誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    バードウオッチング

バードウオッチング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「バードウオッチング」のブログを一覧表示!「バードウオッチング」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「バードウオッチング」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「バードウオッチング」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

tabibitoリバーサイド・ウオーキング
リバーサイド・ウオーキング F 氏の提案で嵐山から大阪湾までを桂川・淀川の川沿いに五回に分けて歩くというプランにOOHIKAIのメンバが賛成し、第一回として嵐山までは阪急電車で行き、久我橋までの約15`を(後でF 氏からメールで18`有ったと言うことでしたが)歩き ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録ハヤブサ
ハヤブサ 埼京線際の彩湖畔にある高圧線鉄塔に止まっているハヤブサを発見!この個体の少し上の段にもう一羽、一度に2羽のハヤブサを見かけたのは初めてのことだ!どうも、つがいらしいが、飛び立つときは、まず♀が、やや時間を置いて♂が飛翔した。レデイファー ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録鳥見初め
鳥見初め 2008年の鳥見初めは、毎年、近所巡りから行っている。散歩コースを一周すると、10種ほどになる。シジュウカラの一家が賑やかに通り過ぎて行った。次に、見沼田んぼと秋ヶ瀬公園という順序になる。昨年の鳥見出動回数は延べ63回、ネット126種を ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー 明けましておめでとうございます。穏やかな元日でした。今年一年が今日の天気のようになることを祈ります。少なくとも「偽」という漢字が一年を象徴することのないように願いたいものです。カレンダーの画像はコハクチョウです。2007年の鳥見の目標を ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー 12月のカレンダーをアップしていなかった。今更ながら(^_^;)画竜点睛を欠くかもしれない?ので切りをつけることにした。撮影地は、現在の深谷市、旧川本町本田地内の荒川の清流である。コハクチョウは、今年も飛来している。最近、上野不忍池のカ ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録トモエガモ
トモエガモ 武蔵丘陵森林公園の大沼、といっても、それほど大きな池ではなく、大沼より大きな池はいくつもある。その大沼は、マガモが圧倒的な勢力だったが、つぶさに見て行くと、その中にトモエガモの姿があった。♂3羽♀2羽を確認。閉園間近な時間帯のこととて、 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録コハクチョウ
コハクチョウ 深谷市本田地区を流れる荒川にコハクチョウが飛来しているので見に行った。例年200羽以上飛来するが、行った日は約40羽だった。その何十倍かのオナガガモが川面・岸辺を埋め尽くしていた。その中に混じって、マガモ、ホシハジロ、遠く離れて、ホオジ ... » more

11月カレンダー 今年の暦も残す処2枚になってしまった。写真のジョウビタキ♀は昨年11月に撮影されたものだが、今年は10月30日に雄を観察できた。また、各地から一斉にジョウビタキ到来の情報が入ってきたので、群れが渡って来たのだろう。警戒心があまり強くない ... » more

10月カレンダー 昨年10月、秋ヶ瀬公園で撮影したアトリです。今年の鳥見出動回数65回が目標なのに、9月に入っても、猛暑と多忙でさっぱり回数が増えない(>_<)カモ類の到着が遅れているらしいとの話を聞くが、果たしてどうなんだろうか。先日の ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録谷津干潟
谷津干潟 中秋の名月の日、大潮になるので谷津干潟に出かけた。秋の渡りは最終盤だが、何かには出会えるだろうと期待していった。しかし、汐が引いている間は、シギチは全くと言っていいほどいなかっった。午後1時を過ぎて汐が満ち始めて、ようやく、ハマシギ、ダ ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録三室探鳥会
三室探鳥会 日本野鳥の会の三室定例探鳥会があった。毎月第3日曜日に行われるこの探鳥会の参加者は常に多い。夏日の今回も63名に達した。コースの芝川は、改修工事中のため、所々に重機が置かれている。改修工事のためか?近年、鳥の出が著しく減っているのは、寂 ... » more

9月カレンダー 延々と続いた猛暑もようやく一段落、暦は9月にかわります。暑さぼけで、8月のカレンダーをアップしそこなったが、9月のカレンダーをアップします。画像は、昨年、飛島に行ってときに撮したトビ。飛島の空には、いつも何羽かのトビが飛び交っていた。烏 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録谷津干潟
谷津干潟 谷津干潟探鳥会に参加した。猛暑が続いているが、確実に季節は移っていのだろう、秋の渡りが始まっているのだ。今日もとにかく暑かったが、潮目の良いこの日、日本野鳥の会の3支部が探鳥会を開き、干潟の周りはいつになく賑わった。鳥あわせの結果、確認 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録夏富士
夏富士 富士山奥庭に野鳥キクイタダキを見に出かけた。前日の降雨のため水場で見られる確率は低かったが、幸運にも、日本で最小の体に頭にオレンジ色の冠羽を持つ、キクイタダキが現れてくれた。もう一つ期待のホシガラスも何度か現れ、可愛いお目目を楽しませて ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録アオバズク
アオバズク 市内の公園でアオバズクが繁殖した。3羽巣立ったと聞いて、期待に胸を膨らませて出かけた。カメラマンを探すとすぐに場所は知れた。なんでも、NHKで放映したらしく、知っている人がパラパラとやってくる。運良く、親子5羽が揃っているところを真下か ... » more

7月カレンダー 今年の半分が過ぎ去った。年をとると時間の経過が早く感じられるようになるようだ。半年くらいはあっという間だ。カレンダー画像のセッカは、大久保農耕地で撮影されたものだ。いつもは草のてっぺんにアクロバット的に止まっているのに、このときは、何 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー 遅ればせながら、6月のカレンダーをアップする。市内大久保農耕地で出会ったこのキジは、警戒する様子も見せず、田を背にして、畦上を行ったり来たりしながら、様々なポーズを撮らせてもらった。キジは、国鳥にふさわしい品格が感じられる。 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録谷津干潟
谷津干潟 半年ぶりに、習志野市谷津干潟で探鳥してきた。珍鳥の春の渡りを期待したが、珍しい種は見つからなかった。最大勢力はハマシギ、その他確認したシギ・チドリを列挙すると、メダイチドリ、ダイゼン、キョウジョシギ、トウネン、ミユビシギ、アオアシシギ、 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録カレンダー
カレンダー ゴールデンウイークに突入したが、エブリデイサンデイの身にとっては全く有り難みは無い。それどころか、交通渋滞や人混み等を考えたら、家でじっとしている方が賢明だろう。にもかかわらず、一昨日、足利フラワーパークまでドライブした。3時間 ... » more

4月カレンダー 今年も四分の一が終わってしまった。あっという間に感じられる。各地のソメイヨシノは満開になっているが、花曇りという気象なのか、お花見によっては生憎の天気が続いている。画像のバンは、芝川で繁殖し、沢山生息している。春になると、赤い嘴が一層鮮 ... » more

ヒレンジャク 秋ヶ瀬公園の子供の国のヒレンジャクの人気はまだ続いているようだ。8時半に着いたときには既にカメラの放列だった。今日のヒレンジャクは、4日前と違って頻繁に地上に降りて何かをついばんでいる。よく観察すると、ヤドリギの実をくわえている。落 ... » more

ヒレンジャク ヒレンジャクがやってきた。秋ヶ瀬公園の子供の国に十数羽飛来し、ヤドリギの実を頻りについばんでいた。画像をご覧のとおり、顔立ちは歌舞伎の隈取りのようななかなかすごみがあるが、鳴き声はヒィーヒィーとか細い、尻から垂れ下がっているのは ... » more

3月カレンダー あっと言う間に2月が終わった。一年で最も寒い月のはずだが、暖冬の今年は楽だった。私の部屋の温度計がついに10度を切ることはなかった。昨年、悩まされた足のアカギレもできず、助かった。このまま直線的に春になってしまうなどということはないだろ ... » more

コハクチョウ 墓参りに行ったついでに、荒川の川本地区に来ているコハクチョウを撮影に行った。約200羽ほどのコハクチョウと数え切れない位沢山のオナガガモがいた。カモを画面に入れないで撮るのは難しいほどだ。少し離れた流れの中程では、ホオジ ... » more

のどかな清澄庭園の目に見えぬ激しい生存競争 清澄庭園は元禄時代に造られた庭園で、隅田川から水を引いた大きな池を特徴とした回遊式庭園として有名です。ここは紀ノ国屋文左右衛門の別邸であったともいわれています。その後久世大和守の下屋敷となり明治に入って岩崎弥太郎がこれを買い取り、日本全国か ... » more

ホオジロのさえずりコアジサシ
コアジサシ 鳥達の中には水の中にダイビングして小魚を獲る名人がいます。カワセミは川の小魚を、コアジサシは海の小魚を見事に捕らえます。この両者に共通することは雄が雌に求愛する時は必ず小魚を口に加えて雌の口元ににじり寄りプレゼントします。これを見ていると可 ... » more

ホオジロはスズメによく似た目立たない小鳥です。北海道から屋久島までの全国に生息し、日本をこよなく愛して留鳥となりました。どうやって見分けるかといいますと、まず頬の白さであります。でも、「スズメが黒いサングラスをかけている。」と言った方がもっ ... » more

 

最終更新日: 2017/03/14 20:39

「バードウオッチング」のブログ関連商品

» 「バードウオッチング」のブログレビュー をもっと探す

「バードウオッチング」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る