誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    批評

批評

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「批評」のブログを一覧表示!「批評」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「批評」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「批評」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

1976年アメリカ監督ジョン・スタージェス音楽ラロ・シフリン私が父に初めて映画館に連れて行って見に行った記念すべき作品です。また映画としても実に面白かったです。敗色濃いナチス・ドイツはチャーチル誘拐というとんでもない奇策を思 ... » more

オリンピックの開催のせいでロンドンの建設費に優先的に固定されてしまったことが、ロンドンオリンピックでの深刻な問題であり続けました。不況で疲弊した地方に必要なカネが回らないのですね。同様に、この問題は東京オリンピックまでの7年間の問題となる可 ... » more

原初のテクストを映画に与えることーゴダールの芸術至上主義について「子の曰く、吾、衛より魯に反(かえ)りて、然して後、楽正しく、雅頌各得(がしょうおのおの)其の所を得たり」(「論語」)。嘗て定位した共同儀礼のホームレスとなった詩と’音 ... » more

1、演劇と映画対象を追うという言葉は、演劇人が依拠する訴因的中心の構成を言い表している。対象とはなにか?それは、与えられた脚本から解釈し再現しなければならぬ、そこに作者が定位しているとみなされる言語的射程をいう。だから、映画 ... » more

国家を超えた普遍性に関わろうとした重い言葉と、僅か四コマに、視点から視点へと螺旋状に沿って軽やかに変化していく映像の流れ、衝突する照明のコントラスト、衝突するアングル、そして版画の如き太い線で浮かび上がらせた彫刻みたいな人間の質量感 ... » more

ふくろう猫、アイルランドを語る もうこの時代は、不確定で無数に生じるあっちこっちとしか関わるしかないと思ってます。それでパスカルの問いをそのまま言うのです;なぜこのわたしは彼方側ではなくて此方側にいるのだろうかと。この問いだけは確か ... » more

Question;近代のイギリス英語はいつ、形成されたのでしょうか?Answer; 17世紀の欽定聖書(英語訳)をベースに発展したというのが定説です。古代ヘブライ語から英語に翻訳したのです。歴史豆知識ですが、当時ドイツ語よりも、もっ ... » more
テーマ 英語 批評 多文化主義

近代主義と反近代主義、原発推進派と反原発派 乱暴かもしれないが、非難を恐れずにあえて分かりやすく図式的に整理してしまうと、こうだ。近代主義の原発推進派からみると、反原発派の生命の讃歌と一体としてある主張は、前近代的な ... » more

これから心配しなければならない二、三の事柄これからは、首相靖国公式参拝の問題ひとつとっても、嘗てないほど深刻な問題となるのでしょうか。最高裁は小泉首相の靖国参拝を正当化し、信教の自由と政教分離の原則を空洞化してしまいまし ... » more

参議院選挙の後にわれわれはどこにいるのか?われわれはどこへいくのか?われわれはどこにいたのか? 一年前に発表された自民党草案について知らないでは済まされないでしょう。が、実際は殆ど知られていないのが非常に残念。知ろうともしな ... » more

三、子安宣邦著"「アジア」はどう語られてきたかー近代日本のオリエンタリズム"(藤原書店、1993)の感想文 「アジア」はどう語られてきたかは、アジアに包摂されるわれわれはどう語られてきたかという問いを含んでいる。だから、子安 ... » more
テーマ 子安宣邦 批評 思想

1、(工事中)思想における他者の介入−言葉を中心としてー 1、子安宣邦「思想史家が読む論語ー「学び」の復権」の感想文−「論語」と戦後憲法(前文)と丸山真男の江戸思想のシナリオ(「日本政治思想史研究」)は、ポス ... » more
テーマ 子安宣邦 批評 思想

六、「国家と祭祀」 祀る国家、戦う国家の絶望とはなにか?滅びゆくものから、言葉・音・石・色から、不朽のものを創り出そうとする、その絶望的な試み。形をまとった空間が、時代を超越していくために。ニ十年ごとに繰り返す「再帰する ... » more
テーマ 思想哲学 子安宣邦 批評

子安宣邦氏;「日本思想史」の成立とイスラム世界ー和辻哲郎と大川周明ー<「日本近代思想批判、ー国知の成立」(岩波現代文庫、2003年)より>の感想文帝国主義と旅行者の視線、この両者はオリエンタリズム形成の条件だった。例えば、1 ... » more
テーマ 子安宣邦 批評 思想

1、子安宣邦「思想史家が読む論語ー「学び」の復権」の感想文−「論語」と戦後憲法(前文)と丸山真男の江戸思想のシナリオ(「日本政治思想史研究」)は、ポストコロニアリズ的語彙によって、翻訳できないことはない。主観哲学に定 ... » more
テーマ 子安宣邦 批評 思想

初出:「試行」1961年9月〜1965年6月初刊:『言語にとって美とはなにか第T巻』『言語にとって美とはなにか第U巻』勁草書房、1965年テキスト:『定本言語にとって美とはなにかI』角川ソフィア文庫、2001年・序文第T ... » more

documents<本質性>の思想家、吉本隆明
<本質性>の思想家、吉本隆明 ここ1年ほど、吉本隆明の著作を初期から順に読んでゆく、という読書会に参加させていただいているのですが、現在『言語にとって美とはなにか』(1961年〜1965年)まで読んできて、だんだんと吉本という思想家の像が見えてきたかな、という気がしてい ... » more

たとえば「顔貌性」という言葉から、『他人の顔』を想起する。あるいは「逃走線」という言葉から『砂の女』を、「生成変化」という言葉から「デンドロカカリヤ」などの<変形譚>を。……現代思想の代表的な哲学者ジル・ドゥルーズが、精神科医フェリック ... » more
テーマ 安部公房 批評 文学研究

講談社文芸文庫『<真善美社版>終りし道の標べに』をテキストとしました。引用については、『終りし道の標べに』真善美社版は[講談社文芸文庫のページ数 / 安部公房全集第001巻のページ数]、それ以外は[安部公房全集の巻数とページ数] ... » more
テーマ 安部公房 批評 文学研究

安部公房『終りし道の標べに』真善美社版あらすじこれまで作成したデータベースをもとに、安部公房『終りし道の標べに』真善美社版のあらすじを作り直してみました。これまでまとめたこととの重複ばかりであるうえに、かなり乱暴なものになってい ... » more
テーマ 安部公房 批評 文学研究

安部公房『終りし道の標べに』真善美社版 データベース 安部公房『終りし道の標べに』真善美社版データベース■内容の整理・献辞・第一のノート・第二のノート・第三のノート・十三枚の紙に書かれた追録■時間軸に沿った整理・作品内の出来事の年表・ ... » more
テーマ 安部公房 批評 文学研究

Viola♪ on my Rail2ちゃんねるのクズ共
2ちゃんねるのクズ共 いじめという言葉がある。集団で一人を肉体的暴行、精神的暴行、社会的暴行をすることである。この国の人間はいじめが大好きだ。2ちゃんねる彼らは集団で一人の人間を晒しあげ批判する。批判? ... » more

・舞台とはそもそも遠くからくる。そして意外にも、プイグとプルーストが見事に描いたように、キスも同様に、そもそも遠くからくるのだ。隕石よりも遥か遠くからかもしれぬ。キスがもつ異様さとは何か?キスがもつ異様さとは、同一的に安らうものに他 ... » more
テーマ 批評 演劇 感想文

吉本隆明は『カール・マルクス』で、【1】本質性……マルクスの<自然>哲学に対応【2】現実性……マルクスの市民社会分析(経済学)に対応【3】幻想性……マルクスの宗教・法・政治的国家の分析に対応の三幅対を立てたわけですが ... » more

吉本隆明「日本のナショナリズム」 先日、吉本隆明の読書会で、『自立の思想的拠点』(徳間書店、1966年)から、「日本のナショナリズム」(1964年)を読みました。「大衆の原像」とか「自立」といった、吉本思想のキーワードとなってゆく概念が出て来る、ひとつの転機 ... » more

「吾人の世に在るや、必ず一つの完全なる立脚地なかるべからず。若し之なくして、世に処し、事を為さむとするは、恰も浮雲の上に立ちて技芸を演ぜんとするものの如く、其の転覆を免るる事態あたはざること言を待たざるなり、然らば吾人は如何にして処世の立脚 ... » more
テーマ 親鸞 思想哲学 批評

天安門広場事件から簒奪された「事件性」を取りもどすこと、今日神話的に内側に絡み取られてしまった言説から、批評にもとづくリアルな歴史を取り戻すために、子安宣邦氏は、本書「日本人はどう中国を論じたか」を書いたのではないだろうか。「日本人 ... » more
テーマ 思想哲学 批評 感想文

documents『燃えつきた地図』について
『燃えつきた地図』について もう20年近く前、『燃えつきた地図』を初めて読んだ、その文庫本をいまも持っています。ぼろぼろのカバーはセロハンテープで無理やりに補修されており、紙は褪色と手垢で黒ずみ、どのページを開いても無秩序な書き込みがあって、はがれたページもセロハ ... » more
テーマ 安部公房 批評 文学研究

1、「倫」は、「人+(音符)リン」で、短冊の竹札を集めてきちんと整理するさまを示し、更にここから、人間の間がらの意をあらわす。例えば、貨幣と商品の関係に還元されない、人と人との関係がある。結局、倫理はここ、関係の探求に至る。「マルク ... » more
テーマ 思想哲学 中国論 批評

1、イェニーとは誰か?イェニーは、亡命したマルクスと一緒にやってきた。かれらは、始めロンドンの市中のソーホーに住んだ後、ハムステッドの広い住居へ移った。イェニーは、悪筆で判読不能なマルクスのドイツ語の原稿をくまなく清書する役目を負っ ... » more
テーマ 思想哲学 批評 マルクス

 

最終更新日: 2016/11/13 20:40

「批評」のブログ関連商品

» 「批評」のブログレビュー をもっと探す

「批評」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る