誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アダルトチルドレン

アダルトチルドレン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「アダルトチルドレン」のブログを一覧表示!「アダルトチルドレン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「アダルトチルドレン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「アダルトチルドレン」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

ACからの回復をめざすのには、人それぞれの理由があると思う。私は、感情が豊かな人間、人を愛せる人間になりたくてしょうがなかった。以前の私は、感情のないロボットのような冷たい人間だったと思う。喜怒哀楽がほとんどなかった。す ... » more

→→その1からのつづき私は前述の場所があったので自助グループの必要性を感じず行ったこともなかったわけだが、ある理由からその場所にもう行けなくなった。(私自身が何か問題を起こしたわけではありません、念のため。)そこでネットでACの ... » more

自助グループというのはACの回復に有効だという。それは本当なのだろうか。以前、二十歳くらいのときから私はある場所に通っていた。一年に十数人程度の生徒が入学(?)する。学ぶことは心理学。といっても大学で学ぶようなことでなく、生 ... » more

他のACの人の話を聞いたりブログを読んだりしていると、親が過去に自分にしたことを指摘したくてもいえないという人が多い。親の子育てのしかたに問題があってそのせいで自分は大人になってまで苦しんでいるのに、そして大人になった今でも親は自覚なく同じ ... » more

私が兄に対してやきもきしてもしょうがないんだな、という気にやっとなってきた。兄に対して「あなたがそう感じていることはわかった。けれど私はそうは思っていない。」と言うことはできる、つまり思考のバウンダリーを引くことはできるんだと、某ホ ... » more
テーマ アダルトチルドレン 兄のこと

「人生脚本」とはエリック・バーンさんというカナダ出身の精神科医が提唱した概念で、人生の初期に出来上がり後はその筋書きの通りに生きていってしまうという「人生のシナリオ」だ。無意識の部分で形成され無意識の部分ではたらくため本人が気づくことは ... » more

自分の母と兄がボーダーラインの傾向があると知ってから、半年が過ぎた。はじめのうちはだいぶ混乱していたけれど、半年の間に少しずつ落ち着いてきたように思う。そんないま私が思う、ACofBPDに必要なもの。@事実の整理→何が自分の ... » more

波間のウロコトラウマの解消
映画「インセプション」を見る。劇場で予告編を見た時は、『映像は楽しそうだが、ストーリーはつまらなそう』との印象を抱いた。だからあまり期待せずに見たが、私には大変面白かった。味のある顔の人。いい声の人。身ごなしがきれい ... » more

波間のウロコ客家の教え
客家の教え 土曜日の夜は、午後9時からの「世界ふしぎ発見」をよく見る。昨夜は、中国の客家をテーマにしていた。各地の客家を紹介するたびに、その一族の教えが紹介されていた。「自分の子を叱れば、他人の子が育つ」など、なるほどと思う格言(?)を ... » more

AC関連の書籍の中で自伝的なもの。『はなぜカウンセリングを受けたのか』東ちづる、マガジンハウス、2002年、1470円・・・女優の東ちづるさんの書いた本。東さんは優等生タイプのACだったそうだ。一冊の本をきっかけに自分がAC ... » more

『アダルト・チャイルドが自分と向き合う本』アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編、1997年、1575円『アダルト・チャイルドが人生を変えていく本』アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター編、1997年、1575円・・・この二冊 ... » more

“むかしむかしあるところに、一人の女の子がいました。この世界では、子どもたちは一歳の誕生日にはブルーの石を、二歳の誕生日にはエメラルドグリーンの石を、三歳の誕生日には深い紅の石を、というように、ひとつ年をとるごとにお ... » more

AC関連の本に「あなたは親を許さなければいけない」と書かれてあるのを読んで悩んでしまう人はよくいるらしい。スーザン・フォワードの『毒になる親』では「親を許す必要はない」と書かれていて、それに救いを感じたという声が多数レビューに書かれ ... » more

十年近く前だけれど岩月謙司さんの本「思い残し症候群」がベストセラーになり、「育てなおし」という言葉が一般に広まった。(最終的に岩月さんご本人は実践が行きすぎたようだが。)その頃同じ大学だったある人が私の前でこんなことを言った。「わた ... » more

波間のウロコ忘れていられる
忘れていられる 昨夜、ふとした拍子に子どもの頃のことを思い出した。母にされたことで、とても悲しかったことをそれは大人になった今でも、とてもつらく感じることで、思い出した瞬間に、ぶわっと涙が込み上げてきた。しくしくと ... » more

私の場合、母は「半分」ボーダーの感じだ。兄は「完全に」そうだと思う。診断はおりていないがおそらくそうだ。小学校三年生のとき、いきなり背後から兄がすごい声で私をどなりつけてきたことがあった。兄は私が宿題で書いた日記を手にしてキ ... » more
テーマ 人格障害 アダルトチルドレン 兄のこと

----------------------------------------------------------- 私が生まれたとき、家にはばけものが一人いた。私の母だ。私が五歳になったとき、もう一人増えた。私の兄だ。兄はもとも ... » more

感情って、気づいたらもう自然に湧いているもの。感じてしまってるもの。これから先も同じ感情でいるかどうかはまた別の話で「今」自分が感じている感情は、「今、ここにいる自分」が「今、感じているもの」なんだよなぁ。 ... » more

波間のウロコああ、こんなだった
ああ、こんなだった 昨夜、ガーッとかっこんで食べていたら、食べ過ぎてしまった。「ちょっと食べすぎちゃったな」という軽い感じのものでない。詰め過ぎたものが喉まで上がってくるような…勝手に逆流しちゃうような感じで、喉からお腹にかけてがズシンと重くて苦し ... » more

故郷の親が、おじいちゃん、おばあちゃんがいつも自分を信じていてくれる、応援してくれていると感じたとき友達や周囲の人たちがたとえいつも会えなくても、一緒にいられなくてもいつも自分を信じていてくれる、応援してくれてい ... » more

波間のウロコ自分が嫌い
「もう何もかもイヤだ」「消えてしまいたい」娘が言う時、何を言っていいのかわからない。私自身がいつも消えてしまいたいと思っているから。 ... » more

波間のウロコ逃げたい気持ち
逃げたい、或いは、逃げ出したい。家族の誰かと一緒に居る時、よくそう思う。何からどう逃げてどこへ行きたいのだと考えると、『家族から解放されたい』『自分ひとりになりたい』にたどり着く。まあ、原家族での状況を振り返れば、例 ... » more

嫁がACだった!!ダメなのか?
なにを言っても届かない。なにを言っても否定される。質問をすれば質問が返ってくる。答えた上で再度質問すると質問そのものを否定される。人を「わかる」ということは「わかりあう」ことだと思う。なにを言っても否定する人とは「わ ... » more

嫁がACだった!!俺もなの?
カーリーがアダルトチルドレン(AC)ではないかと思った私はネットでACについて調べました。そんな中でACのセルフチェックを発見。試しにやってみると「あなたはアダルトチルドレン体質です。」別のセルフチェックをやってみる ... » more

嫁がACだった!!はじめの一歩
mixiばっかりやってたからブログを書くのなんて2年ぶり。カーリーとの出会いもmixiだった。共通のマイミクさんも多くて結婚した時はみんなからお祝いしてもらった。そんなわけでmixiでは思うようなことが書けない。Bigl ... » more

2週間ほど日記の更新をせずにいたら「無事か?」のメールを知人から頂いて心配してくださる人がいることの幸せをしみじみ感じております。ありがとう〜(ToT)(←嬉し涙)この間、息子が勝負をかけた最後の期末テストが ... » more

トラウマから、一歩踏み出して 映画「ラースと、その彼女」。人付き合いが苦手で家に閉じこもりがちな主人公が、幾つかのきっかけを経て、一歩踏み出していく話。時折語られる、主人公が育った家庭は、けして明るいものではない。自分の命と引き換えに、死んでしま ... » more

年が明けても、毎日のように部屋の片づけやらなんやらをしている私です(^^ゞ>>>今年は「繋ぐ」ということをテーマに活動していこうと思っています。そしてもう一つ、「バランス」 ... » more

波間のウロコ父と子
そろそろお風呂がわくなあ…という時間帯のことだった。なんとなく夫がチャンネルを回して、ちらっとだけ見た番組で、一家の父親がこんなことを語っておられた。「自分が子どもの頃、父親と会話がなかったので、自分が父親になったら子どもと ... » more

波間のウロコハグ、ハグ
時折、疲れたな…と夕食後にリビングで転寝する。子ども達はテレビを眺めているか、ゲームしているか…なので、私ものんびりしたくて横になる。夫が帰って来るまでの数十分、つかの間の休息だ。こんな時、息子はよく隣にやって来る。小さ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/07 16:02

「アダルトチルドレン」のブログ関連商品

» 「アダルトチルドレン」のブログレビュー をもっと探す

「アダルトチルドレン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る