誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦後

戦後

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦後」のブログを一覧表示!「戦後」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦後」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦後」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

ブログ 硬惚の人「神田川」の頃
「神田川」南こうせつとかぐや姫が歌ったフォークソングが1973年(昭和48年)最大のヒット曲となる。貴男はもう忘れたかしら赤い手拭いマフラーにして二人で行った横町の風呂屋一緒に出ようねって言ったのにいつも私が待たされ ... » more
テーマ 戦後

『戦後日本スタディーズA「60・70」年代』(紀伊國屋書店、2009年)より: ・小森陽一によれば、吉田拓郎、井上陽水、小椋佳、松任谷由実は、文化史的な「反革命四人組」だった。「傘がない」(1972年)や「中央フリーウェイ」(197 ... » more
テーマ 戦後 日本

先日、1980年代に支配的になった、荒井由実=松任谷由実=ユーミンの「中央フリーウェイ」的な若者の感性・世界観に対して、姜尚中が同時代への苦々しい記憶を語っていたこと思い出して書いた。 そこから思い立ったのが、中央フリーウェイと言い ... » more
テーマ 表現 戦後 日本

深夜に帰宅し、NHKをつけていると、今井美樹がカバーして歌っている「中央フリーウェイ」が聞こえてきた。♪中央フリーウェ〜イと、さびの部分を今井美樹が歌うと、妙に甘ったるい声で、僕には少し気持ち悪かった。 そして、この曲の題は「和製英 ... » more

「‘M資金’と映画のことなど」時折は、映画を見ても感想ブログを書かないことがありましたが、ここのところ2、3本続いて書いていません。理由はよくなかった、面白くなかった、そのことをわざわざ書く必要はないと思っています。ある映画をい ... » more
テーマ 雑記 戦後 映画

今、図書館から借りている本の1冊が、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社、2011年)。 2年前にこの本が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した後の雑誌インタビューで、著者が熱っぽくそのエッセンスを語っていたのを ... » more
テーマ 戦後 有名人

以前、図書館から借りて読んだ本を思い出した。(書名、筆者は失念したが、調べればわかる) 1972年の事件当時、幼かったので覚えていないという年代の弁護士さんが、ある時期、この事件の国選弁護人に選ばれて知ったことは、刑事事件の常識、大 ... » more
テーマ 戦後 思想

占領戦後史研究会2013年第4回の研究会を開催いたします。 今回は、関口哲矢氏に、終戦後に陸海軍省から改組された復員庁の活動に関するソ連からの批判の真相について報告をお願いしています。 皆様、どうぞ、奮ってご参加下さい! また ... » more
テーマ 戦後 占領期 研究会

30年前に死んだ思想史家・橋川文三は、晩年の三島由紀夫に最も大きな影響を与えた同時代の思想家である。 その橋川が処女作のテーマにした昭和十年代の日本浪曼派、特にその中心だった保田與重郎に「なぜイカレタのか?」、素朴な疑問、純粋な興味 ... » more
テーマ 戦後 思想

Ban'yaこんなものは前衛ではない
ある馬鹿な男の吐いたことば一覧。造型俳句社会性は態度定型悪しきモダニズム天然本格俳句もの=ことばもじり俳句うぶすな土派定型感いきもの感覚すべてはイマジズム日本語以外リズムがない ... » more
テーマ 俳句 前衛 戦後

フェースブックに投稿したようにNHKのプロフェッショナル仕事の流儀:宮崎駿スペシャル「風立ちぬ」 1000日の記録を視聴して、この「風立ちぬ」を劇場で観たくなり、先日、観て来た。先入観無しでと言いたいところだが、この「1000日の記 ... » more

小学校(当時国民学校)の2年や3年で、「教育勅語」を暗唱し、神武天皇に始まる歴代天皇の名をそらんじた世代です。戦争が始まって、空襲を避けるために疎開したのに、疎開地で空襲に遭い、住む所を求めて彷徨い、人生で最も厳しい数ヶ月を経験する ... » more
テーマ 昭和 戦後 母校

15日の朝日デジタルの記事『(参考1)』は、戦没者追悼式での安倍首相の式辞の全文を載せている。そして同じく同日の同紙の記事『(参考2)』は、 アジア諸国に対する加害責任に触れなかった。1993年の細川護熙首相以来、踏襲されてきた対外的なメッ ... » more
テーマ 戦後 外交・安全保障 政治

映画「終戦のエンペラー」 -1275 厚木に降り立ったマッカーサーは、戦後処理の一つとして、戦争責任者の選別を命じます。とりわけ焦点とするのは「天皇」でした、米国内では最高責任者として死刑を望む声が多かったのです・・。@マッカーサーの部下のフェラーズ准将は日本通 ... » more

占領戦後史研究会2013年第3回の研究会を開催いたします。 今回は、平良好利氏に「基地問題」が沖縄戦後史研究や日米関係史の中でいかに扱われてきたかについて報告をお願いしています。 皆様、どうぞ、奮ってご参加下さい! また、非会 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

★昭和25年(1950)3月・池田蔵相「中小企業の一部倒産やむなし」と発言(同年12月「貧乏人は麦を食え」と発言−筆者追加)4月・公職選挙法公布・第一回ミス日本に山本富士子6月・朝鮮戦争始まる7月・金閣寺、放火のため全焼・マッカーサー、警察 ... » more
テーマ 昭和 戦後 母校

「もう戦後は終わった」とか「もはや戦後ではない」などと、昭和30年代、時として20年代の終わりにも言われることがありましたが、日本にとって(近代)国家として最初で最後の(おそらく)敗戦が、そのように軽く忘れ去ることができるのか、何事も元に戻 ... » more
テーマ 思い出 昭和 戦後

占領戦後史研究会2013年第2回の研究会を開催いたします。 今回は、中島信吾氏に防衛庁・自衛隊OBへの聞き取り調査をもとに、戦後の防衛政策の変遷について報告をお願いしています。 皆様、どうぞ、奮ってご参加下さい! また、非会員 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

占領戦後史研究会2013年第1回の研究会を開催いたします。 今回は、村井哲也氏に戦後政治史の根幹となった自民党政権の形成過程について、報告をお願いしています。 皆様、どうぞ、奮ってご参加下さい! また、非会員の方も参加可能です ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

前回、敗戦直後の昭和20年(1945)晩秋から、翌21年の、東京の家庭のエネルギー事情(と言うより、生活そのものについての記述の方が多いのですが)について書きましたが、今回は、その時期のことで思い出したこと、そしてその後の(昭和22年、23 ... » more
テーマ 思い出 昭和 戦後

占領戦後史研究会恒例の年末シンポジウムを開催いたします。今年のテーマは、「戦後体制の『初期条件』を問い直す」です。テーマの詳細については、「代表から皆様へ」をご参照ください。皆様、どうぞ、奮ってご参加下さい! また、非会員の ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

占領・戦後史研究会のご案内2012年度第3回研究会のご案内を申し上げます。皆様、奮ってご参加下さい。 また、非会員の方も参加可能です。ご希望の方は、連絡先までメールまたは郵便でご連絡ください。■日時 10月27日(土 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

昭和20年(1945年)8月15日。日本敗戦の日です。我が家にとっては、それより一ヶ月弱前の7月19日、米軍の空襲により、疎開先の北陸の街が壊滅した日が、事実上全てに敗れた日であると言えます。それからの、農家に置いてもらった何ヶ月かは、家庭 ... » more
テーマ 思い出 昭和 戦後

去る7月21日に開催いたしました、横浜市史資料室との共催講座は、大盛況でした。「横浜から昭和を探る――新しい昭和史像を求めて」という題名通り、前半は、大西比呂志氏(フェリス女学院大学))「『横浜市史U』の頃―市政関係を中心に」 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

プリティ長嶋のブログ平和の有り難さ
平和の有り難さ 皆さんこんばんは(*^_^*)67年前の今日から日本人は「殺さなくても良い。殺されなくても良い。爆撃に怯えなくても良い。軍部の無理強いに従わなくても良い。...愛する夫の帰還を笑顔で迎えられる。父親に会える。」 ... » more

≪占領・戦後史研究会、横浜市史資料室共催≫ 公開講座のご案内「横浜から昭和を探る――新しい昭和史像を求めて」今回は横浜市史資料室と協力して公開講座を開催することになりました。同資料室はこれまで『横浜市史』を刊行するとともに、 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

3度目の結婚がニュースになった松田聖子の人気が、30年前のアイドル絶頂期の頃いかに凄かったか、若い世代に伝えようとしているうちに浮かんだのが、「一人AKB」という言葉だった。 「一人でAKBグループ全員87人だかに相当する人気があっ ... » more

占領・戦後史研究会のご案内 2012年度第2回の占領戦後史研究会を開催いたします!今回は、神戸女子大学の野口和美さんに、発表をお願いしています。皆様、どうぞ奮ってご参加下さい。また、非会員の方も参加可能です。 ... » more
テーマ 歴史 戦後 研究会

しばらく前の日記「三島由紀夫と橋川文三」を読み返して思い出した。 同名のタイトルの本の著者・宮嶋氏は、三島の晩年の右傾化に最も影響を及ぼした同時代人は橋川文三でないか、と推定している。これを読み返して思い出したのが、板坂剛氏の書いた ... » more

今はフロリダ在住で、イタリアにも住んだ元飲み友達Anragiさんによれば、イタリアではバターやマーガリンの代わりにパンにオリーブ油を塗るのは普通で、至る所でオリーブ油を使うという。 僕自身も今は、一般のサラダ油の代わりにオリーブ油を ... » more

 

最終更新日: 2016/11/14 01:01

「戦後」のブログ関連商品

» 「戦後」のブログレビュー をもっと探す

「戦後」ブログのユーザランキング

国民国家 2 位.
国民国家

テーマのトップに戻る