誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    文学

文学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 学問
子テーマ: 児童文学 日本文学
テーマ「文学」のブログを一覧表示!「文学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「文学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「文学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

DVD「DEEP THE BEST」三枚観る。PRIDE武士道にのみこまれるまえのDEEPにはロマンがあった。高阪剛×ホジェリオノゲイラ、上山龍紀×須田匡昇が見応えのある好試合。しかし初期DEEPを盛りあげた功労者のひとりランバーの試合がひ ... » more
テーマ 歴史 文学 格闘技

岩通信小説「希望」
よく言われるように人類の歴史は戦争のそれである。奪い合い、殺し合い、平和であった時代は戦乱の時と比べて短いものだ。アンドレマルローの「希望」を読んだ。戦争の現実をその断面を切り裂いて書かれた文学作品である。戦 ... » more
テーマ 文学

上村隆一:麻呂の教授な日々活字
学士会館で『文藝春秋』を読んでいたら、ロバート・キャンベル氏が、座談会で、江戸時代の文献の九割は活字になっていない、つまり、写本のままで、専門家しか読めない状態だと話していた。これはひどい。知らなかった。これを放っておいてよいのだろうか。あ ... » more

岩通信戦場文学
戦場文学といったらいいのだろうか。戦争をリアルに描いた文学作品をこれまでに何冊か読んだ。一番有名なのはヘミングウエイの「誰かために鐘は鳴る」で、それからアンドレマルローの「希望」(もう少しで読み終わる)であり、そして日本の村上龍さん ... » more
テーマ 龍さんノート 文学

猫のつぶやき(青空が見える) 「とんでもないよ」デブ猫のしろは、僕の指摘を強く否定した。「君の尻尾にまちがいないと判断したんだ」食い下がる僕に、デブ猫しろは開き直って口をとがらしている。明け方のことだった。もの音は裏の開き戸あたりからだっ ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

紀州滞在記(2) 国立国際美「ノスタルジー&ファンタジー」展+京都は詩仙堂など 空海もかく日に焼けて旅せしか(長谷川櫂)あの弘法大師空海も、こんなに日に焼けて旅をしたんだなあ。真夏の炎天下、真っ黒になって杖をつきながら歩く、四国八十八ヶ所のお遍路さんを見て詠まれたのでしょうか。並んだ言葉自体にずいぶんと実感が籠 ... » more

夏菜の野菜畑SLAB選定図書に♪
今日、お友だちの御本が「SLBAの選定図書」に選ばれたというニュースを聞いてFBで「おめでとう!」と喜んだのですが、はたと首をかしげました。SLBAってなに?調べたところによると……SLBAとは、School Libra ... » more
テーマ 児童文学

紀州滞在記(1) 勅使川原三郎+オーレリー・デュポンの「睡眠」、類稀な舞台でした 炎天の空(から)のプールを恐れけり(長谷川櫂)櫂さんのデビュー作『古志』からの一句。真夏の炎天下、そのプールには水が張られていません。本来ならそこで歓声を上げているはずの子どもらの姿もなく。なるほど、それは恐怖に似た感情を引き起こす ... » more
テーマ 俳句 文学 コンテンポラリーダンス

ゲーテの西東詩集より。後に老ゲーテのプラトニックな恋人マリアンネフォンヴィレマーの詩と判明したものです。同じ詩にはシューマンもメロディをつけていますが、マイアーベーアの曲はこれ以上ないくらいロマンティック。ロマンティックなことでは人 ... » more
テーマ ドイツ歌曲 文学

人間の類を逐はれて今日を見る狙仙(そせん)が猿のむげなる清さ明石海人私は今日、もう人類ではないと人間社会を追いだされた。狙仙が描いた絵の猿がとても清らかに見える。ハンセン病は、体の組織が破壊されていく不治の病で、遺伝するし接触に ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

なまいきチョルベン 以前ご紹介したリンドグレーン脚本による映画「なまいきチョルベンと水夫さん」ですが、川越のスカラ座は、昨日から始まりました(^o^)ここのところ、お客さまと毎日この話をしているかもです(笑)一昨日は5人、昨 ... » more

ユゴーの詞につけたちょっと不思議なテイストの歌曲です。 狂人の歌(1868) La chanson du fou詩:ユゴー(Victor Hugo) ... » more
テーマ 文学 フランス歌曲

八王寺だより万葉集全釈(276)
二七六妹(いも)も我(あれ)も一つなれかも三河なる二見の道ゆ別れかねつる妻も私も一体だからだろうか、三河の二見の道から別れかねるのは。かも=疑問ゆ=からつる=完了一、三、二の数字の遊び ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

柴崎友香さん、あきらめないこだわりで「芥川賞」獲りましたね 柴崎友香さんは、大阪府立市岡校の44期卒業生です。平成19年にも、2度目の芥川賞候補になり、新聞社から市岡校の校長(私)に、事前取材がありました。残念ながら選に漏れたが、その12月に母校で、生徒に講演をしてもらった。4度目で認められ、本 ... » more
テーマ 文学 感想 散歩

8月23日・三好達治の「雪」 8月23日は、ロックバンド「ザ・フー(The Who)」の天才ドラマー、キース・ムーンが生まれた日(1946年)だが、詩人、三好達治(みよしたつじ)の誕生日でもある。たった二行の詩「雪」の作者である。「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふ ... » more
テーマ 文学

今週初め、私、ふらぬいの母校北海道富良野高校の同級生から残暑お見舞いの葉書が届きました。いつもの暑中お見舞いと同じかなと差出人、安藤憲一さんの名前を確認し、あれ、東京ふらの会メンバーの彼とは珍しいと葉書の文面を読み、括目、驚きました。 ... » more
テーマ 電子書籍 文学 室生犀星文学賞

ボケボケすぎる 今日は、原田さんが、新刊にサインしに来てくださることがわかっていたので、本を予約してくださっていた方とおしゃべり会をしました\(^o^)/まずは、出版の乾杯うーーん、 ... » more
テーマ 日記 児童文学 翻訳家

岩通信死神の精度
伊坂幸太郎さんの小説「死神の精度」を読んだ。伊坂さんの小説に最近はすっかりはまっていて、これで十冊以上読んだことになる。どの小説も発想がユニークで、読ませる力に満ちている。村上春樹さんの登場で、若手作家の書くものがそ ... » more
テーマ 文学

猫のつぶやき(ジェリーって可愛いやつさ) 気儘勝手に言いたいことを言い、自由奔放に行動しているようにみられがちなジェリーであるが、彼の神経の繊細さは、なかなかそんじょそこいらにはいないよ。小さな体のどこにあれだけの知恵や知識、勇気と決断、そして実行。実に抜群のバランス感覚を持ち ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

伽羅創記耽読 「雪国」
耽読 「雪国」 恥ずかしながら、はじめて川端康成の「雪国」を読んだ。八月に雪景色を思い浮かべるのは、寒さの実感が押し迫ってこない分、寒がりにはいいかな。しかしぃ...このようなエロい話だとは思わなかった。温泉芸者と文士くずれの湿っぽいストーリーなんだろ ... » more
テーマ 文学

岩通信ウラとマイ
ウラさん、久しぶり。ほんとだね、マイちゃんとは久しぶりだなあ。今まで何してたんですか。いろいろ・・・ぶつぶつぶつ何、ニキビつぶしてるんですか。跡が残りますよ。冗談でしょ。冗談はさておき、私今の ... » more
テーマ 文学

8月18日・伊藤左千夫の野菊 8月18日は、仏国の映画監督、マルセル・カルネが生まれた日(1906年)だが、小説家、伊藤左千夫の誕生日でもある。小説『野菊の墓』を書いた人である。伊藤左千夫(元治元年)は現在の千葉、山武で生まれた。本名は伊藤幸次郎。家は農家だった ... » more
テーマ 文学

行って食べて楽しんで♪ Vol.149 日本SF展 世田谷文学館で開催されている「日本SF展」へ行ってきました。京王線芦花公園駅で下車、高級そうなマンションの間の道路を歩き、数分で到着。隣の趣のある建物は、芦花翠風邸という老人ホームです。「日本SF展」は筒井康 ... » more

明石海人(あかしかいじん)医師の眼の穏(おだ)しきを趁(お)ふ窓の空消え光りつつ花の散り交う明石海人医師が穏やかな視線を逸らすのを追って窓の外を見ると、桜の花が空に散り交っている。明石海人(野田勝太郎)は、一九〇一(明治 ... » more
テーマ 短歌 文学 明石海人

流麗でユーモアあふれる作風とは裏腹に、その生きた時代と暮らした国から二つの大戦に絡む音楽をいくつも書いているプーランク、第2次大戦では対独レジスタンスに参加し、収容所送りとなった同世代の詩人ロベール・デスノスのまさに最後の詩につけた歌曲を今 ... » more
テーマ 文学 フランス歌曲

八王寺だより万葉集全釈(275)
二七五いづくにか我が宿りせむ高島の勝野の原にこの日暮れなばどこに私は泊まろうか、高島の勝野の原でこの日が暮れたならば。高島の勝野=滋賀県高島市勝野の辺りなば=もし〜したならば ... » more
テーマ 和歌 文学 万葉集

この頃、本読んでないなぁ……。標題:京極夏彦の百鬼夜行シリーズ分類:文学>小説>推理小説題名:百鬼夜行シリーズ姑獲鳥の夏魍魎の匣狂骨の夢作者:京極 夏彦発表年:1994年〜1995年 ... » more
テーマ 文学 リスト

吉増剛造さん、「蕪村心読」連載開始+「虚子研究号」+「白茅」5にバルテュス展評 蜩(ひぐらし)のむくろは舟のかたちして(坂内文應)「蜩のむくろ」とあるのをふっと空蝉のイメージで受けとりましたが、いやこちらは、一週間ほどの地上の命が果てた後のセミの亡骸です。民俗学的な想像力?を導入すれば、舟とは亡骸を収める棺桶に ... » more
テーマ 俳句 文学 現代詩

「あの日とおなじ空」資料編より 昨日、(8月10日)毎日小学生新聞で拙著「あの日とおなじ空」をご紹介いただきました。お友達のMさんがわざわざ写真を送って下さいました。ありがとうございました!昨日は私は沖縄の、「沖縄平和祈念資料館」に行ってきました。 私が「 ... » more

猫のつぶやき(台風一過) 「台風も行っちゃったね」「久しぶりに見る夏の空だ」「僕がこの家に来て初めての台風だったけど、あの雨の凄さにはまいったよ」「ジェリーはちっちゃなくせに大きな声を出して家中を走りまわっていたもんな」我が家は浸水こ ... » more
テーマ 猫のつぶやき 文学 ファンタジー

 

最終更新日: 2014/08/27 15:45

「文学」のブログ関連商品

» 「文学」のブログレビュー をもっと探す

「文学」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

真夜中の電話 (児童書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 真夜中の電話 (児童書)
徳間書店 ロバート・ウェストール

わたしたちの島で (岩波少年文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル わたしたちの島で (岩波少年文庫)
岩波書店 アストリッド・リンドグレーン

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る