誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    バードウオッチング

バードウオッチング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「バードウオッチング」のブログを一覧表示!「バードウオッチング」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「バードウオッチング」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「バードウオッチング」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

イソヒヨドリ 久しぶりに、イソヒヨドリとの出会いがあった。出会いの場所は、伊豆半島南端に近い「恵比寿島」。恵比寿島の特徴は、島の入り口にあった掲示板によると「海底火山の記憶を残す信仰の島」らしい。具体的には、太古の海底火山噴出物(火山灰軽石の地層、土 ... » more
テーマ バードウオッチング 野鳥 恵比寿島

ヒマおやじのマルチ見聞録ケリ再来
ケリ再来 イベントレスのGW、毎年恒例になったケリを探しに出かけた。場所は岩槻区釣上地区界隈。真夏日となる暑い日、汗を流しながら田んぼを一周したが、ケリの姿は発見できなかった。替わりに、チョウゲンボウ、キジ♂に出会った。あきらめかけて、満々と水を ... » more

ニュウナイスズメ 実に久しぶりに、ニュウナイスズメに出会えた。体長14cm、ほぼスズメと同じ大きさである。図鑑によれば、成鳥♂の夏羽らしい。観察できる時期は、夏鳥または漂鳥とされている。スズメトの決定的な違いは頬に黒斑がないことだ。近くにいた雌は、背中が ... » more

市街地で生活をするチョウゲンボウ狩りをするのも超高速で 獲物を持つチョウゲンボウ阪神間の市街地、午後4時前。一軒の家のテレビアンテナにハトぐらいの鳥が飛んできて止まった。何の鳥か確かめようと目を凝らす。ものの数秒で下の方へ飛び降りてしまった。そして、数秒ほどでまた飛び上がってきて近くの電 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録シマエナガ
シマエナガ 体長14cm、雌雄同形、野鳥の中でも最小クラスの小鳥である。しかも、体長の半分を尾が占めているので、さらに小さく見える。マイフィールドには「エナガ」がいるが、亜種シマエナガは北海道で繁殖している種である。エナガとの違いは、頭が白いこと、 ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録トモエガモ
トモエガモ 用事のついでに、さいたま市の見沼自然公園に立ち寄ったところ、なんと、昨年12月14日に観察したトモエガモがまだいた。トモエガモが2ヶ月以上滞在しているとは驚きだ。かなり人慣れしてしまい、オナガガモ、ヒドリガモの集団と一緒に、芝生に上陸し ... » more

エゾオオアカゲラ 千歳市郊外にある「バードウオッチングカフェに」に行ってきた。札幌雪祭りのついでに立ち寄ったものだが、幸運にも「エゾオオアカゲラ♂」が飛来してくれた。同じ所に止まったアカゲラ(エゾアカゲラ?)に比べるとかなり大型である。図鑑による体長は、 ... » more

エゾフクロウ 札幌市南区にある真駒内公園に行ってきた。いわずと知れた札幌オリンピックのメイン会場であった公園だ。競技場近くに車を置いて、エゾフクロウを探して当てずっぽうに雪道を歩き始めたが、公園内は雪に覆われ、踏み固めた場所以外は歩行困難な状況だ ... » more

ミヤマカケス 千歳市蘭越に所在する「バードウオッチングカフェ」に行ってきた。新千歳空港から西方、支笏湖に行く途中にある。このカフェを開いたのは、埼玉県出身の動物カメラマン「嶋田」さん。カフェの一角に撮影のための部屋が設けており、庭先にやって来る野鳥を ... » more

アメリカヒドリ飛来 ヒドリガモは、冬鴨としてマイフィールドに毎年飛来するので、容易に観察することができる。しかし、アメリカヒドリとなると、主たる生息域はアメリカ大陸なので、当地では珍鳥に属する。そのアメリカヒドリが、一か月ほど前に、川越市の東部に所在する「 ... » more

ツルシギ飛来 ときどき訪れる伊佐沼(川越市)に到着すると、カメラマンが集まる一角が目に入った。何の珍鳥情報もない状況で訪れただけに、思いがけず期待が膨らんだ。伊佐沼脇の駐車場は満車状態だった。急ぎスコープをセットし、カメラマンの仲間に入れてもらい ... » more

オオソリハシシギ飛来 夏場の鳥見休みが明けて10日目、マイフィールドではさっぱり成果が上がらない。そこで、暇ができた昨日、谷津干潟&三番瀬に出かけることにした。久しぶりによく晴れた熱い日になった。先に行った谷津干潟は、サギ類のほかは鳥影は少なく、なんとか、見 ... » more

再来クロハラアジサシ 昨年、初めて観察できたクロハラアジサシが今年も伊佐沼に飛来した。杭に止まっている場面しか撮影できなかった。実は、この後、突然のにわか雨に襲われた。雨がきそうかな?と考えて撤収を始めたが、間に合わなかった。かなり強い降り方だったが ... » more

ショウドウツバメ ショウドウツバメは、夏期、繁殖のために日本にやって来る!小生の地元では容易に観察することは出来ないので、北海道石狩に行ってきた。ショウドウの名前の由来は、小洞を掘って巣穴にすることから「小洞燕」となったらしい。全長13pほどの小さな色味 ... » more

子育て中のオオセグロカモメ 北海道西部に所在する 張碓町・恵比寿島を訪問した。この島はアオバトが飛来することで知られている。海岸に接するように位置しているが、現在、島への立ち入りは禁止されている。なので、対岸の遊歩道から観察することにした。ウミネコ、オオセグロカモ ... » more

2週間後のケリのヒナ 前回観察したヒナの様子を見に行った。ちょうど2週間経った計算になる。順調に成長しているようだ。足取りもしっかり、嘴に黄色が入りケリ模様になっていた。畦に親鳥と一緒なので、まだまだ小さいことがわかる。もうしばらくは、この田んぼで可愛い姿を ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録ケリのヒナ
ケリのヒナ ケリの子育ては、順調なようだ。岩槻区の田んぼで繁殖活動をしている2組のケリ夫婦。近寄るものに対して臆せず向かって行く。その甲斐があったのだろう。それぞれ。3羽、2羽の子育て中である。先に孵った方は、グンと大きくなって、ケリらしい姿に ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録トウネン
トウネン マイフィールドにトウネンがやってきた。大久保農耕地にムナグロを確認のため出動した。ほとんど田植えが終わったAエリアにムナグロの姿はなかった。残念に思いながら、帰路のAsエリアで車が数台止まっているのを目撃。もしや?珍鳥が飛来している ... » more

今年も、ケリ飛来 この顔つきを見てもわかるように、かなり気が強い鳥である。毎年、繁殖のため岩槻区の田んぼにやってくる「ケリ」が、今年も飛来した。いつもの田んぼだったが、少し、近づきすぎたのだろうか?ペアが入れ替わり立ち替わり威嚇のため迫ってくる。甲高い声 ... » more

ヒレンジャク 2年ぶりのヒレンジャクだ。毎年3月になると、マイフィールドのやってきていたのに、昨年はとうとう姿を見られなかった。今年も、一回顔を見せたらしいが、すぐに移動してしまった。今回、たまたま、撮影機材のテスト・調整をしようと出かけた折、幸運に ... » more

カンムリカイツブリ 毎年、冬鳥」として「彩湖」にやってくるカンムリカイツブリである。体長56p、羽を広げると85pもある日本に飛来するカイツブリ類の中では最大の大型カイツブリである。例年、10月頃に20羽前後飛来、4月にはすべて渡って行ってしまう。やっ ... » more

ヒマおやじのマルチ見聞録コイカル
コイカル 見沼田んぼにコイカルが飛来した。イカルの群れに混じることが多いようだが、この個体は単独行動である。かなり接近しても逃げないのは、人慣れしているためではなかろうか?というのも、コイカルには籠抜けのものがいるらしいからだ。ともあれ、小生 ... » more
テーマ バードウオッチング 珍鳥

ミミカイツブリ マイフィールドに突如現れた「ミミカイツブリ」である。ハジロカイツブリの群れの中に1羽だけ混じっていた。ハジロカイツブリの画像の中に毛色の変わったのがいることがわかり、図鑑に照らしてみてミミカイツブリと確信した。月代(?)の境界部分がハジ ... » more
テーマ バードウオッチング 珍鳥

オオハクチョウ一家 館林市にある多々良沼と邑楽町にあるがば沼に行ってきた。毎年、両方の沼にオオハクチョウとコハクチョウが飛来する。飛来数は圧倒的にコハクチョウの方が多く、ときには、アメリカコハクチョウが混じることもある。二つの沼は隣接しており、ハクチョ ... » more

庭に飛来、嬉しい再会! ★喜【庭に飛来、嬉しい再会!】今日は、朝から雪模様。初雪が降り出したのは、午後2時半過ぎでしたが、その気配は朝からありました。そんな松の内もあけた朝から、庭に現れたのは、4種類の野鳥。まず、早朝から、綺麗な囀 ... » more
テーマ 富士山 バードウオッチング 「喜怒哀楽日記」

ヒマおやじのマルチ見聞録ヨシガモ
ヨシガモ 芝川にヨシガモが戻って来た。正月早々のお出ましに、お年玉だと思った。全部で14羽いたが、雄雌の比率があわない。写真のとおり、このオスは、8羽の雌を従えて悠然としている。ヨシガモの世界ではよほどのイケメンなのかもしれない。まるでハーレムの ... » more

チュウヒが飛んだ 近年、チュウヒの観察場所になった「大崎第一調整池」に行ってきた。芝川が溢水した場合の遊水池として10年以上長い年月をかけて工事が続けられた場所である。ようやく、芝川左岸は工事が終了したようである。周囲に遊歩道はあるが、駐車場はない。車は ... » more

オーストラリアガマグチヨタカ この珍鳥を見た場所は、埼玉県越谷市にある「キャンベルタウン野鳥の森」である。開設から既に20年以上経っているのに、今回初めて出かけてみたら、こんな珍鳥が飼育されていたのだ。この施設は、オーストラリアと越谷市との間で姉妹都市提携契約を結ん ... » more
テーマ バードウオッチング 珍鳥

ジョウビタキ♀ 住宅街にジョウビタキの鳴き声が響きわたる季節がきた。アンテナに止まって良く通る声で「ヒッヒッ」と鳴いている小鳥を見かけた方は少なからずいると思う。これこそが「ジョウビタキ」だ。別名「紋付鳥」体側にある白い斑点が目印である。野鳥にしてはか ... » more

 

最終更新日: 2018/05/19 21:35

「バードウオッチング」のブログ関連商品

» 「バードウオッチング」のブログレビュー をもっと探す

「バードウオッチング」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る