誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    参考資料

参考資料

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「参考資料」のブログを一覧表示!「参考資料」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「参考資料」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「参考資料」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

テレビ東京で認知症の2時間番組を見ました。いろいろ参考になりました。今後増え続けるであろう若年認知症についても。前頭側頭型の認知症は出てきませんでした。アルツハイマーの予防として、適度な運動が奨励されていました。 ... » more

ららさんのブログでもご紹介しましたが、最近出会った介護日記で、ご主人が奥様を介護している日々を綴ったブログがあります。まだ全編拝見していなくてコメントもさせていただいていませんが、初期の症状で暖房と冷房を入れる・切るの混乱等、うちも ... » more

夫と同じ意味性認知症の奥様を介護なさっている方のブログに出会いました。ぜひ皆様に、特に同じ病気で悩まれている方に読んでいただきたいと思います。2006年からブログを始められています。ブログ名に認知症の文字はないため、検索しても出 ... » more

脳の仕組み、どこに刺激を受けるとどうなるか。脳神経内科?脳神経外科?心療内科?精神科?全ての科で知識を共有し、そして認知症につながる知識を、患者・家族にも伝えてほしい。http://www.akira3132.info/ ... » more

185.若年性認知症の本 若年認知症になった夫と生きぬいて8000日の夜と朝著者新井雅江出版社harunosoraシマウマさんからご紹介いただいて読ませていただきました。同時に以前から読みたかった中村茂信さんのぼくが前を向いて歩く理由 ... » more
テーマ 参考資料

●メマリーが無くなったので、主治医の先生を受診。挨拶だけ陽気に済ませ、マシンガントークでしゃべり続けたあと出て行った主人。追いかけて路上の車内で待機してもらう・・。今朝録音した主人の独り言を聴いてもらいました。早 ... » more
テーマ 参考資料 病院 診察 検査  コメント(6)

北国での豪雪のニュースを見ると、雪に閉じ込められた認知症の人もいるのではないかと心配になります。●小雪さんのお父様が亡くなられたことで、寂しい思いがつのります。家族にとっては介護であり、戦いでもあった日々だったと思います。ゆ ... » more
テーマ 日常 症状 参考資料  コメント(8)

TVニュースで見た、鳥取県細見町西光寺の住職が、檀家に暴力を振るったとして逮捕されたという事件。檀家から寄進を受けながら、職務を果たさず、しかるべき席にも出席しない。自宅がごみ屋敷となっており、檀家に注意を受けると、怒り出す・・ ... » more

コウノメソッドは名古屋フォレストクリニックの河野先生の独特の認知症治療法認知症に関心のある人なら誰でも知っている、と思います。でも、ケアマネさんも訪問看護師さんも知らなかったそうです。本も何冊か出ています。図書館で重たい本を ... » more

昨日は前夜TVで見た「日曜美術館」に触発されて、思い切って自宅近くから東京駅直行の高速バスを使って日本橋三越で日本の伝統美術工芸展を見て来ました。日本橋界隈を巡回する無料バスも発見。これはなかなかいいコースです。今日はまた主人が ... » more
テーマ 日常 症状 参考資料  コメント(8)

睡眠導入剤の強さを比較しよう!!18種の睡眠導入剤の強さ比較一覧http://igot-it.com/suimindounyuuzai-tuyosa-1360.html睡眠導入剤は、その種類によって強さが異なります。睡眠 ... » more

親の介護のため学業や仕事をあきらめざるを得ない若者。母を介護する息子。もし結婚していたら、これはお嫁さんの役割だったかも知れない・・?http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3 ... » more
テーマ 参考資料

一昨日は、休部中の合唱団関係のコンサートに行き、リフレッシュ。その前にも主人をデイに泊めてもらえてリフレッシュ。その前日も息子に留守番してもらって、オペラに行きリフレッシュ。昨日はサポーター養成講座を受講し、DVD・講義・歌 ... » more
テーマ ふれあい 交流 お出かけ 参考資料

★桂宮様逝去若いころ、独自の宮家を創設するも病気で倒れ、以来車椅子生活を続けながら公務をこなしていたという方。ご自身の口惜しさはどれほどだったか。そして3人の息子を全て亡くされた三笠宮様ご夫妻の辛さを思います。★中原ひとみ・江原 ... » more

■主治医の先生の受診。15人待ちと聞いて途方に暮れつつもドライブで時間稼ぎ。帰りたがっていたのに。いざ診察室に入ると、打って変ったように快活に、「やあやあ、お久しぶりです。懐かしいですねえ」と先生に精いっぱいの笑顔を振りまいて自分か ... » more
テーマ 日常 症状 参考資料 病院 診察 検査  コメント(2)

今朝6時半前からラジオをつけていたら、ラジオ体操が始まった。主人がやってきたので、体操をしながら誘ってみたら、同じ動作をしてくれた。あはは・・と面白そうに笑いながら両腕を体の前で回している。立ち去ってまた来た。「 ... » more
テーマ 日常 症状 参考資料  コメント(6)

障害年金はもらっていません。大失敗!と思っているのは今になってからです。若年認知症家族会・彩星の会の会報にいつか貰えると思っていた障害年金1級ー受給資格がないことがわかってーと題して体験談が載っていました。読んで調べ ... » more

「認知症の作業療法エビデンスとナラティブの接点に向けて」医薬出版株式会社Yさんのブログで紹介していただき、図書館にリクエストしました。市内の図書館には無くて都立図書館から取り寄せて貸していただき返却期間をギリギリまで延長しました ... » more

「家族の責任どこまで徘徊中、線路に」という9月27日の新聞記事。読んでからずっと気になっています。『認知症の男性が線路内に入り、列車にはねられて亡くなった。JR東海は遺族に対し損害約720万円の支払いを求め名古屋地裁に提訴。8月の判 ... » more
テーマ 参考資料 生活 意味性認知症  コメント(6) トラックバック(1)

図書館で借りた本。期限切れで催促されたので、大急ぎで目を通しました。前頭葉や側頭葉の働きをサルや猫やラットの実験で細かく解明した本。かなり専門的。ニューロンの反応は・・・・サルの好きなジェリービンズを食べさせる実 ... » more

◆長谷川和夫先生の言葉(昨年秋の講演会で)マリアンナ医大名誉教授:長谷川式スケール等考案された方「認知症の研究を長年やってきたけれど、同居の義母が、食事の時、家族の顔が判らなくなって『私は皆さんの事を知りませんが』と不安がるようにな ... » more

今朝9月15日の朝日新聞に載りました。このサイトは、Yさんからご紹介があったのでとても興味深く、衝撃的な思いで見ていました。やっぱり、注目されますね。新聞にも載ったので、多くの方が見られることでしょう。『認知症の ... » more

「あまちゃん」で時々流れる白黒のパラパラアニメ。作者は鉄拳というお笑い芸人なのだそうですが、ネットで見ると「振り子」とか「約束」など、家族の絆や、人の中での孤独、出会いなど、泣かされるドラマが続きます。うまくアドレスをコピー ... » more

ケアマネージャーさんをお願いしたい、と思っていながら躊躇していました。やっと決心をして電話をして7月30日、自宅へ来ていただきました。認知症専門の事業所ではなかったので意味性認知症についての資料があった方が良いかと ... » more
テーマ 参考資料 意味性認知症  コメント(7)

懐かしい大田先生の名前を目にしました。失語症訓練用の教材をダウンロードしようとした時です。その後もfranzeさんのブログ等にも登場して、目に入りました。読みました。図書館にリクエストして読みました。大田先生がご ... » more

西川クリニックよりhttp://www.clinic-nishikawa.com/post_102.html早期発見の次に・・どうしよう・・という人が多いはず。経験者によるデータベースが必要では? ... » more

37.認知症の人が書いた本 「私は誰になっていくの?-アルツハイマー病者からみた世界」ずっと前に読み終わって、側に置いて読み返し、気になっていました。著者のクリスティーン・ボーデンは1995年にアルツハイマーと診断を受けますが、1998年前頭側頭型認知症と ... » more

「リカと3つのルール」東条健一(新潮社)娘が図書館で借りてきた本。自閉症のである自分の娘がことばを獲得するまでの、取り組みを綴った記録。父親である自分自身の成長にも気づいた点に触れているのが魅力です。ことばを失ってい ... » more
テーマ 参考資料

忘れないように、ここに残しておきます。認知症は怖くない18のワケより「これは、一般にも通用するコミュニケーションの基本と言えます。認知症の患者さんだけでなく、良好な家族関係を築くうえでも役に立つと思います。ぜひ、日ごろから心 ... » more

夫が車の運転をしたがって困っていた頃、JAFの雑誌でこの本を知りすぐ注文をして読みました。認知症は怖くない18のワケ著者浦上克哉鳥取大学医学部教授日本認知症予防学会理事長発行JAFMATE社PAR ... » more

 

最終更新日: 2017/07/24 15:42

「参考資料」のブログ関連商品

» 「参考資料」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る