誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    道尾秀介

道尾秀介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「道尾秀介」のブログを一覧表示!「道尾秀介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「道尾秀介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「道尾秀介」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「透明カメレオン」 道尾秀介著(KADOKAWA  1,836円税込) 「透明カメレオン」 道尾秀介著(KADOKAWA 1,836円税込)透明カメレオンKADOKAWA/角川書店 道尾 秀介 Amazonアソシエイト by 透明カメレオン [ 道尾秀介 ]楽天ブックス 道尾秀介 ... » more
テーマ 透明カメレオン 道尾秀介 小説

【著者インタビュー】  「透明カメレオン」道尾秀介氏  (KADOKAWA 1700円+税) 著者インタビュー 「透明カメレオン」道尾秀介氏(KADOKAWA 1700円+税)日刊ゲンダイ2015年2月5日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/156947 ... » more
テーマ 透明カメレオン 道尾秀介 著者インタビュー

『光媒の花』道尾秀介 道尾秀介の『光媒の花』(2012年10月刊)を読みました。BOOKデータによると、<一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光と影に満ちた人間の世界―。認知症の母とひっそり暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で ... » more

嬉有箱鏡の花
鏡の花 『鏡の花』道尾秀介合わせ鏡あの世に通じてるって話があるよね。その方法で、湖の向こう側、男の子のいる世界に行けるんだ。夜の十時か夜中の三時に、鏡を水面に向けて覗き込むと、鏡の中に入っていける。そこが、向こうの世界に通じている。 ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

嬉有箱笑うハーレキン
笑うハーレキン 『笑うハーレキン』道尾秀介ホームレス家具職人とスクラップ置き場で暮らす仲間たちのお話。ホームレスという理由で、犯罪者に狙われたり、奇妙な依頼をうけたことで、危険な目にあったり…でもステキな仲間たちで、いい感じだったなぁと思います ... » more

『水の柩』道生秀介 道尾秀介の『水の柩』(2011年10月刊)を読みました。BOOKデータによると、<老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“ ... » more
テーマ 道尾秀介

『片目の猿』道尾秀介 道尾秀介の『片目の猿』(2007年2月刊)を読みました。BOOKデータによると、<俺は私立探偵。ちょっとした特技のため、この業界では有名人だ。その秘密は追々分かってくるだろうが、「音」に関することだ、とだけ言っておこ ... » more

今日のオススメ本 : 『笑うハーレキン』 道尾秀介 どうせ素顔を覆うなら、笑顔で覆ったほうがいい――。「疫病神」に取りつかれたホームレス家具職人・東口太一は、トラックを仕事場兼寝床にして、他のホームレス仲間とゆるやかな共同生活を送っていた。そんなある日、弟子入りしたい ... » more

今日のオススメ本 : 『ノエル』 道尾秀介 物語を創ることで強さと優しさを手に入れられる。貧しさのためにいじめを受けていた少年は、自分と自分の世界を変えるために物語を紡ぎ始める…。少しずつリンクした3つの物語から成る小説。3つの物語はいずれも、物語のも ... » more

ふくろうの読書記録半読二冊
石田衣良の『波の上の魔術師』と道尾秀介の『ラットマン』の二冊。12月から借りていたけど、読み切れなかった。読書メーターで、読んだ人の感想を読むと、結構おもしろそうだったけど・・・・たまにはしょうがない ... » more

嬉有箱ノエル
ノエル 『ノエル―a story of stories―』道尾秀介「光の箱」「暗がりの子供」「物語の夕暮れ」三作の中編がつながってひとつのストーリーになっています。三つを繋ぐキーは「物語」。というか、物語をつくること。「 ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

嬉有箱
光 『光』道尾秀介小学4年生、仲間たちと体験したたくさんのこと。夏休みが始まる1学期最後の日から、春休みが始まる3学期最後の日までが、懐かしい物語として描かれている。写真の謎とワンダ。人魚伝説と洞窟の奥の奇怪な首。アンモナイ ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

カラスの親指 ああやっぱり、今回もきれいさっぱり騙された!『カラスの親指』道尾秀介(講談社文庫)私は読書に対してはバカ素直な人間で、ミステリーだとわかっているのにヒントにも気付かず伏線も拾わず、最後に、ああっ!だの、おおっ!だの驚いて玉砕 ... » more
テーマ 道尾秀介

鬼の跫音 [道尾秀介] 鬼の跫音道尾秀介ホラー作家の著者が描く、意外性に満ちた六話の短篇集。どれも摩訶不思議な物語から、サラリと全てをひっくり返すような結末で、ライトなどんでん返しを堪能することができる。著者の作品としては「向日葵の咲かない夏」 ... » more

気になる・・・「水の柩」
道尾秀介さんの「水の柩」を読みました。寂れた山間部の温泉宿に住む主人公は中学2年生。同居している彼の祖母は、更に川沿いを奥に進んだ所の出で、ダム建設と共に生家はダム湖の底に沈んだ。2年生の文化祭の ... » more
テーマ 道尾秀介

『向日葵の咲かない夏』 / 道尾 秀介 死んだS君がクモに生まれ変わって主人公(ミチオ)の前に現れる。それもクモは人と会話が出来る。という荒唐無稽な話です。書き方は、一人称の叙述トリックみたいですが、私には理解不能でした。妹のミカがトカゲだったり、母親にとってのミ ... » more
テーマ 道尾秀介

『シャドウ』 / 道尾 秀介 終わり方がちょっと切ないんですが、すんなりと読める作品です。少年少女の成長物語的なところもあって、良い話だと思います。また、道尾さんに騙されました。 ... » more

私の好きではない展開で、物語は淡々と進んでいきます。道尾さん特有のどんでん返し的なものもなかったですし、読んでいて、ページの進みが悪かったです。内容も私には理解できませんでした。 ... » more
テーマ 道尾秀介

『鬼の跫音』 / 道尾秀介 6編の短編集です。 どの編にも「S」という登場人物が出てきますが、共通点等は一切わかりませんでした。多分ないと思います。 各話とも、半端ない怖さであり、道尾さん特融のどんでん返し的な話が多く、大変面白く読めました。 ... » more
テーマ 道尾秀介

嬉有箱水の柩
水の柩 『水の柩』道尾秀介素晴らしかった!終章を読むまで、敦子について、別の結末を想像していたから一気に靄が晴れて、光が見えて、すごいなぁ。自分の中で、ほんとにきっぱりと、気持ちが明るく好転して心地好かった(笑)成長と再生の物語 ... » more
テーマ 道尾秀介 小説

『水の柩』 / 道尾秀介 彼の最新作です。 「二十年後の自分へ」というタイムカプセルへ入れた手紙の書き出しで始まります。 意味深な書き出しにかなり期待をして読み始めましたが、物語は淡々と進んでいき、期待とは違った内容でした。 語り ... » more
テーマ 道尾秀介

『光媒の花』 / 道尾 秀介 6編の連作短編集です。 第1編の登場人物が第2編の主人公となり、第2編の登場人物が第3編の・・・という風に、各編は独立した物語なんですが、各々の編が微妙につながっています。予想通り第6編は第1編にリンクしていました。 個人的 ... » more
テーマ 道尾秀介

「月と蟹」(道尾秀介著)を読み終えて 「月と蟹」(道尾秀介著)を読み終えて道尾さんの小説は「向日葵の咲かない夏」を読んで以来の2冊目になる。今回の作品も、「向日葵の咲かない夏」同様、小学生が主人公の作品になっている。「向日葵の咲かない夏」が小説でしか表現 ... » more
テーマ 月と蟹 読書 道尾秀介

本作は、今年一月の直木賞受賞作品です。先日読んだ『カササギたちの四季』とは全く異なる、ダークな雰囲気が強い内容でした。また、読む前は、ジャンルはミステリかなと思っていましたが・・・・・・純文学タイプですね。父 ... » more
テーマ 道尾秀介

本年1月に直木賞を受賞した道尾秀介氏の、受賞後第一作と銘打たれた本作。「リサイクルショップ・カササギ」で働く日暮と、旧友で経営者の華沙々木。そして、近所の中学生の菜美。この3人を中心にストーリーが語られます。 ... » more
テーマ 道尾秀介

嬉有箱光の箱
光の箱 Story Seller伊坂幸太郎「首折り男の周辺」 近藤史恵「プロトンの中の孤独」 有川浩 「ストーリー・セラー」 米澤穂信「玉野五十鈴の誉れ」 佐藤友哉「333のテッペン」 道尾秀介「光の箱」 本多孝好「ここ ... » more

嬉有箱カササギたちの四季
カササギたちの四季 『カササギたちの四季』道尾秀介「リサイクルショップ・カササギ」には、確かな修理技術と、少しの秘密がある。あなたが素直に笑えるように、真実をつくりかえることもある。帯のこれ↑最高ですね!この小説はまさにそれです!!(笑)春、夏、秋 ... » more

本作は、「本格短編ベスト・セレクション」と銘打たれた、13篇のミステリと1篇の評論が集められているアンソロジー本です。東川篤哉氏、道尾秀介氏、浅暮三文氏などなど人気作家の作品がモリモリと載っています。東川篤哉氏の『霧ケ峰 ... » more

感想 『月と蟹』 普段あまりエンタテイメントは読まないのですが、直木賞にひかれて、はじめて道尾作品を読んでみた。読後のトーンは、“暗い”、“せつない”、“やるせない”でしょうか。子どもって痛ましい、それでいて残虐、と思った。自分の力で ... » more
テーマ 道尾秀介 感想

道尾秀介さんの「情熱大陸」を観ました。昨日、仕事から帰ってテレビをつけたら、情熱大陸と言う番組で、「道尾秀介」さんのドキュメントが放送されていました。冒頭、昨年の映像が出て、「今度の直木賞をとります。」と言って、「駄目だった ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 19:16

楽天市場のおすすめ商品

「道尾秀介」のブログ関連商品

» 「道尾秀介」のブログレビュー をもっと探す

「道尾秀介」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る