誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アダルトチルドレン

アダルトチルドレン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アダルトチルドレン」のブログを一覧表示!「アダルトチルドレン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アダルトチルドレン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アダルトチルドレン」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

◆【INDEX】 - アダルトチルドレンの生きる道 AC回復■AC回復ワークカウンセリングを受けたいが人に話せない人の場合の解決策http://clementine--climb.at.webry.info/201110/article_5.html ... » more

アダルトチルドレンGREEコミュニティトップ アダルトチルドレンの生きる道」はアダルトチルドレン(AC)とご自身で認め、 回復に向かって歩んで生きたい、 苦しみや不安を吐き出したい、励ましあいたい、そのためのコミュニティとして作りました。自分でACと認めてからのご自身の変化、ど ... » more

辞書を引きながらピーターレヴィン博士の本をパラパラと読んでみる。本のタイトルは「Stronger After Stroke」。「stroke」という言葉の意味がよくわからない。たぶんトラウマの原因となる出来事のことを指しているのかと ... » more

波間のウロコ見えてきたもの
見えてきたもの 「苦手な人」について。苦手なBさん…先日、保護者行事の際、どうしても顔を合わせるのが嫌だった。あんまり嫌だったから、逃げた逃げている間は気が楽になった。…が、やはり逃げるのは、その場しのぎ。 ... » more

波間のウロコ親の愛の欠如
親の愛の欠如 B級映画が好きだ。お気軽に見られるSFやアクション、ホラーが好きだ。バカだなあ〜!と笑える映画が好きで、血糊・血しぶきも、グロテスクなのは平気。エロもOK。比較的最近のもので好みの映画を例にあげると、「第9地区」。 ... » more

誰かが何かに書いていたっけ。「魂と心は異なるもの。魂はこうだと決めることができるけれど心はいつも揺れていて、いつも形を変えていく」・・・だったか、なんだったか。心は気まぐれだなぁ。。とよく思う。 ... » more

ノンボーダーとしての自分のアイデンティティ・・・。一年前よりだいぶ落ち着いた。この一年は「ボーダー、ボーダー」ばっかりだったなあ。だいぶ知識もついたし、当事者同士での話もできた。けっこう揺れたなあ。過去の出来事の整理 ... » more

波間のウロコ沈む
私の育った家族は、歪な人間関係だったのだと、つきつけられた。自分でそうだと感じていても、人から指摘されると、やはり落ち込む。このところ、落ち着いていて、「消えたい・いなくなってしまいたい」と思うことも、なかっ ... » more

ここ1週間くらい母との関係でできたトラウマのことを集中的にやっていて、母への怒りがいくつも出てくる。小さい私に母がしたことに対して。信じられないものもある。そんなさなかにふと思い出した。母が子どものとき父親から恒常的に暴力を ... » more

自分を変えたい今の状況から抜け出したい過去を忘れて新しい気持ちで生きていきたいそんなふうに心から思っているのに「これをすればいい」 っていう道具が目の前にあってこの扉を開けたら次の世界が待っていることも違 ... » more

アダルトチルドレンが自分の生い立ちの問題点を知るための参考になる「人生脚本チェックリスト」というものがある。その一部を載せてみようと思う。1あなたのお母さんはどんな人ですか。お母さんの性格を簡単に述べてください。2あなたのお ... » more

私は、あの家族の下に生まれていなければ知らないままでいたことがたくさんあったと思う。子どもを両親が何気なくどれだけ追い詰めることができるか。その心細さ、しんどさ。親に対する激しい怒り。そしてそれを手放して本来の自分を取り戻すとき ... » more

ACからの回復をめざすのには、人それぞれの理由があると思う。私は、感情が豊かな人間、人を愛せる人間になりたくてしょうがなかった。以前の私は、感情のないロボットのような冷たい人間だったと思う。喜怒哀楽がほとんどなかった。す ... » more

→→その1からのつづき私は前述の場所があったので自助グループの必要性を感じず行ったこともなかったわけだが、ある理由からその場所にもう行けなくなった。(私自身が何か問題を起こしたわけではありません、念のため。)そこでネットでACの ... » more

自助グループというのはACの回復に有効だという。それは本当なのだろうか。以前、二十歳くらいのときから私はある場所に通っていた。一年に十数人程度の生徒が入学(?)する。学ぶことは心理学。といっても大学で学ぶようなことでなく、生 ... » more

他のACの人の話を聞いたりブログを読んだりしていると、親が過去に自分にしたことを指摘したくてもいえないという人が多い。親の子育てのしかたに問題があってそのせいで自分は大人になってまで苦しんでいるのに、そして大人になった今でも親は自覚なく同じ ... » more

私が兄に対してやきもきしてもしょうがないんだな、という気にやっとなってきた。兄に対して「あなたがそう感じていることはわかった。けれど私はそうは思っていない。」と言うことはできる、つまり思考のバウンダリーを引くことはできるんだと、某ホ ... » more
テーマ アダルトチルドレン 兄のこと

「人生脚本」とはエリック・バーンさんというカナダ出身の精神科医が提唱した概念で、人生の初期に出来上がり後はその筋書きの通りに生きていってしまうという「人生のシナリオ」だ。無意識の部分で形成され無意識の部分ではたらくため本人が気づくことは ... » more

自分の母と兄がボーダーラインの傾向があると知ってから、半年が過ぎた。はじめのうちはだいぶ混乱していたけれど、半年の間に少しずつ落ち着いてきたように思う。そんないま私が思う、ACofBPDに必要なもの。@事実の整理→何が自分の ... » more

波間のウロコトラウマの解消
映画「インセプション」を見る。劇場で予告編を見た時は、『映像は楽しそうだが、ストーリーはつまらなそう』との印象を抱いた。だからあまり期待せずに見たが、私には大変面白かった。味のある顔の人。いい声の人。身ごなしがきれい ... » more

波間のウロコ客家の教え
客家の教え 土曜日の夜は、午後9時からの「世界ふしぎ発見」をよく見る。昨夜は、中国の客家をテーマにしていた。各地の客家を紹介するたびに、その一族の教えが紹介されていた。「自分の子を叱れば、他人の子が育つ」など、なるほどと思う格言(?)を ... » more

AC関連の書籍の中で自伝的なもの。『はなぜカウンセリングを受けたのか』東ちづる、マガジンハウス、2002年、1470円・・・女優の東ちづるさんの書いた本。東さんは優等生タイプのACだったそうだ。一冊の本をきっかけに自分がAC ... » more

『アダルト・チャイルドが自分と向き合う本』アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編、1997年、1575円『アダルト・チャイルドが人生を変えていく本』アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編、1997年、1575円・・・この二冊 ... » more

“むかしむかしあるところに、一人の女の子がいました。この世界では、子どもたちは一歳の誕生日にはブルーの石を、二歳の誕生日にはエメラルドグリーンの石を、三歳の誕生日には深い紅の石を、というように、ひとつ年をとるごとにお ... » more

AC関連の本に「あなたは親を許さなければいけない」と書かれてあるのを読んで悩んでしまう人はよくいるらしい。スーザン・フォワードの『毒になる親』では「親を許す必要はない」と書かれていて、それに救いを感じたという声が多数レビューに書かれ ... » more

十年近く前だけれど岩月謙司さんの本「思い残し症候群」がベストセラーになり、「育てなおし」という言葉が一般に広まった。(最終的に岩月さんご本人は実践が行きすぎたようだが。)その頃同じ大学だったある人が私の前でこんなことを言った。「わた ... » more

波間のウロコ忘れていられる
忘れていられる 昨夜、ふとした拍子に子どもの頃のことを思い出した。母にされたことで、とても悲しかったことをそれは大人になった今でも、とてもつらく感じることで、思い出した瞬間に、ぶわっと涙が込み上げてきた。しくしくと ... » more

私の場合、母は「半分」ボーダーの感じだ。兄は「完全に」そうだと思う。診断はおりていないがおそらくそうだ。小学校三年生のとき、いきなり背後から兄がすごい声で私をどなりつけてきたことがあった。兄は私が宿題で書いた日記を手にしてキ ... » more
テーマ 人格障害 アダルトチルドレン 兄のこと

----------------------------------------------------------- 私が生まれたとき、家にはばけものが一人いた。私の母だ。私が五歳になったとき、もう一人増えた。私の兄だ。兄はもとも ... » more

感情って、気づいたらもう自然に湧いているもの。感じてしまってるもの。これから先も同じ感情でいるかどうかはまた別の話で「今」自分が感じている感情は、「今、ここにいる自分」が「今、感じているもの」なんだよなぁ。 ... » more

 

最終更新日: 2017/02/24 11:28

「アダルトチルドレン」のブログ関連商品

» 「アダルトチルドレン」のブログレビュー をもっと探す

「アダルトチルドレン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る