誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ:  ポエム poem
子テーマ: 詩歌 漢詩 詩吟 現代詩 自作詩
テーマ「詩」のブログを一覧表示!「詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「詩」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

狂った子ぎつねのように何度も気持ちを振り払いあなたに別れを告げるしかしなぜか思い出す恋とはそういうものなのだろうか?わからないわからないわからない客観的にしか見たことがないのに ... » more
テーマ 日記 エッセイ

keiベンジャミン多田恵子見させて
お願い見てるだけでいいのあなたを見てるだけでいいのいろんな罪をかぶり許されないことわかっているけれど暗闇の中の光に照らされている時間だけ神に祈るからあなたを好きでいること素直でい ... » more
テーマ 日記 エッセイ

私から取り出した永遠性をパレットナイフでキャンバスに載せ描くまん丸な月蕎麦屋でフルーツポンチ頼めば凍りついた私の腸と偽善が漏れ出づる船虫と潮騒大学の圃場に六花咲く今日は早めにお家へ帰ろうセブンスターの香り ... » more
テーマ

田舎のアトリエ未知の綾取り
未知の綾取り 3月、かたい蕾がゆるみ総てが色づき始める青春やぐら炬燵に並んで座る。偶然? 足が優しく触れた横には何事もなかった顔があるおやっ?また・・・・気持が足に集中!気もそぞろいつもと違 ... » more
テーマ 短歌 ポエム

獅子鮟鱇詩詞七絶・心口不一
「七絶・心口如一」に続き.七絶・心口不一2017.02.15 -48378.風人醉筆縱横馳,留下月章星句詩。心口不一何敢避,世人老獪擅卮辭。○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。○:平声。● ... » more
テーマ 漢詩

獅子鮟鱇詩詞七絶・心口如一
七絶・心口如一2017.02.15 -48377.詩翁才筆擅七絶,心口如一平仄協。帶酒遊魂舞花下,當然鼓翅化蝴蝶。○○○●●○平,○●○○○●平。●●○○●○●,○○●●●○平。○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ... » more

遅れましたが。。。 人の心はわがまま気まま晴れも有れば雨もあるどんな日であれ感謝してこれから先も穏やかに華を抱いて旅連れ世連れ儚き人のお見守り忘れず ... » more
テーマ  コメント(2)

七絶・掩口葫蘆花貌聽2017.02.15 -48376.翠黛坦然羞酒瓶,白頭賣老醉旗亭。胡言亂語垂涎買,掩口葫蘆花貌聽。●●●○○●平,○○●●●○平。○○●●○○●,●●○○○●平。○:平声。●:仄声。平:中華新韻十一庚平 ... » more
テーマ 漢詩

口蜜腹劍→ 七絶・一表人才貧語彙 と七言俳句 口蜜腹劍:口先は甘いが腹には機会があれば人を害そうと一物があること。一表人才:容貌は俊秀端正である人。七絶・一表人才貧語彙2017.02.14 -48374花容口蜜腹藏劍,詩叟温顔舌有鋒。一表人才貧語彙,無言傾盞月明中。 ... » more
テーマ 俳句 漢詩

常に私という人間は喜びは泪とともにあります。というのは、哀しみと常に心は隣り合わせで傍にいるだから、泪がでる。けれど、だれかを愛おしいと思うからこそ、哀しく泪愛おしいと思うからこそ ... » more
テーマ 日記 エッセイ

keiベンジャミン多田恵子天使の輪
天使の輪広げても子供にはなれないあなたの視線を独り占めしたかったあなたから垣間見る優しさぬくもり触れていなくても全てが判るの悲しみは哀しみでしかないけれど会 ... » more
テーマ 日記 エッセイ

私から手を伸ばしたら怒られるの承知です逢いたい会うこと許されぬから一度でいいオーラ消えた私でもハジカラ手を伸ばすのは苦しいことそれでもこうしてかわらぬ日常送ることが ... » more
テーマ 日記 エッセイ

keiベンジャミン多田恵子召されて
今だにあなたの写真を狂ったように見ます。私が神に召されようとあなただけ見ています。例え迷惑と判られていようとごめんなさい何がよくて何が悪いか判断のついてない子でした誰にも言 ... » more
テーマ 日記 エッセイ

keiベンジャミン多田恵子大事な人へ
やはり忘れることなどできぬ最愛の人よ例え私自身にかしずくものが消えていて狂ってしまったがそれでも心からは消えぬ心の痛み許されぬ気持ちとは知りつつ何度も涙し心からあなたを追い ... » more
テーマ 日記 エッセイ

獅子鮟鱇詩詞五絶・口誅筆伐
口誅筆伐:口頭と書面で悪しき者を討つこと。.五絶・口誅筆伐2017.02.14 -48373.贅叟憂國試,口誅禿筆伐。權官鼻哂後,裁賦喜酬答。●●○○●,●○○●平。○○○●●,○●●○平○:平声。●:仄声。平:中華 ... » more
テーマ 漢詩 自作詩

「口輕舌薄」は酷い話をすることを言うが、平仄を合わせるために一字入れ、「口輕舌淺薄」とにすると、意味がまるで変わってしまう(酷薄→浅薄)。.遙天奉翠華引・詩翁貪醉夢2017.02.14 -48372.口輕舌淺薄,有詩翁、 ... » more
テーマ

獅子鮟鱇詩詞霜天曉角・口諧辭給
口諧辭給:言辞詼諧(ユーモラス)にして敏捷。.霜天曉角・口諧辭給2017.02.14 -48371.口諧辭給,風漢頻酣醉。兒女愛他交友,侑緑酒、招青鬼。責備,罰富貴,花錢奢侈罪。如此高説來世,勸敬老、慎貧嘴。.口 ... » more
テーマ

口傳心授:師と門徒の間の口頭の伝授。.[双調]壽陽曲・口傳心授2017.02.14 -48369.詩翁嘆,鸚鵡愁,正師徒、口傳心授。眼神勸人傾緑酒,對鏡賀、百齡眉壽。詩翁嘆けば,鸚鵡が愁ひ,正に師と徒と、口傳 ... » more
テーマ 俳句 短歌

月への道最愛の人
今でも思い出すよ君と恋してた時を君を愛していた気持ちをあんなに切なくて楽しくて素直になれてそして情熱的に愛せた人は君だけだったよ・・・逢いたいと思う気持ちが君の全 ... » more
テーマ 恋愛 独り言

獅子鮟鱇詩詞七絶・口呆目鈍
七絶・口呆目鈍2017.02.13 -48368.詩叟探幽遊藝林,偶逢少女撫瑤琴。口呆目鈍其長技,羞愧菲才多苦吟。○●●○○●平,●○●●●○平。●○●●○○●,○●●○○●平。○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の押韻 ... » more
テーマ 漢詩 自作詩

「柳梢青・口吻生花」に続き.口吻生花:話しぶりが文雅なること。.南郷子・口吻生花2017.02.13 -48366.口吻生花,玉貌如輝立酒家。晴雨打工無請假,高雅,接待詩翁騎老馬。口吻花を生じ,玉貌輝くご ... » more
テーマ 俳句 短歌

獅子鮟鱇詩詞柳梢青・口吻生花
柳梢青・口吻生花2017.02.13 -48365.酒館鳴蛙,詩林知了,吟忘歸家。醉眼無珠,夢蝶張翅,口吻生花。繆斯囈語絶佳,押清韻、離題任他。鸚鵡學舌,風人飲露,叫做流霞。酒館で鳴く蛙,詩林の知了(蟬 ... » more

柳梢青・筆底紅唇映朝霞2017.02.13 -48364.服務官衙,傾杯酒館,午夜回家。月照雲箋,人逢詩鬼,口墜天花。預知庸碌生涯,何不試、詩詞可嘉。筆底紅唇,夢郷青眼,映帶朝霞。服務官衙に服務し,酒館に杯を傾け, ... » more
テーマ  コメント(2)

ごろ-の寝言自作詩「時」
自作詩「時」 ぼくはいつも泣いている何か寂しくて泣いている楽しくっても寂しい美味しくっても寂しい幸せなはずなのに寂しいどこかいつも肌寒い風が吹き抜けているそんな感じで生きてきたどうしてこんな気持ちで ... » more

柳梢青・霧流箋紙匿高唐2017.02.12 -48363.筆下姑娘,酒家花貌,口齒生香。青眼秋波,紅顏春色,白首霞觴。醉來詩叟疏狂,輕現世、遊魂夢郷。月照寒齋,霧流箋紙,蔽匿高唐。筆下の姑娘は,酒家の花貌,口齒香 ... » more
テーマ  コメント(2)

見たくない真実に目を背(そむ)け、現実を変性(へんせい)改変(かいへん)して逃げ続けるの滑稽(こっけい)な人間模擬(もどき)を必死で演じるの強(し)いられた人間踊(おど)りを止(や)めるの自分を笑ったの誰も見 ... » more
テーマ

不正腐敗、虚偽偽造、不正蓄財、不正富裕(ふゆう)、富裕(ふゆう)独占の世界を維持、続行する為に僕らが存在しているの不当の暴力、狂気言動、核ミサイル威嚇(いかく)、脅迫、悪党悪・の独裁狂気、独占願望、偽(ぎ)情報操作を正当化する為に僕 ... » more
テーマ

中国17億人民の先陣を追い、新たなる次段階に進むの富裕(ふゆう)独占が人間の人間性を否定する重大の人道犯罪を裁(さば)くの富裕(ふゆう)独裁が偽(ぎ)情報操作、商品洗脳、端末付与(ふよ)で、人間の自然の感情、感性をもぎ取って ... » more
テーマ

わたしは今とても幸せな状況にいます。音信不通の6年間を過ぎて、再会出来たからです。ツインソウルであるTという人のバンドのブログを見つけてくれた人がいて、そのブログへアクセスすることが出来ました。Tは、そのブログへ、わたしがた ... » more

戯れにー謙市戯れ詩20170212
戯れ詩20170212 長い散歩霜の降りた途を辿れば白いたんぽぽが泣いているすりきれ牙のように花がさいている日向を飛び越えればペンキの剥がれた板塀が睨む立ち入り禁止札のように立ち往生している学校帰りの途に落とし忘れた ... » more
テーマ

 

最終更新日: 2017/02/25 11:52

「詩」のブログ関連商品

» 「詩」のブログレビュー をもっと探す

「詩」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

自由と愛国のマーチ~日の丸ギターが奏でる希望の唄~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 自由と愛国のマーチ~日の丸ギターが奏でる希望の唄~
かざひの文庫 山口采希

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る