誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    道尾秀介

道尾秀介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「道尾秀介」のブログを一覧表示!「道尾秀介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「道尾秀介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「道尾秀介」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

向日葵の咲かない夏 さて今日は、うーん……と唸ってしまう何かすごい本だった。『向日葵の咲かない夏』道尾秀介(新潮文庫)とにかく息つく暇もないほどの目まぐるしい展開、どんでん返しにつぐどんでん返し、しかも最後にはそのすべてをひっくり返す、もうどん ... » more
テーマ 道尾秀介

「「向日葵の咲かない夏」道尾秀介」について今日は最近読んだ小説の紹介を。題名から想像する雰囲気とはかけ離れたこの作品、ただ唖然とするばかりです。登場人物の心理・精神状態がまずエグイ。ちょうどこの分野の勉強をしているところ ... » more
テーマ 道尾秀介 野球

『鬼の跫音』 by 道尾秀介 時には心理的な、時には民俗的な長編ミステリーで人気を集めてきた道尾氏の初の短編集である。ミステリと言えばミステリかもしれない、ホラーといえばホラーかもしれない。どの章も日常がズルズルと猟奇的な事件に発展し、正気を保っていた彼らはいつ ... » more
テーマ 日記 道尾秀介

『家族のことだけは、どんなことがあっても信じなければいけない。たとえ血が繋がっていても、いなくても。家族なら、信じなければいけない』道尾秀介著「龍神の雨」読みました。あらすじ≪すべては雨のせいだった。雨がすべてを狂わせた ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

向日葵の咲かない夏 [道尾秀介] 向日葵の咲かない夏道尾秀介想像力の豊かな主人公が暮らす町で起きた、同級生の殺人事件を描いた作品。内包する「動物虐待」「ロリコン教師」「育児放棄」といったテーマは最悪で、読むと胸糞悪くなった。ホラー小説として評価されて ... » more
テーマ 道尾秀介

『やり直すべきだった。狂気に走ってしまう前に、すべてを壊してしまう前に、取り返しのつかないことになってしまう前に―』道尾秀介著、「鬼の跫音」読みました。あらすじ≪鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村 ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

「カラスの親指」 道尾秀介 カラスの親指 by rule of CROW’s thumb道尾 秀介講談社 2008-07-23売り上げランキング : 5132Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明詐欺を生業とする中年2人組の生活に、1人の少女が ... » more

似合わないクツを脱ぎ捨ててシャドウ
一気に、読みました。《シャドウ/道尾秀介》【あらすじ】人間は、死んだらどうなるの?―いなくなるのよ―いなくなって、どうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、鳳介の母はこの世を去った。父の洋一郎と ... » more

ソロモンの犬。 読みました。《ソロモンの犬/道尾秀介》【あらすじ】さっきまで元気だった陽介が目の前で死んだ。愛犬はなぜ暴走したのか?幼い友はなぜ、死ななくてはならなかったのか?飄然たるユーモアと痛切なアイロニ ... » more

読みました。あらすじ≪夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿 ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

『きっと、まだ間に合う』道尾秀介最新作、「カラスの親指」読みました。あらすじ≪「こうしてると、まるで家族みたいですよね」“詐欺”を生業としている、したたかな中年2人組。ある日突然、彼らの生活に1人の少女が舞い込んだ。戸惑 ... » more

『ラットマン』 by 道尾秀介 事実はひとつだが、人の数だけ真実は存在する。ミステリ、ことに法廷モノではお決まりの格言になっているこの言葉が本作品では改めて思い知らされた。オプティカルイリュージョン、という美術用語をご存知だろうか。(見方によっては老婆にも防止 ... » more

『俺たちは、何か助けが必要なとき、力になってあげればいいんだ』道尾秀介著「シャドウ」を読みました。あらすじ≪人間は、死んだらどうなるの?―いなくなるのよ―いなくなって、どうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話 ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

『何を願い、どんな代償を支払えば、人は過ちを犯さずに生きていけるのか』道尾秀介著「ラットマン」を読みました。あらすじ≪姫川はアマチュアバンドのギタリストだ。高校時代に同級生3人とともに結成、デビューを目指すでもなく、解散 ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

道尾秀介著「ソロモンの犬」を読みました。あらすじ≪秋内たちクラスメイト4人は、大学で教わっている椎崎鏡子助教授のひとり息子・陽介君がトラックに撥ねられる瞬間に偶然居あわせる。愛犬はなぜ暴走したのか?哀しみの中、議論を重ねる彼らに ... » more
テーマ 読書 道尾秀介

『ソロモンの犬』 by 道尾秀介 最初は京極氏のモノマネか?と思って読んでいた著者だが、回を重ねるごとに確実に独自のフィールドを築いているなと思う。もしかしたら著者自身は民俗モノをやりたいのかもしれないが、(たしかにそれはそれで良く出来ているものがおおいのだが) ... » more
テーマ 日記 道尾秀介

『どうして事件を阻止できなかった探偵がこんなに賞賛されるんだろう』道尾秀介著「背の眼」を読みました。あらすじ≪「レエ、オグロアラダ、ロゴ…」ホラー作家の道尾が、旅先の白峠村の河原で耳にした無気味な声。その言葉の真の意味に ... » more

『向日葵の咲かない夏』 by 道尾秀介 人間が物事を見て感じて「認識」する際、最初の立ち位置が間違っていると視点がズレる。ミステリーではこの読者の認識を完全に騙してスタートする作品と、話を進めるにしたがって段々と混乱させていく作品とがある。道尾の作品は明らかに前者が多い。 ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

『片眼の猿』 by 道尾秀介 道尾氏の作品は、今までシリーズの方を読んでいたので単発ミステリーは今回が初めて。いやいやなかなか面白かった。わりとありがちな展開ではあるしわかりやすかった部分もかなりあったけれども、根本的な部分で見事に騙された〜っという感じだ。 ... » more

『骸の爪』 by 道尾秀介 失礼ながら京極堂のコピーかとも思われたあのシリーズの2本目。間違いの無いように言っておくと、京極堂のコピーと言うのは何も批難中傷の意味だけではない。少なくとも私にとっては。構想や登場人物、その役割分担において似ている、というだけのこ ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

「シャドウ」 道尾秀介 シャドウposted with 簡単リンクくん at 2007. 5.19道尾 秀介著東京創元社 (2006.9)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明母が亡くなり、父の洋一郎と2人だけの暮 ... » more

『背の眼』 by 道尾秀介 なかなか面白い作家を見つけた、けれど京極堂の二番煎じかな?といったところ。京極堂シリーズの・・・警部を除く3人の得意技(笑)をそのまま拝借したような人物が主要メンバー。職業までかぶっているのだからしょうもない。ただこの著者の方が和気 ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介 向日葵の咲かない夏posted with 簡単リンクくん at 2006. 7. 2道尾 秀介著新潮社 (2005.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る内容説明終業式の日、小学校を休んだS君 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 19:16

楽天市場のおすすめ商品

「道尾秀介」のブログ関連商品

» 「道尾秀介」のブログレビュー をもっと探す

「道尾秀介」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る