏

SQWフェスタ、無事に終了しました。二つの弦楽四重奏団が、8人のソロイストとして、世にも素晴らしい演奏を聴かせてくれました。でも、そのリハーサルが行われていた瞬間、ひとつの命が、理不尽な暴力のために奪われていました。この ... » more

まもなく日も変わり、足かけ2年の準備をしてきた第一回目のフェスタも最終日です。Qエクセルシオのシューベルト「四重奏断章」、ボロメーオSQのシューマン第1番。ロマン派のエッセンスのような二曲の後には、メンデルスゾーンといえば、 ... » more
テーマ 弦楽四重奏

バルトークの第5番の自筆譜を投影しながらの演奏が本日の見どころ、です。と言ってしまいましょー。この楽譜自体の貴重さだけを思っても、見に来る価値はあると思いますよぉ。最初にPDFで送られてきたとき、やっぱりかなり背筋にぞぞぞぞ ... » more

今日もいい天気になりました。週末までは曇りがちながらも、それほど(昨日ほど)の大崩はしないようです。天気はお客様の出足にとても影響するので、やっぱり気になります…当日券は天気がいいほど、でますしね。さて、明日はショスタコーヴィチです ... » more
テーマ 弦楽四重奏

このところ梅雨の入りが遅かったので、6月第1週は大丈夫だろう、と思っていたら、なんと今年は早めの梅雨入り。いい天気はこの前の日曜日だけ、ということになりそうです。弦楽器に湿気はつらいもの。北米で演奏をするときには、途中のチューニング ... » more
テーマ 弦楽四重奏

おはようございます。ステージではすでに今日の「フィレンツェの思い出」のリハーサルが始まっています。Qエクセルシオの大友パパ、吉田ねえさんが加わって、休日の朝にみょうーに似合う、ゆったりとした音楽がホールに満ちています。昨 ... » more
テーマ 弦楽四重奏

考えてみれば(それほど考えなくてもいいけれど)、昨日のコンサートは、「第一ヴァイオリン養成ギブス」みたいなプログラムでした(表現が昭和で恐縮)。ハイドン、ベートーヴェンの初期、モーツァルトと来れば、第1ヴァイオリンの歌を、他3つの声部が ... » more

ほんとーに、毎回のことながら、全く更新せずに大変ご無沙汰しています。1月にNYにいたときには、「今年こそ…」と思っていましたが、やはり、三日も続かぬ坊主となり果て、そうこうするうちに、身辺いろいろおおきな変化も起きてしまい、うろうろして ... » more
テーマ 弦楽四重奏

これも正規盤ではなくて恐縮(ANC-151)。スプランフォン・ヴィンテージで出ているようだが。しかし、以前は知らなかった曲を、何気なく聴いていて何回も聴きたくなる・・・と言うことは=名曲であると言うことではないのかな?真面目に曲と対 ... » more

上海クァルテット  -325- 弦楽四重奏なんて聴くのは、何年ぶりだったのでしょうか・・。近くのホールに来てくれましたので、行ってきました。東京に出かければ、夜な夜な、こんなコンサートがやられているのでしょうが、少々面倒で・・。上海音楽院で結成されたから、 ... » more
テーマ 上海クァルテット 弦楽四重奏 杜のホール

SQWカフェバンフへ
ほんとうにご無沙汰です。いい加減に更新しなさい、というおしかりをいくつか受けていましたが、いやはや、やっぱりどうもなかなか落ち着かない日々が続いていたため、何かを書く、という意欲が…。出国し、飛行機が飛ぶまでの不思議な狭間の時間 ... » more
テーマ 弦楽四重奏

SQWカフェHelvetiaの歌
ずいぶんと長くご無沙汰してしましました。ここ2ヶ月ほどの間に、北米大陸に一度、韓国に一度、ヨーロッパに一度行って、昨日帰ってきました。このところ放電一方だったので、少し充電するために、そして、実際この先の仕組みと仕掛け造りのために、あち ... » more
テーマ 弦楽四重奏

SQWカフェ深夜の佃は真っ昼間
寝ようと思うと、オフィスアワーまっただ中のヨーロッパから次々とメールが…今取り組んでいるこの先の計画(クラシック音楽の世界は2年先3年先の話をするのは当たり前…気分はどんどん年をとる)について、目下スケジュール調整の真っ最中。それに ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 01:02

「弦楽四重奏」のブログ関連商品

» 「弦楽四重奏」のブログレビュー をもっと探す

「弦楽四重奏」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る