誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

八王寺だより万葉集全釈(380)
反歌三八〇木綿(ゆふ)たたみ手に取り持ちてかくだにも我(われ)は祈(こ)ひなむ君に逢はじかも木綿畳を手に持ってこんなにも私は祈っていましょう。それでもあなたに逢えないのでしょうか。木綿たたみ=神に祈るとき手に持つ木綿を折 ... » more
テーマ 和歌 文学 萬葉集

男子の日? 今日は、めずらしく男性のお客さまが多い日でした(^.^)特にお子たちはみんな男子だったような・・・嬉しかったのは、小学生の時から来てくれているKくんと、Hくんが久々に来てくれたこと(*^。^*)Kくんは、もう ... » more

湧きあがる渦のしづかさ渦のさわだちこもごもに見ゆ佐藤佐太郎湧きあがる渦にも、音のしない静かなものや、ざわざわと音を立てるものがあるのを、いろいろと見た。佐太郎は、船で島に渡り、そこで朝を迎えている。今は、今治市に約四キロメートル ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(379)
大伴坂上郎女(おほとものさかのうへのいらつめ)が神を祭った歌一首短歌を併せた三七九ひさかたの天(あま)の原より生(あ)れ来たる神の命(みこと)奥山の賢木(さかき)の枝にしらかつく木綿(ゆふ)取り付けて斎瓮(いはひへ)を斎(いは)ひほ ... » more
テーマ 和歌 文学 萬葉集

猫のつぶやき(永遠の記憶) 誕生した時の記憶は、2・3才頃までは覚えているらしい。人間の脳は記憶と忘却の働きを持つことで、うまくバランスがとれているのかもしれない。それにしても高齢と共にバランスの悪い脳の奥底に、誕生して間もないある日のことが、忘却機能のボルトが固すぎ ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

講談社児童文学新人賞最新刊 去年、講談社児童文学新人賞を受賞された、戸森しるこさん。そして佳作を受賞された、小俣麦穂さん。お二人のデビュー作が、そろって刊行されています。「ぼくたちのリアル」そいつの名前は、秋山璃在。ぼくたちの学年で、リアル ... » more
テーマ 児童文学

子どもの本(古典)を楽しむ会 先日の月曜日は、読書会でした(^.^)今回は、『ムギと王さま』(エリナー・ファージョン/作エドワード・アーディゾーニ/絵石井桃子/訳岩波書店)ムギと王さま (ファージョン作品集 3)岩波書店 エリナー・ファージョン Amaz ... » more
テーマ ストーリーテリング 児童文学 読書会

フォレスト・ガンダ―さん朗読会と吉増さん宅ホームパーティー+芸術批評誌REAR(リア)37号 な踏みそのな踏みその紫蘇(しそ)水打てり(久保田万太郎)「な…そ」は文語文法における禁止表現です。「そこ、踏んじゃあいけないよ」と家族に声をかけられながら、家庭菜園の紫蘇に水をやっている情景ですね。一句のなかに動きが如実に捉えられて ... » more

新刊「レイさんといた夏」 新刊「レイさんといた夏」が、7月6日に刊行となります。 【引きこもりの少女・莉緒の部屋に現れたのは、幽霊になったヤンキー少女・レイさん。ヒッキーとヤンキー、通い合い始めたふたりの心。少女たちは、むき出しの自分の心に触れた――。】 ... » more
テーマ 児童文学

島めぐる潮さわがしくなりしかば遠くにも光顕(た)つ流(ながれ)見ゆ佐藤佐太郎島を巡る潮流の音が騒がしくなってくると、遠くの方にもキラキラ光る潮流が見える。一九六五年(昭和四十年)愛媛県今治市に旅をして、来島海峡を眺めたときの歌で ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(378)
山部宿祢赤人(やまべのすくねあかひと)が故太政大臣藤原家(もとのだいじやうだいじんふぢはらけ)の山地(さんち)を詠んだ歌一首三七八古(いにしへ)の古き堤は年深み池のなぎさに水草(みくさ)生(お)ひにけり昔の古い堤は長い年月が経っ ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

サイ・トゥオンブリ―写真展、川村美術館で観ました。素晴らしい 夕刊は暑さ極まるころに来る(長谷川櫂)第七句集『初雁』から。2004年の作ですね。このころから、櫂さん、軽みの味わいの人事句を作ってました。夏場の夕刊、早いところでは4時あたりに届けられるのでしょう。実際の気温というより、体感される ... » more

猫のつぶやき(イギリスと日本) イギリスのEU離脱のニュースが世界を一瞬でかけめぐった。日本からイギリスまでの距離は、おおよそ地球の4分の1周だと言う。遥か遠い国ではあるが、 ジェントルマンの国、文化的高水準の国という印象は子供の頃の耳学問から得たものである。この ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

夏菜の野菜畑水晶玉を見つめるな
水晶玉を見つめるな 赤羽じゅんこさんの「水晶玉を見つめるな!」を読みました。私がとっても好きなタイプの物語だったので、こちらでもご紹介を。私は子供の本というのは、二つのことが大切だと思っています。@サクサクと読み進むことのできる、読みや ... » more
テーマ 児童文学

あゝとにあつく!僕の彼女は有名女優似の楽しい人だ、その4(文学シリーズ、ブログ) 僕と愛しい人とは珠(たま)に政治問題も語り合うのです。今でも、その規定があるのかどうか知らないが歴史事象の表記として先の大戦を文科省は太平洋戦争とした ... » more

歩く ドンキホーテの作者英雄セルバンテスを祀る スペイン広場 ドンキホーテの作者英雄セルバンテスを祀るスペイン広場マドリード地下鉄M3、M10線スペイン広場駅徒歩1分2016年5月9日(月)歩く28008 マドリード、スペイン《右手を上げるドンキホーテ凱旋帰国でしょう16.5.9撮 ... » more

ポンペイの遠きいにしへ屋壁の素材に軽石あり赤き火山岩あり佐藤佐太郎古代都市ポンペイの家々の壁の素材には、軽石や赤い火山岩が使われている。ポンペイは、ナポリ湾に面した古代都市で、紀元前八世紀頃から栄えたが、紀元七九年ベスビオ火山の ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(377)
三七七青山の嶺の白雲朝に日に常に見れどもめづらし我(あ)が君青山の嶺の白雲は朝に日に、いつも見ていてもすばらしいですが、我が君はそのようにすばらしいです。めづらし=賛美するすばらしい愛らしい ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

川端康成コレクション展、見応えありました+舞踏家・笠井叡さんを細江英公氏が撮りました 梅雨の夜の莨火(たばこび)人に寄られけり(石田波郷)梅雨の雨がしとしと降るなかで、「ちょっと火を貸してください」と通りすがりの男に近寄られて、口にくわえた煙草を吸って、先の火を強くして、相手の煙草に火をつけてやった、という光景です。 ... » more

「ケロニャンヌ」の嬉しいお知らせです(^^)平成28年度埼玉県夏のすいせん図書に選定されました。http://www.saikyou.co.jp/serieslist/suisen/natu_suisen.html埼玉県の子 ... » more
テーマ 児童文学

八王寺だより萬葉講座で「白鳥は」
新潟日報カルチャー教室「萬葉集の世界へ」で「白鳥は」を歌いました。 ... » more
テーマ 短歌 音楽 文学

吉増さん、空間現代と共演でした 水に入るごとくに蚊帳(かや)をくぐりけり(三好達治)夏の風物を詠んだ詩人の名吟です。しかし、今の学生に「蚊帳」といってもピンと来ないようです。仕方ないか。昔田舎の家で使っていた蚊帳は、麻製でした。夏休みに泊まりに行くと、まさに、「水 ... » more

6月19日の午後、城田笑美ちゃんの舞台公演に行ってきました。『ハイパーリアルβ』という作品。めちゃくちゃ平たく言うと、若者の心の闇を、バーチャルリアリティで理想の世界が見られる「ハイパーリアルβ」という仮想の機械を通して描く ... » more
テーマ 文学

死せるキリストを抱く架空の聖母像ミケランジェロ信仰によりて作りき佐藤佐太郎死んだキリストを抱く聖母というのは架空の像である。それをミケランジェロは信仰心によって作ったのだ。処刑されたキリストの遺体を抱いて嘆く聖母マリアの像。有名なミ ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(376)
湯原王(ゆはらのおほきみ)の宴席の歌二首三七六あきづ羽(は)の袖振る妹(いも)を玉くしげ奥に思ふを見たまへ我(あ)が君蜻蛉の羽根のような袖を振る舞姫を、私が心の奥で思っている彼女を見てください、我が君よ。あきづ=蜻蛉玉く ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

猫のつぶやき(未来は今日からはじまる) 「断捨離」という言葉もそれなりの年齢層の間では耳慣れた定番である。「何してる?」「断捨離」電話の向こうの様子はそれ以上言わずとも、なるほどとうなずける。友人知人、隣人親戚が、一人、また一人と永遠の別れを告げるたび ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

マリリアさんライヴと朗読会+吉増さん・折口を講義しました+こんなパーティーも 蜘蛛の巣に露あたらしき朝ぼらけ(吉岡実)詩人の吉岡さんの遺稿集『赤鴉』から。初夏の早朝の嘱目景でしょう。小さなモノ、あえかなモノに詩人の眼は鋭く反応します。小柄な吉岡さんでしたが、眼はドングリまなこ。あの大きな眼で、なんでも見て ... » more

吉増剛造展、今福龍太氏とのトークでした+吉増さんこの夏の新刊をズラリ紹介 黴(かび)の香(か)にわかれて書庫をいでしかな(久保田万太郎)古い蔵書に着いた黴の匂いというのは悪いものではありません。梅雨の季節、地下の書庫でなにかずっと調べものをして出て来たら、さっきまでの黴の匂いが懐かしくなった、というのでし ... » more

石古りし壁のあひだにただよへる廃墟のにほひ灰のごとくに佐藤佐太郎古い石の壁の間に漂っている廃墟の匂いが、まるで灰のように匂っている。佐太郎らしい、感覚の繊細微妙さを感じさせる歌である。古代ローマの遺跡を見て歩くと、遺跡独特の匂い ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

 

最終更新日: 2016/12/02 01:35

「文学」のブログ関連商品

» 「文学」のブログレビュー をもっと探す

「文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

広重の東海道五拾三次旅景色―天保懐宝道中図で辿る (古地図ライブラリー (5)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 広重の東海道五拾三次旅景色―天保懐宝道中図で辿る (古地図ライブラリー (5))
人文社 堀 晃明

ボブ・ディラン――ロックの精霊 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ボブ・ディラン――ロックの精霊 (岩波新書)
岩波書店 湯浅 学

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る