誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フィクション

フィクション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フィクション」のブログを一覧表示!「フィクション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フィクション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フィクション」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
二人を乗せペンションに向かうリムジンの中でもお互いに交わす言葉も少なかった。「・・明日は何時に出掛けるんだ」「まだ・・決めてない」「そうか、もし決まったらメールくれ。見送りに行くから」「・・・そんな事しなくていい」「暫く ... » more
テーマ フィクション

美しい牢獄と、貧しく汚れきった自由 (3) 教室 夜明け前、ブワルヤは起きだしてきて、壺に取っておいた種火を取り出し、かまどに火をともす。かまどは3つの口があり同時に3種類の調理ができる。昨夕子供達と汲んできた水を鍋に沸かし、残った2つの口で朝食を手早く作る。朝は突然にやっ ... » more
テーマ 美しい牢獄と、貧しく汚れきった自由 フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
入り口に立つダンを見たエディが傷を負っていない右手で手招きしていた。ゆっくり近づくとエディは少しハニカミながらダンの左手を取った。幾重にも巻かれた左腕の包帯が痛々しかった。「服が汚れちゃったな、何か用意させるよ・・・今のがフォン ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「救急車と警察を・・」男を抑え込みながらジャンが、ただ立ち尽くすローズとピートに大声を張り上げた。ダンの記憶にはエディが腕を押さえて倒れ・・おびただしい流血がドス黒く路面を染め・・遠くで救急車のサイレンを聞きながらジャンが男の背後に跨( ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「冗談に決まってるだろ、何でもおまえは真に受けるんだからな」呆れたようにピートが首を横に振った。「えっ、そうだったの?まったく人をからかって悪い子」ローズがダンの腕を軽く叩いた。「チケット手配出来ましたので、明日の午前中には届くと思 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「良いわねっ、滅多に手に入らないチケットなのよ」不機嫌そうにローズが二人に嫌味を口にした。「いやっ、お二人もお誘いしたかったんですけど、お仕事があるので・・」申し訳なさそうにエディが話した。「・・・それなら大丈夫だ」「えっ」 ... » more
テーマ フィクション

まずは思い出すところから始めよう。時間が解決してくれるしかないというなら、仕方ない。その時を待つしかないのだから。遠い昔の出来事に、泣いたり、笑ったり、叫びだしたくなったり。それでも、明日を迎えられる ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
片付けを終えたローズもダンの許にやって来た。「もう帰っちゃうのね、シスコは楽しめた?」「勿論です。お二人のことは一生忘れませんし、又機会を見て寄らせて頂きます」「私達が元気なうちは、此処であなた達の帰りを待ってるから、いつでも連 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ダイニングではランチを終えたミゲールとジャンが荷物を担いで階段を下りて来るダンとその後ろから見覚えのある男に目が釘付けになっていた。「ピート、チェックアウトお願いします」ダイニングの片付けをしていたピートに声を掛けた。「うそっ、帰っ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「そろそろ俺、帰る用意するよ」ダンがそっとエディの抱擁の中から抜け出し立ち上がろうとしたが、その手をエディは握り締めた。「ダメなのか、どうしても?」「少し時間を掛けたほうが良いだけで、別れる訳じゃない」「明日から俺は・・俺は何を ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
おもむろにダンがエディに重なるように抱きついた。「役者としての俺の先はもう見えてるけど、おまえの前には無限に広がってるんだから、それを無駄にしちゃダメだ。そんなこと俺が許さない」目の前にエディの顔を見ながらダンが口を開いた。「ダン・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「キスしても良いかなぁ・・」俯くダンにエディが囁いた。「・・ふむっ・・・」コクリと首を振るとゆっくりエディと唇を合わせた。舌を絡ませ、送り込まれる唾液はミントの香に包まれていた。その清涼感にふとっ、ダンの脳裏にセントラルパークのシー ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
何も言わずにペンションに戻ったダンは、予想通りフロントでローズとピートに質問攻めにあったが、なんとか受け答えをして鍵を受け取り足早に部屋に閉じこもった。熱いシャワーに打たれながらも、その手と体は先ほどまで寄り添っていたエディの肌の温もり ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くろに
轟く雷鳴・・・昼下がり学校帰りにスタンドで買った新聞には、ランスが凄い剣幕で話していたエディとダンが手を取り仲睦ましく歩く写真が芸能欄一面に大きく載っていた。ただタカシはランス達とは違い、愛し合う二人が羨ましかったし、エディの顔 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「おまえ、いつからそんな人間に成り下がったんだよ。どんなに蔑(さげす)まされても自分がゲイであることを恥じることないとか言ってたくせに。役取るためにストレートの振りしろって言うのかよ」「バカねっ。そうじゃ無いでしょ、ギャレットが言ってた ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
がっ、間もなく今度は違う場所で携帯が鳴り始めた。床に脱ぎ捨てられたダンのジャケットが震えながらバリバリと音を立てている。無視していたダンも寝返りをうち、エディを見ると何も言わずに首を振っていた。それは、放っておけと言うことらしい。 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
幾度も放たれた吐精に部屋中がすえた匂いで満たされても疲れを知らぬ二匹の雄は、果てしない更なる快楽を求め唸り続けた。汗だくの体にシーツが張り付き、息も絶え絶え音を上げたのはダンであった。うつ伏せたダンに覆い被さり一声吠えたエディも精も ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「これだもんなぁ、だから今夜は覚悟しておけよ・・・」薄笑み浮かべたエディがダンの腰に手を回した。「おまえ、なんか怖いぞ。薬でもやってんじゃねぇの?」「そんなのに手出さなくたって、あれだけ観客が喰い付いてくれれば、ハイになれるって」 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「新人をトップに据えてスターを創り上げ話題性を集めて売り出す。それに回りの役者の顔ぶれ見なかったのか?」「・・・エディの事しか見てなかった・・」「そうは言っても、パンフ位目を通せよ。ワンの統主だって、その妻役の女優もカンパニーのベテ ... » more
テーマ フィクション

えくぼと鹿と魚の子玉木つばさ VS 麻美
――― どうもー。今年もやってまいりました。恒例の年末対談企画でーす。今年ご活躍と言えば、当然このお二人ですね。NHK朝ドラ「つばさ」の玉木つばささんと「フィッシュストーリー」の麻美さんです。どうぞー。(パチパチパチ・・ ... » more

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「やっぱ、おまえが変わってなくて良った」ダンはエディがじゃれ付いてくれるのが嬉しかった。「でも・・・」「でも何だよ」「こんなに大っぴらに俺達してていいのかよ・・」「良いんだよ。ダンのお陰で俺・・強くなれた」「俺が・・・」 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
半時あまりしてインタビューを終えたエディは、楽屋で待っていたダンと共に劇場の裏口から表に出ると、シャッターの嵐が二人を待ち構えていた。エディは右手でフラッシュを遮り左手はしっかりとダンの手を曳いていた。二人は待っていた車に駆け乗ると車は ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「待たせてごめん、おまえのお陰で此処まで来れた」舞台後でテンパっていたエディは、漸くカムダウンするとダンの胸の内を噛締めた。涙を拭いながら顔を上げたダンは、それでも滲(にじ)む涙目でエディの顔をシゲシゲと見上げた。「会いたかった・・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
舞台端の扉の鍵を開けた男はダンを中に招き入れた。ダンは一度、空になった会場を振り返り、意を決して中に足を踏み入れた。薄暗い舞台下を進むと、まだスタッフ達が忙しそうに動き回っていた。そして、出演者の何人かともすれ違い、ダンは思わず彼等を目 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
再度辺りを見回したが、それらしき人の姿が無いのを確認して更にメールをチェックした。“エディとは会えたの?もしダメでも楽屋口とかで、ねばらなきゃダメよ。直ぐに諦めないで絶対ハグ位してもらいなさいよ”「やつはちゃんと俺のこと愛してくれて ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
二度のカーテンコールの後、劇場内の照明が一斉に点けられミュージカルの余韻に浸る観客達も漸くゆっくりと出口に向かってバラつき始めた。退席する観客達の中にはダンを羨望の眼差しで見て行く者もいた。悪い気はしないが、エディの立場を考慮すると手放 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
歌に踊り、更に大型スクリーンに映し出される映像がこれまでの伝統的なミュージカルと一線を画しているのは、一目瞭然で視覚的には観客を全く飽きさせる事無く、それより瞬きさえ許さないほどのスピード感あるストーリーに、付いて行くので必死になっていた。 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
このご時世、会場入りするにもセキュリティーチェックは厳しく、金属探知機や荷物検査など物々しさが伺えた。チケットの座席ナンバーを確かめながら、入場すると既に半分の座席が埋められていた。ダンの為に用意された席は、オーケストラボックスを空 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
階段の途中でミゲールとジャンに出くわした。「フゥ〜、なんか見とれちゃうわね」ドレスアップしたダンを見てミゲールが声を掛けた。「止めて下さい・・」「久し振りの再会だもんな、オシャレして当然だよな」「会えるかどうかも判りませんけ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
春霞・・・・・まだ肌寒さの残るニューヨークの春は遠い。ブライアンに誘われ撮影で向かったボストンは、古き良き東海岸の風情が色濃く残る街だった。エディの公演のニュースに仲間達が盛り上がる中、暇を見つけてはタカシに外出を薦めるブラ ... » more
テーマ フィクション

 

最終更新日: 2016/11/13 15:02

「フィクション」のブログ関連商品

» 「フィクション」のブログレビュー をもっと探す

「フィクション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る