誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ★★★★

★★★★

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「★★★★」のブログを一覧表示!「★★★★」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「★★★★」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「★★★★」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

あざの耕平の、吸血鬼サーガ「BBB」完結編。朱姫の大魔術によって特区に乗り込んだミミコは、ジローと再会を目指す。それを阻止せんと動く九龍の子たち。二人にザザの魔の手が伸びる。ジローは九龍王を再び倒せるのか??ネタ ... » more

サイエンスコミュニケーション―科学を伝える5つの技法日本評論社 千葉 和義 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ科学者が一般の人にわかりやすく科学を伝えるのは,案外難しいものです.昨今多くの科学者がTVなどで解 ... » more
テーマ ★★★★ プレゼン サイエンスコミュニケーション

BONOの本棚知の教科書 フーコー
知の教科書 フーコー (講談社選書メチエ)講談社 桜井 哲夫 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ最近,世代論などを読んでいるとよくフーコーやレヴィ・ストロースなどが出てきます.無意識的な構造によって私たちは物事を ... » more

BONOの本棚百年前の私たち
百年前の私たち――雑書から見る男と女 (講談社現代新書)講談社 石原 千秋 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ「昔は良かった」と無責任に,得意げに語る大人が私はとても嫌いです.年若いものを前にして,ただ少し早 ... » more

BONOの本棚超「超」整理法
超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー講談社 野口 悠紀雄 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ野口悠紀雄のベストセラー「超」整理法の発展版ですね.日々大量にやってくる情報や資料をどう整理・利用す ... » more

寿安という少年を軸に、島原の乱を書いた力作。島原の乱というと、キリスト教徒の反乱と教えられることが多いが、実のところ、松倉家の失政に原因がある。石高というのは、一人一石がだいたいの相場である所、一人二石を課した。これが最 ... » more
テーマ ★★★★

黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望 (光文社新書)光文社 水無田 気流 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ変な題名ですが,世代論です.しかも私とほぼ同じ年代.景気が個人の人生に大きな影響を及ぼ ... » more

彩雲国物語の黄粱の夢をGET。早速読んでみた。なんだか短編が立て続けな感じがしますが、書いておかないともう書く機会がないんでしょうねえ。次からが最終章つってるし。・鈴蘭の咲く頃に・空の青、風の呼ぶ声・千一 ... » more

BONOの本棚悩む力
悩む力 (集英社新書 444C)集英社 姜 尚中 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ一見すると,自由がいたるところにころがっているように見える日本社会.共同体の牧歌的な結びつきを解体していく市場経済.その中で ... » more

ついにクライマックス!ということで、香港聖戦の前夜、いったいカーサに何があったのか。アダム・王とは何が。アンヌが倒れる時に「リズ・・」と言ったリズは誰なのか。その真相がワインにカーサが語るという形でついに判明。そして ... » more

今日、ホームレスになった―15人のサラリーマン転落人生彩図社 増田 明利 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ派遣切りなどが問題になっている昨今ですが,もう少し前にホームレスとなってしまった方々を取材して,どう ... » more

自然環境解析のためのリモートセンシング・GISハンドブック古今書院 Amazonアソシエイト by ウェブリブログリモートセンシングやGISの基礎とその利用の実際例を,自然環境分野に的を絞って紹介した本.類書ではリモセン ... » more
テーマ ★★★★ GIS/RS 専門書

BONOの本棚起きてから寝るまで英単語帳
起きてから寝るまで英単語帳―身の回りのものを全部英語で言ってみよう!アルク 荒井 貴和 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ多すぎず少なすぎずちょうどいいくらいの内容.赤いシートが付いていて,単語を消せ ... » more
テーマ 英語 ★★★★

リジュー君の冒険譚も一部完、だそうです。一応二部もあるそうで、そこはありがたい。それはともかく、全編ノンストップのアクションです。シュエット姫を助けるために奮闘するリジュー君とビアン。ビアンの戦闘力のすさまじさが明らかに ... » more
テーマ ★★★★

BONOの本棚基礎シリーズ 水理学入門
水理学入門 (基礎シリーズ)実教出版 岩佐 義朗 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ題名の通り本当に基礎的な内容をあつかった水理学の教科書.高校レベルの水理学だとは思いますが,物理・数学に苦手意識のある大学生 ... » more
テーマ 水理学 ★★★★ 教科書

水理学 (環境・都市システム系教科書シリーズ)コロナ社 日下部 重幸 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ大学学部レベルの水理学としては,ほどよい内容を網羅した教科書ですね.基礎水理学として,教えたい内 ... » more
テーマ 水理学 ★★★★ 教科書

BONOの本棚まこと学ぶ英語の本
まこと学ぶ英語の本アルク まこと学ぶ英語の本制作委員会 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ人気ブログまこという名の不思議顔の猫のまこにまつわる英語の本です.とても楽しい英語表現がいっぱいで思わずにやっとしてし ... » more
テーマ 英語 ★★★★

いよいよ、第二部クライマックスへ。アストラル一行は京都へ。修学旅行&社員旅行だが、猫屋敷の所属元である八葉からの招待状も届いていた。彼らからの依頼は、レイラインを改造してくれ、というもの。その突飛な依頼に、いつきは面食ら ... » more

ここしばらくの中では、意外におもしろかったラノベ。リビングデッド・ファスナー・ロックは奇伝小説であってまちがっても推理小説ではない。話は、女子高生の遺体が河原で発見される所から始まる。不思議な事に、その遺体は軽くペラ ... » more

ショォォォック!!巻末におまけ漫画がはいっていないなんて。これは抗議したい。断固抗議したい。私はこのおまけ漫画が楽しみで買っていたような物なのだ。非常に残念である。それはさておき、本編は秀麗が外朝で修行する話であ ... » more
テーマ ★★★★ 漫画

分厚い。しかも、塩野七生のかつての本の宣伝が所々入っていて、鼻につく。これさえなければ、二冊まとめてで無条件に星5つ挙げてもいいんだが。それを差し引いても、読んだ価値はあった。世界史を読んでいて、ずーっとわからない事 ... » more
テーマ ★★★★

時代小説の第一人者、佐藤 雅美氏の処女作。幕末、日本はアメリカのペルリ提督に武力によって脅迫され、開港を迫られた。開港すれば、どうしても必要になるのが為替である。他国の通貨を自国の通貨に変える。それが為替である。その ... » more
テーマ ★★★★

コミック化、アニメ化おめ。だが、昨今のアニメの粗製濫造ぶりだとかなり不安が残るんだが、この小説の祖筋は非常に単純なので大丈夫だろう。さて、四巻。今回は独立交易都市の外に舞台を移しますが、登場人物があんまり変わっていな ... » more
テーマ ★★★★

BONOの本棚Water for Life
Water for Life (Penguin Longman Active Reading)Penguin Bernard Smith Amazonアソシエイト by ウェブリブログ簡単な英語で水のことをとてもわかりや ... » more
テーマ 英語 ★★★★

国民と消費者重視の農政改革 (経済政策分析シリーズ)東洋経済新報社 山下 一仁 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ農業経済の専門書です.私の専門分野とは微妙にずれますが,ときおり新聞や雑誌等で山下氏の論評 ... » more

☆とり天定食&あげ豚定食☆〜玖珠インター(下り)〜 大分県の九重大吊橋に行く途中。。。高速で玖珠インターの看板が見えてくるとお腹が減ってくる大分方面に行く時のお気に入りが、玖珠インターの中にある何の変哲もない食堂の『とり天定食』と『あげ豚定食』だ ... » more

限定版ではありません。もやしもんの第七巻。相変わらずのペースで進んでいますが、相変わらずです。つーか、もう少しペースを速めて下さい。話は日本に帰ってきてようやく発酵の話に戻ります。大豆発酵させたり、吟醸作ってみたりと ... » more
テーマ ★★★★ 漫画

少し前から、「ローマ人の物語」の塩野七生が海賊の物語を書く、と言っていた。その本がこれである。西ローマがなくなった後から、ルネッサンスまでのつなぐ物語。この本を読むと、暗黒の中世と呼ばれる一端が少しだけわかる。少しだけ、 ... » more
テーマ ★★★★

このSFがすごいって奴で紹介されていたので、購入。作者の円城 塔氏の作品は初めて。読んでみて、ぶっ飛んだ。SFなんだが、これを書いた人間の頭の中はどーなっているのか、と。まあ、一八個の短編からなるんだけれど、そのいず ... » more
テーマ ★★★★

いや、すばらしい。しかし、大丈夫なんか。設定が若干矛盾しはじめているような気がすごくすごくするんですけれど。今回の最大の驚きは、紅邵可の本気モード覚醒。この巻の印象をすべて持って行った。やっぱ最強っぽい。そろそろ御史台編 ... » more
テーマ ★★★★

 

最終更新日: 2016/11/13 22:52

「★★★★」のブログ関連商品

» 「★★★★」のブログレビュー をもっと探す

「★★★★」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る