誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ:  ポエム poem
子テーマ: 詩歌 漢詩 詩吟 現代詩 自作詩
テーマ「詩」のブログを一覧表示!「詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「詩」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

田舎のアトリエ私の居場所
私の居場所 未来を創る?誰にも分からない未来 やり直しのきかない人生自分の持つ能力だけが最大の武器 面白い人、優しく 心遣いの出来る人書く 話す、演技力、美人、運動力 その他、様々な能力と努力を発揮し ... » more

「卜算子」は通常44字に詠むが、46字の作品もある。そのうちの一詞体を填める。.卜算子・醉賞櫻雲試裁賦2017.03.14 -48576.清晝倉庚哢,勝地櫻雲涌。艷雪乘風如蝶舞,有贅叟、穿花徑。玉人賣清聖,野店如霞洞。美 ... » more
テーマ  コメント(2)

わたしはその人に、ツインソウルであると告げていました。 (過去記事を読んでいればわかります。書いていますから↑↑)そのわたしの花束を、その人(T)が受け取ったからです そのライブでは、誰も花束を持ってきません。 ... » more

眉開眼笑:非常に喜ぶこと。.五律・醉賞櫻雲涌窗外2017.03.14 -48573.終老無一事,春宵有酒錢。眉開買清聖,眼笑啜濁賢。窗外櫻雲涌,杯中詩想鮮。即題月明處,香雪舞青天。.老いを終(すご)すに一事なく, ... » more

「後庭花」は通常44字に詠むが、46字の作品もある。そのうちの一詞体を填める。.後庭花・春賞櫻雲三嘆2017.03.13 -48571.贅翁牽杖遊湖畔,喜聽鶯囀。櫻雲酣涌花繚亂,恰似銀漢。水亭傾緑酒、盈金盞,美醉得靈感。 ... » more
テーマ

「浣溪沙」は通常42字に詠むが、46字の作品もある。.浣溪沙・春賞櫻雲扮詩仙2017.03.13 -48570.遊目櫻雲涌水邊,任風香雪舞清漣。臨碧湖,有野店,賣濁賢。里婦笑羞村酒洗,樗翁陶醉景光妍。鼓吟魂,求好句,扮詩 ... » more
テーマ

中国朝鮮無脳人民に、独裁権力による強制収容所国家以外の生の選択があるの自分の足、手、頭で食うか、食い殺されるかの人間・・場を生き抜くことができるの養鶏場のケージを開け放して、卑怯(ひきょう)、根性(こんじょう)なしが何時間生 ... » more
テーマ

Tears in my eyes愛想笑い
君とすれ違う「おはよう」とさわやかな笑顔朝から心がキュっと痛む僕も笑顔で応えようとしたけれど言葉に詰まって愛想笑い日々過ごしているだけじゃ手は届かな ... » more

成蹊大学では3・11関連で吉増剛造さんシンポジウム、でした をちこちと名乗りそめたり櫻山(高橋睦郎)桜の開花までにはまだ2、3週間かかるでしょうが、先取りします。詩人の高橋睦郎さんの句集『花行』から。睦郎さんのお住まいは逗子の桜山というところ。地名にあやかって?桜の木も多いのでしょう。ご近所 ... » more

さくらんぼ咲く。 さくらんぼが咲き始めた。3/12日曜に開花を確認。撮影は翌3/13の夕刻。春よこいこい。花よ咲け咲け。誰がために。ただ君がため。花のいのちは短くて、昨日のことさえ、はや夢のよう。花のい ... » more
テーマ 園芸 詩歌 季節感

なんだかんだ言っても強くなったなって思う何らかの困難が起こるたび知らず知らずのうちに強くしてもらったんだね。。。昔のように泣いて済ませたりしないのはやっぱり年をとったせい? ... » more

謁金門・春賞櫻雲吟俳句2017.03.13 -48569.黄鳥囀,白首探幽湖畔。悦目清漣輝瀲瀲,映水櫻雲艷。嘆賞雪花飛片片,贅叟酒亭傾盞。山暮夕霞催美感,醉裁俳句短。黄鳥囀り,白首幽を探る湖畔。目を悦ばして清漣瀲 ... » more
テーマ

落梅風・春賞櫻雲2017.03.13 -48568.山湖如鏡映櫻雲,乘風艷雪繽紛。若蝶振翅落清淪,泛鱗鱗。酒旗翻處呉儂軟,村醪美味芳醇。賞花傾盞擅濃春,醉醺醺。山湖鏡の如く櫻雲を映し,風に乘って艷雪繽紛たり。蝶の ... » more
テーマ  コメント(4)

比目連枝→ 五律・求福醉夢中と四七令と短歌と俳句 比目連枝:比目は比目魚,眼がひとつしかなく番いで並び泳ぐ。連枝は同じ木にともに連なっている枝。形影のごとく離れざる夫婦、恋人、朋友を比喩する。.五律・求福醉夢中2017.03.13 -48566.山妻羞酒盞,對飲顧人生。 ... » more

一落索・春賞櫻雲吟俳句2017.03.12 -48565.湖畔山鶯清哢,櫻雲盛涌。任風香雪舞繽紛,泛白水、輝如鏡。里婦笑斟清聖,洗滌吟興。偶得季語作俳人,纔七歩、題一景。湖畔に山の鶯清らかに哢り,櫻雲盛んに涌く。 ... » more
テーマ  コメント(2)

朝鮮凶刃(きょうじん)、・邪云(ジャウン)の息の根(ね)を止(と)めるの中国朝鮮の人民の無能、愚か、無知を自覚させたの自由、人間は不正腐敗、虚偽不正、悪党悪・の手の内、保護監視、尾行密告、自由言論の封殺(ふうさつ)、明確の殺 ... » more
テーマ

花織ちゃぶミント外し
ミント外し 「万華鏡人間」について陽気がいいので下と上の植木を整理した枯葉をとってかれえだをとって捨てるが月桃の根っこは迷う芽がでるかもイレーヌワッツというバラミントがねまきになって ... » more

そうだ櫻を詠もう 其四十六之十四 寄調醉太平 醉太平・春賞櫻雲喜小飲2017.03.12 -48564.隨風探春,曳杖遊魂。老翁鶴歩入櫻雲,雪花飛碧淪。山湖如鏡浮霞錦,夕陽照臉傾白飲。酒亭里婦笑容欣,指東天月輪。風に隨って春を探り,杖を曳き遊魂を遊ばず。老翁 ... » more
テーマ  コメント(2)

江亭怨・春賞櫻雲2017.03.12 -48564.湖上碧漣瀲瀲,風入旗亭拂面。贅叟仰櫻雲,香雪飄零酒盞。醉借赭顔有感,暢想情長言短。俳句正堪吟,且競黄鶯清囀。湖上に碧漣瀲瀲として,風は旗亭に入り面を拂ふ。贅叟櫻 ... » more
テーマ  コメント(2)

戯れにー謙市中原中也・絶景21
秋「死ぬまへってへんなものねえ・・・・・・」ザクザクと行進はつづく前人が斃れようが行進はつづく消滅するまで行進はつづく地球は丸いのだ ... » more
テーマ

戯れにー謙市戯れ詩20170312
戯れ詩20170312 トラピスト水瓶座へ針路をとれ40光年の帯に乗り赤色のエナジーへたどり着け神さまショパンが奏でるピアノを聴け千粒の雨たちが青色のエレジーを踊る神さまはじめに計画ありきだ津波がこようが発電所が ... » more
テーマ

核兵器、大陸間弾道弾、核ミサイルがそれ程、僕らの人類の明日を決定、左右する陳腐(ちんぷ)の価値などあるの核は何故、人間種の重大な脅威(きょうい)になったのそれは天使の愛すべき矢となるものだった中国朝鮮悪・の手先はなけ ... » more
テーマ

「NHK俳句へ投句し落選した其四十一「畢業(卒業)」漢俳と七言俳句と五言絶句と短歌 」に続き本日放送の『NHK俳句』へ次の七言俳句一句と漢俳一首を1月に投稿したが、落選だった。題は「春雪または自由」投句:春雪如蝶飛馬鬣( ... » more

愚鈍(ぐどん)白痴(はくち)の悲喜劇、下品下劣(げれつ)の滑稽(こっけい)、粗忽(そこつ)の道化(どうけ)ではないと信じるならば高(たか)がそんな悪党悪・、クズの道具に、不正腐敗虚偽不正、不正蓄財の小賢(こざか)しさを前に、17億8 ... » more
テーマ

Self-Analysis 僕は僕である理想を描き努力しているこの瞬間も僕は僕である僕が僕を知る皮一枚を隔てた心その内側を僕だけが知っている僕は僕に問う希望と現実そ ... » more

昨日(3月11日)は葛飾吟社2017年3月度例会。まず、江戸・明治の漢学者で勤皇の志士、そして詩人だった鹿山岡千仞の曾孫にあたる岡真氏に、鹿山の業績についてお話しいただいた。幕末期は多くの志士が詩を残しているが、岡千仞は、仙台藩 ... » more
テーマ 漢詩  コメント(2)

華の里それぞれの絆
それぞれの絆 傷痕は今もはっきり残っているのに生まれた町を愛する人々哀しみを胸に街の復興と活性を願い今も頑張り続けているその姿に心が傷む失われた ... » more
テーマ  コメント(2)

こんにちは。横浜もようやく春めいた日がいくつかあって、木々も少し背伸びしている。そんな季節になりました。先週は急な事情で月刊ポエムの発行が一週間だけ遅れました。だいたいいつも、ほとんど用事の入ることのない静かな日曜日の朝早くに配信の準備 ... » more
テーマ 投稿募集 ポエム  コメント(2)

月刊ポエム3月号「追いかける」 ☆追いかける粗末な駅舎を出ると雪だった。小さな街灯にまとわりつく蛾の群れのような不揃いのボタン雪だ。男が立っていた。頭や肩が白くなっているから、ずっと外で待っていたらしい。ご苦労さまです。呟いた男の目がさりげなく駅舎 ... » more
テーマ 投稿募集 ポエム

四季の巡りと輪廻転生 そこまで来ているはずなのに春はなかなかやって来ない僅かに強くなった日差しのなかにもいつまでも吹き止まない北風にいい加減癇癪も起こすほどにくたびれ果てる北国でも山陰でもないが何故だかこの頃には陰々滅々に物憂 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

 

最終更新日: 2017/03/25 11:33

「詩」のブログ関連商品

» 「詩」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る