誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フィクション

フィクション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フィクション」のブログを一覧表示!「フィクション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フィクション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フィクション」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
いつもご愛読ありがとうございます。皆様はいかがお過ごしでしょうか?この度の、震災および津波による多大なる被害をうけられた方々に深く哀悼の意を表します。なんとか皆様と共にこの状況を乗り越え、また平常な生活に戻れますように頑張って参 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜 緋寒桜の咲くころに
八時過ぎにアパートに戻ると、珍しくブライアンがリビングでくつろいでいた。タカシの顔を見た彼は一瞬バツ悪そうに一見してビールを口にした。タカシもあえて原因の追及は避け、キッチンに向かうと買ってきた食材をカウンターに広げた。「焼きそ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の策ころに
翌日寝不足にも係わらずタカシの身体はことのほか軽かった。珍しく笑顔を絶やさないタカシにブライアンも声を掛けた。「どうした?今日は随分気分良さそうだな」昨日まで死にかけた病人のように目の下にクマをつくっていたタカシを揶揄した。「ち ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
蒸し暑く寝苦しい夜ではあるが、タカシが眠れないのいは、確固たる理由がある。そう、イタ電の主、犯人を確かめなければならないのだ。濃いめのコーヒーのカフェインで眠気を吹き飛ばそうとがぶ飲みすると、電話の前に腰を据えた。時計を睨みながら、 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
夏を迎え、学校で出される課題はさて置き、スタジオでのバイトがタカシの日常になっていた。スタジオの効きすぎるエアコンに身震いを覚えながら、大きく欠伸をしたタカシの眠気は最高潮に達していた。ブライアンの脇に立っていても、恐ろしいほどの睡 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
窮屈そうにソファーで寝ていたダンが、背伸びをして目覚めたのは昼過ぎだった。夢うつつの中で、辺りを見回したがタカシの姿はどこにも無かった。重い身体を起こし、リビングに向かうとテーブルの上にメモが貼られた紙袋が置かれてあった。‘おは ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「よし、これであとはダン次第だな。返事くれますかね?」「さあね、彼も変わっちゃったし・・」「一年で、色々な事が変わってしまうんですね」「そうね・・タカシもここに来て一年になるのね」「夏が来ればですけど・・・」「なんだか、 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
スタジオを出た二人はリトルイタリーにあるトラットリアに入り、とりあえず酒とつまみを数品オーダーすると、待ち兼ねたようにランスがエディの新情報を、堰を切ったように語りはじめた。「ダンス講師のギャレットって知ってるでしょ」「はい、鬼軍曹 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
スタジオに戻ったタカシは、残った片付けを済ますと、打ち合わせ中のブライアンの近くに歩み寄った。「ボス・・」アルがタカシに気づきブライアンに声を掛けてくれた。「どうした?」「お話中すみません。今夜ランスと食事して帰りますので遅くな ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
メールはランスからだった。“今夜時間取れるかしら?エディのことで新情報が判ったから話たいの・・宜しく”「エディの・・」“勿論、何時にどこで・・”即返事を返したが今すぐにでも、ここから抜け出しランスの許に駆けつけ話を聞きたかった。 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
・・・初夏の馨懸案を残しつつも日常の喧騒が追い立てるように次々と押し寄せていた。その中でもやはりダンの多忙さは驚異的だったが、かえってエディへの不安感を一掃してくれて、彼にとってはありがたいことだったのかもしれない。タカシは、た ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
シスコでの動きがないことと、フォンテーヌの事が偶然ではないように思えた。あの目立ちたがり屋のたぬき親爺が欠席するには、それなりの理由があったに違いない。ダンの不安は増す一方だった。結局タカシのアパートに集まったものの、結論の出ないま ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
折り返しブラッスリー・インに電話を入れたが、二人とも出掛けたらしく留守電にメッセージを残してダンは携帯を閉じた。あれだけ世話になり迷惑を掛けたので、せめて今回のニュースが耳に入る前に舞台を楽しんで欲しかった。ほどなくしてランスがアパ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
“ブッーブッー”ダンの携帯がバイブした。一瞬ピクリとしたダンが急いで携帯を開いた。「はい・・」「ミゲールだけど・・エディどうしたかと思って」「俺も今着いたばかりで、奴のニュース知って驚いているところです」「そうだったの・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ランス、ダンだ」「あんた帰ってきてたの?」「午後便で・・それよりどうしたんだ」「とにかくテレビ付けてみて」タカシが慌てて鍵を開け、リビングのテレビのスイッチを押した。「付けたぞ」「2chにして」「2chだ」ダン ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
病院側が用意してくれた服に着替えると、不本意ながらフォンテーヌにメールを入れざるおえなくなった。「タカシ、バッグの中で携帯バイブってるぞ」「はい、ありがとうございます」スタジオの片付けをしていたタカシはメールをチェックした。 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「どうやら、あの男性はある感染症に罹患していたようだ・・」ドクターは意気消沈した面持ちで答えた。「俺もポジティブの可能性が・・・?」検査結果を待ちながらエディは不安を隠せなかった。「ドクター・・」ナースがエディの検査結果を手渡し ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
慌ただしく動き回る人の中を車椅子に乗せられたエディを見たスタッフの数名が、見覚えのある血だらけの彼を見て、顔を引き攣らせていた。通された処置室は昨日と同じ場所であった。「何をどうしたら、こんにな毎日怪我をするんですか?」呆れるように ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「停めてくれ・・」エディはドライバーに叫ぶと、停まりきっていない車から飛び降り、事故現場に向かって走り始めた。車の下敷きになった血だらけのアジア系男性がタカシに見えたのだった。ガソリンが気化して辺りに発ち込める中、咽(むせ)びながら ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「俺も早く復帰して頑張るからな・・・」「じゃあな」エディの言葉を遮り、ほんの一瞬彼の瞳を見詰めてダンは車を降りると、急ぎ足でロビーに向かった。あれ以上いらた、離れられなくなってしまいそうで怖かった。すると上着の内ポケットの携帯が ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
空港へ快適なドライブをしていると、大きなクラクションと共に高速で蛇行運転する一台の車がリムジンの横を通り過ぎて行った。「危ねぇ〜な・・」エディが呆れたように、車を目で追った。「うふっ、なんだか懐かしいなぁ」「えっ、おまえもあんな ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「さて、俺達もチェック・インして舞台を見に行くとするか・・」ジャンがミゲールの肩に手を回した。「そうね・・じゃぁ、二人とも元気でね。とくにエディは無理しないで早く怪我直してダンを安心させてあげてね」「判りました。俺抜きでも凄いショー ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「そうだ、チケット送ってくれたか?」ダンがエディに尋ねた。「あっ、私が預かってるんだった。これピートとローズに・・・」「悪いなエディ・・」「とんでもない、ご迷惑をおかけしてすみませんでした」「ローズにも美味い手料理だったと宜 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ごめんなさいダン、あなたの心遣いムダにしちゃって・・」「何言ってるですか、俺のほうこそ無事ここに立っていられる事で、ミゲールに感謝することはあっても、避難するなんて有り得ません。ありがとうございました・・」パンプスを履いて見上げる程デ ... » more
テーマ フィクション

えくぼと鹿と魚の子ミチトノソウグウ
【遠い銀河系の果てから太陽系の片隅に辿り着いたギラーユ星人の超大型宇宙船その内部での会話】「総統!ヨウラーク総統!お喜びください。ようやく発見した我々の新天地の惑星、地球にもう間も無くで着きます!」 ... » more

───どうもー。お待たせしましたー。毎年恒例の年末対談企画ですー。(桃子)・・・誰が待ってるって?───え?何かおっしゃいました?(桃子)いいえー。何も。───あっそうですか。では、今年ご活躍 ... » more

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
腕時計を見てエントランスに目線を移し、人の出入りに注意を払っていると携帯がバイブし始めた。“ダン、ホテルに着いたかしら?ちょっとした問題発生・・病院で偶然エディに遭遇して、ピートと三人でそっちに向かっています”ミゲールからのメールだった ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「あっ、ピートだわ・・」タイミング良く入口から歩いて来るのが見えた。「あれ、エディ・・?」「そうなの・・偶然会っちゃって」ミゲールはばつが悪そうにピートを見上げた。「色々と迷惑掛けたみたいで、申し訳ありませんでした」エディが謝罪 ... » more
テーマ フィクション

えくぼと鹿と魚の子fishgirl story
俺は死に場所を探していた。特にロマンチストの自覚があるわけではないが、他人に迷惑を掛けない手段を考え、自宅や街中で死んだ人間の後始末を想像すれば、死に場所として山や海の方に意識が向くのは自然なことだ。そして山か海かでいえ ... » more

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「じゃぁダンは午後便で・・」「そっ、そうなのよ。それを伝えたくて・・・」口走ってからミゲールは内心後悔していた。「判りました、ダンにメールしてみます」「そう、そうね。もう治療は終わったの?」「はい」ミゲールはとにかく今の ... » more
テーマ フィクション

 

最終更新日: 2017/03/26 15:44

「フィクション」のブログ関連商品

» 「フィクション」のブログレビュー をもっと探す

「フィクション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る