誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フィクション

フィクション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フィクション」のブログを一覧表示!「フィクション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フィクション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フィクション」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
病院側が用意してくれた服に着替えると、不本意ながらフォンテーヌにメールを入れざるおえなくなった。「タカシ、バッグの中で携帯バイブってるぞ」「はい、ありがとうございます」スタジオの片付けをしていたタカシはメールをチェックした。 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「どうやら、あの男性はある感染症に罹患していたようだ・・」ドクターは意気消沈した面持ちで答えた。「俺もポジティブの可能性が・・・?」検査結果を待ちながらエディは不安を隠せなかった。「ドクター・・」ナースがエディの検査結果を手渡し ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
慌ただしく動き回る人の中を車椅子に乗せられたエディを見たスタッフの数名が、見覚えのある血だらけの彼を見て、顔を引き攣らせていた。通された処置室は昨日と同じ場所であった。「何をどうしたら、こんにな毎日怪我をするんですか?」呆れるように ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「停めてくれ・・」エディはドライバーに叫ぶと、停まりきっていない車から飛び降り、事故現場に向かって走り始めた。車の下敷きになった血だらけのアジア系男性がタカシに見えたのだった。ガソリンが気化して辺りに発ち込める中、咽(むせ)びながら ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「俺も早く復帰して頑張るからな・・・」「じゃあな」エディの言葉を遮り、ほんの一瞬彼の瞳を見詰めてダンは車を降りると、急ぎ足でロビーに向かった。あれ以上いらた、離れられなくなってしまいそうで怖かった。すると上着の内ポケットの携帯が ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
空港へ快適なドライブをしていると、大きなクラクションと共に高速で蛇行運転する一台の車がリムジンの横を通り過ぎて行った。「危ねぇ〜な・・」エディが呆れたように、車を目で追った。「うふっ、なんだか懐かしいなぁ」「えっ、おまえもあんな ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「さて、俺達もチェック・インして舞台を見に行くとするか・・」ジャンがミゲールの肩に手を回した。「そうね・・じゃぁ、二人とも元気でね。とくにエディは無理しないで早く怪我直してダンを安心させてあげてね」「判りました。俺抜きでも凄いショー ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「そうだ、チケット送ってくれたか?」ダンがエディに尋ねた。「あっ、私が預かってるんだった。これピートとローズに・・・」「悪いなエディ・・」「とんでもない、ご迷惑をおかけしてすみませんでした」「ローズにも美味い手料理だったと宜 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ごめんなさいダン、あなたの心遣いムダにしちゃって・・」「何言ってるですか、俺のほうこそ無事ここに立っていられる事で、ミゲールに感謝することはあっても、避難するなんて有り得ません。ありがとうございました・・」パンプスを履いて見上げる程デ ... » more
テーマ フィクション

えくぼと鹿と魚の子ミチトノソウグウ
【遠い銀河系の果てから太陽系の片隅に辿り着いたギラーユ星人の超大型宇宙船その内部での会話】「総統!ヨウラーク総統!お喜びください。ようやく発見した我々の新天地の惑星、地球にもう間も無くで着きます!」 ... » more

───どうもー。お待たせしましたー。毎年恒例の年末対談企画ですー。(桃子)・・・誰が待ってるって?───え?何かおっしゃいました?(桃子)いいえー。何も。───あっそうですか。では、今年ご活躍 ... » more

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
腕時計を見てエントランスに目線を移し、人の出入りに注意を払っていると携帯がバイブし始めた。“ダン、ホテルに着いたかしら?ちょっとした問題発生・・病院で偶然エディに遭遇して、ピートと三人でそっちに向かっています”ミゲールからのメールだった ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「あっ、ピートだわ・・」タイミング良く入口から歩いて来るのが見えた。「あれ、エディ・・?」「そうなの・・偶然会っちゃって」ミゲールはばつが悪そうにピートを見上げた。「色々と迷惑掛けたみたいで、申し訳ありませんでした」エディが謝罪 ... » more
テーマ フィクション

えくぼと鹿と魚の子fishgirl story
俺は死に場所を探していた。特にロマンチストの自覚があるわけではないが、他人に迷惑を掛けない手段を考え、自宅や街中で死んだ人間の後始末を想像すれば、死に場所として山や海の方に意識が向くのは自然なことだ。そして山か海かでいえ ... » more

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「じゃぁダンは午後便で・・」「そっ、そうなのよ。それを伝えたくて・・・」口走ってからミゲールは内心後悔していた。「判りました、ダンにメールしてみます」「そう、そうね。もう治療は終わったの?」「はい」ミゲールはとにかく今の ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
空港でジャンを降ろしたピートは早々に尾行に気を遣いながら病院を目指した。空港ロビーを俯き加減で足早に横切り後を追うパパラッチを振り切るようにジャンはトイレに駆け込んだ。妊婦に変装したダンが乗り込んだタクシーは追尾もなく、順調にホテル ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ミゲールの計画はパーフェクトに近かった。ただ一つだけ予見が外れたことは、実際エディが病院を訪れていたことだった。「ダンからのメール着たのか?」ブライアンが忙しそうに部屋を歩き回るタカシに訊ねた。「明日帰るってだけ・・」シーツを一 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「じゃあ、計画の確認ね。ピートとジャンはシスコ空港へ、着いたらピートは病院、ジャンはホテルに。ダンは一台目のタクシーで直接ホテルのロビーに、私は二代目のタクシーで病院でピートと待ち合わせてホテルへ向かうわ。逐一連絡は取り合ってローズに報告し ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
・・・霧の晴れ間どんよりとした曇り空がダンの気分を反映しているかのようだった。シャワーを浴び身支度を整えたダンが下に降りると、ローズがダイニングで朝食の準備をしていた。「おはようダン、休めた?」「おかげさまで」「今朝はし ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
もう真夜中過ぎである、二人とも眠っていて当然だが、どうしてもミゲールに了解して貰わなければならない事があった。暫くするとロックが外されドアが細く開けられた。「ダンです、夜分にすみません、ちょっとお話したいことが・・・」「どうした ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
部屋に戻ったダンは、エディの流血で汚れたジャケットとズボンを脱ぎ、着替えると素早くたたんでバッグに押し込んだ。携帯にはエディからのメールをはじめ、物凄い数の着信が入っていた。“どうしてる?疲れたろ、ゆっくり休めよ。愛してる”「ゆ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「上手く彼等の目を撹乱させたら、ジャンもホテルに行けば良いんですね?」ダンがジャンの聞き辛いことを代わりに訊いてあげた。「そう・・・よろしくねジャン」ミゲールも言い過ぎたことを後悔しているようだった。「それから?」ローズが先を促した ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「何だか大変そうだな、頭が混乱してきた」ジャンが頭を掻いた。「ビール飲みすぎないでよ。本題はこれからなんだから」「なんだか、ワクワクしてきたわぁ」ローズが笑顔で身を乗り出した。「エディは明日も通院するかしら?」「当分は毎日通 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
五人でデリバリーピザを頬張り、ビールを呷った。ダンはふとっ、和やかに過ごすこの一時に家族的な安らぎを味わっていた。激的な一日であっただけに、返ってそれがそれぞれの絆のようなものを強めてくれたように感じた。「私、考えてたんだけど・ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ジャンとローズはまだインタビューを?」「ジャンは現場検証とかで地元の警察に色々協力してくれたみたいだ」ピートが今日のヒーローであるジャンを賞賛していた。「彼が居なかったら、今頃俺は霊安室で冷たくなってたかもな・・」ダンがニヤケて呟 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「俺達もまだ若かったしロジャーと彼女を天秤に掛けたつもりも無いが、結局ロジャーと一緒になって後悔はしていないけど、ロジャーは何年も奥さんが離婚に合意してくれなくてな、別居が長く続いたし、養育費や慰謝料とかもかなりの額で支払いも大変だったんだ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「当時は時代が今とは全く違っていたし、自分では判っていても世間体とか気にして、偽って、家庭を作っても結局は行き詰まりを感じてて・・・俺は不動産関係の仕事をしていたんだが、よく昼飯喰いに通ってたカフェのシェフがロジャーだったんだ」「それで ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ジャンはここの警察に協力してくれてヒーローに成って、ローズと一緒にインタビュー受けてる」「ご迷惑お掛けして本当にすみません」「いいんだ、ローズは目立つの好きだし、満更でもなさそうだから」ピートが呆れ顔で話してくれた。「良いご夫 ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
「ここって・・?」どう見ても民家の敷地内である。「近所のよしみと言うやつかな・・」ピートは早速、駐車場脇の細い通路を抜け低いフェンスを押し開けた。そこには狭いが綺麗に手入れされたバックヤードが存在していた。「凄い・・・」「ホ ... » more
テーマ フィクション

遅咲き桜緋寒桜の咲くころに
ペンションの正面入口がある通りを横目で見ると、何台もの車と人でゴッた反し、そこだけが照明で明るくなっているのが見えた。一本裏通りを右折して暫く走ると右手前方にピートが手を振って待っていてくれた。「連絡する・・」一旦外に出たダンが車を ... » more
テーマ フィクション

 

最終更新日: 2016/11/13 15:02

「フィクション」のブログ関連商品

» 「フィクション」のブログレビュー をもっと探す

「フィクション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る