誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

山崎方代(やまざきほうだい)還らざる友の顔なり凍港の氷下の暗きたたえに浮ぶ山崎方代戦地で死んだ戦友の顔が、凍った港の氷の下の暗闇に見える山崎方代は、一九一四(大正三)年山梨県東八代郡右左口(うばぐち)村に生まれた。一九四 ... » more
テーマ 山崎方代 短歌 文学

八王寺だより万葉集全釈(303)
柿本朝臣(かきのもとあそみ)人麻呂が筑紫(つくしの)国に下った時、船旅で作った歌二首三〇三名ぐはしき印南(いなみ)の海の沖つ波千重(ちへ)に隠りぬ大和島根(やまとしまね)は名前の美しい印南の海の沖の千重の波に隠れてしまった、大和 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

猫のつぶやき(公害対策基本法) 青い空を一段と純な色に引き立たせるような白い煙は、街の工場から吐き出されるものだ。 以前はひどい悪臭が街中を覆い包んでいたものだ。昭和42年8月公害対策基本法が制定され、企業も自治体も国を挙げて取り組んだ結果、見違えるように環境は整備された ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

夏菜の野菜畑トキメキ図書館 8&9
トキメキ図書館 8&9 青い鳥文庫の人気シリーズ、服部千春さんの「トキメキ図書館」早くも8巻9巻の連続刊行です。この二冊で、ひとつのお話になっているんですよ。ファンページからは、読者さんの小学生女子からの熱いメッセージが!!ht ... » more
テーマ 児童文学

「鹿の王 上・下」上橋菜穂子著(1,728円税込) 「鹿の王 上」上橋菜穂子著(1,728円税込)2014年国際アンデルセン賞受賞第一作! 待望の書き下ろし小説登場!強大な帝国から故郷を守るため、死兵となった戦士団<独角>。その長であったヴァンは、岩塩鉱に囚われていた ... » more
テーマ 上橋菜穂子 児童文学 鹿の王

熱風 スタジオジブリが出している小冊子「熱風」ってご存知ですか?私は、知らなかったんですが(^_^;)以前、原田さんから今度ジブリで、ウエストール関連の座談会をするんだよね〜って伺い、その座談会の内容が載るというこ ... » more
テーマ 児童文学 翻訳家 編集者

岩通信沈まぬ太陽
今昼休みだけど何を読んでいるんですか。おお、マイちゃん。山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」だよ。モンテクリスト伯はどうなったんですか。明日借りに行くから今はこれを読んでいるんだ。この小説も長いですよね。そう ... » more
テーマ 倉木麻衣さんへ 文学

新宿pgでは中村早写真展+勅使川原三郎ダンス「道化」観ました+安藤礼二『折口信夫』 まだ咲かぬ梅をながめて一人かな(永井荷風)作家の荷風は、師と仰いだ森鴎外に倣って、植物愛好家でもありました。彼の住んだ麻布の偏奇館(ペンキ塗りの俄か洋館だったとか)の庭にも各種の木々が植えられていました。梅の木もその一本。さあそろそ ... » more
テーマ 文学 コンテンポラリーダンス 写真

病む歌のいくつはありとも世の常の父親にこそ終るべかりしか明石海人病気の歌をいくつか残すことは出来たが、そんなことより普通の父親として人生を終わりたかった。海人を励ますつもりで、「病気になったから、いい短歌が詠めたじゃありませんか ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

岩通信モンテクリスト伯
長いなあ・・・何が。俺の足か。お前の短足は見ればわかるよ。そうじゃなくて小説「モンテクリスト伯」だよ。岩波文庫のワイド版を読んでるんだったな。そうそう。全七巻もあってさ。今四巻を読んだけどやっとここまで来たぞ ... » more
テーマ 文学

猫のつぶやき(蝋梅の香に酔って) あざやかな緑の葉を秋には黄色に染め上げ、そして冬の風は1枚残らずその葉を何処かへ運んで行った。香高く、すがしいろう梅は、いまやっとその姿を現し、、コートの襟を立てて小走りに急ぐ人達の足を止める。何と控えめな美しさであろうか。母さんは僕の ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

街が好き樋口一葉と歩く明治の東京
樋口一葉と歩く明治の東京 今回は文学散歩です。本郷菊坂は、樋口一葉が18〜21歳の頃、洗い張りや針仕事の内職をしながら、母や妹と三人で暮した場所。彼女はここから上野の図書館に通い、文学の夢を膨らませました。その道筋を辿って、明治の面影を偲びます。 ... » more

頭の中はチーズ 昨日は、今年お初の<子どもの本(古典)を楽しむ会>でした(*^。^*)今回の課題図書はシュピリの『ハイジ』福音館書店か岩波書店あたりを読んできてねぇ〜てな感じで(笑)ハイジ (福音館古典童話シリーズ (13) ... » more

八王寺だより万葉集全釈(302)
中納言安倍広庭(あべのひろには)卿の歌一首三〇二児(こ)らが家道(いへぢ)やや間遠(まとほ)きをぬばたまの夜(よ)渡る月に競(きほ)ひあへむかも妻の家へ行く道はやや遠いので、夜空を渡っていく月と競争して間に合うだろうか。 ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

心の風景 Heartscape真似できない
真似できない 阿房列車内田百闖コ和26年「小説新潮」11月号に掲載された「鹿児島阿房列車」前章の話。汽車の中で酒を酌み交わす百關謳カと山系君。燗をつけた酒を詰めた魔法瓶2本持参したにもかかわらず、お互いに酒のピッチが上がり、すでに2本目が軽く ... » more
テーマ 内田百 阿房列車 文学

くらがりの褥(しとね)に膝をただしつつ君が命をひたすらに祈(の)む明石海人暗い寝床の上に正座して、君の命をひたすらに祈っている。目も見えず、喉に穴をあけて声も出せない海人が、詩や短歌を遺すことが出来たのには、療友たちの大変な協力 ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

八王寺だより万葉集全釈(301)
三〇一岩が根のこごしき山を越えかねて音(ね)には泣くとも色に出(い)でめやも岩のごつごつした山を越えかねて声を出して泣くことがあっても、妻への思いを顔色には出したくないものだ。こごし=ごつごつしている ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

<人文学分野の各分科の続き>3)文学ここは人文学でなく、純粋な文学。詩とか小説とか、そういった文芸のことですよね、きっと(汗。いやぁ私自身文学部の出身ですが(爆)、史学科地理学専攻だったもんで、文学にはまるで弱いですw。さて ... » more
テーマ 科研費 文学 大学  トラックバック(1)

「香月日輪先生追悼メッセージ」募集中だそうです! 昨年暮れ、香月日輪さんが亡くなったというニュースに驚きました。香月日輪さんは、子どもたちに大人気の作家さん。「妖怪アパート」シリーズ、「ファンム・アレース」シリーズ、「僕とおじいちゃんと魔法の塔」シリーズ、「大江戸妖怪かわら ... » more

手のひらから季節とびだすカード 宇治児童文学サークル2015年1月の例会は内田准氏による『手のひらから季節とびだすカード』からとび出すカード作りの講座をひらいていただきました。内田准氏は、元小学校の先生をしておられました。定年退 ... » more
テーマ 児童文学

猫のつぶやき(変わるということ) 昭和も遠くなりにけり。様々な行事は、年が変わってもその日付けが変わることはなかった。働lかざる者食う可からずが当然の風潮の時代でもあった。TV画面の早送りを見るように、人々はじっとしていることはなかった。戦後の復興のめざましさはまさにこ ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

夏菜の野菜畑今年の目標
今日は、児童文学者協会関西センターの新年会でした。美味しいランチを食べながら、春からの創作講座などの打ち合わせ。お申し込みの出足も順調で、頑張って書きたい方がこんなにいるんだなあと、私も気合いが入りました。そこで、今年の目標 ... » more
テーマ 児童文学

シルレア紀の地層は杳(とほ)きそのかみを海の蠍(さそり)の我も棲みけむ明石海人シルレア紀の地層から海サソリの化石が出るという。私も、その頃は海サソリの一匹として生きていたのだろう。シルレア(シルル)紀とは、今から四億数千万年昔の ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

講談社がマンガ雑誌を電子化すると発表した。でも、私は紙の書籍はなくならずに、しっかりと日本の文化に残り続けるはずだと思う。思えば日本人ほど、紙に書かれ物を作り、読み、継続してきた民族はないだろう。たぶん発明した中国や、先輩の朝鮮より ... » more
テーマ 文字 文学 文化

猫のつぶやき(夜明けのスキャット) 「夜明けのスキャト」を思わず口ずさみたくなる朝。明けきらぬ僕のお気に入りの塀の上には、まだまだ新年のほのかな香りが、漂っていて、何かしら初々しい気分でいられる。クリスマスには(メリークリスマス)お正月には(ハッピーニューイアー)誕生 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

八王寺だより万葉集全釈(300)
長屋王(ながやのおほきみ)が、馬を寧楽(なら)山に止めて作った歌二首三〇〇佐保すぎて奈良のたむけに置く幣(ぬさ)は妹(いも)を目離(か)れず相見しめとそ佐保をすぎて奈良の神へのお供え物は、妻をずっと見ていられるようにとの願いから ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

中学同窓会+勅使川原三郎「睡眠」評を「REAR」誌に+与謝蕪村へアプローチ 銭湯に善き衣(きぬ)着たり松の内(正岡子規)明治のころの銭湯の様子です。お正月だから、お湯に行くにも晴れ着を着て、というのでしょう。子規の句、ときに庶民の暮らしに注ぐ温かい眼を感じます。さて、年が改まり、早くも一週間が過ぎて ... » more
テーマ 俳句 文学 コンテンポラリーダンス

起き出でて探る溲瓶(しびん)の前後(まへうしろ)かかるしぐさに年を重ねし明石海人目が見えないので、尿意を催して眼が覚めると、枕元の溲瓶を探り、その前後を確かめる。こういう生活習慣が身に付いてもう何年にもなるなあ。海人が長島愛生園 ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

八王寺だより万葉集全釈(299)
大納言大伴卿の歌一首どの大伴卿かはっきりしない二九九奥山の菅(すが)の葉しのぎ降る雪の消(け)なば惜しけむ雨な降りそね 奥山の菅の葉を押さえて降る雪が消えたら惜しいだろう、雨よ降らないでくれ。しのぐ=押さえる消なば=もし ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

猫のつぶやき(2015.少女A&B) 貴方でしたか、母さんの幼馴染というのは。僕は毎日のように貴方のことを聞かされているので、目をつむっていてもおおよその姿形は予想できました。そうですか、やっぱりあなたでしたか。タクシーから降りて来る所作で、瞬間的に感じました。僕の感が ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

 

最終更新日: 2015/01/26 20:55

「文学」のブログ関連商品

» 「文学」のブログレビュー をもっと探す

「文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

全国歌謡スキャット ベスト20 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 全国歌謡スキャット ベスト20
日本コロムビア シンガーズ・スリー

夜明けのスキャット(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 夜明けのスキャット(紙ジャケット仕様)
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 由紀さおり

妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 妖怪アパートの幽雅な日常 1 (講談社文庫)
講談社 香月 日輪

ファンム・アレース(1) 戦いの女神 (YA! ENTERTAINMENT) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ファンム・アレース(1) 戦いの女神 (YA! ENTERTAINMENT)
講談社 香月 日輪

高尾山 霊氣満山 平林達也写真集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 高尾山 霊氣満山 平林達也写真集
ぐるぐる王国 楽天市場店

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る