誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

猫のつぶやき(新しい風に乗って) 元旦、そして小正月。あっという間に走り去ってしまったが、どの日を振り返って見ても、のんべんだらりと過ごした日はなかった。カレンダーは予定の書き込みで埋まり、日がな一日コタツでテレビの守りをする事もなく、自分の描いた線上を上手く歩いた。 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

笠井瑞丈ダンス「雪の蠅」、熱演でした+ギタリストの野呂一生氏自伝『私時代』に登場しました(画像追加) 水仙の花鼻かぜの枕元(夏目漱石)漱石先生、鼻風邪にやられて寝ている枕元に、水仙を活けた花瓶があったのでしょう。寒い冬もようやくおしまい、水仙の黄色い花が春近しを告げていますね。さて今年もはや大学入試のセンター試験も終わり、季 ... » more

みづからの作れる歌をあるときは撫(な)づるごとくに半日すごす佐藤佐太郎あるときは、自分の作った歌を取り出し、撫でるように読み返して、半日を過ごすこともある。半世紀以上短歌を作り、短歌に関係した仕事を続け、言ってみれば短歌の一生だ ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

作曲家ではあまり今年がアニヴァーサリーで目立った人は見当たらないのですが、詩人では何人か注目すべき人がいますので、思いつくままに取り上げて参ります。2017年が没後150年のフランスの詩人ボードレール、あまりクラシック音楽の世界では曲が付け ... » more
テーマ 文学 フランス歌曲

八王寺だより万葉集全釈(407)
大伴宿祢駿河麻呂(おほとものすくねするがまろ)が同じ坂上家(さかのうへのいへ)の次女に求婚をした歌一首四〇七春霞春日(かすが)の里の植ゑ小水葱(こなぎ)苗なりと言ひし柄(え)はさしにけむ春日の里に植えたミズアオイは苗だと言ってい ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

第4曲は勢いあふれる弦楽と歌がやがてしんみりとしてしまう変化に富んだ曲です。深みのあるハーディの詩にぴったりと寄り添った素敵な歌になりました。 The master and the leavesご主人さまと木の葉たち ... » more
テーマ 文学 イギリス歌曲

『パディントン』('17初鑑賞02・WOWOW) ☆☆☆☆−(10段階評価で8)1月14日(土)WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。字幕版。チェック:長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやっ ... » more

来月のおはなしの部屋 さて2月は、毎年恒例佐藤凉子さんのおはなしの部屋です(^○^)今回のお話は・・・ピクルスのわすれ物(『こぶたのピクルス』小風さち/作福音館書店)こぶたのピクルス (福音館創作童話シリーズ)福音館書店 小風 さち ... » more
テーマ 講座 ストーリーテリング 児童文学

あゝとにあつく!三島由紀夫氏肉声発見、油絵で塗りたくった文章(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)東京新聞に文豪三島由紀夫の肉声が残っていたようだ。イギリスの彼の翻訳家がインタビューした内容のようだ。その中に二つ興味のある処が ... » more
テーマ 文学 国の防衛 三島由紀夫の録音  トラックバック(1)

凄いな。。。 今日のティータイムは、久々にKさんがお母様と来てくださいました(^○^)ご注文いただいたお茶とスイーツを用意している間、Kさんは、絵本コーナーに行ってあっあっって。 ... » more

紀州藩の庭園「養翠園」に遊びます+東洋陶磁美術館では「青磁水仙盆」展 詩を書かん君墨を磨れ今朝の春(夏目漱石)今年は、漱石(正岡子規も)誕生150周年というので、漱石絡みのイベントも多いようです。さてこの句、詩とはもちろん漢詩ですね。自分では「漢詩に至つては殆んど当初からの門外漢」と謙遜しながらも、晩 ... » more
テーマ 文学 美術 文人

児童文学者協会70周年記念会 続報 来月、日本児童文学者協会創立70周年記念会が、関西にて開催されます。日時は、2月26日(日)場所はJR大阪駅直結・ホテルグランヴィアです。内田麟太郎理事長の講演「絵本のことば・詩のことば」から、幕開けです。その後は懇親会で、美味 ... » more
テーマ 児童文学

闇深き心というより闇の無き・・・短歌の新年会 2016年度の入選歌が載っていた。高野公彦選被爆者を抱きよせ背中をさする指オバマ氏の指にんげんの指永田和宏選「沖縄のすべてのものはそこに住む人々のもの」文太は激す馬場あき子選敷島のフクシマに国 ... » more
テーマ 短歌 文学 生活

わが生は年老いてかかる哀あり風のふく日はあゆみ進まず佐藤佐太郎長い人生を生きてくると、年老いてこんな哀しみを味わう。風の吹く日は前へ進めない。一九八二(昭和五七)年、佐太郎七十三歳。病気ではないが体力が衰え、日課にしていた散歩も ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

あゝとにあつく!母親似の初恋のお女郎さんは不在でした(文学シリーズ、ツイッター風ブログ)昨夜、僕は夢を見ました。何時の間にか江戸時代に時代はスリップしていて、お女郎さんが一杯屯(たむ)している湯屋の大部屋に上がっていくと、僕の贔屓の ... » more
テーマ 母親似の愛しい人 お女郎さん 文学  トラックバック(1)

猫のつぶやき(松の内は終わった) 「松の内」も関東・関西、或いは地域によって違いがあるが、最近では家々で少しずれもあるようだ。 1月7日をもって飾り納めを行うよう江戸幕府よりの通達がきっかけで関東地方では7日までを松の内とする傾向が広まったという。玄関のしめ飾り ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

八王寺だより万葉集全釈(406)
娘子(むすめ)がまた応えた歌一首四〇六我(わ)が祭る神にはあらずますらをにつきたる神そよく祭るべし私が祭る神ではありません。ますらおであるあなたに憑いた神ですよ、よく祭りなさい。神の社はあなたに憑いた神(あなたの妻)です ... » more
テーマ 和歌 文学 萬葉集

猫のつぶやき(イソップ寓話をもう一度読もう) 「アリとキリギリス」や「カラスとキツネ」「北風と太陽」 など 時を忘れて読みふけった子供の頃の記憶は、決して忘れることはないだろう。1593年に日本に紹介された「イソップ寓話」である。この寓話は紀元前6世紀の古代ギリシャの作家アイソ ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

2017年初日 今日は、2017年イングリッシュ・ブルーベル初日でした(^.^)誰も来ないかも〜といつもドキドキですが、いきなりお気遣いの図書館関係者3名様、ご来店〜(笑)本当に毎度ありがとうございま ... » more
テーマ 日記 児童文学

ヴォルフのゲーテ歌曲集ペルシャの酒盛りの話に続いてはちょっと曲順を戻して第30曲インドの伝説に基づくブラフマー(梵天)讃歌です。ほんとはこの讃歌の前にくるお話が興味深いところなのですが、ちょっと長くて込み入っているので解説略です。レーヴェが ... » more
テーマ ドイツ歌曲 文学

猫のつぶやき(飛べ!2017年) 2017年。新年の節目ごとに夢も希望も微妙に変わりはしたものの、自分自身を虫眼鏡でも観るように、反省を込めた上で修正をする。身の丈を途方もなくはみ出した夢を抱き、その実現を求め、がむしゃらに前を向いていた子供の頃が、今は眩しいほどに ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

2017年、新年おめでとうございます 口あけて腹の底まで初笑(高濱虚子)2017年、使いつけないのですが元号でゆくと平成29年、明けましておめでとうございます。今年は、皆さんにも佳い年でありますように。このブログ「饒舌三昧」もペースを落とさずに、週に一回の更新を目標にこ ... » more
テーマ 俳句 文学 文人

あけましておめでとうございます! あけましておめでとうございます。家族親戚、うちに集まり、例年通りのお正月を迎えることができました。なにごともない穏やかなお正月って、とってもありがたいことですね。今年も、「今の限界をちょっと超えたところ」を目指して書いていこうと思っ ... » more
テーマ 児童文学

毎年恒例の日本の「うた」での新年の幕開け今年はこれをご紹介いたします。与謝野晶子の饒舌な詩に引けを取らない林光の才気。とても印象深い作品に仕上がりました。同じコンビの作品をあと2曲一緒にご紹介致します。この中では「初夏」が一番良く歌 ... » more
テーマ 日本歌曲 文学

検眼をして渋谷より帰り来る煙霧のごとき老境われは佐藤佐太郎目がよく見えなくなって、渋谷へ検眼に行ってきた。視野だけでなく、まるで煙霧のような老境にいる私は。歳をとってくると、目の水晶体が弾力を失い、焦点を合わせにくくなる老眼にな ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(405)
佐伯宿祢赤麻呂が更に贈った歌一首四〇五春日野に粟蒔けりせば鹿(しし)待ちに継ぎて行かましを社(やしろ)し恨めし春日野に粟を蒔いてあったら、鹿が来るのを待ちに何度も行きたいのに、神の社が恨めしい。 粟に逢ふを掛け、鹿待ちは ... » more
テーマ 和歌 文学 萬葉集

今年のおまとめ話題から トランプとか ゴジラとか ディランとか アニメとか・・・ 2016年11月8日トランプ氏が大統領選勝利に勝利第45代大統領に・・・Donald John Trump1946〜私は彼が立候補した時からある意味期待していましたよなにせこのところのアメリカの停滞感半端じゃないですからねそ ... » more

吉増剛造さん、一年の〆は大友良英さんとピットインで+福田尚代さん、金沢の山鬼文庫の展示 昨日よりもをととひよりも冬日和(星野立子)平明な立子の句の詠みぶりは、穏やかな冬晴れの日を歌う場合などに本領発揮です。さあいよいよ今年もあますところ僅かですが、こんな穏やかな晴天がしばらくは続いてくれそうですね。気持ちよく平安に新年 ... » more
テーマ 現代美術 文学 ノイズミュージック

トスティの歌曲は全作品とは申しませんが、没後100年の記念年の今年100曲以上は取り上げようと思っていたのですが、nifty閉鎖による移転騒動などもあり目標には大きく届きませんでした。もっとも英語の詩とかフランス語の詩につけた珍しい作品をか ... » more
テーマ 文学 イタリア歌曲

「西東詩集」酌童の巻からの曲はこれにて完結です。しかしイスラム圏での詩ということになっているのですけれどもどれもこれも...ゲーテ歌曲集38 Was in der Schenke waren heuteいったい何事だったんだ酒場 ... » more
テーマ ドイツ歌曲 文学

 

最終更新日: 2017/04/21 15:16

「文学」のブログ関連商品

» 「文学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る