誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

短歌結社「未来」の大会に出ました 蛍火を夜の眸(ひとみ)といふべかり(坂内文應)蛍の季節はもう終わってしまいましたが、この句、出たばかりの俳誌「白茅(はくぼう)」13号に見つけました。夏の闇をあえかな光を放ちながら飛ぶ蛍をリリカルにとらえた一句でしょう。気にいったの ... » more
テーマ 短歌 文学 現代詩

『ヴァーサス日本文化精神史−日本文学の背景』目次釈迦vsキリスト―日本の仏教は釈迦の教えだったのか?―イエスは、神なのか、人間なのか?孔子vs荘子―孔子は怪力乱神を語らなかったか― ... » more
テーマ 俳句 文学 評論・精神・思想

『ヴァーサス日本文化精神史 − 日本文学の背景』 『ヴァーサス日本文化精神史−日本文学の背景』上梓大井恒行さんが、ブログでさっそく紹介してくれました。南方熊楠「ありがたき御世に樗の花盛り」(『ヴァーサス日本文化精神史』)・・・ 坂口昌弘『ヴァ― ... » more
テーマ 文学 評論・精神・思想

夏菜の野菜畑今日の朝日新聞
今日の朝日新聞 お友達がわざわざ連絡してくれて知ったのですが、今朝の朝日新聞に「レイさんといた夏」をご紹介頂きました。うちは朝日新聞じゃないので、駅でも買おうと思っていたのに、バタバタして買う暇がなく……。ところが、午後から会議で梅田に出たら、 ... » more
テーマ 児童文学

八王寺だより万葉集全釈(386)
三八六この夕(ゆふへ)柘(つみ)のさ枝の流れ来(こ)ば簗(やな)は打たずて取らずかもあらむこの夕べ、山桑の枝が流れてきたら,簗は仕掛けていないので取れなかったかも知れない。 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

読書 「きょうも生きて 第2部」 坂本遼著「きょうも生きて第2部」を急に読みたくなってアマゾンで注文して、一気に読みました。私が小学校時代に読んですごく感激してその題名をはっきり覚えていました。そして、私が小学校の先生になりたいと思ったきっかけを作ってくれた児童文学です ... » more
テーマ 児童文学 読書 きょうも生きて

猫のつぶやき(未来は果てしなく) 後期高齢者と言う命名を頂いて久しい。前期であろうが後期であろうが、高齢者であることには違いない。あっちが悪いこっちが悪いと顔を合わせる度に誰かれなく愚痴るけれど、聞く方も右から左へ難なく交わしてしまうテクニックもなかなかのもんだと自我自 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

春風亭小朝独演会 菊池寛が落語になる日 VOL.2 8月23日(火)午後6時半からは、紀伊國屋ホールで、 小朝の独演会。菊池寛作品を落語として取り上げるというもの。まずは、高松市で開催し、その後、4月に紀伊國屋ホールで、そして8月、12月に再び紀伊國屋ホールで開催だ。菊池寛作品 ... » more
テーマ 文学 春風亭小朝 落語

『ジャングル・ブック(2016)』('16初鑑賞78・劇場) ☆☆☆☆−(10段階評価で8)8月12日(金)109シネマズHAT神戸シアター9にて15:35の回を鑑賞。2D:字幕版。チェック:ラドヤード・キプリングによる名作を実写化したアドベンチャードラマ。ジャング ... » more

蛇崩の坂の熟柿(うれがき)雨ふれば鳥は来ざらん吾もあゆまず佐藤佐太郎我が家の往還に通る蛇崩坂(じゃくづれざか)の熟した柿を食べに、いつも鳥が来ているのだが、さすがに雨の日は来ていないだろう。私も雨の日は散歩を休む。佐太郎はリハビ ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

なんでだっけ? 今日は酷いお天気でした(>_月にハミング (児童単行本)小学館 マイケル モーパーゴ Amazonアソシエイト by とても良かったです(*^。^*)対象はYAですね。第一次大 ... » more
テーマ 児童文学

勅使川原三郎ダンス「牧神の午後」を観ました+佐藤春夫の「ゆかし潟」を再訪してきます 蝶わたり文字渡り来し夏の海(高柳克弘)この五月に刊行されて評判の第二句集『寒林』(ふらんす堂)からの一句です。1980年生まれで新鋭俳人を代表する存在になった高柳君は芭蕉の研究者で小説も書くそうですが、この「夏の海」は日本海?でしょ ... » more

八王寺だより万葉集全釈(385)
仙の柘枝(つみのえ)の歌三首三八五霰降り吉志美(きしみ)が岳を険(さが)しみと草取りかなわ妹(いも)が手を取る吉志美が岳が険しいので草を取り、「かなわ」妹の手を取る。霰降り=吉志の枕詞吉志美が岳=不明かなわ=意味不明 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

トヨダヒトシのスライドショー、原美術館で観ました+東博では古代ギリシャ展 風鈴も元気をとりもどす時刻(本井英)本井さんの第四句集『開落去来』(ふらんす堂)、刊行されたばかりですが、この句を引きましょう。これはうんと口語調ですが、本井さんは「虚子研究」誌も主宰される「ホトトギス」同人、虚子直伝の「花鳥諷詠」 ... » more
テーマ 文学 遺跡 写真

猫のつぶやき(学びも仕事も年齢関係ないでしょ) 101歳の現役女性カメラマンの顔は輝いている。「お婆さん」などと、とても言えない深い知的な美くしさに溢れていた。これまでに名だたる多くの人達の顔が、そのファインダーから世に送り出されたことだろう。 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

鼻出血以後の十年をかへりみて長き命をいま感謝せん佐藤佐太郎鼻から大量出血をして以来の十年を振り返ってみると、長い命を与えられたことを感謝しないではいられない。一九六六(昭和四一)年、五十七歳の大晦日、鼻から大量の出血を見て、入院 ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(384)
山部宿祢赤人(やまべのすくねあかひと)の歌一首三八四我がやどに韓藍(からあゐ)蒔き生(お)ほし枯れぬれど懲りずてまたも蒔かむとそ思ふ我が家の庭に鶏頭を蒔いて育て枯れてしまったけれど、懲りずにまた蒔こうと思う。韓藍=鶏頭当時、大陸 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

素直に読むべし?(^_^;) 当店でも既にちょこちょこ買っていただいているんですが、『Wonderワンダー』(R・J・パラシオ/著 中井はるの/訳ほるぷ出版)ってご存知ですか?ワンダー Wonderほるぷ出版 R・J・パラシオ Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 児童文学

生死夢の境は何か寺庭にかがやく梅のなか歩みゆく佐藤佐太郎脳血栓で倒れ、意識を失った時のことを思い返すと、生と死と夢の境とは何だろうと思いながら、娘に付き添われ、梅の咲く寺の境内を散歩している。幸運にも病後の経過はよく、回復が早く ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

猫のつぶやき(リオ五輪・2016) 2016・リオ・オリンピックの開幕である。太陽の国、サンバの国ブラジルに南米初となる聖火が17日間燃え続ける。高い芸術的センスと熱い情熱で表現された斬新で美しい開会式は、見る者を虜にした。日本から1万9千キロも離れた地球の裏側で、2 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

八王寺だより万葉集全釈(383)
反歌三八三筑波嶺(つくばね)を外(よそ)のみ見つつありかねて雪消(ゆきげ)の道をなづみ来(け)るかも筑波嶺をよそ目にばかり見てはいられず、雪解けの道を苦労しながら見にやって来たよ。外のみ=遠目にばかりありかねて=そうして ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

窓ちかく桜の花はかがやかん見んきほひなく臥しつつをれど佐藤佐太郎窓近くに桜の花は咲き輝いているのだろう。それを見る元気もなく病床に臥しているのだが。一九七五(昭和五十)年三月、六十六歳の時佐太郎は、脳血栓で倒れる。四月、千葉県銚 ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(382)
三八二鶏(とり)が鳴く東(あづま)の国に高山(たかやま)はさはにあれども二神(ふたがみ)の貴(たふた)き山の並(な)み立ちの見がほし山と神代より人の言ひ継ぎ国見する筑波の山を冬ごもり時じき時と見ずて行かば益(ま)して恋しみ雪消(ゆきげ)する ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

夏菜の野菜畑7月も末に
7月も末に 7月中旬から、夫のいるタイに行ってました。チェンマイまで行って、少数民族の方々にも会えました。帰ってきてから、「レイさん」のことで、たくさんの人からご感想を頂き、ああ、書いてよかったなあ。ありがたいなあとしみじみ思いました。 ... » more

やっと梅雨が明けたようですねさて、とりあえずやってみるか(^o^)で始めた読書会<子どもの本(古典)を楽しむ会>ですが、なんとか続いていて、今年5年目に入りました(^.^)で今まで読ん ... » more

日報カルチャー講座で「ふるさとの」を歌った ... » more
テーマ 音楽 文学 歌曲

国立新美術館ではヴェネツィア派絵画展+吉増さん展、快調です、『島ノ唄』上映会も 廃園の燕も嘴(はし)を胸にうめ(中村草田男)夏ですから、本来なら燕が飛んでいてもおかしくないのに、近ごろとんと見かけません。この句、燕に廃園を取り合わせた点が面白いでしょう。燕の餌となる虫もそこにはあまりいないので、嘴を休ませている ... » more

猫のつぶやき(太鼓の音よ遠くへ響け) 夏休みの最大のイベントは盆踊りであった。母が夜なべに作った藁草履を、赤い鼻緒の下駄に履き替え、まだ日の高いうちから出かけて行った。櫓の周りは、糊の効いた浴衣の子供達が占領して、勝手気儘に大太鼓を打ち鳴らしていた。その音を聞くだけで、高揚感で ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

遠近もなき氷雪の輝きのなかに氷河はにぶくかがやく佐藤佐太郎眩しくて、遠近感の感じられない氷雪の輝きの中に、氷河が鈍く輝いている。スイスアルプスの展望台で、そびえたつ氷雪の山々を眺める。日本では見られない、堂々とした氷河が眼前に鈍 ... » more
テーマ 短歌 文学 佐藤佐太郎

八王寺だより万葉集全釈(381)
筑紫娘子(つくしのをとめ)が旅に出る人に贈った歌一首娘子は通称を児島という。三八一家思ふと心進むな風まもりよくしていませ荒しその道家が恋しいからといって、焦ってはなりません。風をよく見て安全に行ってください。旅の道は荒々しいです ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

 

最終更新日: 2016/08/29 04:39

「文学」のブログ関連商品

» 「文学」のブログレビュー をもっと探す

「文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

『菊池寛作品集・86作品⇒1冊』 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 『菊池寛作品集・86作品⇒1冊』
菊池寛作品集・出版委員会 菊池 寛

小朝の夢高座 Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 小朝の夢高座 Op.1「牡丹燈籠 ― 御札はがし」
ソニー・ミュージックレコーズ 春風亭小朝

ジャングル・ブック (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ジャングル・ブック (新潮文庫)
新潮社 ラドヤード キプリング

月にハミング (児童単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 月にハミング (児童単行本)
小学館 マイケル モーパーゴ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る