誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮台真司

宮台真司

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮台真司」のブログを一覧表示!「宮台真司」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮台真司」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮台真司」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」 蓑原 敬, 宮台真司, 代官山ステキなま まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった「場所」と「世界」 蓑原 敬, 宮台真司, 代官山ステキなまちづくり協議会 (監修)ミヤダイ節炸裂!勉強田吾作!「任せてブーたれる社会」から「引き受けて考える社会」「まちづくり ... » more
テーマ 読書 宮台真司 まちづくりの哲学:都市計画が語らなかった

日本の大問題 「10年後」を考える ─「本と新聞の大学」講義録 (集英社新書)  学べる 一色清,姜尚中,佐藤優,上昌広,堤未果,宮台真司,大澤真幸,上野千鶴子読書により想像力を高める。10年後の日本を想像すべく、識者が講義した内容が、新書にまとめられている。第1回 基調講義 一色清×姜尚中第2回 反 ... » more
テーマ 読書 宮台真司 日本の大問題 「10年後」を考える ─「

9・20(土) 直接請求・署名運動 キック・オフ集会 実現させよう!埼玉で脱原発の 「賛否を問う」 県民投票と県民に呼びかけています。埼玉で脱原発に向けた県民投票を求める直接請求 署名運動キック・オフ集会が下記のとおり、開催されます。日時:9 ... » more
テーマ 県民投票 宮台真司 脱原発  トラックバック(1)

「続・読書日記(114) 宮台真司著 『日本の難点』」 本書の「はじめに」を読んでる時は、正直言って「最後まで読めるかな?やめようかな?」と迷った。それでも、第一章を読み、第二章若者論・教育論に進んだ。「いじめ」について論じている。 『利己的な奴が本当にスゴイ奴だなんてあり得るでしょうか ... » more
テーマ 宮台真司 日本の難点 利他主義

私たちはどこから来て、どこへ行くのか  宮台 真司 (著) 日本の難点U 荒川強啓 デイ・キャッチ!がもうすぐ5000回とか。ざっと20年。そのコメンテーターとして20年前からレギュラー出演している社会学者宮台真司氏。彼の存在はこの番組で知ったのだけれど、知れば知るほど不思議な男。ほぼ同世代ながら、若 ... » more
テーマ 読書 宮台真司 私たちはどこから来て、どこへ行くのか

http://www.youtube.com/watch?v=ufADhkgSOgs&feature=youtube_gdata声高に山本批判をするマスゴミの論調は笑える。猪瀬都知事も明治天皇に直訴した田中正造の直訴とは天皇の権力が ... » more

変なタイトル。中国の歴史を追い、かつそこから今の日本を振り返る鼎談になっている。 恥ずかしながら初めて知った宦官の意味。あれは、王朝の血統を守るために、奥様がいる場所には皇帝以外の男をよせつけないためだったそうな。だから ... » more
テーマ 読書 宮台真司 おどろきの中国

「任せてブーたれる」から「引き受けて考える」社会にしたい きみがモテれば、社会は変わる。 宮台真司  宮台教授の〈内発性〉白熱教室(よりみちパン!セ)宮台節炸裂!podcastTBSラジオ荒川強啓デイキャッチの金曜コメンテーター、首都大学東京教授にして社会学者の宮台真司が、若者に3.11以降の日本についてわかりやすく投げかけた書 ... » more
テーマ きみがモテれば、社会は 読書 宮台真司

田吾作、へたれ、、愚民社会 大塚英志, 宮台真司 いやー、もし自分がこんな議論を繰り広げる二人の間に入っちゃったら、目が回るんではないだろうかと思わせる対談集。おっしゃることは一つ一つごもっとも。震災を経て日本は、日本人は、日本社会はどこへ行くのかを、鋭くえぐる本になっ ... » more
テーマ 読書 宮台真司 愚民社会

完璧な卵「愚民社会」
「愚民社会」 対談集「愚民社会」2012年大塚英志宮台真司著太田出版2012年1月2日第1刷発行2012年2月2日第3刷発行2012年3月25日(日)購入・読了「愚民社会」というタイトルと大塚英志、宮台真司というメンツに惹かれてつい買ってしま ... » more
テーマ 宮台真司 対談集 大塚英志

宮台教授の就活原論  宮台真司  これは学生より大人が読むべき本だ #daycatch 宮台さん、これは20歳過ぎの若者が読む本じゃない。30,40、いや50歳になったって、ここに書いてあることを実現できてる人間は数少ないと思う。今の世の中を生きていくのに本来必要なことが書かれてある。でもなかなかできない。私も ... » more
テーマ 読書 宮台真司 宮台教授の就活原論

「すべてはサードポジションで行けばうまくいく」 昨日、「港と文化」講演会、無事終了しました。雨が降り、最悪の天候でしたが、それでも熱心に集まっていただきました。宮台真司さんの話のキーワードは「サードポジション」でした。つまり、2項対立に対して第三者の立場を取ること、どちらにも組し ... » more
テーマ 宮台真司 チルソクの夏 港と文化を語る集い

10月26日「港と文化を語る集い」開催。無料 「日本列島と朝鮮半島の交流と港」と題した講演会を行います。無料です。メイン講演者は宮台真司氏です。場所は東大・安田講堂で、午後3時開始です。終わって午後5時40分から東大・第二食堂にて懇親会を行います。懇親会の参加費 ... » more
テーマ 港湾協会 宮台真司 港と文化を語る集い

『兵どもが夢の先』の書評が図書新聞に載りました 以下は、図書新聞10月9日号に載った書評の全文です。『兵どもが夢の先』(高橋公:著)全共闘運動、労働運動、社会運動の情(ルビ:こころ)の軌跡を記す出版社の代表が、自分のところから出した著書について書評する。これはある種、 ... » more
テーマ 宮台真司 高橋公 兵どもが夢の先

おとなも学ばねば 宮台真司著 中学生からの愛の授業 最近注目の宮台真司が10代に向けて愛について書いた本。「包摂」ということばがキーワード。普段は使わない言葉だな。鳩山さんで言えば「友愛」と同じ意味らしい。実に深い。中途半端な論評は馬脚を現すのがおちなので、目次を ... » more
テーマ 読書 宮台真司 中学生からの愛の授業  コメント(1)

『兵どもが夢の先』出版記念シンポジウム 盛況のうちに終了 8月21日に行われた出版記念シンポジウムですが、充実した内容も含めて大いに盛り上がり、内ゲバもなく無事終了しました。シンポジウムは、福島泰樹さんの短歌絶叫コンサートで始まりました。60年安保から50年。福島さんは、60年に自ら命を絶 ... » more
テーマ 高橋伴明 宮台真司 高橋公

夢か現か幻か! 全共闘運動の罪と罰を問う! 松山ケンイチさんが来るらしい 今週土曜日、開催予定の出版記念シンポジウムですが、すでに毎日新聞、東京新聞、さらには朝日新聞でも取り上げらていただき、徐々に盛り上がりを見せています。ところで当日は、『デスノート』で人気を博した若手俳優の松山ケンイチ君も駆けつけてく ... » more
テーマ 宮台真司 高橋公 松山ケンイチ

『兵どもが夢の先』の前文を紹介します 以下は、八月下旬発行予定の『兵どもが夢の先』(高橋公:著)の前文です。興味を持った方は、本文も読んでください。よろしくお願いします。はじめに一九六〇年代末に全国各地の大学で闘われた全共闘運動から、すでに四十年以上 ... » more
テーマ 宮台真司 高橋公 兵どもが夢の先

「高橋公 出版記念シンポジウム&懇親会」の案内 前回もご案内しましたが、8月21日(土)、午後3時より神田・学士会館にて、出版記念シンポジウムを行います。申し込みはメールでお願いします。ところで、『兵(つわもの)どもが夢の先』の内容に少し触れておきます。著者の高橋 ... » more
テーマ 宮台真司 高橋公 兵どもが夢の先

「夢か現か幻か! 全共闘運動の罪と罰を問う!」シンポジウムを開催します 「兵(つわもの)どもが夢の先」高橋公著を記念して、8月21日(土)15時から神田学士会館においてシンポジウムを行います。趣旨は、40年前の全共闘運動を再確認するというものです。ヨーロッパや韓国と違って、なぜ日本の学生運動は受 ... » more
テーマ 宮台真司 福島泰樹 高橋公

『さらば、立松和平』書評です 福島泰樹編著『さらば、立松和平』の書評が7月6日の産経新聞朝刊に出ました。なお、8月下旬になる予定ですが、高橋公著『兵(つわもの)どもが夢の先』を刊行します。高橋公(ひろし)氏は、現在NPOふるさと回帰支援センターの専務理事 ... » more
テーマ 宮台真司 福島泰樹 高橋公

That's Japan 番外地工芸と農業の共通点
工芸と農業の共通点 11月4日は、国立近代美術館工芸館主催の「日本工芸の国際性」のシンポジウムに行きました。国立美術館理事長の青柳さんからお誘いを受けました。日本の工芸社会が、経済的にも自立することが厳しいことはよくわかりますが、どうもこれは日本の農業 ... » more
テーマ ジャポニスム再興 宮台真司 青柳正規

ふるさと回帰フェア09年とアトム化する個人 ふるさと回帰フェアが今年も開催されます。これまでは大手町でしたが、今回の東京会場は早稲田大学です。中高年のふるさと志向もまだまだ根強いのですが、最近は若者や子育て世代にもふるさと回帰思考が広がっています。農業がはやっ ... » more
テーマ ふるさと回帰 宮台真司 エマニュエル・トッド

ミヤダイ節炸裂! 日本の難点 宮台真司 この人はどうしてこうも自信満々に書くのだろう。社会学者ということで、TBSラジオデイキャッチの金曜のコメンテーターとして自信満々の語り口で世相を斬っているが、この新書はその語り口そのままに、より深く現状の日本を分析している。po ... » more
テーマ 読書 宮台真司 日本の難点

ふじながたかみの書庫日本の難点
日本の難点 宮台真司さんがたった一人で日本の問題点を論じた、『宮台版・日本の論点』。中身はそれに恥じないものとなっており、従来の宮台さんの論調に加えて時事的なエッセンスを絡めたものとなっている。これについて、私ごときが書評をやるというのはいささか難しい ... » more
テーマ 宮台真司 社会

そんなに知った映画はなかった 「絶望・断念・福音・映画」 宮台真司 絶望・断念・福音・映画―「社会」から「世界」への架け橋(オン・ザ・ブリッジ)つい昨日読んだ、「<世界>はそもそもデタラメである」の前編。ダ・ヴィンチに連載された1話から41話まで。2000年くらいからの映画書評。そんなには知っている ... » more
テーマ 読書 絶望・断念・福音・映画 宮台真司

579ページの著作に、映画の書評がこれでもかというほど掲載されている。雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されていたものということだ。褒める映画、貶す映画、はっきりしている。この辺はpodcastでも聴く宮台節。ここちよい。しかし読みづらい。とい ... » more
テーマ <世界>はそもそもデタラメである 読書 宮台真司  トラックバック(1)

47歳にも勉強になります 14歳からの社会学 宮台真司 世界文化社 荒川強啓 デイ・キャッチ!のpodcastで、ばっさばっさと世相を斬る社会学者、首都大学東京教授の宮台真司の本をはじめて読んでみた。タイトルは「14歳からの社会学これからの社会を生きる君に」。とっくに社会を生きてるはずの私だが、十分手ご ... » more
テーマ 読書 宮台真司 14歳からの社会学

ふじながたかみの書庫宮台真司interviews
著者宮台真司発行2005年出版世界書院宮台真司さんが1994年から2004年までに受けたインタビューのすべてを掲載。内容はいつもの宮台節で、性や少年問題、政治問題、クルマ自慢、さらには女装談義まで、ジャンルは多方面にわたる。 ... » more

厳しい時代を乗り切れるのか とうとう年末になりました。今年は社会としては決していい年ではなかったでしょう。しかし、個人的には非常に充実していました。実は、充実していなかった年は、これまでほとんどといっていいほどありません。具体的な成果といわれると困りますが、毎 ... » more
テーマ 日本人の国土観 宮台真司

 

最終更新日: 2016/11/13 07:12

「宮台真司」のブログ関連商品

» 「宮台真司」のブログレビュー をもっと探す

「宮台真司」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る