誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フィクション

フィクション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フィクション」のブログを一覧表示!「フィクション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フィクション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フィクション」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
空港でジャンを降ろしたピートは早々に尾行に気を遣いながら病院を目指した。空港ロビーを俯き加減で足早に横切り後を追うパパラッチを振り切るようにジャンはトイレに駆け込んだ。妊婦に変装したダンが乗り込んだタクシーは追尾もなく、順調にホテル ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ミゲールの計画はパーフェクトに近かった。ただ一つだけ予見が外れたことは、実際エディが病院を訪れていたことだった。「ダンからのメール着たのか?」ブライアンが忙しそうに部屋を歩き回るタカシに訊ねた。「明日帰るってだけ・・」シーツを一 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「じゃあ、計画の確認ね。ピートとジャンはシスコ空港へ、着いたらピートは病院、ジャンはホテルに。ダンは一台目のタクシーで直接ホテルのロビーに、私は二代目のタクシーで病院でピートと待ち合わせてホテルへ向かうわ。逐一連絡は取り合ってローズに報告し ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
・・・霧の晴れ間どんよりとした曇り空がダンの気分を反映しているかのようだった。シャワーを浴び身支度を整えたダンが下に降りると、ローズがダイニングで朝食の準備をしていた。「おはようダン、休めた?」「おかげさまで」「今朝はし ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
もう真夜中過ぎである、二人とも眠っていて当然だが、どうしてもミゲールに了解して貰わなければならない事があった。暫くするとロックが外されドアが細く開けられた。「ダンです、夜分にすみません、ちょっとお話したいことが・・・」「どうした ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
部屋に戻ったダンは、エディの流血で汚れたジャケットとズボンを脱ぎ、着替えると素早くたたんでバッグに押し込んだ。携帯にはエディからのメールをはじめ、物凄い数の着信が入っていた。“どうしてる?疲れたろ、ゆっくり休めよ。愛してる”「ゆ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「上手く彼等の目を撹乱させたら、ジャンもホテルに行けば良いんですね?」ダンがジャンの聞き辛いことを代わりに訊いてあげた。「そう・・・よろしくねジャン」ミゲールも言い過ぎたことを後悔しているようだった。「それから?」ローズが先を促した ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「何だか大変そうだな、頭が混乱してきた」ジャンが頭を掻いた。「ビール飲みすぎないでよ。本題はこれからなんだから」「なんだか、ワクワクしてきたわぁ」ローズが笑顔で身を乗り出した。「エディは明日も通院するかしら?」「当分は毎日通 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
五人でデリバリーピザを頬張り、ビールを呷った。ダンはふとっ、和やかに過ごすこの一時に家族的な安らぎを味わっていた。激的な一日であっただけに、返ってそれがそれぞれの絆のようなものを強めてくれたように感じた。「私、考えてたんだけど・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ジャンとローズはまだインタビューを?」「ジャンは現場検証とかで地元の警察に色々協力してくれたみたいだ」ピートが今日のヒーローであるジャンを賞賛していた。「彼が居なかったら、今頃俺は霊安室で冷たくなってたかもな・・」ダンがニヤケて呟 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「俺達もまだ若かったしロジャーと彼女を天秤に掛けたつもりも無いが、結局ロジャーと一緒になって後悔はしていないけど、ロジャーは何年も奥さんが離婚に合意してくれなくてな、別居が長く続いたし、養育費や慰謝料とかもかなりの額で支払いも大変だったんだ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「当時は時代が今とは全く違っていたし、自分では判っていても世間体とか気にして、偽って、家庭を作っても結局は行き詰まりを感じてて・・・俺は不動産関係の仕事をしていたんだが、よく昼飯喰いに通ってたカフェのシェフがロジャーだったんだ」「それで ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ジャンはここの警察に協力してくれてヒーローに成って、ローズと一緒にインタビュー受けてる」「ご迷惑お掛けして本当にすみません」「いいんだ、ローズは目立つの好きだし、満更でもなさそうだから」ピートが呆れ顔で話してくれた。「良いご夫 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ここって・・?」どう見ても民家の敷地内である。「近所のよしみと言うやつかな・・」ピートは早速、駐車場脇の細い通路を抜け低いフェンスを押し開けた。そこには狭いが綺麗に手入れされたバックヤードが存在していた。「凄い・・・」「ホ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ペンションの正面入口がある通りを横目で見ると、何台もの車と人でゴッた反し、そこだけが照明で明るくなっているのが見えた。一本裏通りを右折して暫く走ると右手前方にピートが手を振って待っていてくれた。「連絡する・・」一旦外に出たダンが車を ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
二人を乗せペンションに向かうリムジンの中でもお互いに交わす言葉も少なかった。「・・明日は何時に出掛けるんだ」「まだ・・決めてない」「そうか、もし決まったらメールくれ。見送りに行くから」「・・・そんな事しなくていい」「暫く ... » more
テーマ フィクション

美しい牢獄と、貧しく汚れきった自由 (3) 教室 夜明け前、ブワルヤは起きだしてきて、壺に取っておいた種火を取り出し、かまどに火をともす。かまどは3つの口があり同時に3種類の調理ができる。昨夕子供達と汲んできた水を鍋に沸かし、残った2つの口で朝食を手早く作る。朝は突然にやっ ... » more
テーマ 美しい牢獄と、貧しく汚れきった自由 フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
入り口に立つダンを見たエディが傷を負っていない右手で手招きしていた。ゆっくり近づくとエディは少しハニカミながらダンの左手を取った。幾重にも巻かれた左腕の包帯が痛々しかった。「服が汚れちゃったな、何か用意させるよ・・・今のがフォン ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「救急車と警察を・・」男を抑え込みながらジャンが、ただ立ち尽くすローズとピートに大声を張り上げた。ダンの記憶にはエディが腕を押さえて倒れ・・おびただしい流血がドス黒く路面を染め・・遠くで救急車のサイレンを聞きながらジャンが男の背後に跨( ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「冗談に決まってるだろ、何でもおまえは真に受けるんだからな」呆れたようにピートが首を横に振った。「えっ、そうだったの?まったく人をからかって悪い子」ローズがダンの腕を軽く叩いた。「チケット手配出来ましたので、明日の午前中には届くと思 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「良いわねっ、滅多に手に入らないチケットなのよ」不機嫌そうにローズが二人に嫌味を口にした。「いやっ、お二人もお誘いしたかったんですけど、お仕事があるので・・」申し訳なさそうにエディが話した。「・・・それなら大丈夫だ」「えっ」 ... » more
テーマ フィクション

まずは思い出すところから始めよう。時間が解決してくれるしかないというなら、仕方ない。その時を待つしかないのだから。遠い昔の出来事に、泣いたり、笑ったり、叫びだしたくなったり。それでも、明日を迎えられる ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
片付けを終えたローズもダンの許にやって来た。「もう帰っちゃうのね、シスコは楽しめた?」「勿論です。お二人のことは一生忘れませんし、又機会を見て寄らせて頂きます」「私達が元気なうちは、此処であなた達の帰りを待ってるから、いつでも連 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ダイニングではランチを終えたミゲールとジャンが荷物を担いで階段を下りて来るダンとその後ろから見覚えのある男に目が釘付けになっていた。「ピート、チェックアウトお願いします」ダイニングの片付けをしていたピートに声を掛けた。「うそっ、帰っ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「そろそろ俺、帰る用意するよ」ダンがそっとエディの抱擁の中から抜け出し立ち上がろうとしたが、その手をエディは握り締めた。「ダメなのか、どうしても?」「少し時間を掛けたほうが良いだけで、別れる訳じゃない」「明日から俺は・・俺は何を ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
おもむろにダンがエディに重なるように抱きついた。「役者としての俺の先はもう見えてるけど、おまえの前には無限に広がってるんだから、それを無駄にしちゃダメだ。そんなこと俺が許さない」目の前にエディの顔を見ながらダンが口を開いた。「ダン・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「キスしても良いかなぁ・・」俯くダンにエディが囁いた。「・・ふむっ・・・」コクリと首を振るとゆっくりエディと唇を合わせた。舌を絡ませ、送り込まれる唾液はミントの香に包まれていた。その清涼感にふとっ、ダンの脳裏にセントラルパークのシー ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
何も言わずにペンションに戻ったダンは、予想通りフロントでローズとピートに質問攻めにあったが、なんとか受け答えをして鍵を受け取り足早に部屋に閉じこもった。熱いシャワーに打たれながらも、その手と体は先ほどまで寄り添っていたエディの肌の温もり ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くろに
轟く雷鳴・・・昼下がり学校帰りにスタンドで買った新聞には、ランスが凄い剣幕で話していたエディとダンが手を取り仲睦ましく歩く写真が芸能欄一面に大きく載っていた。ただタカシはランス達とは違い、愛し合う二人が羨ましかったし、エディの顔 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「おまえ、いつからそんな人間に成り下がったんだよ。どんなに蔑(さげす)まされても自分がゲイであることを恥じることないとか言ってたくせに。役取るためにストレートの振りしろって言うのかよ」「バカねっ。そうじゃ無いでしょ、ギャレットが言ってた ... » more
テーマ フィクション

 

最終更新日: 2017/03/26 15:44

「フィクション」のブログ関連商品

» 「フィクション」のブログレビュー をもっと探す

「フィクション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る