誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」で閲覧数の多い注目記事をピックアップしています。

上田市美で篠田桃紅展を鑑賞+別府温泉は「信州の鎌倉」、古刹もあります 灯るごと梅雨の郭公(かっこう)鳴き出だす(石田波郷)梅雨の雨が降るなかで、郭公が一羽、また一羽と鳴きだした様子を、「灯るごと」、まるで家々の明かりが夜の闇のなかで灯りだすようだ、と表現したのですね。波郷、やはり「文学的な」俳人でした ... » more

アールグレイはいかが?六月の例会
六月の例会 先生は富山へ、Sさんは長野へ行ってこられたそう。もう一つのH会の方から、「こちらの会の皆さんの歌も読みたい」と言われたことを話すと、両方に在籍しているSさんから、「時事詠を詠むこともあるので、それはここの会の人たちとは長い付き合いだ ... » more
テーマ 短歌 文学 生活

間違う?から人間だとは思うけれど・・・ 過日山口達也が未成年女性を自宅に呼び・・・という事件に、ジャニーズもTOKIOもやめる?羽目になった。高校生と知っていて、夜の10時に呼び出すのだから、非難は免れない。その前に、40代半ばの男性が女子高生の連絡先を手に入れて ... » more
テーマ 文学 生活

十田撓子さん『銘度利加』のH氏賞授賞式でした+吉増剛造さんと堀江敏幸さん、新刊記念トーク 水さつと抜手ついついつーいつい(芥川龍之介)芥川の句には奇想句も多いのですが、これには「倣惟然坊」という詞書があります。江戸の俳人で芭蕉の弟子でもあった広瀬惟然に倣う、というわけです。惟然には、擬声語など口語を使った作が多くて、有名 ... » more
テーマ 俳句 文学 現代詩

崇高筋肉仮面 三島由紀夫 本当に背の低い人でしたよ、これくらいの人間でした!(大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』)おくればせながら、あけましておめでとうございます私は今年も、この世に巣食う悪と闘いつづける所存でありますというわけで、最近はちょっ ... » more

石川啄木の短歌「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」を授業で取り上げたことがあります(今まで啄木の短歌は何度か扱いました)。これは三行書きの短歌で、土岐善麿が始めて啄木が受け継いだ独特のスタイルです。歌の意味は、「盛岡城の ... » more
テーマ 日本文学

尾崎放哉の自由律俳句の「入れ物がない両手で受ける」も好きな作品の一つです。托鉢生活に入った作者でしたが、鉢も用意しておらず、施しを受ける容器がないため、両手で受けてもらったというような句意です。もらったものが何かは書いていませんが、普通考え ... » more
テーマ 日本文学

「星の王子さま」のバラは誰のこと? サン=テグジュペリ 伝説の愛 「星の王子さま」に出てくる王子のふるさとの星のバラ、とても印象的です。おしゃれで無邪気、四つのトゲがあり、しきりに咳をするバラ。王子を困らせるバラ。バラはこの話のヒロインです。王子は最後、バラの待つふるさとの星になんとしてでも帰ろうとするの ... » more

 

最終更新日: 2018/06/16 10:25

テーマのトップに戻る