誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夏目漱石

夏目漱石

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「夏目漱石」のブログを一覧表示!「夏目漱石」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夏目漱石」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夏目漱石」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

ナスさん宅の花壇の様子  / 漱石の手紙を読むと 【ナスさん宅の花壇の様子】今日の宮崎は、また寒が戻ってきて、吹く風も冷たさを増してきました。今週は途中に温かい日があったので、より一層寒さを体感するようです。さて、友人・ナスさん宅のタタミ3畳分ほどの花壇では、葉物野菜が順調に育 ... » more

きょう12月9日は『漱石忌』です。夏目金之助、漱石が亡くなった日です。満49歳。12月9日午後5時過ぎ、漱石はひどく苦しみはじめ、自分の胸をあけて「はやくここへ水をぶっかけてくれ。死ぬと困るから」といような意味の ... » more
テーマ 周易ごよみ 夏目漱石 『愚見数則』

☆以下は原文のみで構成した『行人』の三番目の章「帰ってから」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。自分は兄夫婦の仲がどうなる事かと思って和歌山から帰って来た。自分の予想ははたして外れなかった。 ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆以下は原文のみで構成した『行人』の二番目の章「兄」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。「兄さん、面白い話がありますがね」と自分は兄の方を見た。「何だ」と兄が云った。兄の調子は自分の予期 ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆以下は原文のみで構成した『行人』の最初の章「友達」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。その時あの女は忍耐の像のように丸くなってじっとしていた。けれども血色にも表情にも苦悶の迹はほとんど見え ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆省略した部分は1行空け、漢字のいくつかをかなに変えました。須永の話★父は死ぬ二三日前僕を枕元に呼んで、「市蔵、おれが死ぬと御母さんの厄介にならなくっちゃならないぞ。知ってるか」と云った。母は突然(いきなり)自分 ... » more
テーマ 彼岸過迄 夏目漱石

★玩具にされたのならこのままでは置かぬ。我(が)は愛を八つ裂にする。面当はいくらもある。貧乏は恋を乾干(ひぼし)にする。富貴は恋を贅沢にする。功名は恋を犠牲にする。我は未練な恋を踏みつける。尖(とが)る錐(きり)に自分の股(もも)を刺し通し ... » more
テーマ 夏目漱石 虞美人草

☆省略した部分は1行空けてあります。いくつかの漢字をひらがなに直しました。傍点は省略。()の中はルビ(読み)。★春はものの句になりやすき京の町を、七条から一条まで横に貫ぬいて、煙(けぶ)る柳の間から、温(ぬく)き水打つ白き布を、 ... » more
テーマ 夏目漱石 虞美人草

★宗助(そうすけ)と御米(およね)とは仲の好い夫婦に違なかった。いっしょになってから今日まで六年ほどの長い月日を、まだ半日も気不味(きまず)く暮した事はなかった。言逆(いさかい)に顔を赤らめ合った試はなおなかった。二人は呉服屋の反物を買って ... » more
テーマ 夏目漱石

★山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出 ... » more
テーマ 草枕 夏目漱石

★平岡の細君は、色の白い割に髪の黒い、細面に眉毛(まみへ)の判然(はつきり)映る女である。一寸(ちよつと)見ると何所(どこ)となく淋しい感じの起る所が、古版(こはん)の浮世絵に似てゐる。帰京後は色光沢(いろつや)がことに可(よ)くないやうだ ... » more
テーマ 夏目漱石 それから

夏目漱石 ‘こころ’ 夏目漱石の‘こころ’は、「先生」と彼の友人「K」、さらに彼らの下宿先の「お嬢さん」の三角関係が描かれています。‘こころ’は、人間のエゴと後悔のために自己嫌悪に陥り、自分自身はもちろん、周りの大切な人も幸せにできないと ... » more

Gubijinso 「京都漱石の會」の会報 虞美人草《第4号》が届いた 「京都漱石の會」の会報虞美人草《第4号》が届いた。虞美人草は、私が会員の末席に入れて戴いている「京都漱石の會」の会報である。京都漱石の會http://kyotososeki.at.webry.info/ ... » more
テーマ 江戸参府ビッグウォーク 夏目漱石 独り言

夏目漱石の『永日小品』を読んで、空飛ぶ法王俳句が1句生まれた。このところ小休止の空飛ぶ法王が、復活するだろうか?地球より大きな火事あり飛ぶ法王夏石番矢参照『空飛ぶ法王161俳句』ネット販売開始!すでに五つ星! h ... » more

玄関 家の玄関について一言。夏目漱石の坊っちゃんの中に、清との会話で、坊っちゃんはいずれ立派におなりになり、玄関のある立派な家に住むことでしょう。とあります。明治時代ですね。現代日本では、どこの家にもたいていは玄関 ... » more
テーマ 夏目漱石 玄関

マルジナリア夏目漱石著・坑 夫
夏目漱石著・坑 夫 「坑 夫」・夏目漱石著(岩波新書版漱石全集第六巻)あゝ、もう死んだって構うものか、何があったって、自分の関知するところじゃない、あゝ、世間は明るすぎる、自分は暗い、暗い所へ行きたいんだ、暗い/\ところへ行かなきゃならないんだ、何だか ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

新しいブログを探した。音声のファイルがアップできるブログである。いくつか、考えていることがある。一つは、中島敦の作品をアップするブログがほしいということだ。なかなか、音声までアップできるものがない。とにかく、ひとつ見つかった。あとは ... » more

胡散臭い……と、一言だけで済みそうな話で何だかだなあ。漱石本人も墓の下で苦笑しているだろう。それにしてもどういう目算で夏目漱石財団が商売になるなどと血迷ったんだろう?>夏目一人(曾孫)@財団ひとり・・・と、某巨大掲示 ... » more

マルジナリア裏版 漱石「こころ」
裏版 漱石「こころ」交通事故を真近くで見た人はいるだろう。私が目撃した中で強烈な記憶があるのは、某国道における事故で車両の損壊から相当なスピードでガードレールを突っ切って電柱に体当たりしたことを想像されるものである。それだけなら ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

マルジナリア漱石「こころ」の謎
『 夏目漱石「こころ」への疑問 』・毎日新聞夕刊(平成21年6月4日)より「こころ」は昭和30年代以降、高校を卒業した人ならば、たとえ小説嫌いであっても国語の教科書で一度は触れている作品である。私の場合は「先生と遺書」の部分から抜粋 ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

切手と文学漱石の結婚記念日
漱石の結婚記念日 去る6月9日は、漱石の結婚記念日でした。明治28年12月、漱石は貴族院書記官長中根重一の娘、中根鏡子とお見合いをします。当時松山に赴任していた漱石は、お見合いのために一時上京しました。結婚を期に東京に戻る心積もりもあったのかもしれませんが、 ... » more

夏目漱石「人の世で生きるためには」 人の世で生きるためには私が常に読んでいる文書です。「智が働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だ」住みにくさが高じると、安いところへ引越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟ったとき、”詩”が生まれて”画” ... » more
テーマ 夏目漱石 長野正作 智が働けば

磯遊びへ/夏目漱石の恩師〜白紙でも良い答案 【磯遊びへ】今日は友人に誘われ、宮崎市・青島から2キロほど入った白浜海岸へ。毎年この時期に磯遊びに行く場所です。潮位がマイナス8センチの大潮で干潮は正午頃。快晴で穏やかな日南海岸は実に爽快。ウニや海星(ヒトデ)もたくさんいましたが、人出 ... » more
テーマ からす貝 白紙の答案 夏目漱石  コメント(3)

みだれ酒 15 ・ [ 『猫伝』雑記帳 ]*夕方、Tから電話が来る。旨いものを喰わしてやるから来いとのこと。約束の時間に行くと繁華街にある雑居ビルの螺旋階段を指さして、ここだ、/\、と案内をする。二人はビルの最上階に来た。Tがド ... » more
テーマ 夏目漱石 文学 みだれ酒

マルジナリア吾輩は犬である
吾輩は犬である 「吾輩は猫である」・夏目漱石著(岩波文庫)《 …… そのうちに夏目金之助君が小説を書き出した。金井君は非常な興味をもって読んだ。そして技癢を感じた。そうすると夏目君の「吾輩は猫である」に対して、「我輩も猫である」というようなもの ... » more
テーマ 夏目漱石 文学 明治大正文学

切手と文学漱石の作品といえば
漱石の作品といえば 漱石の作品を思いつくままにあげよ、と言われて、皆さんはいくつ思い浮かべることができるでしょうか。読みやすい文体で人気の「坊っちゃん」、高校の教科書にも採録されている「こころ」などはすぐ出てきそうです。ちなみに、私が高校時代に使っていた国語の ... » more

吾輩の毛並みは○○色である 「吾輩は猫である」・夏目漱石著(岩波文庫)《 吾輩は猫である 》 存じております。《 名前はまだ無い 》 それも存じております。ところで吾輩の色は何色でございまするか ? 日本一有名な貴君のことでありますから、さぞや珍妙な色合いで、 ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

夏目漱石著・吾輩は猫である 「吾輩は猫である」・夏目漱石著(岩波文庫)細君のあるべき所に毛がなかったら、これは驚くだろう。ある日、ちょっと盗み見したところが細君だから構わないが、驚く勿れ、見事にツルンとしているではないか。はてな ? 嫁に来たときは確かにあった ... » more

一日一編「一夜」 夏目漱石
「一夜」 夏目漱石 今日は私と夏目漱石について語りたいと思います。何か大そうな言い方ですが、タイトルをつけるならやはり『私と夏目漱石』となりそうです。初めて漱石を読んだのはたしか中学一年の頃だったと記憶しています。それ以前にも教科書で読んでいた ... » more
テーマ 夏目漱石 「一日一編短編小説を読むぞ」 短編小説

一日一編「一夜」 夏目漱石
「一夜」 夏目漱石 不思議な作品です。ちょっと漱石らしくない感じさえします。男二人と、女一人が登場します。この構図はのちの漱石の長編のいくつかで重要なモチーフとなりますが、それはそれとして、なんら事件らしい事件が起こることもなく話は終わります。 ... » more
テーマ 夏目漱石 「一日一編短編小説を読むぞ」 短編小説

 

最終更新日: 2017/08/27 11:10

「夏目漱石」のブログ関連商品

» 「夏目漱石」のブログレビュー をもっと探す

「夏目漱石」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る