誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生命倫理

生命倫理

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生命倫理」のブログを一覧表示!「生命倫理」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生命倫理」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生命倫理」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

分析と勧告http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf生体試料の収集、使用、国際的な共有において、研究者をはじめとする関係者は、公 ... » more

公平な利益の共有生体試料データの共有、とりわけウイルスの遺伝子配列は、公平な利益共有の問題を提起することになる。研究で使われる試料の提供者は研究利益へのアクセスを拒まれてはならないという互恵(相互性/相互利益)と公正に関わる問題だ。互恵 ... » more

研究のための生体試料の収集、使用、国際的共有http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf問題の所在生体試料の収集と共有は診断、 ... » more

ここで検討した4要因はすべて、緊急事態でも他の場合と同様、研究の対象となるコミュニティの疑問に答え、倫理的にも実務的にも受け入れ可能にすることの重要性をはっきりと示している。ワクチン開発でも、治療薬の開発でも、エボラに対する実験的な手段 ... » more

分析と勧告http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdfプラセボを使った無作為臨床試験の倫理論争は新しいものではない。だが、その ... » more

公衆衛生の緊急事態における研究倫理http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf公衆衛生の緊急事態は、臨床研究の実施に共通して求 ... » more

現在も続いている感染症の流行との闘いの長い歴史は、HIV/エイズや重症急性呼吸器症候群(SARS)、結核(TB)などの拡大防止策も含め、今回のエボラの流行にも関連して多くのことを教えてくれる。HIV/エイズ米国は2010年、HI ... » more

経験からの教訓:過去、現在における公衆衛生上の規制策http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf以前からあった流行同様、現在の ... » more

PA RT II 保健計画と対応今回の経験からhttp://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf公衆衛生上の緊急事態における行動制限など ... » more

分析と勧告http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf今回の公衆衛生上の緊急事態 ― そして脅威を感じたときの社会的対応とエボラ上 ... » more

米国内でのエボラ症例特定の部局の、とりわけエボラの流行に以前から取り組んでいた人たちの間では、エボラは数カ月前から懸案事項だったが、米国の政府や公衆衛生機関、メディア、社会が西アフリカの流行に関心を持つのは2014年8月、医療支援を ... » more

現在のエボラの流行世界的にも、各国でも、公衆衛生機関の多くは様々な理由から今回のエボラの流行を認識するのが後れた(注31)。歴史を見ても分かるように、大きな流行の発生時には、対応が遅れ、混乱し、後になってからでないと認識されないこと ... » more

自由を制限する公衆衛生政策と侵害の最小化原則http://bioethics.gov/sites/default/files/Ethics-and-Ebola_PCSBI_508.pdf公衆衛生上の緊急事態では、対策のあり方を倫 ... » more

(解説)米国の生命倫理問題研究に関する大統領諮問委員会(米生命倫理委員会)が2月26日に発表した報告書『『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』(ETHICS and EBORA Public Health Planning and ... » more

(解説)生命倫理問題研究に関する米大統領諮問委員会(生命倫理委員会)の報告書『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』から7項目の勧告だけを抜き出して日本語仮訳を掲載します。実は「勧告」にいたる「分析」の部分が重要なのですが、こち ... » more

(解説)生命倫理問題研究に関する米大統領諮問委員会(生命倫理委員会)の報告書『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』は付属資料や参考文献一覧も入れると90ページもあるので、全部はとても訳しきれませんが、プレスリリースに続き、少しさわ ... » more

(解説)西アフリカにおけるエボラの流行は、保健分野における様々な倫理的課題への対応を迫る現象でもありました。今回の流行により新たに生まれた課題というよりも、すでにHIV/エイズをはじめとする様々な新興・再興感染症の流行を経験する過程でし ... » more

レクチャー生命倫理と法 甲斐克則編 2010年初版はしがき凡例序章生命倫理と法の関わりと本書の目的・構成 1第1章 生命倫理と法とをめぐる問題状況 41 生命科学の発展と社会(4)2 社会規範としての「生命倫理」(5)3 現代の生命 ... » more
テーマ 医療政策 医事法 生命倫理

本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年とうとう本人の同意なしの脳死・臓器移植が始まりました。 ... » more

角岡伸彦『カニは横に歩くーー自立障害者たちの半世紀』 角岡伸彦『カニは横に歩くーー自立障害者たちの半世紀』(講談社、2010年)タイトルは、「カニって横に歩いてるやん。誰も不思議に思わへんやん。障害者が健全者と違う歩き方をしてるのは当たり前のことちゃうの」より。「障害者 ... » more

本人意思確認なしの脳死・臓器移植ーー恐ろしい社会の到来【追記:さっそく二例目でなし崩し化】 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年とうとう本人の同意なしの脳死・臓器移植が始まりました。 ... » more

「妊娠」そのものが直接的に個々人に迫る生命倫理的な問いかけ――『妊娠』(洛北出版) 柘植あづみ、菅野摂子、石黒眞里『妊娠――あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください』洛北出版、2009年前回記事が妊娠関係だったこともあり、今度はまさに『妊娠』。これはいろいろな意味で破格の本です。出版社は、洛北出 ... » more

脳死者が切り捨てられた。では脳性マヒは?――横塚晃一『母よ! 殺すな』/立岩真也『自由の平等』 横塚晃一、『母よ! 殺すな』、生活書院、2007年本書の著者・横塚晃一氏は、脳性マヒ者だった。1935年に生まれ、70年代を通じて、障害者運動・自立生活運動の「青い芝の会」を牽引した。78年に逝去。享年42歳。本書は、彼 ... » more
テーマ 生命倫理

臓器移植法案可決に際して、自己決定/代理決定について考える――立岩真也『弱くある自由へ』、他 立岩真也、『弱くある自由へ――自己決定・介護・生死の技術』、青土社、2000年再度、一昨日の脳死・臓器移植法案の衆院での可決の機会に書いておきたい。脳死を人の死と事実上認定する案が、多数決で大差で可決されてしまった。これ ... » more

心底寒気を覚える脳死臓器移植法案可決という事態――森岡正博『生命学に何ができるか』 森岡正博、『生命学に何ができるか――脳死・フェミニズム・優生思想』、勁草書房、2001年今日、衆議院で臓器移植法「改正」案のうち、A案が可決されました。僕は最初に書いておけば、脳死を人の死と定義することについても、脳死臓 ... » more
テーマ 哲学/思想 生命倫理 ジェンダー

coup de main断種 vs. 不用者殺害
承前(『積極的か、消極的か』)坂東眞砂子が"子猫殺し"問題で、毎日新聞に寄稿した(『子猫殺し告白:坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府−今日の話題:MSN毎日インタラクティブ』)。自分自身、しつこいようにも思うし、ヒステリックな反応を ... » more

fLife凍結精子 最高裁判決を支持する
凍結精子 最高裁判決を支持する 「社会全体の論議こそ必要」との産経のコラムを全面的に支持し、最高裁の判決を支持します。親子の関係を考える大切な問題冷凍精子による死後受胎の問題は、生命倫理に深く根ざした大きな問題です。禁止している国や条件を定めて限定的に認めてい ... » more

coup de main積極的か、消極的か
作家の坂東眞砂子が日経新聞のコラム「プロムナード」に8月18日に書いたコラムが話題になっている。なので、流行に乗っかってみる。現物を見ることはできないので、ネットで検索してみたら、『作家の坂東眞砂子が18日の日経新聞で日常的に子猫を殺してい ... » more

coup de main生命倫理の中の人権思想
韓国のES細胞騒動について適当に考えたことを適当に書いておく。生命倫理が問題となっているようだが、実のところその生命倫理は人権思想に基づいている。ヘルシンキ宣言が持ち出されているが、それは医師による人権宣言である。ナチスの人 ... » more
テーマ 生命倫理 メモ

fLife翼あるもの的自然な死
「自然な死」についてまず死の概念に関してはいろいろなものが挟まると解りにくくなると思います。人間の概念的な死。Homo sapiens sapiens の科学的な死。この2種類を分けて考えなければならないと思います。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 11:57

「生命倫理」のブログ関連商品

» 「生命倫理」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る